都心

「都心」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「都心」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 地盤がなぜ良いのか?地盤改良ばかりでは無い、都心の敷地とは?

    緩やかに斜面なっている、猫の家の敷地。 地盤改良をするつもりで設計をしたのですが。。。。。地盤調査をしたら、かなり良い地盤が出てきました。 地盤改良がいらなくなるという珍しい結果に。 どんなに良い敷地でも、土地の表面は柔らかい土が、積もっている場合が多い為、木造でも地盤改良は必ず行うのが絶対条件だったのですが、本当にレアなケース。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 1384
    • 2
  2. 戸建てよりも低コストな「フルリノベーション」がおすすめ!リノベで叶える理想の都心ライフ

    今、大注目のリノベーション。新築一戸建てではなくリノベーションを選択した夫婦2人の、誰もが憧れる都心ライフはどのようにして生まれたの? リノベーションを決意した経緯や気になる平日・休日のライフスタイルに迫ります。

    フリーダムアーキテクツ
    • 11756
    • 101
  3. 中古マンション リノベーション業界初! 植物に特化したリノベーションプラン「GREEN DAYS」

    青山フラワーマーケットを運営するパーク・コーポレーションのグリーン空間事業「parkERs by Aoyama Flower Market」(以下、「パーカーズ」)と、都心中古マンションの物件選びからリノベーションまで、ワンストップでサービスを提供しているグローバルベイスの「マイリノ」が業務提携を行い、植物の緑に溢れる空間で快適に暮らすための中古マンションリノベーション事業「GREEN DAYS」を共同で展開します。

    LIMIA ニュース部
    • 8441
    • 31
  4. 密集した住宅地のなかの別世界 早稲田の家

    都内に建つ戸建て住宅です。 四方をすべて隣地に囲まれた旗竿型敷地のため、プライバシーを守りながらも、明るい家とすることが求められました。 そこで、道路から続く竿部分には玄関や階段といった人の動く場所をコンパクトに配置し、奥の広がった旗部分にはリビングや寝室などのプライベートな空間をゆったりと配置することにしました。 道路へと続く竿部分を積極的に活用することで、その先に広がる街までが家の延長として感じられます。道路では子どもたちが遊び回り、そこには昔の下町のような風景が広がります。 道路から奥まった場所にあるリビングは、家族の親密な雰囲気をつくりだしています。通常よりもうんと高い天井は、屋外にいるように開放的で、そこが窮屈な住宅地であることを忘れさせてくれます。リビングからは、上階へと続く階段が壁越しに垣間見えて、リビングにいながらも子どもの帰宅を知らせてくれます。 限られた敷地の中でもさまざまに工夫を凝らし、家の中に特徴的な場所をたくさんつくることで、ここにしかない場所となるように心がけました。

    平野崇建築設計事務所
    • 1020
    • 1
  5. ビンテージマンションを自分色に

    広いリビングをご希望でしたので、バルコニー側に並んでいた2部屋の洋室の仕切りをなくし、広々としたLDKに。キッチンも対面式に変え、家族の顔を見ながら料理ができるようになりました。リビングは、将来的に家族が増えたときに一部を仕切って個室にもできる可変性のあるプランです。玄関には洋室の一部を使って土間収納もつくって住まい全体の収納力もアップ。リビングの梁に木板を張ったり、各部屋にそれぞれ違う色のアクセントクロスを使ったりと、デザイン面でもご夫妻のこだわりをたっぷり取り入れました。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 1727
    • 22
  6. 無骨リッチ

    1LDKの間取りに、シングルもしくはDINKSの方が住まうことを想定して設計した物件。リノベポイントは大きく3つ。 お料理好きの方にうれしい広々とした空間に、お手入れのしやすい大人気のステンレスオープンキッチン。そして、置き型バスタブを設えた在来工法の浴室。浴室の壁と床は左官職人によるモルタル仕上げで今回のリノベテーマである「無骨でリッチな空間」を演出。 さらに、ハウズライフのリノベには欠かせないオリジナル建具と室内窓、無垢材のフローリング。キッチンやバスルームがクールな仕上がりな分、懐かしい雰囲気の漂うラワン素材の引き戸や室内窓をデザインし光が通る空間を造った事例。

    howzlife
    • 1765
    • 11

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード