和室

ここでは和室のリフォームを主に扱います。例えば和モダンにしたり、茶室風にしたりと様々なスタイルが確立されているのが特徴的です。また、天井や壁のDIYについても詳しく取り上げているので、是非参考にしてみてください。

  1. 必見!ボロボロ和室をDIYリフォームで可愛い洋室に変える方法

    ボロボロの和室だって、DIYリフォームすればプロのような素敵な空間に蘇らせることができます。初めての方でも簡単に壁紙や床を変えることが可能。 畳をフローリングに変える方法や、壁紙をプロのように仕上げる方法をご紹介していきます♪【賃貸でもOK・誰でもできるDIY】

    壁紙革命〜賃貸でもおしゃれに〜 (株)ジュブリー
    • 378224
    • 596
  2. DIYで押入れ大改造!セルフリノベとすのこ活用で使い勝手のいい収納に

    今回は、押入れのDIYについてまとめました。奥行きのある押入れ。デスクにしたり小部屋にするなど様々なリフォームがありますが、ここでは収納としての用途をご紹介します。根本的なベースの部分からDIYし、収納ではすのこ利用したり使うたびにお洒落に見えるように大改造しました。扉を開いた状態でもインテリアになじむように工夫してみたので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです

    neige+手作りのある暮らし
    • 24774
    • 130
  3. 畳の上にも敷けて手軽にフローリングの部屋へDIY! 敷くだけでOKなオークの天然木を使ったフローリングが登場♪

    「自分の空間を編集していくための“道具箱”」をコンセプトに、内装に関わる商品とアイデアを提供しているtoolboxから、ボンドも釘も必要ない、置いてはめるだけのフローリング『イージーロックフローリング』の販売が開始されました。

    LIMIAニュース部
    • 32259
    • 103
  4. 【DIY】賃貸の方にもオススメ♪タッカーを使って和室を簡単にクッションフロアでイメチェン!

    リビングの一角にある4.5畳の和室。 ここをキッズスペースとして使っているんですが、家具や小物が整ってくると、やっぱり畳が気になります… ということで、クッションフロアを敷くことにしました。 今回は、クッションフロア専用の両面テープは使わずに、タッカーを使いました。 タッカーを外した跡の画像もあるので、賃貸の方の参考になれば幸いです♪

    maca home
    • 10189
    • 96
  5. プロの設計士が自分の家を本気で設計したらこうなった。こだわりの”縁側モダン” 〜『10年愛♡の家』Vol.5〜

    時を経ていくことでより愛情が深まる、永く愛せる家とは、それはどんな家なのでしょうか? そんな、たっぷりと愛情を注がれた家の魅力を紐解いていく連載企画。今回は日本特有の”四季”をたっぷり愛でることのできる、日本家屋ならではの”縁側”をモチーフに設計されたSさん宅をご紹介しましょう。それはお庭との一体感をより強めてくれる、大きなガラス戸と縁側廊下、ウッドデッキが新しくも懐かしさを感じさせるお家だったのです。

    LIMIA編集部
    • 11996
    • 94
  6. ☆DIYで施工OK☆ホンモノ無垢材で床をリフォームしませんか?  〜快適杉フロアー「やすら樹」〜

    家に住めば毎日必ず触れる「床」。どうしても、傷みやすいものですよね。そんな時、流行の無垢材に簡単にDIYでリフォームできるアイテムがあるのを知っていますか? それがスギ無垢材の床材「やすら樹」。手軽に取り付けて、スギならではの質感を楽しむことができる画期的な商品なんです。

    LIMIA編集部
    • 7430
    • 49
  7. 100年住める家を目指して。伝統的なスタイルをモダンにアレンジ 〜「10年愛♡の家」 Vol.6〜

    時を経ていくことでより愛情が深まり、永く愛せる家とは、どんな家なのでしょうか? そんな、たっぷりと愛情を注がれた家の魅力を紐解いていく連載企画「10年愛♡の家」。今回はこの企画にぴったりの、まさに「100年住める家」を目指して施主自らがアイデアを紡いで家づくりを行ったHさん宅。そこは見事な庭園のある、日本の伝統的なスタイルをモダンにアレンジしたお宅だったのです。

    LIMIA編集部
    • 9600
    • 44
  8. 漆喰の家づくり

    レジェンダリーホーム茨城では、お客様に漆喰の壁をお勧めしています。 塗り方次第で多彩な表情を見せてくれる漆喰。 見た目の良さだけでなく、耐火性・耐久性・調湿性に優れているんです!! 特に雨続きで湿気が気になる時期… 壁自身が空気中の湿気を吸収したり吐き出したりして湿度をコントロールしてくれて、結露の防止・お部屋の乾燥を防ぎ身体にも優しい環境を保ってくれます。 漆喰は、石灰石を焼成・消火した消石灰に、水・海藻のり・麻の繊維などを加えて作ったものです。 石灰石は貝殻やサンなどから生まれた強アルカリ性の物質で、抗菌・防カビ・耐火性があります。 空気環境を整えて有害物質を吸収・分解してくれる効果もあり環境にもお子さまにも優しいうれしい効果がいっぱいですo(^^o)(o^^)o そんな、漆喰を使った素敵なお家の一部をご紹介します。 気になった方はぜひ、ホームページもチェックしてみて下さいね♪

    レジェンダリーホーム茨城
    • 1069
    • 28
  9. セルフリノベーション 2015 床編

    2015年 夏に手掛けた床 休みの日に ゆっくりゆっくりですが 夫婦で 貼ってみました 2016年 お正月には 和室も貼れ 新年を 新しい部屋で過ごせました この冬 床からの冷気が 以前より 感じなくなったメリット リビングですが 原状回復可能に仕上げた為 乾燥により 板が 反ってくる時があるデメリット 固定してしまえば 反りも少なくなるのですが…… 今のところ 加湿器で調整しています 和室は 以前 畳の上に ウッドカーペットを敷いて いましたので その上から 板を 固定させました こちらは 反りで 悩まされる事はありません 初めて床を貼りましたので まだまだ課題は沢山ありますが 部屋が明るくなった事と 木のぬくもり 木の香りを感じる事ができた事が 良かったと思っています

    ak3
    • 4457
    • 44
  10. ◆座間市に自然とコミュニケーションが生まれるモデルハウス公開!◆

    「人にいいイエ、つなぐイエ〜みんなの幸せ探すトコ〜」 当社の家づくりのコンセプトを モデルハウス で具体化。コンセプト通り、2階のキッチンからは、調理などをしながら家族と会話を楽しめ、ステップフロア遊んでいる子どもにも目が行き届くような間取りに。3階の廊下からフリーウォール設計の2階全体が見渡せ、どこにいても家族みんなの気配が感じられるので自然とコミュニケーションが生まれる。

    株式会社大原建設
    • 1016
    • 41
  11. 畳の空間を有効活用。畳ダイニングのすすめ。

    昔は畳の部屋ばかりだった住宅も、今では畳の部屋がないというお家も多くなってきました。 それでも外食先や旅行先で畳の部屋に出会うとなんだか落ち着くという方もいるのではないでしょうか。 今日は、畳の部屋をダイニングとして有効活用しているお住まいをご紹介します。

    四季の住まい株式会社
    • 2593
    • 29

みんなの投稿コンテスト

242件中 1 - 20 件を表示