天窓

「天窓」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「天窓」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 故郷の自然に溶け込む雄大な暮らし

    安中市内に計画された動物病院併用住宅、その住宅部分。 敷地が周囲より小高い場所にあるため、その羨望を生かす計画とした。 地上階は動物病院とガレージで構成され平屋住居がそのまま持ち上げられた状態となる。 上階へ向かう大階段は建物のほぼ中央に位置するため上部に天窓を配し階段周りのギャラリー、ライブラリースペースを共に照らす。 LDKは40畳のワンルームとし、テラスとフラットに繋がり窓を開放すると風景と混ざりあう。 業務用のステンレスキッチンや家具を想定しながら仕上材や色を注意深く選定した。 故郷へ戻られたご家族が都心では味わう事が難しい自然を満喫しながら、豊かな生活が送れればと願っている。

    studio LOOP
    • 34366
    • 376
  2. 四つ角の家|家の中に4つの小さな家がある住宅

    大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 3732
    • 18
  3. 快適な家づくりに必要なものとは?風と光を取り込む天窓のメリット3選

    マイホームを建てたりおうちをリフォームする前に、そのメリットを知っておきたい住宅設備、「天窓」。太陽光が眩しいんじゃないか、暑くなるんじゃないかと懸念されている方もいると思いますが、イマドキの天窓ならそんな心配はありません。天窓を制する者は、快適な家づくりを制します!

    日本ベルックス株式会社
    • 1043
    • 9
  4. 土間が暮らしに広がりを生む2階リビングの住まい

    お子さんが生まれ、マンションでは手狭になり、新たな住まいを計画したSさん夫妻。祖母から受け継いだ土地があり自由設計で考えたい、また建材を把握して自然にやさしい家を建てたいという思いから、知人の紹介もあって建築家の道家さんと家造りを行うことに。完成したのは大きな土間を1階に設け、家族が集うLDKを2階にレイアウトした、ちょっと個性的な家。その狙いとは?道家さんとSさん夫妻の家造りの工夫に迫りました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1657
    • 11
  5. 「眺望」も「調和」も実現 スキップフロアが叶えたつながりの家

    都市計画道路事業で生まれた、六角形の変形地にそびえ立つ建物。周囲の環境と調和した外観が特徴的なこの家は、店舗や賃貸住戸を備えた複合住宅。施主の思いに寄り添う家づくりをしてきた平井さんが叶えた、長く愛される家づくりの技に迫ります。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1815
    • 9
  6. こんな注文住宅はいかがですか?

    視線を遮るため道路側には窓を配置していません。外観はコンクリート打放し+一部アクセントに無垢外壁材を使用し、ナチュラルモダンな仕上がりに。コンクリート壁のコーナー部へ照明を埋め込み、辺りが暗くなると建物の輪郭が浮き上がってみえます。アプローチ門扉は特注で制作、電気鍵を取り付ける事でセキュリティ対策も万全です。屋外アプローチから玄関ホール・LDKまでも常に大切なお車を鑑賞できるワクワクするような空間を造りました。玄関ホール上にはコンクリートの渡り...廊下さらに2階ホールには大きな特注のトップライトを取り付ける事で大変明るい玄関に仕上がりました。2階へと続く階段はコンクリート打放しの片持ちスリット階段で仕上げました。内装材は床には大理石、無垢アンティーク調のオーク、壁、天井には珪藻土、調湿、消臭効果のある土佐和紙、無垢羽目板など自然素材を使用。 

    Design 1st.一級建築士事務所
    • 2507
    • 9
  7. RC造の土台に浮かぶポップな家型狭小住宅

    20坪の敷地に計画されたこの住宅は高度斜線により導き出された外観を持ち、地表数メートルの軟弱地盤をすきとり地下とする事で地盤改良を無くしている。容積率から確保出来る面積は32坪までだが、地下による容積率緩和を最大限活用し、結果43.5坪もの内部空間を保有している。内部はユニークなご夫妻のあったらいいなを余すところ無くちりばめた空間が目白押し。ご主人最大のこだわり『登り棒』や、杉板の壁が出迎える奥様自慢のダイニングバー、空を仰ぐ子供室、遊び場になる階段室の踊り場、コンクリート打放しの地下趣味室、それらが色彩豊かに彩られた楽しい家となった。

    studio LOOP
    • 1700
    • 7
  8. 妻の趣味と夫の仕事を両立し、快適な暮らしも叶えた建築家の自邸

    偶然に紹介された土地が運命の出会いとなり、設計事務所兼自邸を建てたいという気持ちがふつふつとわき上がったアトリエ住之舎の角野さん。ところが、奥様は土地に縛られるのがイヤで、持ち家にはかなり否定的だった。諦めきれない角野さんが、奥様を納得させ、ついに念願の一軒を完成させるまでの経緯を伺いました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2886
    • 11
  9. 天窓が生み出す屋内型中庭空間

    敷地は東西に設定された分譲地で南北に住宅が建つ。我々は南からの採光が望めない中で明るく風の通る空間を思考し、1階にも光を取り込める様に中庭案とした。通常の中庭とすると庭に面する部分にサッシや、各室に移動するための廊下が必要になる。そこで大きな天窓で中庭に屋根をかけサッシレスの繋がりを空間に持たせた。2階のLDKは駐車場の屋根となるデッキスペース、ガラスで囲まれた水周りと繋がり45畳以上の広がりを持つ。1階は寝室が並び中庭側には光を通す素材を用いて日中は中庭から光をもらい、夜は諸室からの光が中庭を照らす。多様な光に包まれた空間となった。

    studio LOOP
    • 3408
    • 15
  10. 黒い壁のなかに白い家!?難題をクリアしたオシャレ二世帯の知恵

     住宅が密集した都市部に家を建てる際、大きな課題となるのが採光とプライバシーのバランス。明るく開放的な住まいを希望すると近隣の住宅が間近に迫るため、結果的にカーテンを閉じたままの暮らしにもなりかねないからです。そんな心配も見事に解決した、建築家ならではの技が随所に光る二世帯住宅を紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1505
    • 9
  11. 平屋が浮いた!地面につけないメリットが、こんなにあるの?!

    長年、住んだ場所を離れたくないと、地元の昭島市に見つけた土地はすぐ真横まで隣の家が迫った商業地。それでも、明るい平屋に住みたいという要望に、建築家の小林進一さんは平屋をそのまま持ち上げてしまうという大胆な発想で応えました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3460
    • 30
  12. “当たって砕けろ”と人気建築家にチャレンジした結果、理想以上の家が予算内で。

    夫婦ともにマンション育ちで、一戸建てライフに憧れがあったNさん夫妻。当初は主に建売住宅を検討していましたが、雑誌で見た建築家・松本直子さんの建てた家に釘付けに。予算的にためらいがあったものの、思い切って松本直子建築設計事務所の扉をたたきました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3192
    • 11
  13. 北向きなのにこんなに明るい!日光の力を最大限に引き出した家

    築50年の我が家の耐震補強を、というご希望から始まったリフォームだったが、さまざまな理由からもとの家の半分を残してリノベーション、もう半分は壊して建て替えることに。50年の年月を経て生まれ変わる家と新しく建てられる家。その間には気持ちのよい庭になるであろうスペースがあり、お母様がお住まいになるという新しい家は、北向きにも関わらず光に満ちている。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3268
    • 20
  14. 家族がどこにいても繋がる家

    敷地は分譲地の北側に位置し東西、南面は住宅が建つ。開放性とプライバシー性の再考察を主題とし、まず各階共に南側は全開口の窓とした。1階は内部縁側と外部デッキを連続させ視線が芝の広がる庭に向くようにした。深めの屋根と袖壁が木製サッシを守りながら夏の強い日差しと隣家からの視線を遮っている。寝室が並ぶ2階はテラスに壁を設け外部からは見えず、東西と上部を開放し白い壁に光を反射させ照度を確保した。内部は空間同士が洗面、廊下なども含め吹抜けや開口を通じて繋がり家族の声が響き渡る。夜には奥行きの違う1階の各空間が一つの視界の中で様々な表情を見せてくれる住宅となった。

    studio LOOP
    • 4204
    • 16
  15. 志向の違う共働き夫婦が、揉めない!いや心地よい!リビング作り

    共働きのFさんご夫妻は、あるきっかけから住み慣れた場所での建て替えを決意。ライフスタイルの違うふたりがめざした住まいは「ひとりでも、ふたりでも心地のいい空間」。建築家・松本直子さんは、さまざまな工夫でコンパクトな敷地内にLDKのほかふたつの寝室や書斎なども備えた理想の住まいを実現させた。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3002
    • 10
  16. 水盤を内包するフローティングホワイトボックス

    車4台分のガレージと夏には泳げ、冬には水盤となるプールが求められた。日常から切り離された住まいを望まれたためプールを含んだ居住空間を大地から切り離し、下階は浮遊感を増すために四隅に柱も壁も無いピロティ形式の駐車スペースとした。外観は極力閉じられており1Fにはエントランスと階段のみ。上階へ上がると水面がアイレベルで拡がる。2Fは生活感のない白で統一され水面の碧さを引き立たせている。水盤が中庭となるように居室を配しガラス窓の高さを極力抑え目線を水面に向けている。光は水に反射し室内へ入り天井面に光の揺らめきを作り出す。空と水盤、二つの蒼に挟まれたガラス張りの中庭に出ると、ガラスとガラスが反射しあい幾つもの虚像の水盤を作り出す。外部はデッキを南国植物と共に立体的に構成し、車で帰宅する家族やゲートから訪れる来客を歓迎するような演出を施している。

    studio LOOP
    • 2931
    • 5

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    34件中 1 - 20 件を表示