アルミパイプ

「アルミパイプ」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「アルミパイプ」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. アーネストワン住宅に雨避け屋根がある自転車置き場を作ろう!

    最近はゲリラ豪雨のような大雨が 降ることが増えてきました。 アーネストワン住宅に住んでますが 子供達の自転車や植木鉢などを 大雨から守る場所がありません。 そこでアルミパイプを使って雨避け屋根が付いた自転車置き場をDIYしました。 住宅の外壁を利用した幅1.8m、奥行き8m、高さ2.5mの自転車置き場です。 かなりスペースがあるので自転車だけでなく植木鉢や道具も置けて大雨の日の避難所になります。 柱には基礎を作ってパイプの連結には補強を使うことでしっかり強度があります。 先日の非常に大型台風7号の直撃を受けても 崩れることはありませんでした。 特殊な工具は不要で一人で組み立てることができます。 しかも材料費は5万円程とリーズナブル。 簡単に作れますのでおススメですよ。

    フレームDIYラボ
    • 47173
    • 809
  2. 玄関にコートが収納できる棚を野地板でDIY

    玄関は色々と物を置くと便利な場所です。 例えば上着やコート、バックや帽子、子供の遊具など ついつい置いてしまいます。 しかし玄関は住宅の顔となる場所なので見た目が重要。 スッキリとシンプルに見せたいですね。 そこで限られたスペースを有効に使って 大容量の収納を持った棚をDIYしました。 このDIYのポイントは骨組みにアルミパイプを使い、 野地板を加工することで見た目を良くした点です。 アルミパイプの持つ機能性や剛性を利用しつつ、 野地板の持つ木の香りや見た目の良さを組み合わせました。 収納棚は3段で自由に高さや段数を変えることができ、 180度以上開閉できる扉も付いています。 組立ては六角レンチ1本でできる手軽さで 誰でも簡単に作ることができます。 しかし野地板のお陰で見た目は木製の棚で アルミの冷たい機械色はありません。 玄関や据付棚にマッチした温かい雰囲気となっています。 特殊な工具や加工技術も必要としないため 興味がある方は是非試してみて下さい。

    フレームDIYラボ
    • 30075
    • 471
  3. 5万円で作る、目隠しフェンスを野地板とアルミパイプでDIY

    アルミパイプと野地板を使った目隠しフェンスのDIY方法を紹介しています。 基礎から作った高さ1.8m、長さ8mの目隠しフェンスが5万円で作れます。 フェンス柱にアルミパイプを使うことで錆びや腐食がありません。 耐候性に優れ雨風に曝されても光沢を失わないのでピッタリです。 基礎は独立基礎を作りました。 フェンス面は風圧を抑えるために風が抜ける構造にしており、 目線は隠れても自然な風は通してくれます。

    フレームDIYラボ
    • 45069
    • 615
  4. 雨に負けない!勝手口に屋根と目隠しを作って快適生活!

    自宅の勝手口を開けた瞬間、雨に濡れる…(涙) そんな経験をされた事はありませんか? 勝手口は住宅によって幅やスペースが異なり、 メーカの市販屋根が付けにくいため屋根がない事が多々あります。 そのため晴れた日は良いのですが、雨の日は扉を開けられないことも。 そこで住宅の勝手口に屋根をDIYしてみました。 屋根を付けて雨に濡れなくなるだけでこのスペースが劇的に生まれ変わります。 例えばゴミ箱を置いたり、チョットした物を置けるようになります。 また目隠し壁を付ける事で小屋のようなスペースが作れるため さらに有効的な使い方ができるようになります。 勝手口屋根の材料にはアルミパイプと波板を使い、 作り方はとても単純です。 住宅のサイディングにパイプを固定して仕切り壁側には柱を設置、 それらを繋いでアーチ状にして最後に波板を取り付けます。 2日もあれば作れる程の簡単DIYです。 この作り方は簡単なだけでなく、好きな形に自由に作れる事が特徴です。 ここで紹介する勝手口も最も狭い場所で600mmほどしかありませんが、 それでも作る事が出来ました。 もし勝手口が使いにくいと悩まれる方は必見ですよ。 屋根があるだけでその勝手口のスペースが生まれ変わります。

    フレームDIYラボ
    • 37753
    • 333
  5. 驚くほど簡単⁉︎ 2Fベランダにテラス屋根をDIY方法

    昨年購入した自宅の2階には南向きの部屋とベランダがありますが、 そこには屋根や軒がありません。 そのため夏の強い日差しや雨が部屋に振り込んできます。 特に急なゲリラ豪雨に見舞われて、もし窓を開けてままの場合は最悪です。 そこで2Fベランダにテラス屋根をアルミパイプと波板でDIYしました。 屋根サイズは幅3m、奥行き1.5m、高さ2.3mですが、 これが意外と簡単に作れました。 費用も3万円ほどで業者に依頼するよりも断然リーズナブル! 特殊な工具も使わずにたった1日で作れる程簡単DIYです。 骨組みにアルミを使っているので雨に濡れても錆びることはありません。 しかも既製品のように決まったサイズなどなく、 自分で好きな形状に自由に屋根を作ることができます。 屋根材にはポリカ波板を使いましたが、 中空ポリカ板のような板材も利用できると思います。 この方法は2Fベランダに限らず色んな場所で応用できる作り方なので よかったらご覧ください。 また製作作業動画も公開しているので、 より詳しい具体的な作業を見たい方はそちらをご覧下さい。

    フレームDIYラボ
    • 52750
    • 231
  6. 無駄なスペースが収納スペースに早変わり!? 初心者OK!簡単屋根DIY方法

    家にちょっとしたスペースで無駄になっている部分はありませんか? ここに自転車や道具を保管したいけど雨に濡れてしまう・・・ そんなスペースがありませんか? このDIYはそんな使えない無駄なスペースを有効的に活用するものです。 チョットしたことで何気ないスペースが雨にも濡れず自転車や道具など 収納できるスペースに変わります。 しかもどんな場所でも対応できるもので例え2Fベランダでも 可能なDIYです。 道具は電動ドライバーがあればOKで1日あれば作ることができます。 DIYするものは波板を使った屋根です。 屋根と聞くと難しそうですが、そんなことはありません。 誰でも簡単に好きな場所に作ることができます。 ここではそんな簡単な作り方を紹介しています。 家をもっと便利に使いやすくアレンジすることで日々の生活は より楽しくなりますよ。

    フレームDIYラボ
    • 57836
    • 196
  7. アルミパイプでカーポート屋根をDIYしてみよう!

    玄関の横に駐車スペースにはカーポート屋根がありません。 そこでアルミパイプを使ってカーポート屋根をDIYしました。 駐車スペースは幅2m、奥行き2.5mですが、この部分には屋根がなく 雨の日の車の乗り降りが少し嫌です。 そこでこのスペースに高さ2.7mの屋根をアルミパイプでDIYします。 アルミは雨に濡れても錆びない金属なので屋外DIYに最適です。 駐車スペースの四隅にパイプで柱を建てて、 その上に屋根下地パイプを取付けて屋根材を固定する方法です。 カーポート屋根の設計はメーカが無料で提供している3D CADを 使って行いました。 各部位によってパイプの直径や形状を変えることで必要な強度を 確保し、コンクリート地面へのアンカーと住宅壁へのビス留めで カーポート自体を固定しています。 この作り方だとカーポートサイズを自由に選べて固定方法も 簡単なので色んな場所に応用できると思います。

    フレームDIYラボ
    • 47943
    • 36
  8. [DIY] アルファード 車中泊用2段ベットを自作して家族で楽しもう!

    家族で車中泊旅行をしたい! そこでアルファードに車中泊用2段ベッドをアルミパイプでDIYしました。 アルファードでは大人2人であればそのままでも寝れますが、 子供がいると少し狭いです。 そこで上の空間を利用して2段ベッドを作り、 子供達が2Fベットで大人が1Fベットで車中泊を楽しみます。 車中泊ベットで大切なのは、フラットな寝心地と走行中の収納方法、 ベットを組み立てる際の手軽さです。 そこで役に立つのがアルミパイプです。 アルミパイプには高さ調整できるアジャスターがあるため 車内の凹凸は問題ありません。 また六角レンチ1本だけで組立てできるので 分解や組立てが簡単にできます。 これで念願の車中泊旅行が楽しめます!!

    フレームDIYラボ
    • 18712
    • 11
  9. [DIY]庭にシェードを使ったパーゴラ屋根を自作しよう

    木製ベンチが庭にありますが、日差しが強いと暑くて使えません。 そこでシェードを使って庭を覆うパーゴラ屋根をDIYしました。 シェードのサイズは約3.5×3.5mと大きく、 自宅壁から庭フェンスまで覆っています。 このパーゴラ屋根は強風時などは使わないため、 紐で引っ張って自宅側に寄せれるようにしました。 これだとパーゴラ屋根の出し入れがとても簡単です。 しかも強風時にあおられることもありません。 材料にはアルミパイプを使いました。 アルミは錆びないので屋外DIYに最適な材料です。 強度もあるため大きなシェードを吊り下げてもたわみません。

    フレームDIYラボ
    • 612
    • 3
  10. マンションでもベランダを覆うくらい大きなテラス屋根をDIYしてみよう!

    フレームDIYラボではアルミを使ったDIYを紹介しています。 アルミは水に濡れても錆びないので屋外DIYに最適です。 この材料を使ってマンションのベランダに4.5×4mの 大きなテラス屋根を共同DIYしました。 ベランダがすっぽり隠れる程の屋根で 雨が降っても濡れる事はありません。 屋根材には乳白色の波板を使い、 採光を確保しつつ上の階から視線を 完全シャットアウト。 まさに自分だけのプライベートベランダに する事が出来ました。 ここではそんなテラス屋根の作り方を 紹介しています。

    フレームDIYラボ
    • 23848
    • 44
  11. 壁掛けロードバイクスタンドをアルミパイプでDIY!

    ロードバイクやクロスバイクを壁掛けできるバイクスタンドをアルミパイプでDIYしました。 ロードバイクを掛ける高さを自由に調整できてとても便利です。 またスタンドには棚やハンガーパイプを自由に取り付けることができるため ウエア―やヘルメットなどのバイクグッズやメンテナンス道具なども 一緒にまとめて収納できます。 自分だけのオリジナルバイクスタンドが作れますよ。 バイクスタンドの固定に釘などを一切使用せず、床と天井の間でパイプを 突っ張ることで固定しています。 そのため床に段差や障害物があっても問題なく設置可能。 家を傷付けないため賃貸住宅でも利用できます。 材料費は構造によりますが、1万円前後とお手頃な値段。 自分だけのオリジナルロードバイクスタンドを作ってみませんか?

    フレームDIYラボ
    • 7508
    • 75
  12. 固定金具不要、傷付けずに部屋を簡単に仕切れるDIY方法

    部屋を簡単に仕切りたい、 長いホールを仕切るカーテンが欲しい、 そんなときに便利なDIY方法をご紹介。 それはアルミパイプを使うDIYです。 釘や固定金具を使わずに六角レンチのみで ほとんど作業が出来ます。 幅がある場合でも全然大丈夫! ここで紹介する事例は幅8mもあります。 色んな用途に応用可能で、 例えば仕切るだけでなく部屋の中に囲いを作る こともできます。 赤ちゃんのベッドの周りをカーテンで囲いたい! そんな使い方もできますよ。 また仕切るだけでなく扉も作れるので1つの部屋を 扉付きの2つの部屋に別けることも簡単です。

    フレームDIYラボ
    • 17143
    • 25
  13. アーネストワンのクローゼットにハンガーパイプ付き棚を自作

    1.  はじめに 建売住宅を購入しましたが、クローゼットに棚板がありません。棚受けレーンだけは設置されているものの、棚板自体はオプション品です。しかしこれが高くて頼む気にはなれません。そこで自分で棚受け金具を購入して棚板をDIYしました。またアルミフレームとパイプを組み合わせることでハンガーパイプ付きの棚板も作ります。 2.  棚受け金具 基本的に棚受け金具はレーンと一対になっており、決まった金具を使わなければ合いません。しかし既設レーン用の専用金具だけでは購入できません。当然、メーカも商売なので部品単体では譲ってくれませんね。そこで色々調べてドイツ製の棚受け金具が使えそうな感じがしたので試したところ、これがバッチリいけます。そこでこの金具を使ってクローゼットとパントリーに棚板を設置したいと思います。 3.  材料 材料は棚受け金具と板、アルミフレームとパイプです。単に棚板だけの設置であれば金具と板だけでOKです。棚板の下にハンガーをかけるパイプを取り付ける場合にフレームとパイプを使います。 4.  道具 使用する道具は板を切るノコギリと穴を開ける電動ドリル、それと六角レンチくらいです。もし電動ドリルやドライバーがなければホームセンターで加工してもらうこともできます。 5.  加工 まずは板を切断して所定の寸法にします。さらにドリルで金具を固定するための穴をあけます。次に板を挟むようにして棚受け金具とアルミフレームを固定します。またアルミフレームにT字の金具。取り付けてパイプをボルトで固定すれば完成です、

    フレームDIYラボ
    • 18995
    • 73
  14. 洗面室を生活感なくシンプルに見せる

    洗面室には洗面台や洗濯機、着替えなど置いていて、 来客時に洗面台を見られると生活感が出てしまいます。 そこで洗面台を仕切るカーテンを付けて見た目を シンプルにしてみました。 洗濯機や他の生活雑貨が隠れてとてもスッキリです。 来客に洗面台を使ってもらって安心です。 また脱衣スペースとの仕切りにもなるので 脱衣時に誤って扉を開けても大丈夫です。 通常カーテンを取り付けるときは突っ張り棒を使いますが ここでは使いません。 突っ張り棒はすぐに外れるので使っていて ストレスが溜まります。 私が利用したのはアルミパイプです。 突っ張り棒のように簡単に使えますが、 余程のことがない限りは外れません。 ここではこんなアルミパイプの使い方を紹介します。

    フレームDIYラボ
    • 17362
    • 49
  15. 自由に好きなサイズで作れる、アルミパイプの2段ハンガーラック

    アルミパイプを使った簡単に作れる2段式ハンガーラックを紹介しています。100均にある工具だけで金属パイプを切断、組立てできるのでとても簡単。 サイズや構造は自由自在に作れますので3段、4段のハンガーラックも 簡単に作れます。 リビングや玄関などのちょっとしたスペースにぴったり入るラックを 自分で作ってみませんか?

    フレームDIYラボ
    • 9403
    • 41
  16. 洗濯物も乾かせる!回転ハンガーラック

    ショップなどにあるくるくる回転するハンガーラックをDIYしました。衣類を掛けて整理することもできますが、一番の特徴は洗濯物を超高速で乾かせる事です。洗濯物を干して扇風機の風を当てれば高速で回転します。これにより干した洗濯物に満遍なく風が当たり、あっという間に乾燥終了。特に部屋干しに最適で環境によっては普通に外干しするよりも速く乾きます。

    フレームDIYラボ
    • 11872
    • 32

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード