救急箱

「救急箱」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「救急箱」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 防災に!アウトドアやレジャーにも!100均で揃っちゃう便利な救急セットを作ろう🚑

    過ごしやすい季節になり、週末家族でお出かけをする方も多いのではないでしょうか?🚗 小さいお子さんのいるご家族などは、外出先での思わぬ怪我などもつきもの💦 キャンプにハマっている我が家も、子どもが思わぬところで怪我をしたり、子どもだけでなく大人も何かで指を切ったりして、絆創膏を貼ったり…なんてことがしょっちゅうありますε-(´∀`; ) そんな時にあったら便利なもの💡じつは100均でも十分揃うんです!! 今回は我が家の救急セットを例に、あると便利なものをいくつかご紹介したいと思います♫

    ayako.anko
    • 57760
    • 1040
  2. 我が家の救急箱^ ^

    こんにちは! 梅雨入りし始めましたね… 幼稚園に行っている息子がいるので 浴室乾燥と洗濯機についている乾燥機能を フル活用しようと思いつつ 電気代に怯えております(´-ω-`) 突然ですが我が家は救急が2つあります💦 寝室の階にある救急箱は ・絆創膏S,M,L ・消毒 ・ガーゼ ・湿布・体温計 ・爪切り ・綿棒 リビングの階には ・私の喘息薬 ・息子の喘息薬,吸入液 ・絆創膏S,M,L ・消毒 ・綿棒 ・体温計 ・爪切り ・ピンセット ・塗り薬 寝室の階にあるおもちゃ部屋で しょっちゅう怪我をしたり リビングで勉強中に紙で切ったり 私が料理中に切ったり…と多々あった為 救急箱をすぐに取りに行ける距離に 置いておくために2つになってしまいましたが 後悔してません💦 写真に写っているインボックスや 収納棚に貼ってあるラベルは Can☆doで販売していました! こちらも写真を後ほど 投稿させていただきます(о´∀`о)

    ちびっこママ
    • 27564
    • 119
  3. 意外とかさばる薬収納は100均グッズで簡単便利にアレンジしよう!

     飲み薬だけではなく、目薬や塗り薬などの外用薬に 湿布や熱冷まし用のシート、怪我の時の応急グッズなど 薬って意外と多くてかさばりがちですよね。  薬の収納、というと「救急箱」が一般的ですが、 仕切りが細か過ぎたり、入れたい物が合わずにフタがしめられなかったり、 湿布などの大物が入らない…なんてことも。  結局、別のスペースに袋でガサッと突っ込まれているケースも 良く見かけますが、使う時に探す時間がかかったり、 すぐに取り出せなかったりと不便を強いられてしまうことも。  そこで、今回は急な怪我でもパッと取り出して使える 我が家での簡単便利な薬の収納方法をご紹介します。

    整理収納アドバイザー 井上知恵子
    • 54480
    • 318
  4. 薬の収納で大切な3つのこと

    いつのまにか増えてしまったり、期限が切れてしまったり、なかなか難しい薬の収納。 薬の収納の目的は「すぐに使える」「期限や種類を管理する」ことです。 急な病気やケガの時、必要な薬が入っていなかったり、期限が切れていたりすると困りますよね。 使いたいときに、すぐに使える状態にするには何が大切なのでしょうか? 昔の家には必ずあった「救急箱」。 当たり前のように使っていましたが、「箱」というこだわりをなくしたら、思いの外使いやすくなりました。

    マスターライフオーガナイザー井手本亜希
    • 20869
    • 150

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード