モダン住宅

「モダン住宅」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「モダン住宅」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 片流れ屋根が上品なモダン住宅 アクセントクロスで表情豊かな室内

    白と木目調の外壁に片流れ屋根のシャープさが組み合い上品な佇まいのモダンな表情をした外観。 プランは、LDKを中心に、家族のコミュニケーションの取りやすい使い勝手の良い動線を取り入れています。 また壁の随所にアクセントクロスを用い表情豊かな仕上がりになっております

    東仙ハウジング
    • 2202
    • 8
  2. まもなく着手・京都市北区のリビングインナーテラス・ルーフテラスのある和モダン注文住宅・まもなく着工!

    数回のプラン修正後ほぼ間取りも決まりまもなく着所させて頂きます。 修正部分は外観を含めビルトインがラージは3台に、合わせて玄関までのアプローチを12mとし1階部分に奥行を。 格子で覆われたアプローチ正面は前プラン同様、防犯性を上げる為ポーチには特注のスライド門扉を。 1階には広めのシューズインクローク、ホールには屋上テラスまで行けるホームエレベーター、洗面、お風呂にお子様のお部屋約15帖。 主寝室には広いクローゼット、書斎、書庫を作り寝室にベットを囲むように関節照明付きのカウンターを造作。 2階LDKは勾配天井、屋根の一部に特注の天窓、広いリビングテラスは外部からの視線を気にすることなくお使いいただけます。 リビングの壁面を利用しバイオエタノール暖炉を置くスペースを計画中。 2階ホールとLDKは当初オープンにしていましたが天井までのガラス張りで間仕切りを、 壁にすればコスト面もわずかで済むのですが中庭、ホールからの採光を取り入れられるように考えていたので多少高額にはなりますが 今回は天井までガラスで壁を作る事に。屋上テラスにはウッドデッキ、タイル張りのバーべキュウなど出来るスペース、小さいながら家庭菜園の出来るスペースを造ります。 外観,内観までこだわりの注文住宅をデザインファースト一級建築士事務所ではご提案させて頂いております。 こだわりを形に,実際には出来上がるまでイメージが・・・と言う事なのでCGで完成形をご確認していただく事でお客様の不安を解消させて頂きます!

    Design 1st.一級建築士事務所
    • 1121
    • 2
  3. 敷地間口4m・うなぎの寝床といわれる京都独特の敷地でも、外部、内部に吹き抜けを設ける事で、十分な採光を!

    うなぎの寝床といわれる京都独特の敷地でも、 外部、内部に吹き抜けを設ける事で、十分な採光を取る事ができ、とても明るい家となりました。 京都市上京区の住宅街の狭小間口の敷地に木造3階建てのモニターハウス!住宅街と言う事で道路に面した外部の開口部にはアルミ格子を小間返しで取り付ける事で採光の確保と外部からの視線をカット。玄関にはストレージ(収納庫)1階には和室と主寝室、洗面とお風呂は主寝室の近くに配置。お部屋の取り方を独立して、中間に吹き抜けをもうける事で1階のお部屋にも採光を!2階LDKも同じ配置で、6帖の和室、LDKと繋がる廊下には大きな窓を連続して取り付け採光を!つながる廊下の外側は外部の吹き抜け、ファイバーグレーチングのバルコニー!ホールを吹き抜けにする事上階からの日差しが入りよりいっそう明るく!LDKも同様、3階からの採光を!3階は間仕切りなしの1ホールに、ご自宅でお仕事をさせるための広い空間、一部勾配天井にすることで天井裏にロフト?収納庫も!2階LDKと3階には収納棚を創り付け!狭小地、狭小間口、うなぎの寝床といわれるような敷地でも間取りの取り方次第で各室日差しの入る家を作る事も出来ます。

    Design 1st.一級建築士事務所
    • 1853
    • 9
  4. 滋賀県大津市の高低差のある敷地に2階リビング、勾配天井、ルーフバルコニーから琵琶湖を一望出来る家

    敷地に約1m弱の高低差がある為数段の階段を新たに作り,ただ1段の高さを15㎝以下とすることで毎日の上がり降りの負担を軽減! 外部ホールには外部収納を,冬用タイヤ,その他お車の備品などたっぷり収納できます。 玄関ホールには造り付け玄関収納,土間より浮かして造作し下には足元を照らす関節照明! 廊下に特注の鉄骨スリット階段,1階の寝室予備室にはウッドデッキのある中庭も! 外部からの視線が気になるので採光が入るように塀を設置!主寝室には大きなウオークインクローゼット,書斎コーナーには大量の本が収納できる造作棚も制作! 2階21.5帖のLDKリビングとダイニングの間にはパソコン専用のデスクとカウンター付の食器棚を造作,デスクの袖部分は階段ホールの手摺と併用! ダイニングアイランド型キッチン背面には大容量のパントリー! 壁面には趣味の本を収納できる大きな本棚も造り付け。リビングTVコーナーには巾2.4mのTVボード! 全開口サッシを開けると6帖のリビングテラス,1階駐車スペースに採光を入れる為にウッドデッキとファイバーグレーチングとのミックスで!2階リビング天井は勾配天井で一部ペントハウスを! 屋根の一部にルーフバルコニーを! 琵琶湖が一望でき夏の風物詩、花火大会をムることが出来ます!

    Design 1st.一級建築士事務所
    • 2670
    • 4
  5. 建物外観を4面違うハザードのモダンなデザインのデザイナーズ住宅

    住宅街の中でありながら、人通りの多い道路に面していることから、建物外観は4面違う仕上がりに!正面外壁にはナチュラルロブソンという、凹凸のある天然石をレール工法で張り、セットバックされたバルコニーには特注アルミ格子の手摺!側面はアルミ横格子を全面に、和モダン風近未来的な外観で!建物の中心部には1階~3階までのFIX窓、夜間照明が螺旋階段を照らします!道路よりいきなり玄関を避けるために、正面の格子戸、鉄骨製作の特注のスライド門扉から玄関アプローチに、エントランスより駐車場のお車は大きな窓より 見る事も入る事も出ます。玄関正面にはガラス張りのテラスドア、中庭(パティオ)に出るためのドアが 暗くなりがちな玄関を明るくしてくれます。創り付けの大容量の玄関収納にはブーツハンガーも、収納下には間接照明!ドアは高さ2.4mの鏡面仕上げ、洋室と和室の間仕切りには特注製作の格子戸!2階LDK、3階ホール床には大理石調の鏡面仕上げのフローリング、特注のらせん階段の踏み板はアイカメラミンの鏡面で製作!2階LDKは約22帖アイランド型のトーヨーキッチン、創り付け収納、1.3帖のパントリー、壁にはイタリア製のタイル,ピエトレシチリアーナという大きなタイル張り。タイルは梱包をあけた時点ではほぼ真っ黒、カタログでは茶色時間がたつとカタログ通りのタイルに!キッチン側面のバルコニーはウエスタンレッドシダーのウッドデッキ張り!洗面・パウダールームにもこだわりを!カウンターはアイカメラミンで特注、洗面ボールはドイツ製の独特な形状、排水溝が大きな特注鏡に穴を開け特注のステンレス受け材の上には ガラス製の棚板、水洗はイタリア製の物を使用! ユニットバスはヤマハ製、ドアのスリガラスを透明ガラスに交換,1.25坪のお風呂には2.2帖のウッドデッキの敷かれたバスコート!1.5帖のトイレにも特注創り付けの手洗いカウンター、間接照明とこだわりを!3階ホール床には強化ガラスを一部使用、最上部の天窓より太陽光、月明りが2階ホールにも!寝室壁にはニッチ、間接照明で雰囲気を!お子様のお部屋にはロフト、北側斜線、道路斜線をクリアするために 北側、西側全面に広いバルコニー!手摺は鉄骨の亜鉛メッキ仕上げ!全面道路の斜線をクリアするために天空率を使い高さをぎりぎりまで確保!

    Design 1st.一級建築士事務所
    • 1774
    • 6
  6. 借景を取り込む家

    周りには驚くほど緑が豊かに残っており、傾斜によって敷地から東側の公園に向かって低くなっているため2階北側のテラスからは隣家や公園の樹木が借景として眺めることができ、あたかも公園が自分達の庭であるような気分にさせてくれます。 また、2階北側テラスの道路側に面する部分をアルミアングル材によるルーバーで覆うことで内外に対して圧迫感を与えずに風を通しつつプライバシーも確保しています。 見晴らしの良い2階にリビング・ダイニング、1階に書斎とプライベートスペースを真ん中に配した廊下と階段でつなぐプランになっています。 内玄関から1階室内すべての段差を無くしているため、玄関扉を開けて入ると上がり框の無い白いタイル貼りの玄関廊下がまっすぐに伸び南側の庭へと続いています。 2階リビング南のハイサイドライトと階段上部のスリット窓からの光が1階の玄関・廊下へと差込み、とかく暗くなりがちな中廊下式プランの欠点を解消しています。 2階リビングは天井高さが3.65mある開放的な空間で、夏は南から入る風が北側上部のガラスルーバー窓から通り抜けます。 一方冬は暖かい日差しがリビング全体に当たるので晴れた日の日中はエアコンや床暖房に頼ることなく理想的な環境の中で生活することができます。

    三浦尚人建築設計工房
    • 631
    • 4
  7. 旗竿地のコートハウス

    閑静な住宅地に建つ、家族4人のための木造二階建ての住宅です。 旗竿地(敷地延長)で、しかも建ぺい率40%、容積率80%という厳しい条件の土地でした。 建て主ご夫婦からの要望は、風通しと採光が良いシンプルな住まいで、収納スペースが多く、洗面脱衣室を広くしてほしいとのことでした。 そこで、東南に中庭を設けてそれを囲むように片流れ屋根の平屋建てと切妻屋根の二階建てを組み合わせたプランとし、セキュリティを考慮して道路から玄関ドアが見えないようにあえて玄関アプローチ正面には玄関ドアや窓を設けませんでした。 敷地の東南に大きな中庭を設け、それを囲むように片流れ屋根の平屋建てと切妻屋根の二階建てを組み合わせたL字型のコートハウスにして、採光と風通しを確保するプランにしました。 また、建設コストを考慮して浴室、洗面脱衣室、トイレ、キッチンといった水廻り設備を出来るだけ道路に近い玄関アプローチ側に寄せる配置にしました。 玄関の隣に配したシューズクロークも土間コンクリートにして買い物から帰宅しても靴を履いたままキッチンに荷物を置けるようにしました。 また、洗面脱衣室で洗濯をしたあと、すぐに干せるように物干し場を中庭デッキテラスに設けて動線距離を短くしました。 東南に設けた中庭とデッキテラスは、リビングと一体的な空間となっています。 建て主さまのご希望で、ダイニングとリビングを分け、リビングにあるテレビをダイニングから見えないように、またキッチンからリビングのテレビが見えるようにリビング、ダイニング、キッチンの配置をL字にしました。 ダイニング奥には2階へ上がる階段があり、北面のトップライトから柔らかい光が差し込みます。 奥様の希望でオープンキッチンにし、いながらリビングのテレビを家族と一緒に楽しめます。 また、リビングの天井を化粧根太現しにしてLDKの天井の高さと仕上げに変化を付け、間接照明にしました。 中庭の壁には、折りたたみ式の物干し金物が付いていて、周りを気にすることなく洗濯物が乾かせます。 1階は、家族団らんのスペースを配置し、2階は寝室と子供室というようにプライベート空間となっており、屋根形状に合わせて勾配天井となっています。 1,2階ともぐるりと廻れるプランとなっているため、思った以上に広く感じられます。

    三浦尚人建築設計工房
    • 745
    • 3

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード