スローライフ

スローライフとは、都会の喧騒や日々の忙しさから離れ避暑地や別荘地などの自然豊かな空気の綺麗な場所で過ごす生活のことを指します。近頃はセカンドハウスを都心ではなく郊外に構える動きもあり、その際はナチュラルテイストを重視したログハウスと北欧家具の組み合わせもよく見られます。

  1. 家庭菜園でおうち時間を充実!初心者におすすめの野菜とハーブ♪

    「自宅で過ごす時間を家族みんなでもっと楽しめないかな?」そんなときにおすすめしたいのが、家庭菜園! 家族でおいしい野菜が育つ過程をワクワクしながら観察でき、収穫できれば献立にプラスすることも♪ プランターを使ってベランダでも気軽にでき、初めての方でも育てやすい野菜やハーブを集めてみました!

    株式会社フレッシュハウス
    • 7166
    • 62
  2. おうち時間ができたらやりたいこと”4”選

    日々の暮らしに追われていると、 「あ〜あれやりたいけど、時間がないな…」 って諦めることは多々ありますよね。 今おうち時間が増えてる方は、たくさんいらっしゃると思います。 私は数年前までフルタイムでバリバリ働いていましたが、身体を壊して退職。 しばらくは身体を休めながら、好きなことに時間を使うようになりました。 とはいえ急にできた時間。 目的がないと漠然と過ぎていきます。 でも仕事をしていないのでお金がない。 そんな中でやってみて良かったこと、 これから挑戦してみたいことをまとめました。

    シンプリストおまゆさん
    • 3062
    • 19
  3. バラの見頃は秋にも!優雅な姿や香りを長く楽しめる秋バラを〔京成バラ園〕で堪能しよう♪

    すっかり涼しくなって外出が楽しめる季節になりました。紅葉狩りやアウトドアも良いですが、この時期におすすめなのが「秋のバラ園」。意外と知られていませんが、バラの見頃は秋にも到来するんです。そこでおすすめなのが、秋バラが咲き誇り、「オータムフェア2019」を開催する〔京成バラ園〕。秋バラの見どころと、イベントのおすすめポイントをご紹介します!

    京成バラ園
    • 11014
    • 41
  4. 家を持つなら郊外や地方がメリットいっぱい!ストレスフリーなスローライフの始め方

    家を建てる際の大切な決定事項のひとつが「どこに建てるか」ということ。利便性の高い都心に人気が集中していましたが、近年は、自然と共に生きる郊外に家を建てる人も増えています。満員電車や渋滞のストレスに振り回されず、自然の中で自分らしい生き方を求めているのがその理由のようです。そこで今回は、郊外に家を持つメリットをご紹介! 暮らしを、人生を豊かにするメソッドがいっぱいですよ♪

    ヒュッゲな暮らしを楽しむ(HUCK)
    • 14361
    • 43
  5. バラ園にクイズラリーやプリンセスになれるフォトスポットも!?イベント盛りだくさんの〔京成バラ園〕を楽しもう♪

    バラの優雅な佇まいと、やさしい香りを楽しめる〔京成バラ園〕では、「オータムフェア2019」が開催されています。秋にも見頃をむかえるバラは、春とは違う見どころがたくさん。また、フェア中はバラに関するさまざまなイベントが開催されているんです♪

    京成バラ園
    • 7798
    • 25
  6. リビングが寒くない♪薪ストーブを設置したらこんなにいいことがありました

    海外ドキュメンタリーやドラマなどでよく見かける「薪ストーブ」。お家に合ったらいいな、と憧れている方も多いのではないでしょうか。実は今、薪ストーブは暖房器具としての機能だけでなく、家族団らんの空間を作り出す道具としても注目されているのです。今回は、薪ストーブが作ってくれる家族の“つながり”からその機能、実際に設置したご家庭がどのように暮らしているかまでご紹介します。

    soramado
    • 9453
    • 22
  7. いま話題のデュアラーって知ってる?週末が充実するライフスタイルを紹介!

    今住まい領域で注目を集めている生活スタイルが、2つの拠点に住居を構える「デュアルライフ」。一昔前の、富裕層や仕事をリタイアした人にとってのライフスタイルから変化しており、若い世代のファミリーやビジネスパーソンにも拡がっています。その実態や人気の理由とは? デュアルライフにぴったりな住まい環境の考え方も一緒にチェックしていきましょう!

    元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
    • 8106
    • 11
  8. 入園無料デーあり!秋もイベント豊富な〔京成バラ園〕を楽しんで♪10月中旬から秋バラも見頃

    涼しい風が吹く日が増え、秋の雰囲気が顔をのぞかせる今日この頃。穏やかな天気の日は、お出かけのハードルもぐっと下がります。そんな秋の行楽シーズンのお出かけ先をお探しの方には、イベント豊富な〔京成バラ園〕がおすすめですよ♪ 秋バラも10月中旬から見ごろになり、なんと入園料無料で楽しめる開放日も。今回はそんな〔京成バラ園〕の秋イベントや秋バラの魅力についてご紹介します!

    京成バラ園
    • 9228
    • 7
  9. 【3万m²に1万本】旬のバラに囲まれる夢のような時期は今だけ!ガーデン好きにおすすめスポット

    美しく、プレゼントにもよく選ばれるバラの花。しかし、たくさんの旬のバラや、その香りに囲まれた経験がある人は少ないのではないでしょうか? 〔京成バラ園〕には1万本ものさまざまなバラが咲き誇り、とくにバラの“旬”である5月中旬から6月初旬には、圧巻の景色が楽しめます。旬の時期に合わせて「ローズフェスティバル」や「早朝開園」などのイベントも実施。今回は、そんな〔京成バラ園〕内のおすすめスポットや、バラの見ごろ・開花状況の調べ方などについてご紹介します♪

    京成バラ園
    • 4433
    • 26
  10. 風景に溶け込む、築40年の平屋でスローな暮らしを満喫【我が家の暮らし #1】

    昨今、ゆったりと暮らしを楽しみたいたい人々に人気の、郊外での平屋住まい。頭上に広がる空の下、庭や縁側が内と外をむすび、フラットな空間には心地よい風が吹き抜けていきます。“ひとつ屋根の下に暮らす”という、家の原型のような平屋は、住まいに、そして暮らしに、本当に必要なものは何かを、そっと語りかけてきました。

    LIMIA編集部
    • 11524
    • 57
  11. カナダの首都オタワでオーガニックスーパー&スイーツ巡り

    カナダは国際的な先進国であると同時に、スローライフ先進国でもあります。カナダの食料自給率は約220%(日本の食料自給率が約40%)で、ダントツの1位! 国土面積は世界第2位(ちなみに1位ロシア、3位アメリカ)にもかかわらず、人口は約3619万人で日本の関東地方ほどしかいないというのだから驚きです。カナダの首都、オタワを散策すると、人々の生活にスローライフが根づいていることが実感できます。

    LIMIA おでかけ部
    • 2531
    • 1
  12. 週末田舎暮らしあるある、4つの「こんなはずじゃ…」をどう解決するか

    「こんなはずじゃなかった…」「思っていたのと違う…」。二地域居住という暮らし方を始めて、理想と現実の違いにガーンと思うことも、きっとあると思います。「始める二地域居住」から、「続ける二地域居住」へ。どんなことが起こり、どんな風に消化していくといいのでしょうか。

    住まいの大学
    • 1435
    • 4
  13. 火鉢のある生活

    昔懐かしい【火鉢】 囲炉裏や掘りごたつ、薪ストーブの様に大きな設備となると 自宅で暖を取るのに設計から見直さないと厳しいですが 火鉢ならこぢんまりとしている暖房器具なので マンションでも家屋でも簡単に取り入れることが出来ます! 和モダンで大正ロマン溢れるレトロな火鉢は インテリアとして洋風なリビングにも雰囲気抜群♩ 今回は火鉢のある生活を紹介します!

    りさと
    • 432
    • 0

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    22件中 1 - 20 件を表示