薪ストーブ

「薪ストーブ」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「薪ストーブ」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 意外に簡単!【北欧スタイル】を上手にまとめるコーデ術4選

    インテリアにはさまざまなスタイルがありますが、特に人気が高いのが北欧スタイル。「でも、どんな風にすれば北欧スタイルになるの? 」と、もやっとしている皆さんに見てほしいのがこの記事。スタイリッシュな北欧スタイルのインテリアをつくり上げたIさんのお宅をお手本に、北欧コーディネート術を4つのポイントに絞ってご紹介します。

    kinohus(キノハス)
    • 15834
    • 166
  2. 伊豆天城高原の別荘 ーDOVE VAIー

    高原の木々に囲まれ、東に相模湾を臨む天城高原に建つ別荘である。1階はRC造として高基礎を兼ね、上に木造部分をのせて地面より高さを確保し、雪や寒さ対策の一つとしている。 内部は木の質感を生かした内装とし、一枚大天井はカナダ産のピーラー板張りで、大梁、小梁も同材としている。床は幅広のチーク材を特注で制作し、乱尺のものを一気にダイナミックに敷き詰めた。仕上げはナチュラルオイル拭き取りで軽く仕上げただけである。家具も厚物のチーク無垢板を使い、時と共に深みを増していくチーク独特の色の変化が楽しみである。 壁は全て熟練職人による左官塗り(デュッセル)で厚みを出している。 螺旋階段の手摺は鉄の鍛造作りを京都の老舗工場ーよし与工房で制作してもらった。黒皮を生かすため蜜蝋で仕上げている。 十分な断熱材や暖房設備は施しているが、春夏秋冬いつでも窓を大きく開き、自然の豊かさ、厳しさを楽しめる別荘である。

    松井建築研究所
    • 159
    • 0
  3. 今さら聞けない!?寒い冬でも気分が上がる【ナチュラルテイスト】の作り方

    大好きなナチュラルスタイルのインテリアが映えるのは、やっぱり自然素材を使った部屋! インスタグラムなどで見かける素敵な空間は、家具やファブリックだけでなく、内装の素材にもこだわっていることがしばしば。「無垢材のフローリング」や「木枠の窓」など住まいのパーツを吟味することで、あこがれの空間に近づくことができます。自然素材をたくさん使った柚木さんの住まいを例に、空間づくりのアイディアを見てみましょう。

    kinohus(キノハス)
    • 6787
    • 20
  4. ナチュラル空間を素敵に見せる【4つのルール】アクセントカラーが決め手!?

    ナチュラルスタイルのインテリアを目指すなら、ウッド素材を中心にコーディネートするのがポイント。触ったときの木のぬくもりはやさしく、香りにも癒されます。そこで紹介したいのが、ナチュラルなインテリアを作り上げた中島さんのお宅。参考にしたいテクニックが満載です。

    kinohus(キノハス)
    • 8716
    • 25
  5. 古材・ペイントが決め手!【 ラスティック 】&【 ナチュラル 】なインテリアをつくるコツ

    無垢の木の香りや裸足に触れる感触、気持ちいいですよね。木の質感を生かしてナチュラルに暮らしたいけれど、どんな風にインテリアに取り入れればいいのか、悩みどころでもあります。木に囲まれた理想の家を手に入れた下山さん宅で、素材の組み合わせ方やかっこ良くコーディネートするポイントを教えてもらいました。

    kinohus(キノハス)
    • 7549
    • 15
  6. ただの暖房器具じゃない!薪ストーブでおいしいが叶う、絶対試したい料理って?

    さまざまなデザインで、インテリアとしても存在感を放つ薪ストーブ。暖房の役割はもちろん、バリエーション豊富な料理を作れるのも魅力の一つなのです。そこで今回は、試したくなる薪ストーブ料理をご紹介。炎の優しい温もりがマッチする《HUCK》の木の家なら、くつろぎを一層感じられる暮らしが実現します♪

    ヒュッゲな暮らしを楽しむ(HUCK)
    • 16519
    • 9
  7. 北欧の木の家ってスゴイ!子どもの勉強もスイスイ進む快適空間づくりのコツ

    暑さ寒さや湿気のジメジメといった不快感は、なるべくなくしたいもの。ストレスなく家事をこなせることも日々の暮らしには重要です。そこで紹介したいのが、「スタイリッシュで使い勝手のいい家が欲しい」という願いをかなえたOさん宅。家事ラクで子どもの宿題もはかどるなど、暮らしやすさをアップするアイデアが満載です。

    &home
    • 15814
    • 35
  8. リビングが寒くない♪薪ストーブを設置したらこんなにいいことがありました

    海外ドキュメンタリーやドラマなどでよく見かける「薪ストーブ」。お家に合ったらいいな、と憧れている方も多いのではないでしょうか。実は今、薪ストーブは暖房器具としての機能だけでなく、家族団らんの空間を作り出す道具としても注目されているのです。今回は、薪ストーブが作ってくれる家族の“つながり”からその機能、実際に設置したご家庭がどのように暮らしているかまでご紹介します。

    soramado
    • 9024
    • 22
  9. 【絵本に出てくる家】を再現!? ディスプレイを楽しむ空間づくりのコツ

    毎日をハッピーにする方法のひとつが、好きなものに囲まれて暮らすこと。インテリア好きなら、自分の好みを思い切り前面に出してコーディネートしてみたいですよね。木づくりの空間に素敵なアイテムをちりばめて、理想の空間を実現したMさんのアイデアを紹介します。

    &home
    • 23266
    • 62
  10. 豪雪地域で軒の出2m!伝統的建築様式のアレンジで豊かな暮らしを育む、小見世(こみせ)をもつ家。

    青森県津軽地方の伝統的な建築様式である雪の季節に人の通行を許す軒下空間「小見世(こみせ)」に着想を得た深い庇が特長の住宅。積雪荷重を分散させるために屋根形状を雛壇状に計画しました。最上部にハイサイドライトを設けることで、四季を通して変化に富んだ気持ちいい陽の光を室内に導き入れることができます。また、厳しい自然環境に耐えるために焼杉張りの外壁を採用し、城下町である弘前の街並みの一部分としての役割を担うことを目指しています。

    清建築設計室
    • 483
    • 3
  11. 別荘の薪ストーブ

    別荘設計において薪ストーブは要望の多いものであるが、当事務所ではアメリカのファイヤーサイド社のものを勧めることが多い。 伊豆天城高原の別荘(当事務所で設計)では、ファイヤーサイド社のデファイアントを採用した。 価格は高めだが性能が良く、耐久性もあるためである。 また販売、取付施工はいつも同じ三島の松井機械(別に親戚ではないが)にお願いしている。 なにしろ木造の家の中で火を燃やすのである。十二分に注意して設計に盛り込まなければならず、常に施工相談しながら進めなければならない。 そして確実な施工を行ってもらい、後のメンテナンスも安心して任せられ、安心して建主に引渡すことが出来る。

    松井建築研究所
    • 584
    • 2
  12. 古民家再生住宅 第2回『継承の家パネル展』岩手県奥州市胆沢文化創造センターで開催!

    6月8日(土)・9(日)の2日間胆沢文化創造センターで、「第2回 継承の家」パネル展を開催します。 これまで手掛けてきた伝統的建築とエネルギー住宅を融合した継承の家の施工作品をご紹介いたします。 その他にもイベント盛りだくさん!! ★前回も大変ご好評いただきました、薪工房ゆらり様による最新の薪ストーブやアクセサリの展示! ★今回初登場、さんもく様のオリジナル家具やウッドスピーカー、木で作った時計など岩手産の木を使った1点ものの家具類を多数展示! ★体験コーナー!!カキ殻しっくい塗り体験コーナーでは、かわいい型紙と色漆喰を使ったオリジナルの漆喰作品にもチャレンジ!完成作品はプレゼント(^^)v イベント盛りだくさんでみなさまのご来場お待ちしています! ★相談会同時開催★ 小規模改修から古民家再生まで幅広くご相談承ります。まずは今のお住まいのお悩みをお聞かせください。 リフォームを知り尽くした営業マンが親身になってご対応させていただきます! お問合せ・ご予約は、伸和ハウス(株)水沢店 フリーダイヤル 0120-412-408

    伸和ハウス
    • 458
    • 3

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    152件中 1 - 20 件を表示