薪ストーブ

薪ストーブに関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく薪ストーブについてご紹介しています。

  1. 中庭のあるスキップフロアハウス「YKSG」

    計画地は秋田市中心部に程近い住宅地にあります。敷地の高低差と南側隣地が高台になっていることがプランのコンセプトになりました。敷地の高低差をそのまま使用する計画として、インナーガレージと玄関は道路と同レベルに設定。スキップフロアで構成し、各部屋へのアクセスをスムーズにできるようにしています。南側の隣地との関係については採光確保のために中心に中庭を計画しました。スキップフロアの構成と相乗効果が期待できます。 玄関からガレージへ直接行くことができる動線も配慮しています。玄関を通った先の収納スペースは、旦那さんご自慢の見せる収納となる予定です。リビングに面したガラスケースには靴のコレクションが。 階段を上がるとテラスと直結した天井の高いLDKスペースへ出ます。セットで製作したキッチンとダイニングが向かい合う会話を誘発します。キッチンにはビールサーバーも完備。リビングスペースには給湯にも使用できる薪ストーブやホームシアター、ヨガ用ハンモックも。既存樹木や隣家の樹木も活用するように窓を配置しています。 中庭の東側には寝室を計画。書斎として使用するカウンターはリビングに面しています。中庭の西側に配置したホールはお子さんのスペース。中庭からの採光が期待でき、中庭で遊んでいてもキッチンから目が届くことで安心して家事ができるように工夫しています。水廻りはキッチンからの動線を考慮してコンパクトにし、洗面と脱衣を分けることで使い勝手のよい洗面スペースとしています。脱衣には物干し空間も確保。浴室から庭への視線も検討しています。

    建築工房DADA
    • 5118
    • 81
  2. 武蔵野の雑木林に建つ平屋

    武蔵野の雑木林の中に建つ住宅です。平面的には、リビングの真南に直角三角形の斜辺をもってくることによって、南側の長い壁面に、大きな窓(開口部)を配置。軒の深い南面外壁は、雨で劣化しにくいので、杉の南京下見板で仕上げてあります。普段、一番目にする部分ですからね・・・。 基本的には平屋のプランで計画されています。 平屋の利点を利用して、リビングは屋根の形に天井を高く仕上げました。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 3588
    • 10
  3. 晴耕雨読 〜自然の循環と共にある生活の器〜

    「畑を耕しながら、ゆっくり過ごしたい」と、家づくりを決意したFさんご夫婦。そんな思いにこたえた建築家、岩瀬卓也さんと共に作り上げたのは、大きな土間と開口部で内と外の垣根をなくした「晴耕雨読」の家。自然と一体となって暮らすための知恵が随所に生きるF邸の魅力を、たっぷりとご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 777
    • 3
  4. 遊ぶ、眺める、家族で家を楽しみ尽くす、中庭の存在とは!?

     この家に住むIさんは、造園の仕事をしていたため、緑の楽しみ方をよく知っていました。子どもたちが思いっきり走り回れる芝生の広場、お風呂につかって眺める坪庭、自分で手入れする前庭。家族と暮らす新たな住まいはたくさんの緑で彩られていました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 716
    • 7
  5. 川のせせらぎも、もはや我が家! 自然と一体の家づくりの極み

    自然が好きで、山と海にひとつずつ家がほしいというQ さん。まず手に入れたのは、近くを多摩川が流れる土地でした。人の手が入っておらず木が生え放題の場所を、どうしたら川が楽しめる家にできるのか、Qさんはガーデナー建築家、勝田さんに期待をかけました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1917
    • 4
  6. 見ているだけであたたかい気分♪暖炉があるおしゃれな海外インテリア8選☆

    寒い日が続いてくるとファッションや食事だけでなく、見る画像もあたたかいものを選びたくなってきますよね。今回は寒い日にこそ見て楽しみたい、暖炉があるインテリアを海外インスタグラマーの画像でご紹介します。どれもそれぞれに個性があっておしゃれなものばかりですよ。

    folk
    • 1463
    • 7
  7. 薪ストーブのある暮らし!ブラックを効かせたナチュラルコーディネート事例をご紹介

    薪ストーブのあるリビングダイニングをご紹介します! 薪ストーブのブラック色を活かしてブラック色のチェアやクッションを取り入れたナチュラルコーディネート事例をご紹介します! オーク無垢材のフローリングとナチュラル色の家具に少しブラック色を取り入れる素敵な住空間です。

    INTERIOR SHOP BIGJOY
    • 11452
    • 6
  8. 二世帯住宅で家族が集まる。30人!?でも幸せな空間とは?

    かつて母家と倉庫のあったところに二世帯住宅を建てることに決めたQさんご家族。同じ家に住む家族でも以前の家との関わりも違えば、普段の生活スタイルも違います。誰もが住みやすく、楽しく暮らせる家をつくるため、家族はたくさん家の話をしました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1419
    • 9
  9. 日々の暮らしをもっと楽しく!室内外を行き来できる回遊する家

    同じ建築学科の友人だったOさんのために田中朋久さんが手がけたのが、高崎市の郊外に佇む2階建ての「ぐんまの家」。貴重な屋敷林に隣り合う土地に完成したのは、外の自然を上手く切り取りつつ、周囲の環境に溶け込む住まいでした。家の中と外を連続して回れるように動線を引いた造りは、まさに「回遊する家」。家族が楽しく過ごせるための工夫が随所に凝らされた、田中さんの家づくりに迫ります。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 716
    • 7
  10. 「Sさんのプチ田舎暮らし~日高の家」の掲載記事です。グローバルデザインサイトhomifyから

    Sさんのプチ田舎暮らしは、子供たちの生活のことも考えて始まりました。飯能からバスで15分、敷地はゆったりとした分譲地の端っこの一番おいしいあたり。旗竿敷地ではありますが、一番端っこの特典で、山の風景は独り占めです。今ではすっかり田舎暮らしも板についてきたようです。

    タマイアトリエ
    • 1411
    • 3
  11. おかやまのいえ ー 里山や隣近所との繋がりを住み継ぐ家

    岡山市郊外に建つ築63年の木造住宅を、祖父母から孫へ住み継ぐ住宅としてリノベーションしました。 かつて下屋だった部分を減築することで、中央に開放的な土間をつくり、かつて祖父母が営んでいた山や畑と繋がる暮らしを継承しながら、若い世代の生活の場として再生しました。

    一級建築士事務所 ikmo
    • 3473
    • 18
  12. 薪ストーブがある片流れ大屋根の家

    片流れの大屋根とシンプルなブラックガルバリウム鋼板の外観がかっこいいおうちです。玄関を入ると土間スペースに薪ストーフ゛があり、勾配天井と梁表しのダイナミックな室内はぬくもりあふれる開放的な空間となっています。リビングにはボルダリング用のウォールを設置。また、キャンプ用品やロードバイクなどもしまっておける充実の収納力もGood。

    伸和ハウス
    • 1473
    • 7
  13. 【もう、来シーズンの薪が心配なんです・・・。】

    今年の冬は、ずいぶん薪ストーブにお世話になったので、庭の薪棚はどんどん空になっていきます。薪棚が空になると、残高のない通帳を見るようで、なんだか寂しい気持ちになります・・・。 まだまだ寒い日が続きますが、今シーズンはなんとか足りそうです。来シーズンの分は、全然ありませんが・・・。 なぜ、今から、先の心配しているかというと、薪は乾燥が必要だからです。乾燥が不十分でも、火はつきますが、炉の温度がまったく温度が上がらないので、暖かくないんです。 本当は、作った薪を、2年くらい放置して乾燥させたいところですが、最低でも半年は必要です。一節によると、2年くらい乾燥させた薪が、火力が強いという話もあります。 ですから、薪ストーブのあるお宅では、今が薪割りシーズンなんです。薪割りしてても寒いので、汗もあまりかかないですしね・・・。 冬に伐採された木々は、根から水分をあまり吸い上げていないので、元々含水率が少なかったり、虫も少ないという利点もあります。 ちなみに、左の二列が今シーズンの薪で右が、先週作った来シーズンの薪です。これからまだまだ、肉体作業が必要です・・・。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 635
    • 2

119件中 1 - 20 件を表示