長持ち

「長持ち」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「長持ち」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. ご近所さんから家の中が丸見え?!昼も夜も透けないおしゃれで機能的な窓アイテムを紹介します。

    後から建ったお隣さんとの窓同士の位置が近かったり、家の前にはご近所さんが歩く道路があったりと、毎日の生活の中で「外からの視線」は意外と気になるものです。視線が心配で、気づけば開かずの窓。。お宅にもありませんか??視線を気にすることなく快適に過ごせる、明るくおしゃれで機能的な窓アイテムのご紹介!インテリア大好きさんにも大好評♪小さなお子さまやペットを飼っている方にも嬉しい高機能な最新ブラインドのご紹介です。

    【明るいお部屋を研究する】あかりラボ
    • 133561
    • 1924
  2. 【お弁当★はし箱】長持ちするはし箱と壊れるはし箱✴︎はし箱の選び方

    「えー💧また壊したの?」 別に本人がわざと壊したわけじゃないんでしょう。それでも新品のはし箱が1ヶ月ももたずに壊れる。そしてそんなことがちょいちょい起こる、そんなこと経験した方いるんじゃないかな?我が家は只今娘のお弁当作りに奮闘していますが以前息子たちのお弁当を作っていた頃学んだことをお話しします。

    ayu
    • 7588
    • 22
  3. 【9年目のデッキテラス:長持ちのポイント】

    最近は、資源保護やメンテナンスの面から、木材チップとプラスチックを複合したハイブリットのデッキ材が主流になりつつありますが、以前はなかったので、オセアニアや東南アジアのハードウッドが主流でした。 写真は9年目のセランガンバツ材(無垢材)。本物の木なので、退色や変形などの経年変化がありますが、逆にそれが材料の良さともいえます。耐久性は十分にありますので、メンテナンスは基本的に必要ありません。 独楽蔵でデッキテラスをつくる場合は、デッキの下に必ず水勾配を取ったコンクリートの土間を打つようにしています。そうすることで、地面からの湿気や虫を防ぐことができますし、デッキ材自体の耐久性も向上します・・・。 よく、デッキ材自体はハードウッドを使用しているのに、根太や大引きなど見えない部分にヒノキなどを使用している事例を見ることがありますが、同種の材料か鋼製の下地で施工しないと意味がありません。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 675
    • 1

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード