失敗

「失敗」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「失敗」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【DIY】ホームセンターのタイルとカラー目地材を使って初めてのタイルDIYに挑戦!失敗談含めのタイルトレー作り☆

    ホームセンターで見つけたタイルがおしゃれでかわいくて一目惚れ♡ 衝動買いだったので、タイルと目地材だけを買い、手探り状態で家にあるものを使って作業を進めました。 今まで色々なDIYをしてきましたが、目地材を使う本格的なタイルDIYは初めて…。 残念ながらたくさんのブロガーさんがサラッとおしゃれに作るタイル作品のようにはうまくできませんでした^^; 失敗や反省点はたくさんですが自分で作った作品は出来上がった時の喜びや愛着は格別♪ なんでも失敗は当たり前! 『失敗は成功のもと』と言うように反省点を次に活かしたいと思えるDIYになりました。 失敗も含め!タイルDIYの参考になればと思います(^^)

    aya-woodworks
    • 10208
    • 69
  2. 組立家具のネジなどは「締めすぎる」とエラい事になるのでご注意を♪

    組立家具(ノックダウン家具)はご自分でお家で組み立てるわけです。 その際、付属のネジを使って組み立てていくわけですが… このネジってやたらと締めすぎなくてもいいわけなんです。 昔、力いっぱい、これでもか!と締めて失敗した店長たちが、 締めすぎるとどうなるのか解説いたします(笑)

    ひらた家具店
    • 4418
    • 35
  3. ペンキ汚れはアルコールで落とす!

    家具や小物のイメチェンをしようと ペンキを塗ったものの イメージと違って やり直したいときはありませんか? 塗ったら失敗! 今度なんとかしよう ・・・と1年以上ほったらかしにしていた 我が家のテーブルにやっと着手しました。 アルコール(消毒用エタノールIP)で 汚れを落とします。

    おうちの美化委員 モテキ キミエ(そうじさん)
    • 6478
    • 37
  4. 人気の収納ボックスの落とし穴

    ブームになった大人気の収納ボックスも、自分の持ち物に合わないと使えません。 みんなが「便利!」とレビューしていて、テレビでも「人気商品!」と紹介されていたのに、実際は使えずに困った・・・。 そんな経験はありませんか? 何を入れるか、何が入るか、調べてから買わないと損をしてしまいますよね。 我が家では、夫がよく使う文房具を、ダイニングの椅子に座ったまま使えるように、夫へのプレゼントに買った収納ボックスが大失敗。 使いづらいため、ただの置物に。 リユースすることも考えましたが、検証の結果、夫ではなく私が使うことになりました。

    おうちの美化委員 モテキ キミエ(そうじさん)
    • 45397
    • 84
  5. 想像してた色と違うことも……!外壁塗装で色選びをするときの注意点とは

    外壁塗装の色選びに失敗するケースは意外に少なくなく、塗り直して費用がかさむ事態にもなり得ます。しかし、これは事前に色選びの注意事項を把握していれば避けられるミスとも言えます。そこで今回は、サンプルの色と実際の塗装の色がなぜ違うように見えるのか、原因や色選びの注意点をご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 8311
    • 18
  6. べたべたのシール帳状態!30年もののピアノ椅子をフレンチシャビー風にリメイク☆

    今回はお友達から依頼されたリメイクをご紹介します! 子どもの頃から使っているピアノ椅子、今では二人の男の子のシール帳状態になっています。シール遊びもしなくなる年頃なのでそろそろインテリアに合う椅子にリメイクしたい、との事。 よくあるピアノ椅子を分解してペイントし座面を変えました。 ペイントで何度も失敗してしまい、工程がかなり多くなってしまいましたが、失敗しないためにも!ぜひ最後までお付き合いください(^^)

    aya-woodworks
    • 6226
    • 16
  7. 絶対に失敗しないカルボナーラのおすすめレシピ!とろ~り卵と濃厚チーズのコラボレーション

    カルボナーラは、人気のパスタソースの一種です。日本では、トマトソース、ミートソースに次いで第3位の人気を誇るパスタソースとのことです。カルボナーラで大切なのは何と言っても卵黄!卵が固まりすぎないとろ~り仕上がるカルボナーラのレシピをご紹介します。

    LIMIA グルメ部
    • 20995
    • 103
  8. 住み始めてからも大満足な間取りを考える!

    良い間取りは、なかなか自分たちだけでは考えられるものではありません。 家づくりにはプロの提案力が欠かせません。 経験や実績に基づく快適さ、明確な見積もりで資金計画も組みやすい「企画プラン」。 最初は自分で考えても、利便性や合理性を追求していくと、最終的には一定のプランに行きつくこ とになるなら、最初からそんなプランを提案してもらうと嬉しいですよね。

    元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
    • 2087
    • 5

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード