失敗

失敗に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく失敗についてご紹介しています。

  1. 外壁塗装で失敗したくない方必見!気をつけるべきポイントを教えます

    外壁塗装に失敗してしまう例は多く、どうすれば成功するか分からない方もいらっしゃるでしょう。今回は、何に気をつければ外壁塗装に失敗せず済むかについて、そのポイントをご紹介していきます。これから外壁塗装をする予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 8767
    • 114
  2. 人気の収納ボックスの落とし穴

    ブームになった大人気の収納ボックスも、自分の持ち物に合わないと使えません。 みんなが「便利!」とレビューしていて、テレビでも「人気商品!」と紹介されていたのに、実際は使えずに困った・・・。 そんな経験はありませんか? 何を入れるか、何が入るか、調べてから買わないと損をしてしまいますよね。 我が家では、夫がよく使う文房具を、ダイニングの椅子に座ったまま使えるように、夫へのプレゼントに買った収納ボックスが大失敗。 使いづらいため、ただの置物に。 リユースすることも考えましたが、検証の結果、夫ではなく私が使うことになりました。

    おうちの美化委員 モテキ キミエ(そうじさん)
    • 42945
    • 77
  3. 想像してた色と違うことも……!外壁塗装で色選びをするときの注意点とは

    外壁塗装の色選びに失敗するケースは意外に少なくなく、塗り直して費用がかさむ事態にもなり得ます。しかし、これは事前に色選びの注意事項を把握していれば避けられるミスとも言えます。そこで今回は、サンプルの色と実際の塗装の色がなぜ違うように見えるのか、原因や色選びの注意点をご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 6787
    • 11
  4. べたべたのシール帳状態!30年もののピアノ椅子をフレンチシャビー風にリメイク☆

    今回はお友達から依頼されたリメイクをご紹介します! 子どもの頃から使っているピアノ椅子、今では二人の男の子のシール帳状態になっています。シール遊びもしなくなる年頃なのでそろそろインテリアに合う椅子にリメイクしたい、との事。 よくあるピアノ椅子を分解してペイントし座面を変えました。 ペイントで何度も失敗してしまい、工程がかなり多くなってしまいましたが、失敗しないためにも!ぜひ最後までお付き合いください(^^)

    aya-woodworks
    • 5254
    • 15
  5. 絶対に失敗しないカルボナーラのおすすめレシピ!とろ~り卵と濃厚チーズのコラボレーション

    カルボナーラは、人気のパスタソースの一種です。日本では、トマトソース、ミートソースに次いで第3位の人気を誇るパスタソースとのことです。カルボナーラで大切なのは何と言っても卵黄!卵が固まりすぎないとろ~り仕上がるカルボナーラのレシピをご紹介します。

    LIMIA グルメ部
    • 13392
    • 88
  6. 家づくりの後悔『相談は迷いの入り口へ』! 〔新築/後悔/名古屋/愛知〕

    家づくりは人生最大のイベント、当然悩みも最大のものになる方が多いと思います。 しかし、悩むのは当然といえどもその結果悪い方向へと進んでは後悔することになりかねません。 その原因の一つは、人に相談すること。 えっ、人に相談してはいけないの? ここを解説していきます!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 669
    • 4
  7. 住み始めてからも大満足な間取りを考える!

    良い間取りは、なかなか自分たちだけでは考えられるものではありません。 家づくりにはプロの提案力が欠かせません。 経験や実績に基づく快適さ、明確な見積もりで資金計画も組みやすい「企画プラン」。 最初は自分で考えても、利便性や合理性を追求していくと、最終的には一定のプランに行きつくこ とになるなら、最初からそんなプランを提案してもらうと嬉しいですよね。

    「最高の普通」を実現する住まい(エースホーム㈱)
    • 1707
    • 5
  8. 失敗しない家づくり ~準備期間編~

    家づくりはどれくらい時間がかかるものでしょう? 家づくりを始めようと思ってから家が建つまで、1年以上かかるのをご存じでしょうか。 建築会社を選ぶのに3カ月、プラン・仕様等を確定させるのに3カ月、着工準備に1か月、工期に5カ月、これで1年になります。 これに動き出す前の検討する時間が必要です。 どのような家にしたいか、どこにこだわりたいかそしてコストをどこまでかけるかなど家族で十分に話し合うことが大切です。 また上記は、すでに土地がある方の場合ですので、土地選びから始める方はさらに期間が必要となります。 よって、まずは時間的余裕を持って始めることが、家づくりを失敗しない最初のポイントです。 時間がないと焦りが生じますので、肝心なところをあいまいにしてしまう恐れがあります。 よく理解して進めるのと進めないでは、例え結果が同じであっても満足度が違ってきます。 また、一度家づくりをスタ-トすると、相当な集中力とエネルギ-が必要になります。 これはネガティブなものではなく、前向きで楽しく熱中してしまうので自然とそのように力が入ってしまうのです。 人生最大のイベントの一つですので当然ですよね。 「機が熟す」という言葉がありますが、家づくりもまさにこの「機が熟す」タイミングがやってきます。 その時を逃さず、時間的余裕をもって取り組んで頂きたいと思います。 分からないことやお悩みのことがあれば、お気軽にお問い合わせください!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 521
    • 3
  9. 失敗しない家づくり 『家は3回建てないと…』

    家づくりを失敗しないためにはどうすればよいのか? よく「家は3回建てなければ・・・」と言われます。 これは現実的に不可能ですよね。 そう何度もできるものではありません。 ライフスタイルも変化していくので使い勝手も変化していきます。 欧米では、それぞれの家族のライフステージにあわせて家を変えていきます。 子供の成長またライフスタイルの変化によって、それぞれに適した家へと移り変わります。 故に、欧米では中古市場の方が主流になっています。 またこのようなスタイルなので、家に対する捉え方も日本とは異なります。 その大きな違いは、家を資産価値としてみていることです。 移り住むことが根底にあるので、住んでいる間もその価値をあげる努力をします。 D.I.Yという言葉にあるようにメンテナンスもほとんどは自ら行います。 家は資産であるから当然のことかもしれません。 そして、買った時よりも価値を上げて次のより良いところに移っていくのです。 話が欧米の家づくりへと少しそれましたが、定住(永住)することが多い日本では、どのようにすれば良いのか。 やはり、将来の生活設計も考えてプランニングする必要があると思います。 ここが一つのポイントです。 よくあるのが、今のライフスタイルを中心に考えつくってしまうことです。 例えば小さい子供さんがいてこの子供中心につくってしまうことがあります。 これは心情的には分かります。 しかし子供はいずれは巣立ってしまいます。 年月にしたらあっという間のことかもしれません。 巣立った後、融通の聞かない間取りであれば不便を感じることになると思います。 ではどうするか? それは、子供が大切だから子供部屋はこれくらいの大きさが必要といった決め方をするのではなく、どうやって育てていきたいか、どのようにコミュニケーションをとっていくかといった本質的なことから考えることが大切になります。 その根本の考えにそってプランニングしていくのです。 家づくりをすることは、家族のあり方や子供の教育また自分自身の将来設計などを改めて考えるよい機会です。 その考えを固めることができれば、家づくりは成功するのではないでしょうか。 家づくりの第一歩、その最も大切な時間をサポートするのが私たちの使命だと思っています!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 669
    • 3