プライマー

「プライマー」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「プライマー」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【DIY】ドアをリメイク*アンティーク加工に使うのはダイソー商品だけ!

    ずっとプリント合板のドアがイヤだったので、思い切ってペンキで塗装してみることにしました(*‘∀‘) 塗ったあとのアンティーク加工はダイソー商品しか使ってないし、大したワザも使ってません(*ノωノ) でもそれなりにアンティークなドアになったと思います(*^^)

    maca Products
    • 59577
    • 303
  2. もうプライマーはいらない! そのまま塗るだけでOK!! アニースローン チョークペイント

    アニースローンペイントは 欧米で有名なチョークペイントです。 主に女性に人気があります。 なんで皆使っているかというと 簡単だからなんですね。 何と言っても下準備がいらない! ミッチャクロンなどのプライマーを塗る必要もないし ペイントする前にサンドペーパーで削る必要もありません。 そのまま塗ればいいだけです。 塗ることができるのは ・木材 ・鉄材 ・プラスチック ・ガラス ・布 などなど アニースローンの存在は知っていましたが 購入はしていませんでした。 なぜかというと、値段が高めだから。 では、なぜアニースローンを購入したかというと 写真の椅子を手に入れたからでした。 妻がアンティーク調のイスをジモティで 格安で手に入れたのです。 これを妻がリメイクしたいとのことで 相談されました。 妻は最初、紙やすりで削り ワックスを塗りたいと言っていたのですが それはかなり重労働。 また、ペイントするにも プライマーを塗らなくてはいけません。 妻は「プライマーを塗る」という作業が大嫌いなのだそうです。 (ちなみにスプレータイプは割高になるので使いません) DIYをする場合、下準備ってかなり重要ですが 一番面倒臭いですよね。 妻は、プライマーを塗って、乾かして、 とやっていると、それだけでテンションが下がるそうなのです。 さあやろう!となってから、 楽しいペイントまで行くのに時間かかりますからね。 その点、このアニースローンは違います。 一番楽しみなペイントがすぐにできるのです! 妻いわく、ストレスが無くなったそうです。 アニースローンは 海外のメーカーなのでお高めです。 本場ではもう少し安いので、使っている方も多いのだと思います。 ただ、プライマーを塗らなくていい(買わなくていい)+ストレスがない。 となると、ちょっとお高めでも良いかなと思いますね。 今回初めて使ったので 最初はコツがつかめませんでしたが コツがつかめてからは、塗りやすかったです。 アニースローンには色々な塗り方があるようですが 今回はシンプルに1色で塗っています。

    Bryan Harper
    • 8935
    • 81

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード