古民家リフォーム

古民家のリフォームを検討している方に参考になる情報をまとめました。風情のある古き良き古民家。しかし建物の老朽化や生活スタイルの変化によって、不便な点も多くなっていると思います。ここでは、お金や手間をかけずに暮らしやすい家を作る、古民家リフォームについてご紹介します。和式トイレのリフォームや、リフォーム費用の相場・補助金など、役立つ情報が満載です。失敗しない古民家のリフォームをするためにも事前に情報を集め、その上でリフォーム業者に相談しましょう。リミアでは古民家リフォームに関する情報をご紹介するだけでなく、リフォームの無料一括見積りもできます。いろいろなリフォーム業者へまとめて相談してリフォームを成功させましょう。

  1. 古き良き伝統に住む!京町家のリフォームポイント

    時代劇などでよく見かける京都の町家。古き良き和の雰囲気を醸し出すその佇まいに憧れ、住んでみたいと思う人もいらっしゃるのではないでしょうか? しかし、ご存知の通り、京町屋は古い建物。なかには築100年を超えるものもあり、そのまま居住すると、現代建築とのギャップに戸惑ってしまうこともありえます。だからこそ、古き良き佇まいを残しつつ現代にあった住まいにリフォームするのがおすすめです。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 784
    • 4
  2. 狭い家でもこんなに素敵に!狭小住宅のリフォーム事例集

    「狭い家だから…」と家の不便さを諦めてはいませんか?たとえ狭小住宅であっても、リフォーム次第では素敵で住みやすい住宅に造りかえることはできるのです。 ここでは、狭小地に建てられた住宅に大規模に手を加え、素敵で快適な住宅にリフォームした事例をご紹介いたします。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2476
    • 3
  3. 町屋リフォームにはどのくらいの費用が必要?町屋リフォームの費用の相場

    かつては京都や滋賀に多く存在した町屋は、現在では非常に希少性の高い建物となっています。数の少なくなった町屋は、今後需要が高まっていくと予想されており、ゲストハウスやカフェなどに改装する例もあります。今回は、町屋のリフォームにかかる費用をご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 951
    • 2
  4. 古民家カフェみたい。お部屋によって色を変えた珪藻土壁。

    平屋住宅の「塗り壁リフォーム」を 紹介します。ダイニング・洋室・和室を珪藻土(けいそうど)で リフォーム。元の壁は 綿壁(わたかべ)でした。和室とダイニングは 壁の色を変えてリフォーム☆ オシャレな 古民家カフェのようなアフターに変身し、お客様も喜んでおられました。

    大阪・武居左官 -takesue sakan-
    • 8370
    • 18
  5. 必見!中古住宅のリフォームでも補助金が受けられるって本当?詳しい情報をチェック!

    新築住宅の購入時や、現在お住まいの住宅のリフォーム時に国や自治体から補助金が受けられることは広く知られています。テレビやインターネット、雑誌などで特集が組まれているのを見かける機会もあるでしょう。しかし中古住宅を購入してリフォームする場合にも、補助金制度が利用できることはあまり知られていません。 そこで今回は、中古住宅のリフォーム時に利用できる補助金制度についてまとめました。ご家庭のマイホームプラン、マネープランにぜひお役立てください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 876
    • 5
  6. 築60年の住宅をリフォーム!その際のチェックポイントや注意点は?

    築60年の住宅に引き続き住むことを考えるなら、まずは建て替えが視野に入ってきます。しかし、「この家が築60年?立派で味わいもあるし、まだまだ住めるのでは?」と思える家も多くあるのが事実。思い出が詰まった大切な実家に、これからも住み続けたいと考える人も多いでしょう。 そこで今回は、築60年の住宅をリフォームする時のポイントや注意点についてご紹介します。住宅の強度や安全性の確保についてもまとめているので、建て替えかリフォームか迷っている方もぜひ参考にしてください!

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 924
    • 4
  7. 築100年!伝統ある古い家をリフォームする時のポイント・注意点は?

    築100年を超える住宅が、今も国内のあらゆる地域に現存しています。大きな戦争や度重なる災害を乗り越えてきた、ある意味貴重な財産ともいえるでしょう。そんな家を後世に残し、これからも大切に住んでいきたいと考える方も多いはずです。 そこで今回は、築100年の住宅をリフォームする時のポイント・注意点についてご紹介しましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 4019
    • 3
  8. 築70年住宅のリフォーム!費用・相場はどれくらい?事例もご紹介

    築70年を経た住宅は、もう立派に「古民家」と呼んでよいでしょう。実際、その時期に建てられた家が現在まで残っているとなると、当時のかなり良い材料を使ってしっかりと造られた優良物件である可能性も高いはずです。リフォームすることで価値を取り戻し、より長く暮らせる家にできることも期待できるでしょう。 そこで今回は、築70年の住宅をリフォームするための費用・相場について、実際にリフォームを行った事例を交えてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 6005
    • 3
  9. 築80年の住宅をリフォーム!その際のポイントや注意点は?

    築80年の住宅ともなると、現存しているという点も考慮するなら、古民家の風情を漂わせる風格ある家が中心となってくるでしょう。3代、4代と引き継がれるにあたり沢山のご家族の思い出が詰まった大事な家ですから、次代へ残したいと考えている人も多いはずです。 そこで今回は、築80年の住宅をリフォームする際のポイント・注意点について、リフォームの段階について触れながらご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1479
    • 2
  10. 築100年リフォームの費用・相場はどれくらい?実例別に徹底チェック!

    近年、旧家や古民家を再生させるリフォームに注目が集まっています。昔ながらの味わいを残しながら、古い家の弱点を克服させ快適に住める空間に生まれ変わらせることで、歴史ある住まいを代々受け継いでいくことができるのです。 中には築100年を超えるほど築年数が古い物件も多く、大がかりな工事が予想されるだけに費用面が気になります。ここでは築100年リフォームにおける費用・相場に焦点を当て、目安としてどれくらいの費用が必要なのか、実例も含めてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 8943
    • 1
  11. 築90年の住宅をリフォームしたい!その際のポイント・注意点・費用について

    築90年を超える住まいともなると、リフォームするにも古民家再生の手法が必要となってきます。趣ある伝統工法の住宅を残しながら、これからも末永く暮らせる安心を手に入れるにはどんな改修が必要で、どれだけの費用がかかるのでしょうか。 今回は、築90年の家をリフォームする時に気を付けるべきポイントや注意点、かかる費用についてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2766
    • 1
  12. 再建築不可と判断された住宅でも、リフォームローンは利用できる?

    現代の都市計画に則って開発されていない、古い街などに多いのが「再建築不可物件」。文字通り、既存の建物を1度解体してしまったら、その土地にはもう建物を新築できないとされている物件のことをいいます。 今回は、建物の評価額が低く、ローンを組むには不利といわれる再建築不可物件でも、リフォームで価値を高め、さらに長く住まうことのできる家にするためのローン活用法についてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 4514
    • 2
  13. リビングダイニングのリフォーム。成功のポイントと注意点をチェック!

    古い家では、ダイニング(食堂)とリビングは区切られた空間になっている場合がほとんどでした。しかし、現代ではリビングに対する需要が「明るく広々した空間でのんびりと過ごしたい」というものに変化してきています。加えて、移動のしやすさなどからも、リビングとダイニング(キッチンを含む場合もあり)を1つの空間にまとめるリフォーム事例が増えています。今回は、リビングダイニングのリフォーム方法や注意点などを、事例を参考にしながら紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3141
    • 6
  14. 汲み取り式トイレだった!古民家のトイレリフォームをするときのポイント

    古民家のトイレは古いタイプであることが多く、汲み取り式トイレの場合もあります。衛生面を考えても、汲み取り式などの古いトイレはリフォームで新しくしてしまいたいものです。今回は、古民家のトイレリフォームをするときに知っておきたいポイントをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 7793
    • 6