和に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく和についてご紹介しています。

  1. 断熱性のある畳をフローリングに変えるリノベーション、問題は無いのでしょうか?

    長く住んで来た家を、リノベーションをする理由は、いくつかあります。設備が古くなったり、住みやすい間取りに変えるためだったり、耐震補強の為だったり。 築年数の長い家は、現代の生活スタイルに合わなくなっている場合があり、現代的な生活をする為のリフォームも行われます。畳に座り、炬燵に入る生活から、フローリングでソファー・椅子の生活に変わりたい。畳の部屋をフローリングに変えるリフォームも、良く行われますが、実はここに、気をつけて置かないと、あれ??失敗?となってしまう以外な、盲点があります。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 4044
    • 9
  2. 【パン墮MADE】 題:ワインの時期に

    パワーストーンはあんまり信じちゃいませんが、季節を感じる物は和小物に必須✨ ボジョレー時期に、お世話になってる着物屋の担当さんへプレゼントとして作りマシタ。 パワーストーンも小物作りも初!の作品1号デス。   ちなみに、石とデザインボードとしおりフック以外は、全部(ピンもカンもニッパー類工具も指カンも)ダイソーかセリア商品デス(๑•̀ㅁ•́ฅ✧ すごいねぇ100均!

    蘇芳 蓮
    • 477
    • 3
  3. ガレージのような空間で宝探し気分に。ここにしかないアイテムがそろう小古道具店〔四歩〕

    レトロ&ノスタルジックな世界に触れたい。毎日を過ごす中で、ふと懐かしい気分に浸ってみたい。そんなときには、生活のアイテムに「古道具」を取り入れてみませんか? 三鷹市にある〔小古道具店 四歩〕は、昭和から平成初期にかけて生産されていたものや、古道具・古家具を扱うショップです。店内で販売するどのアイテムも、「和」の空気を感じるものばかりですよ。

    LIMIA おでかけ部
    • 3364
    • 27
  4. 〔成城石井〕で今、話題のほうじ茶スイーツ&ルイボスティーで秋を堪能しよう♡

    暑さも和らぎ、秋らしい季節になりましたね。そんな秋の訪れに、ぴったりな秋の新作スイーツ&ルイボスティーが〔成城石井〕から登場♪ ほうじ茶を使ったオリジナルのスイーツと爽やかなルイボスティーで、ちょっとぜいたくなティータイムを過ごしてみませんか? 

    LIMIA グルメ部
    • 6749
    • 57
  5. 和雑貨インテリアでおしゃれコーディネート!おすすめ10選!

    欧風インテリアの華やかさや豪華さとは少し違い、安らぎの感覚や優雅で美しく繊細な気持ち、穏やかで温かくちょっと懐かしい居心地の良さがある。それが和雑貨インテリアが持つ魅力です。和雑貨インテリアは日常生活には欠かせない日用雑貨としても、密着して私たちの生活空間に存在しています。いつもそこにある安心や癒しを与えてくれる、おすすめのおしゃれ和雑貨インテリアをご紹介いたします。

    LIMIA インテリア部
    • 3264
    • 24
  6. 世界中から大注目の雑貨!!おすすめ小物和雑貨10選!

    2020年の東京オリンピックを目前に、今世界中から注目を集めている和雑貨!中でも小物は旅行者のお土産にピッタリ。また、日本に住む私たちにとっても便利でかわいいアイテムが豊富に揃っているので、自分のためのものやプレゼントに最適。今回は世界から注目を集める人気のおすすめ小物和雑貨10選をご紹介いたします。

    LIMIA インテリア部
    • 8600
    • 18
  7. 町家スタイル/中古でリノベ

    和×名作家具 古くから日本の住宅を形成した連続美を生み出す「格子」のある家。 飛び石を埋め込んだモルタルの玄関を入ると、 ほとんど扉を設けず格子と家具で空間を緩やかに間仕切った空間が現れます。 無垢オークを敷き詰めたLDKには、名作の家具が丁寧に配置されています。 壁は白、天井はグレー色に塗装し、全体的に落ち着きのある印象に。 LDの一角には和室を設け、引き戸を開けるとい草の良い薫りが上質な眠りを誘います。

    中古でリノベ
    • 1309
    • 5
  8. 風格ある伝統的な数寄屋門と、木々が映える美しい「和」の景観

    玄関前には既存のブロック塀があり、さらに段差が通行の難となっており、特に冬の季節は大変でした。 そこで壁を撤去し、重厚感と風格のある「数寄屋門」を建てました。 浅杏色の塀に紺色のラインがアクセントとなり、シンプルな構成に空間を引き締める役割となっています。 アプローチには手摺付きの階段を新たに設け、出入りがよりスムーズに! またロードヒーティングも整備し、玄関まわりの冬場の雪寄せも不要です。 今まで出入りしていた勝手口にも新たに門扉を設置しております。 建物の外観が洗練され、お客様が丁寧に手入れされている桃や紅葉などの和の植物がより生き生きとした存在感を見せてくれています。 快適なだけではなく、季節折々の風景を感じさせる、見る人の目を楽しませてくれるお庭となりました。

    カントリーガーデン
    • 989
    • 1
  9. 日本各地のアイテムや贈答品がそろう。「和」のセレクトショップ「のレン 目黒店」がリニューアルオープン!

    JR目黒駅直結のアトレ目黒にて展開している和雑貨専門店「WakakuyaOkame目黒店」は、日本の文化・魅力を発信する和のセレクトショップ「のレン 目黒店」として、2017年8月5日(土)にリニューアルオープンしました。 「のレン」直営店は、関東圏では4店舗(目黒店、赤レンガ倉庫店、浅草店、神楽坂店)展開。全国で9店舗(京都4店舗・セントレア空港店を含む)となります。

    LIMIA おでかけ部
    • 780
    • 6
  10. マンションリフォーム

    マンションの一室を『和』の空間に変え、ゲストルームとして使いたい、 というご要望でした。 和室との境目には『葭戸(ヨシド)』を使い、天井は、桧の網代張り。 壁には、柿渋で染めた畳1枚分もある大きな和紙を貼りました。 また、照明はすべて間接照明だけの光とし、非日常的な空間を演出して います。 『小さなスペースには、上質な素材を』の考えのもと、”素材感”には特に こだわり、マンションとは思えないような空間が完成いたしました。

    傳寶慶子建築研究所
    • 3734
    • 13
  11. 「和」をテーマにしたマンションリノベーションをご提案 、東京で展覧会を7月1日から7月20日まで開催!

    日本最大級の建築家ネットワークをもつアーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社(以下ASJ)は、「NEW JAPAN STANDARD ~ 新しいマンションの形 ~」をテーマに、建築家・岸 和郎氏と食環境プロデューサー・木村 ふみ氏による合同展覧会をASJ TOKYO CELLで開催されます。会場では、無駄がない質素でありながら、日本らしい雅(みやび)を感じられることができる「和の空間」が待っています!

    LIMIA おでかけ部
    • 2033
    • 13
  12. 間仕切りにもなる造作棚/中古でリノベ

    ヨーロッパが生んだ東洋の美 風が部屋中に渡るよう天井まで延びる本棚を間仕切りとし、LDKと寝室スペースを分けたプランです。 LDKには、どこか懐かしい深い色合いの無垢栗のフローリングを敷きつめ、幾何学的な木組み格子の造作本棚は、約8メートルの長さに。 将来生まれてくる子供の為の部屋と、ご夫婦の寝室には格子の引き戸をつけました。 大きなカウンターのあるワークスペースは、家族みんなで並んで仕事や宿題を片付けられます。 そんな東洋の香り漂う空間のご提案です。

    中古でリノベ
    • 1503
    • 11
  13. 炭櫓 京都四条河原町店

    今回のプロジェクトは、京都市下京区の四条通り 四条河原町交差点に面する 住友不動産京都ビル8階のテナントの改装工事です。 7階と8階の飲食店を全面的にリニューアル改装し、『京都住友フードホール』を新たに 展開させる計画で施設全体のコンセプトとして、『京都』であるが故の色味や装飾を漆喰・木目・格子などさりげなく使い、落着ける空間として表現し、どことなく『和』な色合いや素材で、グレード感に溢れると共にオープンで入りやすい空間の演出を求められました。 店舗は、『うなぎ店』で京都という地で国内外から訪れる観光客に日本の食文化・日本らしさにふれていただける場にしたいということで木・銅板・墨入りモルタルなどの和を連想させる素材を採用し、日本らしさと『うなぎ店』を想像させる演出はできないかと考えました。 店舗内には、木の格子をランダムに並べることで、うなぎを捕獲する『ウナギテボ』を想像させています。 床には、墨入りモルタルを使い、柔らかい墨色で店内の雰囲気を落着かせています。 お店のファサードには、銅板を使用するデザインとしました。銅板は、酸で腐食させた、染め銅板を採用し、うなぎが泳ぐ水面のように様々な表情を見せてくれています。 存在感のある銅板が人々を惹きつけ、店内に招き入れ、和を感じながらうなぎを楽しんでいただき、様々な言語が飛び交うにぎわいあふれる店舗となるでしょう。

    アルツデザインオフィス
    • 802
    • 4
  14. memories

    パーケット × アクセント柱 白と木でつくるシンプルで上質な空間 白を基調とした天井と壁に、木材をふんだんに使った2LDK+WICプラン。 無垢オークのパーケットフローリングを市松張りした、広くて明るいLDKが特徴です。 隣町で買った美味しいパンとコーヒーで一日を始めるのが家族の日課。 白い壁に映画を投影し、木のアクセント柱に寄りかかりながらホームシアターを楽しみます。 家族が集まるリビングで、たくさんの思い出を積み重ねていくお宅が完成しました。

    nuリノベーション
    • 861
    • 3

76件中 1 - 20 件を表示