都会暮らし

都会暮らしと言うと、窮屈で落ち着かないというイメージを持つかもしれません。しかし、見方を変えれば都会の高層ビル群は近未来的な街並みを演出し、夜になればネオンやライトアップで美しい夜景を見せてくれます。窓の外に都会の街並みを望める、田舎とはまた違った都市ならではのオシャレな暮らしをご紹介します。

  1. 仕切らないで暮らす白い家

    土地購入からスタートした注文住宅です。限られた予算でも、自分らしくシンプルに暮らせる家。1階の玄関や廊下、寝室の床は大理石。夏はヒンヤリと涼しく、冬は床暖房で温まります。2階は、仕切らずに広く使います。キッチンは、サービスバルコニーがあり使いやすくなっています。3階はご夫婦とお子さんのためのオープンスペース。大きくなったら、仕切って子供室になります。

    プラネット環境計画
    • 1052
    • 11
  2. 東京で暮らす終の棲家

    90代のご家族が暮らす2世帯住宅。1階は車イスで移動ができるようにバリアフリーとし、寝室の隣にトイレや洗面、浴室を配置しました。介護のご家族のために機能的なプランとしました。キッチンの壁には、長年住んだ記憶の床柱を取り付けました。2階は若いご家族のためのスペース。閉じると1LDK開放するとオープンな空間となります。

    プラネット環境計画
    • 747
    • 6
  3. ミニギャラリーのあるモダンリビングの家

    東京に土地購入からはじめる家づくり。奥様の手作りエッグアート作品を飾るミニギャラリーと、イタリアンテイストの家具にあう白いインテリアがポイントです。キッチンのレンジフードを排除し、ダクト式の排気システムを導入。すっきりしたキッチンになりました。床は大理石、壁はエマルジョンペイントで赤い椅子の似合う空間になりました。夏は大理石の冷たさが心地よく、冬は床暖房で家中が暖かくなります。

    プラネット環境計画
    • 881
    • 8

おすすめ

話題のキーワード