中庭

「中庭」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「中庭」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 68254
    • 1356
  2. 狭小変形地でも広々♪家づくりの3つの工夫で開放感あふれる空間に

    今回は、大分県にお住まいの吉川さんの家づくりエピソードをご紹介! やっと見つけた土地は設計が難しいとされる「狭小変形地」。そんな困難にも負けず建てたお家は、開放感あるリビングや家族団らんできる屋上など、斬新なアイデアによって魅力あふれる空間になりました。

    soramado
    • 1741
    • 4
  3. 明るい住まいの秘訣は“中庭”と“自由な間取り”だった!?家族がゆるやかに繋がる家

    限られた敷地の中で、少しでも広々とした明るい空間にしたい。家づくりのときに誰もが思うことかもしれません。そこで今回は、家全体を明るくしてくれるだけでなく、住む人次第でさまざまな使い方ができる中庭や、お子さんとの距離を近くしてくれる自由な間取りのメリットをご紹介します。

    soramado
    • 2869
    • 8
  4. 三つの陸屋根を持つコートハウス

    閑静な住宅地に建つ木造二階建ての住宅です。 角地ですが風致地区に指定されているため、道路境界と隣地境界からそれぞれ2メートルと1メートルの壁面後退が義務付けられ、さらに景観計画区域に指定されているため、敷地面積の10%以上の緑化が義務付けられている厳しい条件の土地に建っています。 建て主からの要望は、明るく風通し良い和モダンの住まいで、収納スペースを多くしてほしいとのことでした。 また、ゴルフが大好きなご主人からゴルフシミュレーターを設置してほしいとのご要望もありました。 そこで日当たりのいい東南に植栽のある中庭を設け、それを囲むようなL字型プランにして採光と風通しを確保するコートハウスしました。 日当たりとご主人の趣味などを考慮して1階を寝室・和室・浴室・洗面室といったプライベート空間に、2階をリビング・ダイニング・キッチンといったパブリックな空間のプランとしました。 さらに、ゴルフシミュレータースペースの天井高さ・間口・奥行きは、決められた寸法を確保する必要があったため、2階リビングに配置して天井を高くしました。 1階のウォークインクローゼット・納戸部分は平屋にして、2階ダイニング・キッチンとリビングの天井高さに変化を付けることにより、高さの異なるボリュームを組み合わせた三つの屋根のあるコートハウスになりました。 1階の水廻り設備であるトイレ・洗面室・浴室も一箇所にまとめ、浴室から中庭の緑が眺められるようなプランにしました。 寝室に隣接したウォークインクローゼット・納戸は間口が一間、奥行きが三間半の細長い7畳の広さがあり、所有されている箪笥三竿がすっきり納まるようにしました。 階段を上ると、リビング・ダイニング・キッチンと間仕切りの無い広いワンルームになっており、空間にリズムを与えるため、天井高さと天井仕上げに変化を加えて、ダイニングの天井は無垢の羽目板を張りました。 L字に配されたリビング・ダイニングに隣接したデッキテラスは6畳の広さがあり、屋内のリビング・ダイニングと一体的な空間が感じられるようにデッキ床との段差を無くしました。 天井の高いリビングはご主人がこだわったゴルフシミュレーターが設置され、国内外の有名ゴルフコースがリアル体験でき、壁一面の大型スクリーンでは、ゴルフを楽しむほかにテレビやDVDも観ることが可能です。

    三浦尚人建築設計工房
    • 4555
    • 7
  5. 猫の家に中庭をつくってみた!猫はインドア派なのか?アウトドア派なのか?

    家猫だって外には、出たい! でも、家の中でしか過ごした事が無い猫は、一度外に離してしまうと、場所が分からず、帰って来れなくなってしまう。その為、猫の家には、逃げられ無い仕組みをつくっている。 その一つが、中庭だ。 中庭は、猫を放し飼いにして遊ばせる事が出来る、とっておきのスペースだ。 四方を部屋窓と壁囲われていて、逃げようが無いけど、外の空気にふれ、光浴び駆け廻れる。車に轢かれる心配も無く、飼い主も安心。 街に出る分けでは無いから、完全な外の世界では無いけれど、インドアとアウトドアの中間の様な場所。 工事中の猫の家は、賃貸ですが、中庭で遊べる猫共生住宅です。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 2771
    • 4
  6. 家全体を小さな美術館に! 女性建築家が手掛けた「ギャラリーのある家」

    今回の施主であるKさんが要望したのは、大好きなアートを飾るギャラリーと、四季の自然を楽しめる中庭、そして音楽を聴きながら籠れるバーのある家である。設計を担当したのは、女性建築家の及川敦子さん。Kさんの希望を叶える形で完成したのは、中庭を中心に2階建ての建物と平屋を切妻屋根の平屋で繋ぐ、コの字型のプランの住宅だった。中庭の自然とアートが暮らしに溶け込むK邸の魅力を、詳しくご紹介しよう。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 687
    • 2
  7. 狭小地でもスロープでバリアフリー!中庭からの自然光を緻密にデザインした住まい

    「Unir」は東京都小金井市に、66.14㎡(20坪)の 狭小地にて建てられた住宅です。 高齢者が暮らす住宅となるため、 室内のバリアフリーは必須条件でした。 玄関までは緩やかなスロープを設け、 主動線上に段差をつけないよう配慮されています。 建物中央部には自然光を取り入れるよう中庭を設けています。 屋根形状には、光の角度を綿密に計算した デザインが加えられています。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2723
    • 12
  8. 玄関の位置を大逆転!!既存リノベーション+増築で唯一無二に生まれ変わった家。

    21.5坪の既存平屋建て住宅の約9坪の増築を伴うリノベーション計画です。新しい家族の居場所として不足している子供部屋を増築し、既存部分とをウォークスルークローゼット(壁面収納+渡り廊下)で繋ぐことで、家族同士の程よい距離感をつくると共に収納量をUP!。また、建物の裏側に廻らなければ入れなかった玄関を前面道路側に配置し直すことで、日常の使いやすさを向上させています。家族が集うLDKは既存の高くフラットな天井を逆手にとり、キッチン上部を低く設定し直してレッドシダー張りとしました。空間にメリハリをつけることで、建築的な広がりと木のぬくもりを感じられる、そんな居心地の良い場所をつくりました。

    清建築設計室
    • 2375
    • 11
  9. 狭小地を感じさせない明るい空間!

    東京都江戸川区の41.84㎡(12坪)の狭小地に、 木造3階建ての「Rin」は建設されました。 外観デザインのルーバーは、周囲の視線を遮りながら 室内に光を取り入れる役目を果たしています。 さらに、前庭に向けて開口を設けることで室内の広がりを生み、 狭小地を感じさせない明るい空間を作ります。 また、収納スペースを1階のファミリークローゼットにまとめ、 メリハリのある使いやすい間取りになりました。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2604
    • 14
  10. 狭小住宅でもOK!憧れの「中庭」のある住まい5選

    「中庭のある住宅」と聞くとなんだかワクワクしませんか? 中庭は、建物に光や風を効果的に取り入れらるだけではなく、取り入れ方によって他にもさまざまなメリットがあるんです! 今回は、中庭が効果的に用いられている住宅をいくつかご紹介して、中庭の魅力をお伝えしたいと思います♪

    LIMIA編集部
    • 9251
    • 51
  11. 木製ルーバーが暮らしを守る、中庭でつながった二世帯住宅+アトリエ

    笹野さんの自邸『猪高台の家』は、親の住まいと完全に機能を分離した二世帯住宅+建築事務所からなっている。制限の多い土地条件に対して、過剰な3つの空間を収めた間取りと、それでいて採光や通風といった快適さを損なわない住空間。難解なプランを明快な答えへと導いた、笹野さんのユニークかつ的確なアイデアや工夫を紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1549
    • 11
  12. 平屋+中庭で、広がりとワクワクと!平屋の良さってなんだ?

    平屋の住宅が見直されています。 平屋とは、1階建ての家の事です。 住宅と言えば、2階建てが普通?と思われてきましたが、なぜ平屋が人気になっているのでしょうか? 平屋には独特の心地良さが有ります。 平屋の心地良さと、平屋をつくるならオススメの設計方法を紹介します。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 5547
    • 41
  13. インルームバルコニー&中庭がアクセント!天然杉を贅沢に使った「切妻屋根の家」

    周囲に溶け込む落ち着いたグレーの左官壁と、三角屋根が印象的なつくばみらいの家。一歩中に入ると、目の前には薪ストーブを備えた広い土間が。そして2階には、杉の無垢材を豊富に使った開放的な空間が広がる。「書斎やリビングなど、細かい間取りに囚われない自由に過ごせる空間をつくりたい」。そんな思いを込めて設計を担当した建築家・岩瀬卓也さんの、美的センスとこだわりが詰まった家づくりをご紹介しよう。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3650
    • 15

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    235件中 1 - 20 件を表示