バリアフリーのアイデア(8ぺージ)

バリアフリーとは、生活の中にある障壁(バリア)を取り除くことです。具体的には、部屋の段差や溝をなくす、手すりを設置するといったことが挙げられます。ここでは、バリアフリーに関する様々なアイデアを紹介しています。高齢者の家族がいる方 はぜひチェックしてみてください。

  1. 小田原の家

    高齢者が暮らすためのバリアフリーな居住空間と、かつて敷地周辺から望むことの出来た箱根山の眺望を再び得るための展望室とを併せ持つ家。敷地周辺は2階建ての家が建て込んでいるため、それらの家の頭越しの眺望を得るために建物は3階の展望室の床高さを最大限に高く設けた木造3階建ての家となった。1階と3階とはホームエレベーターでつなぎ、当初予定には無かった2階には他の階と違って薄暗く天井の高い書庫と仏間のある予備室を設けた。

    tentline(テントライン)
    • 575
    • 3
  2. 成東の家

    漆黒の闇が広がる隠れ家『バリアフリーの家』です。車いすを利用される建て主にとって生活しやすいことはもちろん、一番の要望は『心が安らぎ落ち着ける空間であること』でした。安息の場に相応しい、黒のガルバリウム鋼板で覆われたスクエアな外観、黒い内装に白木の家具だけが林立する内観は、一切の装飾を捨て去り造形の単純化を突き詰めた最終形です。壁と天井はマットに、床は艶のある仕上げとすることで光を反射・吸収させ空間自体を照明装置化しています。太古の昔に人類が本能的に住居として選んだ洞窟、幼少時代なら秘密基地、大人ならこもり部屋、いつの時代も憧れの存在である隠れ家のようなバリアフリー住宅です。

    萩原健治建築研究所
    • 716
    • 3

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    152件中 141 - 152 件を表示