バリアフリーのアイデア(5ぺージ)

バリアフリーとは、生活の中にある障壁(バリア)を取り除くことです。具体的には、部屋の段差や溝をなくす、手すりを設置するといったことが挙げられます。ここでは、バリアフリーに関する様々なアイデアを紹介しています。高齢者の家族がいる方 はぜひチェックしてみてください。

  1. 玄関周りにリフォーム!ステキで快適な入り口にして、家全体の印象を変えよう!

    玄関周りを素敵にリフォームする方法をまとめました!門を入ると玄関までオシャレな道が続く玄関アプローチに憧れる方も多いのでないでしょうか。玄関周りがステキだと、家全体がステキに見えてくるものです。玄関アプローチに使われている素材を変えるなど、玄関周りをリフォームすることで魅力的な家を演出することができます。また、玄関周りは防犯性や快適さなど、さまざまな機能性が要求される場所でもあります。そこで、玄関周りのリフォームについて、そのメリットや施工方法を詳しくご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 10017
    • 14
  2. ホームエレベーターのあるバリアフリー住宅(防音・遮音構造)

    高齢化が進む中、ぬくもりや暖かさ、心地よさを感じて頂ける住宅づくりである生活動線のバリアフリーは大切なポイント。 この住宅は以前は店舗だった1階を住宅にするリフォームを主体に、これからの暮らしを考えて、できるだけ体に負担がかからないようにリフォームした住宅の設計事例です。 急な階段の上がり降りに不安を感じられていたため、ホームエレベーターの設置をご提案。 1階全体と2階のほぼ半分をリフォームして、バリアフリーにしました。 ホームエレベーターはどの部屋からも行きやすいように、住宅の真ん中に設置して、回遊できる動線としました。 車椅子に乗ったままでも、フロアを移動出来て、大型の荷物などの持ち運びにもに便利です。 近年、ホームエレべーターの需要が多くなり、設置導入価格も下がっています。 【 住宅用ホームエレべーターの設計基準 】 一般的な業務用エレベーターとは異なり、最大昇降行程は、住宅の最下階の床面から最上階の床面が10m以下となっています。 最大乗務定員は3名以下、最大積載荷重は200kgまで、エレベーター内の床面積は1.1平方メートル以下と定められています。 (メリット) ●車椅子に乗った状態でも、各階を移動する事が可能。(バリアフリーの確保) ●大型の荷物などの移動が便利。 (デメリット) ●一般的な階段式昇降機(いす式)よりも価格が高い。 ●既存物件の場合、スペースの確保が難しい。 ●設置するには、建物の基礎工事・躯体などの改修工事が必要。

    無二建築設計事務所
    • 1852
    • 5
  3. 玄関の上がり框をリフォーム!来客からのお家の印象をアップさせよう♪

    玄関の上がり框のリフォームについてまとめました。「上がり框」は、聞き慣れない方もいるかもしれませんが、ほとんどのご家庭の玄関にあります。玄関で靴やサンダルを脱ぐ場所である「三和土(たたき)」と、上がり口との段差の縁に取り付けられた横長の木が上がり框です。お客さんが訪ねてきたとき、初めに触れる場所ゆえ古くから重要視されてきました。ここでは、玄関の上がり框のリフォームについて、事例やさまざまな手法をご説明いたします。

    LIMIA 住まい部
    • 15698
    • 7
  4. 玄関をバリアフリーにリフォームしたい!工事のポイントと注意点クォ、事例を交えてご紹介!

    玄関をバリアフリーに対応させるためのリフォームについてまとめました。室内のバリアフリー化は進んでいても、玄関はまだという家も少なくありません。高齢のご家族などが外出しやすい環境を整えるために、玄関のバリアフリー化が必要とお考えの人は多いはずです。今回は、玄関をバリアフリーにするリフォームの情報や事例などをまとめてご紹介します。ご家族みんなが元気にお出かけできる家をめざして、バリアフリー化を考えてみませんか?

    LIMIA 住まい部
    • 11339
    • 5
  5. あこがれのガレージハウス

    車好きの方には、家族同然の愛車。 車を収納するだけの単なるガレージにとどまらず、愛車も大切な家族として一緒に暮らしたい、そんなお客様の声から設計したガレージハウスのある注文住宅です。 シルバーを基調としたスタイリッシュなインナーガレージには、雨天でも室内から濡れずにらくらく移動。 ガルバリウム鋼板は耐久性が高いだけでなく、裏に貼ってある吸音材で防音性もあるため、内側に張り巡らせることで、ガレージ内での車のメンテナンスを心ゆくまで周囲を気にせずにできます。 キッチンから漏れる暖かい光が、家族とのつながりを実感させます。 機能性を重視しつつ快適性を高めた「男の隠れ家」のようなガレージのある注文住宅の設計で新しいライフステージを演出します。

    無二建築設計事務所
    • 1002
    • 3
  6. リフォームで玄関を移動!?大胆に改装してもっと住みやすい家に!

    ご自宅の玄関の位置に不満はありませんか?もしあるようでしたら、思い切ってリフォームで玄関を移動することで、不満を解消できるかもしれません。お客さんをお迎えする場所でもある玄関は、「家の顔」と呼ばれることもあるくらい重要な場所なので、玄関の位置には気を遣い、より住みやすい空間にすることが大切です。ここでは、玄関の位置を変更するリフォームについてご説明いたします。

    LIMIA 住まい部
    • 23143
    • 4
  7. 【要チェック】和室から洋室にお部屋をリフォーム|費用や相場を知ろう!

    和室を洋室にリフォームしたいと考えている方必見。本記事では気になる和室のリフォームについて、費用や相場の目安を解説します。和室が最近使いずらくなったな、もう畳の掃除はしたくないなど、和室から洋室にリフォームしたいと思っている方は、ぜひ記事を参考にしてみてくださいね♪

    LIMIA 住まい部
    • 14460
    • 13
  8. 洗面化粧台をリフォームして生活を豊かにするための3つのポイントをご紹介

    洗面化粧台をリフォームし、それぞれの家庭のライフスタイルにあった使い勝手の良い機能的な洗面所を実現することで生活をもっと豊かにすることができます。そこで、今回は理想的な洗面所を実現するためには必ず知っておきたい洗面化粧台リフォームの3つのポイントをご紹介します。


    LIMIA 住まい部
    • 8763
    • 28
  9. House K 改築

    既存の鉄筋コンクリート造2階建ての住宅を構造体のみ残し、鉄骨造で3階を増築しました。 奥さんが車椅子の生活をおくっているため、通院を容易にするようスロープを設置し、 室内用車椅子の乗り換え用玄関を設け、主な諸室(リビング、ダイニング、キッチン、WC、洗面脱衣室、浴室)は 1階に計画しました。 生活の中心が1階にあるにもかかわらず、道路側以外大きな開口がとれない状況でした。 そこで、1階から3階まで3層の吹き抜けを設け、1階まで光を導く様にしました。 2階にはピアノスペースを設け、ピアノの音色が吹抜けを通して各階に聞こえる様にしました。 この空間は「廊下」とも「部屋」とも違う「曖昧な空間」です。 この「曖昧な空間」は生活にゆったりとした雰囲気を与えます。 また敷地北側が緩やかな傾斜になっており見通しがよいので、3階にサンルームとテラスデッキを設けました。 上部に3層の吹抜けがあることから、リビングに床暖房を採用しました。

    井戸健治 / 井戸健治建築研究所
    • 772
    • 1
  10. 【2020年版】トイレリフォームの補助金対象・受けとる条件を解説

    トイレリフォームをするにあたって気になる点は料金ではないでしょうか。リフォームには数十万円かかるので、国や自治体から補助金を受け取って、少しでも節約したいですよね。そこで今回は、トイレリフォームの際にチェックしておきたい補助金や所得税控除の対象について解説します。

    LIMIA 住まい部
    • 21245
    • 22
  11. 高千穂・シラス壁の家

    今注目されている平屋建てのお家です。 ドリフトピンで留めている金物工法です。構造材の欠損が少なく、構造耐力の強化につながり地震にも強いです。 壁と天井、押入れ内部など全て(株)高千穂さんのビオセラと中霧島壁ライトを使用しました。消臭・調湿機能・空気清浄化作用・VOC成分吸着作用などシラス壁の優れた機能が特徴で室内の空気をきれいにする健康的な素材です。 室内がバリアフリーになっているため生活がしやすいです。 床板は無垢のアカシアフロアーを使用し、お部屋全体が引き締まった印象に仕上がりました。 外壁にはへーベルライトを使用し、テラコートスーパーファイン仕上げました。

    (有)石井建業
    • 1364
    • 7
  12. 引き戸タイプへのリフォーム!トイレドアを交換するポイント

    今回は、トイレドアを引き戸にリフォームするポイントについて解説します。トイレのリフォームは、便座の交換ばかりではなく、トイレドアの交換もあります。ドアノブ付きの開閉タイプは、バリアフリーを考える上では不便な作りになっています。介護のためなどに、引き戸タイプに交換することも考えてみてはいかがでしょうか?

    LIMIA 住まい部
    • 10220
    • 14
  13. お風呂を移動させるリフォームで知っておくべきポイントをご紹介

    お風呂を移動させるリフォームは大規模なリフォームに分類されます。「別の場所に浴室があったほうが便利」や「介護のために浴室を移動する必要が出てきた」など、考えることがたくさんありそうですが、知っておくべきポイントはシンプルです。今回はお風呂を移動させるリフォームで知っておくべきポイントをご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 11238
    • 12
  14. 浴室リフォームで補助金が貰える!対象例をご紹介

    高齢者の比率が高い日本では、浴室リフォームを行うことで補助金を貰えます。現在、高齢者でも暮らしやすい環境へのニーズは高まっており、「高齢者住宅改修費用助成制度」を利用することで、浴室リフォームを行うときに、補助金を貰うことが可能です。今回は、浴室リフォームの補助金に関する情報をまとめました。

    LIMIA 住まい部
    • 3249
    • 12
  15. 2世帯住宅のお庭・二つ並んだ可愛らしい枕木門柱

    二世帯住宅に建て替えされるお庭のデザインパース画像。車椅子の車輪が脱輪しないように、縁に立ち上げたレンガが可愛らしいアクセントになっています。 基本的にはバリアフリー・メンテナンスフリーのお庭ですが緑も楽しんでいただけるように花壇スペースもちょこっと設けています。 二つ並んだおそろいの枕木門柱も素敵です。

    フィーリングガーデン 坂林盛樹園
    • 1872
    • 7
  16. 古いお風呂をリフォームするメリットをご紹介

    古いお風呂をリフォームて新しくしたいという人は多いです。お風呂が古くなると壁、床、浴槽などに水が入り込むことで劣化していき、さらに漏水により土台が腐食するなど、安全性や経済的に様々な問題が発生してしまいます。今回は、古いお風呂をリフォームする主なメリットをご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 4577
    • 10
  17. Iki Style 「粋」/公団住宅スケルトンリフォーム

    子ども達が独立し長くお一人住まいだったお母様のマンションに同居する機会に 新たな家族の皆が より居心地のよいリビング・快適で安心な設備を計画した息子さんの「親孝行リフォーム」をお手伝いしました。色調も揃え大切にお使いだった家具がピタリと納まるような間取りとし より映えるよう床には一段明るめの色を選びました。各所に思い出の品々を収納・飾るスペースを設け 和室のしつらえにはかつてのお住まいのディテールを再現するなど随所に ご家族とお住まいへの「粋な」心づかい溢れるプロジェクトとなりました。

    Office Poco庵
    • 1031
    • 1
  18. FLAT/シニアライフを楽しむ住まい マンションリフォーム

    再び2人暮らしとなったご夫妻 部屋が余り 手入れも煩雑になってきた戸建住宅からマンションに暮らし替えを計画しました。 マンションならではの フラットで安全な住まい コンパクトで快適な住まい プラスアルファーこれからをもっと楽しめる心弾む住まい を提案しました。 これまでの生活経験が長い住まい手だからこその深いテイストが反映されたリフォームとなりました。

    Office Poco庵
    • 853
    • 1
  19. 団地のトイレをリフォームしたい!確認事項やポイントをご紹介

    団地は古いタイプのトイレが多いため、リフォームを考える住人も多いですよね。しかし、団地のトイレとは許可無くリフォームしても大丈夫か、どのようなトイレに変えればいいのかなどの疑問も浮上してきます。この記事では、団地のトイレをリフォームにする際のポイントについて解説します。

    LIMIA 住まい部
    • 11143
    • 9

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    153件中 81 - 100 件を表示