バリアフリーのアイデア(4ぺージ)

バリアフリーとは、生活の中にある障壁(バリア)を取り除くことです。具体的には、部屋の段差や溝をなくす、手すりを設置するといったことが挙げられます。ここでは、バリアフリーに関する様々なアイデアを紹介しています。高齢者の家族がいる方 はぜひチェックしてみてください。

  1. 2,000万円で実現できるリフォーム。おすすめの方法や事例をご紹介

    家を建て替えたい!でも、新築は高くて手が出せない!リフォームするだけの予算なら何とかなるけれど…という人も少なくありません。そこで、予算2,000万円で出来る限り新築に近づけられる理想のリフォームが実現できる方法を紹介します。決して安いお金ではありませんから、現状での要望をしっかりクリアしつつ、無駄のない改修につなげることがポイントです。

    LIMIA 住まい部
    • 4863
    • 4
  2. 800万円で行うリフォーム。予算を決めてもここまで変わる

    もし、リフォームの計画を立てる時に「あれもしたい、これもしたい」と、やりたいことを全部挙げて見積を取れば、大抵の場合1,000万円を超えるような見積金額になってしまうでしょう。「そこまでは出せないけれど…」という方は、800万円という予算を考えてみてはいかがですか?1,000万円超えと比べれば費用としてまだ現実味がありながらも、意外に多くのことができるとわかるはずです。

    LIMIA 住まい部
    • 9254
    • 4
  3. リフォームと消費税の関係をチェック!消費税の変動がリフォームに与える影響とは?

    消費税が2014年4月より8%になり、リフォームにかかるコストも必然的に高まっています。いずれは10%に引き上げされる可能性が高いため、その変動がリフォームにさらなる影響を与えることが予想されます。消費税の変動は、リフォームに対して具体的にどのような影響を与えるのでしょうか。リフォーム×消費税の関係を徹底的にチェックしながら、少しでもお得にリフォームするポイントを見ていきましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 1866
    • 1
  4. リフォーム予算の目安ってどれくらい?種類別の費用相場まとめ

    リフォームの醍醐味は、自分の希望に合った住まいを実現させることができることです。とは言え、理想を追求するにはお金がかかります。どのくらいの予算が必要なのかあらかじめ知っておくことで、現実的にどの程度のリフォームが可能なのかが見えてくるでしょう。ここでは、リフォーム予算の目安についてご紹介します。リフォーム内容の種類別にかかる費用の目安をチェックし、資金計画の参考にしましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 1913
    • 3
  5. 築30年の住宅を徹底リフォーム!気になる費用・相場をチェック

    築30年を迎えた住宅のリフォームというと、設備のメンテナンスを目的としたリフォームのほか、基本的な構造部分や今後の暮らしを考慮したリフォームも求められます。多面的なリフォームが必要となるため、費用もどうしても膨らみがちです。実際のところ、どのくらいかかるのでしょうか?相場をチェックしてみましょう!

    LIMIA 住まい部
    • 2777
    • 12
  6. リフォーム前に知っておきたい!築50年のリフォームポイントと注意点とは?

    「築50年経ったから、そろそろ建て替え時期だ」と判断されることも少なくないはずです。しかし、建て替えよりもリフォームの方がよい場合もたくさんあります。今回は、築50年経った家をリフォームするポイントとリフォーム成功実例をご紹介しましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 3866
    • 10
  7. 築25年の住宅をリフォームしたい!リフォームのポイントと費用・相場まとめ

    築25年の住宅というと、これまで住宅のメンテナンスを全くしてこなかったという方はもちろん、以前リフォームをしたことがあるという方も再度リフォームを考えたい時期です。では実際に、築25年の住宅にはどんなリフォームが必要なのでしょうか?ポイントと費用・相場を合わせてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 18540
    • 9
  8. 長期優良化リフォームとは?補助金対象となるリフォームの条件や補助内容を徹底解説

    一昔前まで、特に高度成長期における日本の住宅は「古くなったら建て替える」スタイルが一般的でした。しかし、近年は「長期間快適に住み続けることができる住まいを構築する」ことが良しとされる時代です。国も、経済的な側面からこの風潮に対して具体的な支援を開始し、長期間資産価値を落とさない住宅を増やすことを目指しています。ここでは、国が行う支援の対象となる「長期優良化リフォーム」について、その概要をご紹介します。これからリフォームを考えている方は、具体的な計画を立てる前にぜひチェックしてみると良いでしょう。

    LIMIA 住まい部
    • 1398
    • 4
  9. スケルトンリフォームってどうなの!?メリットとデメリットを具体的に徹底解説

    リフォームしようかな…と思っていろいろ調べていると、よく目にする「スケルトンリフォーム」という言葉。部分的なリフォームと違うことはなんとなくわかりますが、具体的にどこが違うのかピンと来ないという方が多いのではないでしょうか。ここでは、スケルトンリフォームのメリットとデメリットをまとめてみました。スケルトンリフォームならではの特徴や魅力を知り、リフォーム計画の参考にしましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 3387
    • 4
  10. 築30年の住宅をリフォーム!長く暮らせる家を作るポイントをご紹介

    日本の住宅は、30年が寿命と言われてきました。ところが近年は「長寿命化リフォーム」と呼ばれるリフォームを行い、長く住み続けられる住宅作りをすることが推奨されているのをご存知でしたか?今回は、慣れ親しんだ家に今後も住み続けたいという方、築30年の中古住宅を購入したという方のために、住宅の長寿命化に欠かせないリフォームについてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 1563
    • 7
  11. 築100年リフォームの費用・相場はどれくらい?実例別に徹底チェック!

    近年、旧家や古民家を再生させるリフォームに注目が集まっています。昔ながらの味わいを残しながら、古い家の弱点を克服させ快適に住める空間に生まれ変わらせることで、歴史ある住まいを代々受け継いでいくことができるのです。中には築100年を超えるほど築年数が古い物件も多く、大がかりな工事が予想されるだけに費用面が気になります。ここでは築100年リフォームにおける費用・相場に焦点を当て、目安としてどれくらいの費用が必要なのか、実例も含めてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 17450
    • 2
  12. 夢のマイホームにおすすめ!築40年の一戸建てリフォームのポイント

    築40年の一戸建て住宅と聞くと、古い印象を抱く人がほとんどでしょう。実際に、古い一戸建て住宅は資産価値を低く見られ、割安で販売されている物件も散見できますが、一方で手入れと工夫次第で100年持たせることも可能な場合も。そのうえ、新築や建て替えに比べると、リフォームは費用を抑えられる傾向にもあります。そんな築40年を超える一戸建て住宅をリフォームする際のポイントや注意事項をご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 3602
    • 4
  13. 桜町リノベーション

    年配のご夫婦が暮らす家の断熱リノベーション。断熱材に調質性に優れたセルロースファイバーを使い内装も通気性の良い塗り壁や和紙クロスに。段差もなくしてバリアフリーも実現。お二人にとって使い慣れた愛着のある家なので間取りや見た目はあまり変えず、性能面重視で風通しや陽射しも考慮し冬も夏も快適に過ごせる家にしました。とはいえ、内装はやり直しているのでスッキリとしています。耐震面で壁部分を増やしましたがサンルームなど十分に日の光が取り込めるようになっておりご夫婦のお気に入りの空間になりました。

    鞍城建設
    • 3039
    • 10
  14. フロアヒーティングで快適すまい

     コの字形に配置された建物に囲われた中庭のある住宅です。中庭には外からの視線をコントロールしプライバシーを確保し、十分な光や通風を室内に取り入れるための役割、前面道路からいきなり室内に入るのではなく、庭の植栽を楽しみながら玄関へアプローチする外部と内部をつなぐ「間」としての役割があります。建物本体は、長期優良住宅の認定を取得し耐震性、耐久性、断熱性などの基本性能を高めました。床タイル+ガス温水蓄熱式床暖房を1階の床全面(居室、便所、浴室洗い場までほぼすべての床面)に敷設しました。床タイルとその下地の土間コンクリートそのものが蓄熱層となり室内へ熱を放熱するので、冬期は早朝、夕方のそれぞれ3時間づつの運転のみで、24時間常時快適な室内環境を実現しました。この暖房方式ではエアコンやファンヒーター等の補助暖房もまったく使用せず、家全体が暖かくなります。

    アトリエ塊
    • 713
    • 2
  15. バリアフリー工事。リビングのサッシから車椅子での出入りを実現!

    お年寄りのいるお宅。 急激に身体的な能力の衰えで入口玄関使用ができなくなり、リビングのサッシから出入りしたいという要望からご提案いたしました。 デッキをスロープと組み合わせて(YKK AP)車椅子でも出入り可能になりました。 今回は介護保険(住宅改修分18万円)適用で一部補助を使用

    京浜リペアーサービス
    • 1241
    • 7
  16. スウェーデン風の外観と 犬と猫と暮らす2世帯住宅

    1階に広い土間を設けることで、お客様とその場で応対することが出来る、くつろぎ空間にいたしました。 音の問題に関しまして、厚いグラスウールを1階と2階の間に施工しております。 子世帯は、ドミノ構造を採用することで、約26帖のLDKとなり、勾配天井を採用し、開放的な空間となりました。 2世帯住宅のテーマであるプライベートな環境への配慮を最大限しております。

    株式会社 佐久間工務店
    • 1983
    • 11
  17. トイレをリフォーム!費用の相場はどのくらい?事例別にご紹介

    トイレリフォームを行う上で、もっとも気になるものは費用です。リフォームには相場があります。部品代もさることながら、工事の人件費といったものもあるでしょう。相場より著しく高いものも問題ですが、安すぎる場合も考えものです。一体、トイレリフォームの費用は、どのくらいかかるものなのでしょうか?

    LIMIA 住まい部
    • 11803
    • 47
  18. 玄関周りにリフォーム!ステキで快適な入り口にして、家全体の印象を変えよう!

    玄関周りを素敵にリフォームする方法をまとめました!門を入ると玄関までオシャレな道が続く玄関アプローチに憧れる方も多いのでないでしょうか。玄関周りがステキだと、家全体がステキに見えてくるものです。玄関アプローチに使われている素材を変えるなど、玄関周りをリフォームすることで魅力的な家を演出することができます。また、玄関周りは防犯性や快適さなど、さまざまな機能性が要求される場所でもあります。そこで、玄関周りのリフォームについて、そのメリットや施工方法を詳しくご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 9873
    • 15
  19. ホームエレベーターのあるバリアフリー住宅(防音・遮音構造)

    高齢化が進む中、ぬくもりや暖かさ、心地よさを感じて頂ける住宅づくりである生活動線のバリアフリーは大切なポイント。 この住宅は以前は店舗だった1階を住宅にするリフォームを主体に、これからの暮らしを考えて、できるだけ体に負担がかからないようにリフォームした住宅の設計事例です。 急な階段の上がり降りに不安を感じられていたため、ホームエレベーターの設置をご提案。 1階全体と2階のほぼ半分をリフォームして、バリアフリーにしました。 ホームエレベーターはどの部屋からも行きやすいように、住宅の真ん中に設置して、回遊できる動線としました。 車椅子に乗ったままでも、フロアを移動出来て、大型の荷物などの持ち運びにもに便利です。 近年、ホームエレべーターの需要が多くなり、設置導入価格も下がっています。 【 住宅用ホームエレべーターの設計基準 】 一般的な業務用エレベーターとは異なり、最大昇降行程は、住宅の最下階の床面から最上階の床面が10m以下となっています。 最大乗務定員は3名以下、最大積載荷重は200kgまで、エレベーター内の床面積は1.1平方メートル以下と定められています。 (メリット) ●車椅子に乗った状態でも、各階を移動する事が可能。(バリアフリーの確保) ●大型の荷物などの移動が便利。 (デメリット) ●一般的な階段式昇降機(いす式)よりも価格が高い。 ●既存物件の場合、スペースの確保が難しい。 ●設置するには、建物の基礎工事・躯体などの改修工事が必要。

    無二建築設計事務所
    • 1801
    • 5

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    150件中 61 - 80 件を表示