バリアフリー

バリアフリーとは、生活の中にある障壁(バリア)を取り除くことです。具体的には、部屋の段差や溝をなくす、手すりを設置するといったことが挙げられます。ここでは、バリアフリーに関する様々なアイデアを紹介しています。高齢者の家族がいる方 はぜひチェックしてみてください。

  1. これで駐車が楽になります。

    砂利敷きの駐車場で、雑草や駐車時の不安や不満をコンクリート化で解決しました。 わずかな金額と期間で施工でき、メンテナンスフリーになることによるストレスなどの軽減にも繋がります。 また玄関前の段差も無くし、バリアフリー化にしました。 そして駐車入口付近の傾斜部は、滑りづらい刷毛引きにて施工し、 奥側は、金鏝仕上げにしてあります。

    エクステリア相談センター
    • 38518
    • 110
  2. ゆい-家族がポジティブに暮らすためのバリアフリー。将来に備えてリノベーション

    90代のOさんと60代のご長女様が同居のために、中古マンションをリノベーションした事例です。最初に相談にこられたのはOさんのお孫さん。お父さまが亡くなられて一人暮らしをしているお母さまと、一人暮らしをしているおじいさま(Oさん)が一緒に住むためのお家。 ご長女様からのリクエストは、Oさんが将来車いすになっても介護がしやすいこと、キッチンが広いこと、収納がたくさんあることです。物件は100平米以上の広さがあるので、玄関や廊下、サニタリールームは通常よりも広めのスペースにして、車いすでも通れるようバリアフリー設計にしました。LDKはすべて自然光の入る空間に。 キッチンはステンレスの作業台が広く使えるよう、シンクの上に物が置けるスペースも造りました。リビングの壁一面の大容量の収納には、お仏壇やルンバ専用の収納場所があり、キッチン裏にはパントリーもあります。 キッチンから室内窓を通して気配を感じられる場所は、お父さまのベッドスペースです。ゆったりと余裕のある、明るい空間が生まれました。

    ブルースタジオ
    • 390
    • 1
  3. デザインスロープでバリアフリー化を

    スロープにも様々な形がございますが、今回は外観を高級感と風格を感じられるRC塀風にしてみました。 傾斜部分は滑り止め仕上げにし、また踊場を設置することで、より安心して安全に使用できる仕様に仕上げました。 直線でも曲線仕様でも、コンクリート製であればお家にマッチしたスロープのデザイン施工が可能です。 新築・リフォームに安心・安全なスロープをぜひ。

    エクステリア相談センター
    • 428
    • 2
  4. ウッドデッキを利用した介護用スロープ

    玄関にスロープを作ると傾斜が急になったり、廊下が狭くて車椅子が通りにくいなどの状況で出入りがしにくい。この問題を解決するため、居室前にウッドデッキを作り、これをプラットホームにしてスロープを作れば容易に屋外へアクセスができます。 お部屋の床と庭先の地面の高低差が50cm スロープの長さ 4メートルで作ると 傾斜角度は 7.1度、 スロープの長さが 5メートルになると 5.7度になります。 7.1度であれば女性の介護者でも楽に車椅子を押し上げることができます。 介護保険制度を利用して要支援以上の認定を受けていれば行政から住宅改修工事費の補助が受けられます。 以前に利用していない場合 最大18万円の支給が可能です。 ちなみに デッキ+スロープ4メートルのものであれば 総額 約33万円、補助金が満額使えれば 負担する金額は 約15万円になります。 ご不明な点はお気軽にご相談ください。

    ウッドデッキファン
    • 1353
    • 4
  5. 段差は悪か?バリアフリーとユニバーサルデザイン

    写真は、小上がりの畳スペースがあるリビング。 子どもたちが床遊び出来たり、ひざが悪いひとなどには、フラットな床面よりも、逆に、段差を利用して立ち上がるのが楽だったりもします。腰が悪い人には掘りごたつ形式で対応できますし、畳でゴロッとしたときも、床面の埃が気にならないもの特徴の一つです。 バリアフリーとは、真逆の考えの段差のある空間ですが、限定された住み手目線で考えると、使い勝手のいい空間であるともいえます。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 739
    • 3
  6. 【トイレ】実は仕事の効率に影響するトイレ環境!あなたの職場のトイレは快適ですか?

    LIXILリニューアルは、ご自宅のリフォーム・リノベーションを得意としていますが、実は他にも幅広く事業を展開しています。 例えば、オフィスビルのような”非住宅”のトイレ改修工事。 私はつい最近、トイレ改修工事後の写真を撮影するために、某社技術開発センターへ足を運びました。事前に写真で見た工事前のトイレと比べると、工事後のトイレはとても清潔感があって見違えるほどでした。もちろん、改修工事直後で新品だったということもありますが、新品同様のキレイな状態をいつまでも保てるような工夫もされていました。 営業担当者に話を聞くと、お施主様のニーズをしっかり汲み取ったプラン作成をしたことが、採用理由だったとのこと。 お施主様からの満足度アンケートには「工事が進む中で、何点か変更箇所がありましたが、より良い内容を提案いただき、仕上がりも十分満足しています。社員の評価も上々と感じております。ありがとうございました。」とお喜びの言葉が書かれていました。 今回は、この技術開発センターの施工事例を中心に、”非住宅”のトイレ改修工事についてご紹介します。

    株式会社LIXILリニューアル
    • 1879
    • 11
  7. 【住まい】お風呂やトイレを介助しやすく、バリアフリー・リフォーム♪話題の”コト”リフォームで、築45年のご自宅を拝見!

    高齢のご家族の介護を、介護保険を使ってヘルパーさんにお願いしている方もいらっしゃると思われますが、ご家族で対応しているご家庭も多いのではないでしょうか。特に、お風呂やトイレの介助は大変ですよね。また、ご高齢者ご自身も、自分でできることはなるべく自分でやりたいと思われているでしょう。 そこで今回は、このようなお悩みを解決した、S様邸のリフォームをご紹介いたします! 間取り変更をせずに、お風呂やトイレの空間を、どのようにリフォームすれば介助しやすくなるか。また、ご高齢者ご自身が一人でできることを減らさない工夫をご覧ください♪

    株式会社LIXILリニューアル
    • 2937
    • 17
  8. 車イスに配慮したバリアフリーの住宅 古木柱が印象的なキッチン

    全体の外観は、壁に白色系塗り壁材のランダム柄を採用し、ブラウン色のスレート柄のシングル葺、ホワイトの格子入りサッシにレンガトリムを配置し、輸入住宅風のかわいらしい雰囲気に仕上げました。 床は、銘木柄のフローリング、R型下がり壁、キッチン廻りに古木柱、モザイクタイルを採用し洋風テイストに設えました。 間取りは、車イス使用のご家族が生活しやすいように随所に工夫・配慮したバリアフリー住宅設計となっております。

    東仙ハウジング
    • 1402
    • 6
  9. マンションのリフォーム費用や相場はどれくらい?部位ごとにチェック

    マンションのリフォーム費用の相場を、部位別にチェック。壁紙やフローリングの張り替えや、キッチンやトイレなど水回りのリフォーム、間取り変更などさまざまなパターンを紹介します。さらに、よい業者を見分ける方法も伝授。リフォーム費用の目安をしっかり確認しましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 2539
    • 10
  10. 【コラム】高齢者に優しい住まいを作ろう!玄関のリフォームで大切なポイント

    高齢者がいるご家庭では、家族みんなが暮らしやすいように住宅のリフォームを考えることがありますよね。 とくに、住宅の中でも一番段差が大きい玄関は、転倒によるケガが気になります。高齢者の転倒によるケガは、寝たきりの原因として意外と多いものです。そこで今回は、玄関のリフォームで大切なポイントをご紹介します。

    株式会社リノベーション東京
    • 2469
    • 1
  11. 【コラム】住まいのバリアフリーは進んでいますか?快適な生活を送るためのポイント!

    バリアフリーとは、私たち人間の意識や社会制度、あるいは建築や都市環境などあらゆる社会の中で、高齢者や障害を持った方など、ハンディキャップがある方々の生活に制限を加え、自立生活を困難にしてきたバリアをなくしていくことを言います。 少子高齢化社会が進んでいる今、ご家族の皆さんで快適な生活を送るためには、「住まいのバリアフリー」に対しての取り組みが重要になります。 今回は、住まいのバリアフリーについて空間ごとにご紹介します。バリアフリーに興味がある方、ご家族に高齢者や障害を持った方などがいらっしゃる場合は、ぜひご参考にしてください。

    株式会社リノベーション東京
    • 1442
    • 6
  12. リフォームにも補助金がでる!リフォームの補助金徹底まとめ

    リフォームに活用できる補助金があることをご存知ですか? 多額の費用がかかるリフォーム、補助金を活用することでお得にできることも! リフォームに活かせる補助金を7選で紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。また、リフォームの減税措置についてもかんたんに触れています。

    LIMIA 住まい部
    • 25333
    • 39
  13. 狭小地でもスロープでバリアフリー!中庭からの自然光を緻密にデザインした住まい

    「Unir」は東京都小金井市に、66.14㎡(20坪)の 狭小地にて建てられた住宅です。 高齢者が暮らす住宅となるため、 室内のバリアフリーは必須条件でした。 玄関までは緩やかなスロープを設け、 主動線上に段差をつけないよう配慮されています。 建物中央部には自然光を取り入れるよう中庭を設けています。 屋根形状には、光の角度を綿密に計算した デザインが加えられています。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2933
    • 12

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    156件中 1 - 20 件を表示