バリアフリー

バリアフリーとは、生活の中にある障壁(バリア)を取り除くことです。具体的には、部屋の段差や溝をなくす、手すりを設置するといったことが挙げられます。ここでは、バリアフリーに関する様々なアイデアを紹介しています。高齢者の家族がいる方 はぜひチェックしてみてください。

  1. 【住まい】お風呂やトイレを介助しやすく、バリアフリー・リフォーム♪話題の”コト”リフォームで、築45年のご自宅を拝見!

    高齢のご家族の介護を、介護保険を使ってヘルパーさんにお願いしている方もいらっしゃると思われますが、ご家族で対応しているご家庭も多いのではないでしょうか。特に、お風呂やトイレの介助は大変ですよね。また、ご高齢者ご自身も、自分でできることはなるべく自分でやりたいと思われているでしょう。 そこで今回は、このようなお悩みを解決した、S様邸のリフォームをご紹介いたします! 間取り変更をせずに、お風呂やトイレの空間を、どのようにリフォームすれば介助しやすくなるか。また、ご高齢者ご自身が一人でできることを減らさない工夫をご覧ください♪

    株式会社LIXILリニューアル
    • 901
    • 11
  2. 【コラム】高齢者に優しい住まいを作ろう!玄関のリフォームで大切なポイント

    高齢者がいるご家庭では、家族みんなが暮らしやすいように住宅のリフォームを考えることがありますよね。 とくに、住宅の中でも一番段差が大きい玄関は、転倒によるケガが気になります。高齢者の転倒によるケガは、寝たきりの原因として意外と多いものです。そこで今回は、玄関のリフォームで大切なポイントをご紹介します。

    株式会社リノベーション東京
    • 1974
    • 1
  3. デザインと暮らしやすさを兼ね備えた夫婦の理想の住まい

    施主のS様は70代のご夫婦。お子様たちが巣立たれ、夫婦2人の生活を楽しく快適に過ごすための家づくりを近藤さんに依頼しました。しかしそこには、なかなか高いハードルが。 そのハードルを見事にクリアし、夫婦の理想の住まいを実現させた、近藤さんの家づくりに迫ります。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1146
    • 10
  4. 【コラム】住まいのバリアフリーは進んでいますか?快適な生活を送るためのポイント!

    バリアフリーとは、私たち人間の意識や社会制度、あるいは建築や都市環境などあらゆる社会の中で、高齢者や障害を持った方など、ハンディキャップがある方々の生活に制限を加え、自立生活を困難にしてきたバリアをなくしていくことを言います。 少子高齢化社会が進んでいる今、ご家族の皆さんで快適な生活を送るためには、「住まいのバリアフリー」に対しての取り組みが重要になります。 今回は、住まいのバリアフリーについて空間ごとにご紹介します。バリアフリーに興味がある方、ご家族に高齢者や障害を持った方などがいらっしゃる場合は、ぜひご参考にしてください。

    株式会社リノベーション東京
    • 1206
    • 6
  5. バリアフリーフェスタかながわ2018~みんなで学ぶバリアフリー

    車椅子で乗り越えられないものはない体験コーナー「車いすで坂道をのぼってみよう&わが家のバリアフリーチェック」を出展します。 11月4日(日)11時30分~17時 横浜そごう(横浜新都市ビル)9階センタープラザ他 神奈川県知事や、ゆるキャラ かながわキンタロウやもくる予定です!

    M設計工房
    • 440
    • 4
  6. 狭小地でもスロープでバリアフリー!中庭からの自然光を緻密にデザインした住まい

    「Unir」は東京都小金井市に、66.14㎡(20坪)の 狭小地にて建てられた住宅です。 高齢者が暮らす住宅となるため、 室内のバリアフリーは必須条件でした。 玄関までは緩やかなスロープを設け、 主動線上に段差をつけないよう配慮されています。 建物中央部には自然光を取り入れるよう中庭を設けています。 屋根形状には、光の角度を綿密に計算した デザインが加えられています。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2307
    • 12
  7. リフォームにも補助金がでる!リフォームの補助金徹底まとめ

    リフォームに活用できる補助金があることをご存知ですか? 多額の費用がかかるリフォーム、補助金を活用することでお得にできることも! リフォームに活かせる補助金を7選で紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。また、リフォームの減税措置についてもかんたんに触れています。

    LIMIA 住まい部
    • 19053
    • 35
  8. バリアフリーの床暖房がある高気密高断熱住宅

    相当な築年数が経ち老朽化した木造住宅では、今後、加齢を重ねていく上で、安心・安全に暮らしていけるのだろうかとの不安から、当設計事務所にご相談に来られました。将来迎える行動の肉体的鈍化に対して、住まいの使いやすさ・安全がリフォームでは、抜本的な対処に限りがあるため建て替えをお薦めし受けいられました。お客様のご要望である住み慣れた以前の住宅の間取りを基本に、安全性を重視した動線の短縮化・簡略化、収納の効率化、住宅内のバリアフリーの要素をふまえ

    中浦建築事務所
    • 1408
    • 2
  9. 母と娘が暮らす女子リノベ

    在宅で編集の仕事をされている娘様と、TVを見て過ごすのが好きなお母様が、気配を感じながらもお互い気を使わず、それぞれの過ごし方ができる空間作りがご希望でした。 元々コンクリートブロックの壁が多く、間取りに制約がありました。壊せなくはないですが、無駄なコストをかけず、かつ必要なスペースが取れ、開放感や明るさを感じられるよう最大限の工夫をさせていただきました。 コンパクトな間取りながら、無駄な動線をなくし、充実した収納、しっかり仕事ができる書斎、バリアフリー等、さまざまなポイントを融合させた空間づくりを心がけています。

    リフォームプライス〔ホームテック(株)〕
    • 3794
    • 20
  10. シニア世代の終の住処(和風)

    ​既存の住宅を建て替えで、新たに日常の暮らしが住みやすい家を・・・。 もしもの際は1階だけで生活できるように今後のことを考えて計画したり、 頻繁な来客のための応接スペースとプライベートな部分を上手に分離。 もちろん、バリアフリーに対応できるように、多目的トイレ、スロープやホームエレベーター完備です。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 3831
    • 10
  11. 細長空間で実現した終の棲家「クジラの家」

    リタイアしたYさんご夫婦が終の棲家を建てるべく購入した、埼玉県の細長い土地。ここに建築家の矢嶋一裕さんと共につくり上げたのは、土地の形状を生かして家中に光が溢れる横長の家だった。独特の外観だけでなく、建物の中も斬新なアイディアで溢れるY邸。その全貌をご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1230
    • 3
  12. 都会にもあった、親に入って欲しい、ラグジュアリーな老人ホーム!

    地方拠点駅近くの商業地域に、バブル期に建設された豪奢な既存老人ホームがあり、そこを健常・要介助者用の老人ホームとし、隣接地に、重度の要介護者専用の老人ホームをつくりたいとのご依頼でした。コンパクトで機能的にしたいが、既存の豪奢な老人ホームに似合った負けないデザインをコストをかけずに実現して欲しいとのお話でした。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 3355
    • 4
  13. 「ちょうどいい距離感」の分離型二世帯住宅へ

    上下階を分離し、両世帯が気兼ねなく暮らせる、二世帯住宅へと再生した。完全には分離せず、吹き抜けを通して上下階をつなぎ、お互いの気配を感じられる工夫も施されている。1階は、もとの建具をそのまま活用するなど、既存の良い部分を生かしながら再生。「以前の趣きも、ちゃんと残っています」とお喜びのお父様。子ども部屋だった2階は子世帯スペースに改造。天井や壁を抜いて、明るく開放的な第二のLDKが誕生した。

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 17750
    • 61

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    142件中 1 - 20 件を表示