コンクリート打ち放し

コンクリート打ち放しとは・・・タイルや吹き付け材、塗り材などの仕上げ材を施さずに、コンクリート素地をそのまま活かす仕上げ方法のこと。耐久性や防食性への配慮が必要となる。

  1. mimosa-house RC外断熱の集合住宅

    千葉県千葉市に建つRC外断熱2階建集合住宅 主に2階+ロフトが施主の住居で、1階には賃貸があります。 塀で囲まれた中庭は緑豊かなプラーベート空間で、2階リビンクルームから繋がるテラスに出ると、空に開放される感覚が味わえます。 外断熱RC壁式構造2階建(一部半地下・ロフト) 設計:村上建築設計室 構造:ビー・ファーム 施工:渡辺富工務店

    村上建築設計室
    • 1208
    • 8
  2. orchid-house 地震や火災に強いRC壁式構造の住宅

    熱帯性のランの飼育が趣味のご主人の崖の上に建つ家 震災でダメージをうけたご自宅の建替え。 敷地で一番日当りがいいところに植物の温室を配置し、その奥に打放しの家を建てました。 地震にも火事にも強い家を希望され、RC壁式構造を採用。 打放しの2階建てに杉板の打放しで囲った平屋のリビングルーム部分が入り込む構成です。 北側に配置されたダイニングにはハイサイドライトから南側の日光をふんだんに取り入れ、そのまま西側へと景色が広がるため、明るく開放感のある空間をつくることが出来ました。 壁式鉄筋コンクリート造2階建 設計:村上建築設計室 構造:ビー・ファーム 施工:石間工務店

    村上建築設計室
    • 1037
    • 5
  3. 線路沿いの超変形敷地!多くの制約を個性に変えた、美しい店舗+二世帯住宅

    奥に向かって細長い、鋭角三角形の超変形敷地。 北側を走る線路からの、騒音や振動。 北側斜線をはじめとした、厳しい法的な制限。 そうした様々な条件をすべてクリアし、 さらに、それらを個性に変えて、 美しい店舗+二世帯住宅が出来上がりました。 そんな「酒楽和華 清乃」 のストーリーです。

    仲摩邦彦建築設計事務所
    • 1921
    • 18
  4. Y-HOUSE|RC造平屋建て 外壁コンクリート打ち放しの住宅|

    250坪の敷地に建つRC造の住宅です。 ガレージ棟と住居棟で構成されていて、中央に芝生張りの広々とした庭が広がっています。2つの棟を結ぶように路地状のアプローチを設けて、庭を眺めながら玄関にアクセスします。 リビング、ダイニング、キッチンは天井高さ3.2mのワンルームになっていて、外部テラスに面した豊かな空間になっています。床は300角タイルに床暖房を組み込み、快適な室内環境を実現しました。キッチンはフルオーダーでデザイン、制作しています。長さ3.5mのキッチンカウンターは、幅1mで対面で食事もできるスペースを確保しています。両端の壁は、杉板型枠のコンクリート打ち放しの壁で、トップライトから差し込む光によって季節や時間の移り変わりを感じることができます。 玄関や個室は、床をチークフローリングで仕上げ、落ち着いた雰囲気の空間になっています。

    長井義紀建築設計事務所
    • 963
    • 20
  5. I-HOUSE|RC造と木造の混構造|柔らかい光の空間|

    1階がRC造、2階が木造のバリアフリー住宅です。 中庭を囲むように部屋を配置して、光と風を取り込んでいます。外壁は1階はコンクリート打ち放し、2階はガラスによるダブルスキン(2重の壁)になっていて、断熱性を高めています。また、壁と屋根は、柱や梁のない木パネル構造とすることで、建物高さを抑えつつも、十分な天井高さを確保し、耐震性を両立させました。 床と天井の仕上げは、無垢のホワイトパインフローリング蜜蝋ワックス仕上げ、壁は紙張りとして、調湿効果を持たせることで、快適な室内環境になっています。 リビングは3方向ガラス張りで、中庭へと視界を広げています。 ハンターダグラス製のブラインド(シルエット)によって、繊細な光の空間を演出しています。 キッチンはフルオーダー。ダイニングテーブル、キャビネットもこの住宅のために特別にデザインし制作したものです。 書斎や子供室も、カウンターや書棚を造り付け家具としてデザインしています。 カウンターは、高精細モニターやスキャナーなどのプロ機材を置くための十分な奥行きとケーブルを収納できるダクトを設けて、余分なものが露出しないようデザインしています。

    長井義紀建築設計事務所
    • 1245
    • 15
  6. 中庭を中心にした家。どの部屋からもシンボルツリーが見えて楽しい!

    周囲の視線を気にすることなく、光や風を建物内に導けるように、中庭を中心としたプランとしています。中庭には、一円玉に描かれているとされる木で、神社などで見掛ける、おがたまの木をシンボルツリーとして植えることになりました。各部屋の配置をはじめ、徒歩や車での帰宅、来客の動線も中庭を中心として計画しています。帰宅した時や各部屋の窓から、それぞれ趣の違うおがたまの木が、四季を通して目を楽しませてくれます。

    自然素材を生す和モダンの住宅設計/根岸達己建築室
    • 686
    • 2
  7. 曲線と直線で構成されたアシンメトリーな邸宅

    世界で一邸しかないRC住宅らしい住まいを要望されたお施主様に対し、曲線と直線を併せ持つ個性的な外観デザインを提案しました。車を大切にされる施主様だけにビルトインガレージは必須でRC住宅のセキュリティ性能にマッチします。内観ではセンターに中庭を配置、シンボルツリーが正面玄関から眺められる開放感と採光面に工夫を凝らした邸宅です。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 635
    • 13
  8. 秋谷・海の家

    海岸道路沿い、海に向った雛壇状の敷地で富士山も含めまさに海の絶景を 望むことが出来る。全ての部屋からこの眺望が得られるように、建物は この敷地の断面形状そのままに部屋を積層した。背後の家の眺望に 配慮することと、海から見た時の威圧感を軽減するために建物は少しずつ ずらしながら重ねていて、そのズレの部分に植栽などを適度に配置して 山肌と建物がうまくなじむようにしている。週末住宅という非日常的な 空間のシーンを演出するため、内部は明暗や広狭といった空間の対比性を 意識して眺望に出会うまでの空間の演出を大事にしている。

    tentline(テントライン)
    • 986
    • 9