建築家

隈研吾さんや磯崎新さんなど、日本にも世界中から評価されている建築家がたくさんいます。有名な建造物も、それを作った建築家がだれかを意識しながら見れば新しい発見があるはず。ここでは、建造物とその建築家に関するアイデアを紹介しています。

  1. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 64175
    • 1344
  2. 施主自ら仕上げた居心地の良い住まい

    館林駅から徒歩数分、大きな道路から一本入った閑静な場所にご夫婦と2人の娘さん、4人の住まいが求められた。 予算と施主の質感への拘りから面積は100㎡にも満たない計画になる事が想定された。 余分な面積をそぎ落とすため各室は廊下を挟まずダイレクトに繋がる平面とし縦方向に様々な高さで積み重ね、多様な窓や開口を設ける事で拡がりを持たせている。 外部はモルタルに塗装、内部はヘリンボーンを大工による斜め貼りとし、ラワン、壁、スチール等の塗装とタイル工事等吹抜けにする事で工事費がかさむ箇所は全て施主が自ら行った。 仕事の後や休日などを費やし続け完成したこの住まいは家族にとって我々、工務店と一緒に創り上げた居心地の良い最愛の場所となるだろう。

    studio LOOP
    • 33553
    • 475
  3. 大きめの「土間玄関」が便利。土間を上手に使ったデザイン住宅

    玄関というと、家への入り口としての機能だけで考えがち。 今回は使い勝手沢山の万能選手、広めの土間玄関の住宅をご紹介。土間以外にも注目ポイント沢山の住宅です。 見た目のデザインは勿論のこと、機能性も抜群の土間玄関の魅力をご覧あれ♪

    アネシス福岡|デザイン性も高性能も叶える注文住宅
    • 14580
    • 8
  4. アパート・マンションのサイン(館名版)のデザイン

    猫の家、集合住宅ですから、建物の名前(館名)が描かれたサインを設置します。 工事の終盤になったので、エントランス扉の横にサインを取り付けました。 既製品で形の決まったサイン(館名版)もあるのですが、猫たちと住むこの集合住宅に似合う、しっくり来るサインが無い。 まあ、既製品で満足いかないのは、いつもの事ですが、オリジナルでサインを製作しました。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 451
    • 2
  5. 玄関と庭が同居した「通り土間」が便利!家族の視線や会話をデザインした建築家住宅

    家族が最もくつろげる場所、それが「我が家」です。プライバシーを守りつつ、共有スペースでは常に家族の視線や会話が感じられる家づくりを実現することで、家そのものが家族の一員になるのかもしれません。そこで今回は、フレキシブルに使うことができる通り土間、バルコニーなどを用いた建築家住宅をご紹介。見た目のデザインと機能美、家族の温もりが感じられる建築家住宅ならではの家づくりをご覧ください。

    R+house | 建築家住宅
    • 4234
    • 26
  6. 住みやすい家ってどんな家?コストってどう抑える?わからないことだらけの家づくりを賢く進めよう!

    一生に一度といってもいい大きな買い物、それが『家』。 だからこそ、ほとんどの人が家の購入時は、「家づくり初心者」です。 納得いく家は、3回目でやっと建つなんてことも言われるけれど、そんなに何度も建てられないのが現実。 だからこそ、わからないことだらけの家づくりの知識をしっかりつけて、賢く家づくりを進めましょう!

    アネシス福岡|デザイン性も高性能も叶える注文住宅
    • 1191
    • 3
  7. 斜めラインの都市型二世帯住宅「Slash」

    近景の大きな庭・遠景の空をそれぞれ得る都市部における2世帯住宅の設計です。 3世代が楽しく機能的に暮らす仕掛け、斜めラインを内外の特徴としたデザインの住宅です。 省エネルギー性・環境性高いエネファーム( 家庭用燃料電池コージェネレーションシステム /北海道ガス)を採用し発電・給湯・暖房を行います。

    富谷洋介建築設計
    • 1004
    • 3
  8. 猫の家に中庭をつくってみた!猫はインドア派なのか?アウトドア派なのか?

    家猫だって外には、出たい! でも、家の中でしか過ごした事が無い猫は、一度外に離してしまうと、場所が分からず、帰って来れなくなってしまう。その為、猫の家には、逃げられ無い仕組みをつくっている。 その一つが、中庭だ。 中庭は、猫を放し飼いにして遊ばせる事が出来る、とっておきのスペースだ。 四方を部屋窓と壁囲われていて、逃げようが無いけど、外の空気にふれ、光浴び駆け廻れる。車に轢かれる心配も無く、飼い主も安心。 街に出る分けでは無いから、完全な外の世界では無いけれど、インドアとアウトドアの中間の様な場所。 工事中の猫の家は、賃貸ですが、中庭で遊べる猫共生住宅です。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 2364
    • 4

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    846件中 1 - 20 件を表示