建築家

隈研吾さんや磯崎新さんなど、日本にも世界中から評価されている建築家がたくさんいます。有名な建造物も、それを作った建築家がだれかを意識しながら見れば新しい発見があるはず。ここでは、建造物とその建築家に関するアイデアを紹介しています。

  1. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 56672
    • 1291
  2. 施主自ら仕上げた居心地の良い住まい

    館林駅から徒歩数分、大きな道路から一本入った閑静な場所にご夫婦と2人の娘さん、4人の住まいが求められた。 予算と施主の質感への拘りから面積は100㎡にも満たない計画になる事が想定された。 余分な面積をそぎ落とすため各室は廊下を挟まずダイレクトに繋がる平面とし縦方向に様々な高さで積み重ね、多様な窓や開口を設ける事で拡がりを持たせている。 外部はモルタルに塗装、内部はヘリンボーンを大工による斜め貼りとし、ラワン、壁、スチール等の塗装とタイル工事等吹抜けにする事で工事費がかさむ箇所は全て施主が自ら行った。 仕事の後や休日などを費やし続け完成したこの住まいは家族にとって我々、工務店と一緒に創り上げた居心地の良い最愛の場所となるだろう。

    studio LOOP
    • 30810
    • 467
  3. 建築家と建てる家のキッチン写真どどんと40枚見せます!

    ★プレゼントキャンペーン実施中。詳しくは文末で★ 建築家との住まいづくりをお手伝いしているザウス住宅プロデュースから、おしゃれなキッチン写真をご紹介いたします。 「ここに収納が欲しい!」「タイルを貼ってインダストリアルなテイストにしたい」「この廊下を通ってキッチンに繋がったら家事が楽」「クルマを降りたら荷物をすぐキッチンに下したい」など、奥様が日々の家事で感じる「もっとこうだったら良いのにな」というアイデアや、憧れのキッチンデザインを建築家がカタチにしました。 写真では伝えきれないので、興味を持たれた方はぜひ事例集をご覧ください。建築主こだわりのリクエストやそれに応えた建築家のアイデアを掲載しています。 ↓↓↓

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 20215
    • 215
  4. 家族の個性がはためくシェアハウス的住まい

    太田市内に計画されたご夫婦とお嬢さん3人の住まい。 隣家から守られるように、東西を他の空間に囲まれ中心に据えられたリビングの南には格子床、北には階段の踊り場を利用した吹抜けを配し風や熱が循環・抜ける構成をとっている。 1階は和室も含め色合いを統一したシンプルな共有スペースとし、2階はそれぞれの家族が趣味の部屋を持ち各々の個性に彩られている。 ご主人はコレクションされたフィギュア等を飾れる書斎、奥様は壁一杯のコミックを楽しめる読書スペース、お嬢さんは掘りコタツのある和の空間。 各趣味室は吹抜けを介しそれぞれの趣味室や1階とも繋がっている。 家でありながらもシェアハウスのような感覚を持った住まいとなった。

    studio LOOP
    • 41866
    • 237
  5. 【まとめ】オシャレな家の外壁に多い、ガルバリウム鋼板って!?

    街で、外壁に金属板を貼り合わせたような住まいを見かけたことはありませんか? 周りの家とはちょっと違うオーラが漂い、見るからに”オシャレ”。 それは「ガルバリウム鋼板」といって、錆に強く建物の屋根や外壁に多く採用される金属板の建材です。 見た目の印象で他の住まいと差がつくだけでなく、耐久性に優れメンテナンスが少なく済むので、ランニングコストを抑えるメリットも。 今回は、ザウスがプロデュースした住まいの中から、外壁にガルバリウム鋼板を採用した事例の写真を集めました!

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 2164
    • 28
  6. 愛でる家|レトロな数寄屋風住宅のリノベーション

    奈良市北部。築約40年の戸建て住宅リノベーションです。お施主様は60代のご夫婦と息子さん。長年愛着を持って住んでこられた数奇屋風の住宅は随所に粋な意匠が見られるものの、深い庇のために室内は南側でも薄暗く、押入れや収納が少ないために家の大半が物置と化している状態でした。耐震補強と断熱工事を行い、使われていなかった天井裏を活用して開放感のある居間をつくり、和室には炉を切り水屋を設けて茶室の設えに変更、クローゼットやパントリー、書棚や収納家具など用途別に十分な容量の収納を確保し、元々の意匠を生かしつつ将来に渡って快適に暮らすことが出来、お施主様のご趣味の美術や骨董、そして家や庭を存分に愛でることが出来る住まいになりました。

    山本嘉寛建蓄設計事務所 YYAA
    • 1922
    • 33
  7. 庭の心地よさを取り込んだ、リビングが暮らしの中心にある平屋

    奥様の実家でもある築100余年の家を大切に守り、暮らしてきたSさんご夫婦。ご子息が巣立ち、夫婦二人のこれからの暮らしや耐震性への不安を考慮して、建て替えることにしました。Sさんご夫婦のリクエストは心地よく暮らせる平屋。石川さんが提案したSさんの住まいの工夫をご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2795
    • 28
  8. 迷ったときは建築家に相談!2000万円台で実現した、2つの「壁」を持つ注文住宅

    注文住宅には憧れはあるけれど、建築家に依頼すると高そうだし、ハウスメーカーの方が何となく安心かも…。このようなイメージを持っている人は少なくなさそうです。今回、ハウスメーカーとどちらに依頼するか迷った末に建築家に託し、結果として理想の住まいを手に入れることができたBさんご夫妻。周囲の景観に馴染みつつ、Bさんご一家が心地良く暮らせる住まいが完成に至るまでの経緯を、髙濱史子建築設計事務所代表の髙濱 史子さんにお話しを伺いました

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2383
    • 19
  9. 鎌倉の店舗付き住宅・OUCHI-39

    鎌倉駅の近くの店舗併用住宅です。 外観は隣りに建つ黒い木目仕上げのコーヒーショップの建物と対比を効かせた白いシンプルなカタチをご希望し設計依頼を頂いた事から、石川淳建築設計事務所らしい切妻のシンプルなイエ型デザインの住宅としています。 外壁の特徴の店舗窓に取りつけられた「門扉」はこの地に有ったお屋敷の門扉のレプリカで、有名漫画家さんでいらした今は亡き先代様がデザインをした物です。2階はご一族のみなさんの別荘的なプライベート空間で、鎌倉の花火を見渡せる屋上ベランダがあるリビングからはプールや桜の木も見下ろせます。また、1階と2階の間にある納戸には漫画元画の資料などが収納できるスペースも併せ持ちます。 1階はオーナーさんの店舗でチーズ専門店ポルタムさんが入っています。

    石川淳建築設計事務所
    • 840
    • 2
  10. 鎌倉の地に馴染む”ハイセンス和モダン”。細い路地の奥に佇む平屋の注文住宅

    Mさんのご夫妻の住まいは平屋。Mさんの奥様のご実家が所有していた土地に住まいを構えることになったとき、足腰が弱くなったときのことを見越してのご判断でした。さらに、Mさんご夫妻が重視したポイントは"家相"そして"和モダン"であること。さらに、M邸の敷地特有のハードルをクリアする必要がありました。今回は、数々のハードルを見事にクリアし、素晴らしい住まいを完成させた一級建築士事務所 秋山立花 代表の秋山怜史さんにお話しを伺いました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1485
    • 11
  11. 妻の趣味と夫の仕事を両立し、快適な暮らしも叶えた建築家の自邸

    偶然に紹介された土地が運命の出会いとなり、設計事務所兼自邸を建てたいという気持ちがふつふつとわき上がったアトリエ住之舎の角野さん。ところが、奥様は土地に縛られるのがイヤで、持ち家にはかなり否定的だった。諦めきれない角野さんが、奥様を納得させ、ついに念願の一軒を完成させるまでの経緯を伺いました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1215
    • 7
  12. 下丸子の狭小住宅・東京/建築家と建てる30代の家

    ―自分たちらしさを出せる家づくり― 「都心に家が欲しい」と、ザウス東京店に来店されたご夫婦。 「狭小住宅になるのはわかっているが、建売住宅のようなデザインは嫌。広さに制限がある中で、出来る限り自分たちらしさを出したい」と建築家へのデザイン力に期待されていました。 ―外観は、一度縮こまったモノが大きく広がろうとするカタチをイメージ― 設計を担当したのは、建築家の七島幸之さん。 「狭小住宅にありがちな周りに遠慮した感じではなく、四方八方に伸びていくようなデザインを心掛けました。少し過剰に凹凸させた外観は、一度縮こまったモノが大きく広がろうとするカタチをイメージしました。」とのこと。 個性的で遊びやゆとりを感じますが、窓の位置などはしっかりと計算されています。 ―ただ面白い空間というだけじゃない。計算された生活動線― 室内も同じように、らせん階段・アールのついた壁や、凹凸した壁などの遊び部分と収納や生活動線計画がうまくまとめられており、見ても楽しく、ご夫婦らしさが感じられる豊かな空間となっています。 ご夫婦は、「周りでは見かけない個性的な家で、訪れる人も10坪(建築面積)という数字よりも、変化の富んだ空間に惹かれてくれます。ただ単に面白い空間というだけじゃなく、生活もしやすく、とても気に入っています」と大満足されていました。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス東京店(0120-054-354) 設  計/建築家 七島幸之 規  模/地上2階建て+ロフト 構  造/木造 敷地面積/54.9m² (約16.6坪) 建築面積/32.3m² (約9.8坪) 延床面積/62.5m² (約18.9坪) 施  工/株式会社 ラムズカンパニー 撮  影/アトリエ・フロール株式会社

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 17386
    • 184
  13. 鳥取のミニマルデザインの家 OUCHI-02

    敷地は鳥取県鳥取市の静かな山間部にある新しい造成地の一角です。 日当たりと眺望を確保するため2階にリビングダイニングを設けました。 家族がいつもリビングを通って生活するように、玄関は2階のリビングに面してつくり、1階から外部階段で2階の前庭にアプローチしてから室内に入るという動線計画にしています。 2階の前庭は防犯性も高く、お子さん達の恰好の遊び場になっています。 ミニマルデザインの外観はシンプルでありながら個性を放っています。

    石川淳建築設計事務所
    • 1595
    • 6
  14. homifyにて【里の家~玖珠万年山の麓 実りある住まい~】が特集記事『絵になる窓辺の風景…』に取り上げられました。

    住まい総合ポータルサイト homifyにて【里の家~玖珠万年山の麓 実りある住まい~】が特集記事『絵になる窓辺の風景Best5!』に取り上げられました。ぜひご覧ください。以下、リード文です。 ::: 自宅でゆったりと時間を過ごしている時、ふと心に残る風景が目に飛び込んでくる。それは窓から覗く新緑が光にきらめく様であったり、夕日に染まる壮大な西の空であったり… 。窓は内部と外部をつなぐ重要な要素であり、時としてこのようなドラマチックな風景を室内に作り出す装置でもあります。 今回紹介するのは【絵になる窓辺の風景Best5】です。ふとした瞬間に「人生って美しいな… 」と感じられる、そんな窓辺のスペースがある住宅。さっそく見ていきましょう! :::

    山道勉建築
    • 503
    • 0
  15. homifyにて【里の家~玖珠万年山の麓 実りある住まい~】が特集記事『大人数で囲むダイニング…』に取り上げられました。

    住まい総合ポータルサイト homifyにて【里の家~玖珠万年山の麓 実りある住まい~】が特集記事『大人数で囲むダイニングBest5!6人掛け以上のインテリア』に取り上げられました。ぜひご覧ください。以下、リード文です。 ::: 核家族が主流の現代、大家族でダイニングテーブルを囲むことは少ないかもしれません。しかし多様化した家族の形や友人知人との同居、シェアハウスなど暮らし方は以前と比べて選択肢が増えました。家族以外の同居人やゲストなど、大勢でテーブルを囲む機会が多いという方もいるでしょう。 そこで今回は6人掛け以上のテーブルを備えたダイニングルームインテリアを紹介します。皆で賑やかに楽しく過ごしている様が目に浮かぶ、素敵な空間ばかり。さっそく見ていきましょう! :::

    山道勉建築
    • 724
    • 1

544件中 1 - 20 件を表示