建築家

隈研吾さんや磯崎新さんなど、日本にも世界中から評価されている建築家がたくさんいます。有名な建造物も、それを作った建築家がだれかを意識しながら見れば新しい発見があるはず。ここでは、建造物とその建築家に関するアイデアを紹介しています。

  1. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 55315
    • 1275
  2. 施主自ら仕上げた居心地の良い住まい

    館林駅から徒歩数分、大きな道路から一本入った閑静な場所にご夫婦と2人の娘さん、4人の住まいが求められた。 予算と施主の質感への拘りから面積は100㎡にも満たない計画になる事が想定された。 余分な面積をそぎ落とすため各室は廊下を挟まずダイレクトに繋がる平面とし縦方向に様々な高さで積み重ね、多様な窓や開口を設ける事で拡がりを持たせている。 外部はモルタルに塗装、内部はヘリンボーンを大工による斜め貼りとし、ラワン、壁、スチール等の塗装とタイル工事等吹抜けにする事で工事費がかさむ箇所は全て施主が自ら行った。 仕事の後や休日などを費やし続け完成したこの住まいは家族にとって我々、工務店と一緒に創り上げた居心地の良い最愛の場所となるだろう。

    studio LOOP
    • 30448
    • 469
  3. 建築家と建てる家のキッチン写真どどんと40枚見せます!

    ★プレゼントキャンペーン実施中。詳しくは文末で★ 建築家との住まいづくりをお手伝いしているザウス住宅プロデュースから、おしゃれなキッチン写真をご紹介いたします。 「ここに収納が欲しい!」「タイルを貼ってインダストリアルなテイストにしたい」「この廊下を通ってキッチンに繋がったら家事が楽」「クルマを降りたら荷物をすぐキッチンに下したい」など、奥様が日々の家事で感じる「もっとこうだったら良いのにな」というアイデアや、憧れのキッチンデザインを建築家がカタチにしました。 写真では伝えきれないので、興味を持たれた方はぜひ事例集をご覧ください。建築主こだわりのリクエストやそれに応えた建築家のアイデアを掲載しています。 ↓↓↓

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 19636
    • 216
  4. 家族の個性がはためくシェアハウス的住まい

    太田市内に計画されたご夫婦とお嬢さん3人の住まい。 隣家から守られるように、東西を他の空間に囲まれ中心に据えられたリビングの南には格子床、北には階段の踊り場を利用した吹抜けを配し風や熱が循環・抜ける構成をとっている。 1階は和室も含め色合いを統一したシンプルな共有スペースとし、2階はそれぞれの家族が趣味の部屋を持ち各々の個性に彩られている。 ご主人はコレクションされたフィギュア等を飾れる書斎、奥様は壁一杯のコミックを楽しめる読書スペース、お嬢さんは掘りコタツのある和の空間。 各趣味室は吹抜けを介しそれぞれの趣味室や1階とも繋がっている。 家でありながらもシェアハウスのような感覚を持った住まいとなった。

    studio LOOP
    • 40553
    • 219
  5. 下丸子の狭小住宅・東京/建築家と建てる30代の家

    ―自分たちらしさを出せる家づくり― 「都心に家が欲しい」と、ザウス東京店に来店されたご夫婦。 「狭小住宅になるのはわかっているが、建売住宅のようなデザインは嫌。広さに制限がある中で、出来る限り自分たちらしさを出したい」と建築家へのデザイン力に期待されていました。 ―外観は、一度縮こまったモノが大きく広がろうとするカタチをイメージ― 設計を担当したのは、建築家の七島幸之さん。 「狭小住宅にありがちな周りに遠慮した感じではなく、四方八方に伸びていくようなデザインを心掛けました。少し過剰に凹凸させた外観は、一度縮こまったモノが大きく広がろうとするカタチをイメージしました。」とのこと。 個性的で遊びやゆとりを感じますが、窓の位置などはしっかりと計算されています。 ―ただ面白い空間というだけじゃない。計算された生活動線― 室内も同じように、らせん階段・アールのついた壁や、凹凸した壁などの遊び部分と収納や生活動線計画がうまくまとめられており、見ても楽しく、ご夫婦らしさが感じられる豊かな空間となっています。 ご夫婦は、「周りでは見かけない個性的な家で、訪れる人も10坪(建築面積)という数字よりも、変化の富んだ空間に惹かれてくれます。ただ単に面白い空間というだけじゃなく、生活もしやすく、とても気に入っています」と大満足されていました。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス東京店(0120-054-354) 設  計/建築家 七島幸之 規  模/地上2階建て+ロフト 構  造/木造 敷地面積/54.9m² (約16.6坪) 建築面積/32.3m² (約9.8坪) 延床面積/62.5m² (約18.9坪) 施  工/株式会社 ラムズカンパニー 撮  影/アトリエ・フロール株式会社

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 15969
    • 175
  6. アンティーク建材に囲まれたカフェリビング

    お洒落な喫茶店を巡るご趣味を持つ夫婦のための住宅。ご夫婦が使用する古材や建具を選定し、我々が設計に落とし込み入念に空間を作りこんだ。ご主人拘りの書斎と繋がるリビングは3.5m以上開放出来る木サッシを持ち、その前にベンチにもステップにもなるカウンターを設置した。座って庭を眺めたり、そのまま階段のように外に出られる。2階の縁側は寝室環境を安定させるバッファゾーンとなり、1階からは吹抜けのように感じる強化ガラスの床が光を落とす。1階は雰囲気を出すため施主と我々で漆喰を塗りラフに仕上げている。設計の半分を施主が行ったような我々としても挑戦の多い作品となった。

    studio LOOP
    • 1679
    • 30
  7. IN アトリエとライブラリーのある家

    画家と文学研究者のための住宅。2人の仕事場である充分な天井高さのあるアトリエとライブラリーを1階に配置し、敷地の奥の中間階に寝室ゾーン、2階に日常生活の場であるスペースを配置している。アトリエでは絵を描くことだけに集中し、2階では絵のことを忘れてくつろぎ、寝室では1人の時間を楽しむというようにそれぞれのゾーンで気分が切り替えることができるような空間構成となっている。

    山縣洋建築設計事務所
    • 275
    • 1
  8. ホームページを更新しました。

    高田博章が主宰する一級建築士事務所です。 住宅から一般建築まで幅広く設計している一級建築士事務所です。 児童福祉施設で、キッズデザイン賞を受賞しました。 リノベーション物件では、グッドデザイン賞を受賞しました。 狭小住宅から集合住宅など、ご質問・ご相談等、お気軽にお問い合わせ下さい。

    高田博章建築設計
    • 760
    • 5
  9. 泉南のガレージハウス・大阪/建築家と建てる30代の家

    -バイクにも快適な部屋を。- 大阪府泉南市にある90坪あまりの余裕のある敷地に、30代前半のご夫婦が建てた、バイクガレージハウスが完成しました。 設計を担当したのは、ガレージハウスに豊富な実績を持つ、建築家の田中一郎さん。3.5坪に大型バイク2台が格納できるバイク専用ガレージを提案しました。 ガレージには、ヘルメットやスーツ、工具やオイル類などの補充用品などを収納する棚も造りつけられています。水栓やエアコンも設置。快適な整備環境を整えました。 ガレージ扉はオリジナルで製作。木製の引き戸にしました。 -建築家設計ならではの個性的な形状。眺望を楽しむリビングでのんびり- 建物全体は門のような形状になっています。 脚の部分にガレージと玄関と居室があり、真ん中の空いた部分にクルマを駐車するスペースをつくりました。 2階はLDKと水回りでまとめられ、LDKの大きな開口からは遠くの方まで景色が見え、ゆったりと眺望を楽しみながら時間を過ごすことができます。 LDKの天井はシナ合板張り。収納扉やキッチンカウンターも同じ素材を使うことで、統一感をもたせています。 外壁は黒いガルバリウム鋼板がメインで、2階部分はサイディング、ガレージ部分は板張りと素材の変化をデザインに上手く組み込み、個性的な外観を作り出しています。 ぜひ写真をご覧ください。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス大阪店(0120-360-354) 敷地面積/304.7m² (約92.2坪) 建築面積/72.9m² (約22.1坪) 延床面積/123.0m² (約37.2坪) 設  計/建築家 田中一郎 施  工/株式会社 山本安工務店

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 962
    • 9
  10. Dias#201|ワンルームをカーテンで緩やかに仕切るマンションリノベーション

    賃貸ワンルームマンションのリノベーション二期計画。前回Dias#102ではキッチンを拡大解釈することで入居者さんに住み方の問いを投げかけました。完成後に拝見した実際の住み方は私たちが用意していた解答とは若干異なるものでしたが、大きなキッチンカウンターを生活に応じて解釈し住みこなしておられる様子をみると、設計者と不特定多数の賃貸入居者さんとの間でも設計者と施主様の間のようなコラボレーションが起こり、入退去毎に新たな創造が生み出されるサイクルは大変エキサイティングな仕組みのように思えました。 今回はその仕組みをさらに進めて、ワンルームの中に無秩序に詰め込まれた衣・食・住、あるいは寝・食といった要素にある程度の秩序を与えて整理できないだろうかと考えました。既存の間取りを一切変えずに扉という扉を全て撤去して室内を完全な”ワンルーム”に還元し、カーテンを窓枠から開放して拡大解釈することで天蓋や蚊帳のように薄く柔らかく空間を分節できる仕組みを設えました。この自由かつ不自由な部屋の中でこれからどのような住み方が創られてゆくでしょうか。

    山本嘉寛建蓄設計事務所 YYAA
    • 1525
    • 7
  11. 鉄筋コンクリート構造・地上3階建てなのに2000万円台!「リブハウス」という名の住宅

    鉄筋コンクリート構造・地上3階建て・ホームエレベーター付き・建築家がデザインする世界に1つだけの家…。漠然と「高額なイメージで自分たちには手が届かない…」と諦めてしまいがち。しかし、これらの条件をすべて満たした住まいが、思いがけず身近な存在になるかもしれません。建築家が自らの、そしてご両親と暮らす住まいとして具現化した家づくりご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 894
    • 9
  12. 2世帯住宅でも非日常の空間を実現!ひとつ屋根の下で心地良く暮らせる住まいとは?

    食事、睡眠、家族との会話…。それはまさに自宅における「日常の暮らし」そのものです。しかし、施主であるSさんご夫妻が住まいに求めたのは「非日常の空間での暮らし」。さらに、息子さんご夫婦との同居が決まり、S邸のプランは2世帯住宅へと変化していきます。ひとつ屋根の下で2つの家族が適度な距離感を保ちつつ、非日常空間が感じられる住まいを実現したのは、腰越耕太建築設計事務所代表の腰越耕太さん。今回は、相反する要素を見事に両立した家づくりをご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 579
    • 3
  13. ホール・LDK、ライブラリー。「3つの集いの場」で家族がつながる家

    緑豊かな公園そばの土地に家を建てることを決めたHさんご夫妻。お2人が最初に希望したのは「周囲に対して開かれた住まい」だった。この要望に応えて設計者である角倉剛氏が考えたのが、大きな土間のある玄関ホール、LDK、そしてライブラリー、3つの場で家族や友人が集う住空間だ。随所に斬新なアイディアがあふれる、角倉氏の家づくりを覗いてみよう。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1880
    • 11
  14. 天窓が生み出す屋内型中庭空間

    敷地は東西に設定された分譲地で南北に住宅が建つ。我々は南からの採光が望めない中で明るく風の通る空間を思考し、1階にも光を取り込める様に中庭案とした。通常の中庭とすると庭に面する部分にサッシや、各室に移動するための廊下が必要になる。そこで大きな天窓で中庭に屋根をかけサッシレスの繋がりを空間に持たせた。2階のLDKは駐車場の屋根となるデッキスペース、ガラスで囲まれた水周りと繋がり45畳以上の広がりを持つ。1階は寝室が並び中庭側には光を通す素材を用いて日中は中庭から光をもらい、夜は諸室からの光が中庭を照らす。多様な光に包まれた空間となった。

    studio LOOP
    • 2899
    • 15
  15. 昭和小路の長屋|賃貸向け京町家のリノベーション

    京都市東山区。五条坂から1本入った細い路地には戦前に建てられた古い長屋がひしめいています。昭和の古き良き路地の面影を残しながらも、空き家問題、建物の老朽化、観光客によるプライバシーの侵害、インバウンド需要に伴う民泊・ゲストハウス化など、現代的な問題にも直面しています。今回は長屋を所有する家主さまからのご依頼で、その一角を子育て世帯や高齢者向けの賃貸物件としてリノベーションすることになりました。建物は数年間放置されていたため損傷が激しいものの、ビニルクロス、アルミサッシ、システムキッチンといった継ぎはぎリフォーム部分を撤去すると、京町屋ならではの繊細な構造と雅な意匠、屋外と屋内が一体となった気持ち良い空間が蘇りました。 1階は和室だった2部屋をつなげた居間を中心に、坪庭を囲む見世の間、建具を介して向かい合うキッチンとも一体的に利用できる間取りに変更。限られたスペースの中に浴室・洗面室・洗濯機・冷蔵庫の設置場所も確保しています。床材は30mm厚の杉フローリングを用いてローコストながら断熱性を向上、壁は左官と合板にて補修、天井は劣化部分を剥がして2階床の荒板仕上げ。キッチンは業務用厨房機器を組み合わせたシンプルなつくりに。2階は間取りの変更は行わず劣化部分を修繕。天井は構面補強と断熱材を付加した上で船底天井に変更。グリッドプランを生かして、家中の建具を必要に応じて配置換えして再利用し、新たに製作する枚数を極力減らしました。 リノベーションにあたっては京都市の補助金制度を最大限活用し、イニシャルコストの低減に努めています。

    山本嘉寛建蓄設計事務所 YYAA
    • 1937
    • 9

522件中 1 - 20 件を表示