建築家

隈研吾さんや磯崎新さんなど、日本にも世界中から評価されている建築家がたくさんいます。有名な建造物も、それを作った建築家がだれかを意識しながら見れば新しい発見があるはず。ここでは、建造物とその建築家に関するアイデアを紹介しています。

  1. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 57963
    • 1306
  2. 施主自ら仕上げた居心地の良い住まい

    館林駅から徒歩数分、大きな道路から一本入った閑静な場所にご夫婦と2人の娘さん、4人の住まいが求められた。 予算と施主の質感への拘りから面積は100㎡にも満たない計画になる事が想定された。 余分な面積をそぎ落とすため各室は廊下を挟まずダイレクトに繋がる平面とし縦方向に様々な高さで積み重ね、多様な窓や開口を設ける事で拡がりを持たせている。 外部はモルタルに塗装、内部はヘリンボーンを大工による斜め貼りとし、ラワン、壁、スチール等の塗装とタイル工事等吹抜けにする事で工事費がかさむ箇所は全て施主が自ら行った。 仕事の後や休日などを費やし続け完成したこの住まいは家族にとって我々、工務店と一緒に創り上げた居心地の良い最愛の場所となるだろう。

    studio LOOP
    • 31472
    • 472
  3. 建築家と建てる家のキッチン写真どどんと40枚見せます!

    ★プレゼントキャンペーン実施中。詳しくは文末で★ 建築家との住まいづくりをお手伝いしているザウス住宅プロデュースから、おしゃれなキッチン写真をご紹介いたします。 「ここに収納が欲しい!」「タイルを貼ってインダストリアルなテイストにしたい」「この廊下を通ってキッチンに繋がったら家事が楽」「クルマを降りたら荷物をすぐキッチンに下したい」など、奥様が日々の家事で感じる「もっとこうだったら良いのにな」というアイデアや、憧れのキッチンデザインを建築家がカタチにしました。 写真では伝えきれないので、興味を持たれた方はぜひ事例集をご覧ください。建築主こだわりのリクエストやそれに応えた建築家のアイデアを掲載しています。 ↓↓↓

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 21164
    • 228
  4. 施主の想いを理想的な形にした、自然とともに暮らす家

    ミツバツツジが自生する高台に建つS邸。大きな開口部の向こうには山々が広がり、春山に萌える新緑、夏の深い緑、錦秋の山、そして雪景色と、四季の移ろいが楽しめます。多種多様な木々を植樹した広大な庭には鳥たちが集まり、そのさえずりで目を覚まし、高台を抜ける風と射し込む光を肌で感じ、虫たちの声のBGMに耳を傾ける……。そんな「自然とともに暮らしたい」というSさん夫妻の想いを形にしたのは、空間設計aunの宮崎 晋一さん。建築に造詣が深い施主とともに二人三脚で創り上げた理想の住まいをご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1367
    • 24
  5. 連載②戸建リノベ「すっきり暮らす収納の家」|キッチンのリノベポイント

    5月下旬から工事しておりました城陽市A様邸戸建リノベーション工事が完了しました。 もともとの住まいでは、収納に常に悩んでこられたことがあり、このリノベーションのテーマは「収納」。 限られたLDKですので、狭く感じないように、そして現在の暮らしのスタイルに合わせた収納を計画に盛り込み、提案させていただきました。

    池田デザイン室(一級建築士事務所)
    • 2297
    • 19
  6. 天井まで続く大きな窓やウッドデッキなど……憧れ空間を実現した開放感たっぷりのおうち

    憧れのおうちは「開放感のある家」という方も多いはず。天井まで続く大きな窓、ウッドデッキや縁側、アウトサイドリビングなど憧れは尽きないもの。今回は、そんな願望を叶えた開放感たっぷりのステキなおうちを特集します♪ お気に入りの一軒をぜひ見つけてみてください♡ 

    LIMIA インテリア部
    • 4799
    • 17
  7. インルームバルコニー&中庭がアクセント!天然杉を贅沢に使った「切妻屋根の家」

    周囲に溶け込む落ち着いたグレーの左官壁と、三角屋根が印象的なつくばみらいの家。一歩中に入ると、目の前には薪ストーブを備えた広い土間が。そして2階には、杉の無垢材を豊富に使った開放的な空間が広がる。「書斎やリビングなど、細かい間取りに囚われない自由に過ごせる空間をつくりたい」。そんな思いを込めて設計を担当した建築家・岩瀬卓也さんの、美的センスとこだわりが詰まった家づくりをご紹介しよう。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1369
    • 9
  8. 1階は保育園の園庭で2階が住居?併用住宅に夢と可能性を感じさせる居心地の良い家

    Mさんは、代々暮らしてきた土地に建つ戸建てでひとり暮らしだという。そんなMさんが、現在の住み慣れた土地に新たな住まいを構えようと考えたとき、単身女性でも安心かつ居心地の良く暮らすにはどうすれば良いのか?結果的に導き出された答えは「1階の一部をお隣の保育園の園庭にする」という斬新なものでした。このプランを見事に実現したのは、「松浦荘太建築設計事務所」代表の松浦荘太さん。ちなみに、依頼主であるMさんとは、実は松浦さんのお母様なのです。母親と息子。親子ならではの、お互いを知り尽くしているからこそ実現できた「皆が幸せになれる住まい」について、松浦荘太さんにお話しを伺いました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1842
    • 9
  9. 吹田の家リノベーション「やわらかなモノトーンの家」

    「やわらかなモノトーンの家」 大阪府吹田市のにある築38年、延べ床面積91㎡の2階建て住宅のリノベーション の計画です。 周囲は、住宅が隙間なく立ち並ぶ都市型分譲地です。 都市であるため、土地の単価は高くなかなか新築を建てるのは難しいため 今後、リノベーションの機会も増える地域です。 1981年以前に建てられた住宅は、旧耐震基準であったため、構造的な改修も 必要となった。 そのため、内部はスケルトン状態とし、耐震改修と断熱材の総入れ替えを行った。 しかし、ところどころに昔の素材を残すことにも配慮した。 クライアントのご要望は、周囲が住宅に囲まれた旗竿地であったため、採光と風の とりいれと、その光や風を空間に取り入れた際のやわらかなイメージの空間でした。 そこで、もともとの間取りは1階がリビングであったが、採光と風を取り入れるため、2階をリビング空間とした。 床や壁、天井などは、色をベースに光の反射を暖かくする色を選んだ、また、アクセント にグレー色を取り入れ空間に与える存在感を極力なくすデザインとした。 濃い色の家具を持たれていたのもあり、存在感を無くした空間に家具を配置した際に 馴染む空間を心掛けた。 また、この空間には昔使われていた、タイルや建具を再利用し、どことなく懐かしさも 感じることができる空間となった。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 1445
    • 10
  10. 光と風があふれる家に『まるごと再生』

    「窓の数はあったのですが、陽射しがあまり入ってきませんでした」とHさん。湿気や寒さだけでなく、ご夫婦のライフスタイルにあっていない、細切れの間取りにもお悩みでした。まず、標準仕様に含まれる【補強】+【制震装置】の耐震工事で、築45年の住み慣れた住まいを、芯から強く再生。LDKは日当たりの良い2階へ移動し、可能な限り壁や天井を撤去。開放感たっぷりのリビングが誕生しました。また、壁付だった台所は、リビングを一望できるオープンキッチンに変更。さらに、窓の配置を工夫することで、部屋中に光と風が通るようになり、湿気や寒さの悩みも解消されました。「以前とは比較にならないほど明るくなりました。広々としたリビングで、ゆったりと過ごしています」

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 1547
    • 8
  11. 無垢の質感を存分に愉しめる 和モダンの家に「まるごとリフォーム」

    「築48年の家を、無垢の木を活かした デザインにしたかったです」とKさん。祖父から受け継いだ家は老朽化が目立ち、下宿だった2階の間取りは細切れに。そこで、こだわりのライフスタイルを叶えるため、「まるごとリフォーム」を決意。 まず、日当たりの良い 2階に、LDKを移動。壁や天井をなくし、開放感を演出。無垢材の床や建具を上手に使い、こだわりの和モダンリビングが誕生しました。また、隣の洋室には、小上りの畳コーナーを設置。白木の格子戸を閉めれば、緩やかにリビングと仕切られた、寛ぎの場所に変わります。さらに、周囲にある建物を考慮し、窓の大きさや配置を計算。プライバシーを保ちながら、陽射しを招く工夫も施しました。「木の質感を感じるデザインは、イメージ通り!こうしておけば良かったという後悔のない、大満足の家になりました」

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 1605
    • 8
  12. 「南フランスの田舎風の住まい」のマンションリフォーム

    古きものを慈しむプロバンス流の暮らし方。 ナチュラルな中に、デコラティブなプロバンススタイルをほどよくアレンジしたマンションリフォームの設計です。 床は無垢のフローリング、壁は漆喰と素材にこだわりながら、ナチュラルテイストに仕上げました。 そしてキッチンの壁の一隅に張ったレンガと、ナチュラル感たっぷりの木製のドアがあたたかみを添えています。

    中浦建築事務所
    • 650
    • 4
  13. 360度の大パノラマ!眺望を心ゆくまで楽しめる鎌倉の高台に建つ家

    鎌倉の高台にある敷地に住まいを構えるD邸。自然に囲まれたエリアに調和しつつも、斜めに傾斜した1枚屋根の外観が特徴的だ。自然とともに生きるライフスタイルが信条だという、Dさんご夫妻の住まいを手掛けたのは、横山浩介建築設計事務所代表の横山浩介さん。施主であるDさんご夫妻の想いと、立地を活かした横山さんならではのプランニングが見事に結実した住まいをご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1367
    • 5
  14. 限られたスペースを有効活用!築40年、37平米のマンションを素敵にリノベーション

    都心にほど近い街で暮らす、kurachiffon 瀧内未来一級建築士事務所代表の瀧内未来さん。築40年ほどのマンションをリノベーションしたという物件は、自宅兼仕事場として、日々の生活を送りつつも、使い勝手や生活導線を考えながら設計をしていったそうです。以前は、日当たりや風通しがよいとはいえない部屋に住んでいたという瀧内さん。今回は、切望していた日当たり、そして風通しのよい新たな住居を造り上げていった過程や、リノベーションの魅力についてお話しを伺いました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1674
    • 4
  15. 「木質感に包まれた住まい」のマンションリフォーム

    『家族の時間』と『ひとりの時間』、それぞれの空間と時間を大切に、豊かなコミュニケーションを育むリフォーム。 木質感たっぷりの室内は、家族を優しいぬくもりに包み込みます。 心安らぐソファでくつろぐと、まるでログハウスで暮らしているような暖かな心地。 何気ない家族の会話が愛おしい。そんな気分になれるリビングを演出しました。

    中浦建築事務所
    • 336
    • 4
  16. 住宅密集地で光を招く工夫が満載!開放感あふれる吹き抜けリビング

    「住宅密集地にあり、日当たりがとても悪かったです」とTさん。築39年のご実家はLDや台所、和室で区切られた、閉塞的な間取りでした。そこで、家族のスタイルにあった間取りと、可能な限り明るくするため、『まるごとリフォーム』を決意。 まず、1階は居間と和室、独立型の台所を一体化。ワンフロアでつながる、開放的なLDKが誕生しました。また、細切れだった2階は、必要な部屋を残し、不要な和室を減築。新設した高窓や天窓から、光を届ける工夫を施しました。 さらに、耐震強度の確保が難しいスキップ構造を見直し、その上で、標準仕様の【制震装置】+【耐震補強】を実施。芯から強く、永く住める家へと再生しました。「ソファーに座って、空を眺める時間が格別!ここまで心地よく暮らせるなんて、以前の家からは想像出来ませんでした」

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 1445
    • 5
  17. 斜め窓で眺望もプライバシーも確保した家 OUCHI-06 (神奈川)

    神奈川県に完成した斜め窓を取り入れた住宅。 敷地は北斜面の造成地で、丘陵地の一角にあります。近隣には公園の桜があり、遠方には遊園地の観覧車も見る事ができる景色の良い場所です。 眺望の良い最上階にリビングダイニングを配置。そこからの眺めを楽しむ事ができ、外部からはプライバシーを守るため、窓を細長くし、さらに斜めに取りつけることにしました。これにより、部屋の足元には谷間の方向、目線の先には公園の桜、上方には青空と、多くの眺望を獲得することができました。 また、階段に沿って二列目の斜め窓を設け、階段の上り下りにも景色を楽しめるように計画しました。 渡辺篤史の建もの探訪でも放送されました!

    石川淳建築設計事務所
    • 1721
    • 9

602件中 1 - 20 件を表示