建築家

隈研吾さんや磯崎新さんなど、日本にも世界中から評価されている建築家がたくさんいます。有名な建造物も、それを作った建築家がだれかを意識しながら見れば新しい発見があるはず。ここでは、建造物とその建築家に関するアイデアを紹介しています。

  1. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 3253
    • 46
  2. 建築家・中村拓志インタビュー4/光学ガラスを使った家・動画も!

    活躍を続ける建築家・中村拓志氏のインタビュー企画の第4弾。今回の建築は広島の市街地にある個人住宅「オプティカルグラスハウス」。この建築には「都市部にありながら自然を感じさせる仕掛け」が多く盛り込まれているという。 それぞれの仕掛けや設計の根底にある建築に対する思いについて詳しく話をうかがった。

    LIMIA編集部
    • 23896
    • 68
  3. 狭くない!!20坪の平屋の住まい。(徳島)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 子育てを終えた夫婦二人暮らしの終の棲家。老後の事を考え、シンプルな動線の平屋を提案する。敷地や予算の条件から、あまり家を大きくできないという制限があったが、廊下を極力減らし、高い天井高を採用するなどして、各居室をひろく感じられるよう工夫を施した。ご近所さんと話すこと、家庭菜園が趣味である住まい手のために菜園が見えるダイニング・キッチンと縁側スペースを設けた『老後を楽しむ住まい』

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 3402
    • 30
  4. ボロボロの山小屋を住宅にリノベーション「あなたとわたしの家」

    長野県にあるボロボロの築45年の山小屋を専用住宅にリノベーション。 ほとんど崩れかけていた、山小屋をリノベーションしました。近所の不動産屋もこれはないわよね。といって紹介された物件の改修を手がけました。 全く断熱のない住宅に現場発泡ウレタン材を充分い吹き付け、-20度に達する冬の寒さから住宅内を守っています。暖房は薪ストーブ1台ですが、問題なく冬期を過ごしています。 また、床面積が小さいので、開放性を確保するために、1階の柱は全て取り去り、独特な合掌梁からロフト床を吊っています。開放性と断熱性を両立させた住宅リノベーションです。 住宅実例「あなたとわたしの家」

    鈴木貴詞【スズケン一級建築士事務所】
    • 991
    • 68
  5. 焼杉の家 ~野津のリノベーション~

    道路沿いに建つ、築40年を迎える木造住宅のリノベーション。 ご両親が想いを込めて建てられた住宅は、 2世代→4世代へと家族の形態が変わってゆくなかで手を加え住んでこられました。 4世代ご家族が共に過ごす家として、これまで以上により良く住めるように、 現在そしてこれからの家族の変化に合った住まいを求め、設計が始まりました。 土地の傾斜に合わせて田畑が広がり、隣家と程よい距離を保つ長閑な地域でありながらも、 道路に沿って建つため交通量も多くなったこと、時代の変化に伴い道路の高さが上がるなど、 建物だけでなく敷地の隣地との関係を含め見直していくことにしました。 建てた時からの焼杉と、今回のリノベーションで新たに貼った焼杉。 新旧の板壁が、40年の時の流れを穏やかにとどめています。 家の歴史をひとつひとつ紐解いて、 家族の思いやりが、こまやかに宿る家となりました。

    山道勉建築
    • 1226
    • 6
  6. ビコロールの家

    若い夫婦の為の住宅のリニューアルです。細かく部屋に分割されていた以前のプランを見直し、部屋の奥行きを生かして回遊性のあるワンルームのプランにリニューアルしています。 一方、使い勝手によって随所で間仕切れる様に引戸を配置。まるで小気味良い服の裏地のように、扉を閉めた時だけ現れる赤や青の色が空間に遊び心を滑り込ませるようなデザインとしています。 扉のカラーに加えて、ここでは露出配線や家具、そして扉の裏側などにカラーを忍ばせています。そこで「ビコロール」(二色配色)という意味になぞらえて、この住宅をbicoと名付ける事にしました。 赤と青という「色」を、ここに住まう若い夫婦それぞれと見立てると、プレーンなワンルームの空間に赤と青の二色が恥ずかしそうに時折顔を覗かせる、そんな初々しい住宅をイメージしてデザインしました。

    G architects studio
    • 1268
    • 9
  7. 建築家・松島潤平、世界最高峰のトイレと出会う。ーGROHE SENSIA ARENA

    ヨーロッパ的洗練さと精緻なテクノロジーを併せ持つ、ドイツ生まれの水栓ブランド、GROHE(グローエ)。そのGROHEから発表された、全く新しいSPALETという概念を持つトイレ、センシア アリーナ(SENSIA ARENA)が話題を集めている。日本が世界に誇る最先端のシャワートイレ技術とGROHEのデザイン性を融合させたこのイノベーティブなプロダクトと気鋭の建築デザイナー、松島潤平氏が出会った。独特の視点から造形を紡いでいく術を生業とする松島氏は、その視線の先にあるセンシア アリーナをどう見たのか?

    LIMIA編集部
    • 5813
    • 30
  8. 延寿寺の家

    軸組み工法の日本家屋には耐力壁と呼ばれる内部壁が無く基本建具のみで住空間を小分けしており建具を外せば部屋の輪郭を成すのは欄間のみとなる。その欄間を既存の土壁からガラス板に変更した。その透明な欄間は建具を閉じた状態でも松板の天井を建物全体へ広がらせてくれ、建具を外した状態だと薄く部屋の輪郭として機能してくれる独自のシークエンスを持つ空間を目指した。

    tatta建築設計事務所
    • 955
    • 8
  9. 周囲の景色が繋がる畑のビーチハウス

    桐生市内街道から路地を抜けた空地に計画されたご夫婦と息子さん3人の住まい。 北は道路、東は隣家、西と南は畑と言う立地。 我々は南東を除いた3方の角を切り取るようなプランを提案した。 これは床面積減少によるコスト削減も目的だが、視線の抜ける方向がぐるっと繋がっていく事で見える景色が大きく変わると考えたからである。玄関はご主人のサーフボードが置けるように広い土間とし、LDKは北から西へと目線より少し低い高さに窓が据えられ視線の中で畑の緑が繋がり南に辿り着くと大開口となる。 その先にはLDKの天井がそのまま張り出した深い軒のウッドデッキを設け畑のビーチへ飛び出している。土地の特性を重視し開放のバランスを注意深く計画した住まいとなった。

    studio LOOP
    • 574
    • 2
  10. 柏原のガレージハウス/建築家と建てる30代の家

    ー アメリカンテイスト×和風モダンがマッチする住まい。ー 大阪府柏原市の住宅街の中に、miniとハーレーダビッドソンの ためのガレージハウスが完成しました。 ガレージはアメリカンテイストに、 住居の部分は和風モダンのテイストにし、 2つのテイストの融合を図られています。 「外観・ガレージ」 木・金属・ガラスなど異なる素材をうまく組みあわせたデザイン。 ガレージ前にも駐車できます。 ガレージ内には、愛車のハーレーダビッドソン2台と、 mini(クルマ)が置けるスペースがあります。 「敷地の高低差を活かすため、  スキップフロアを採用して広がりのある空間づくり」 スキップフロア(半階分、高さがずれたフロア)を採用することで、 ガレージから居住空間への切り替え、LDKからロフトへの切り替えを 生んでいます。 また、勾配天井により、面積以上の広がりを感じるつくりとなりました。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス大阪店(0120-360-354) 規模/地上2階建て 構造/木造 敷地面積/96.8m2(約29.2坪) 建築面積/41.4m2(約12.5坪) 延床面積/86.1m2(約26.1坪) 撮影:平野和司

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 1458
    • 5
  11. 宝塚のガレージハウス/建築家と建てる30代の家

    -リフォームか建て替えかの相談から始まったザウスとの家づくり- 兵庫県宝塚市に、ご夫婦とお子様おひとりの3人家族が住むガレージハウスが完成しました。 奥様が建物や室内のデザインに興味が高く、建築家と間取りはもちろんのこと、デザインや素材を打ち合わせしながらプランニングが進行しました。 もともとは、「現在の住まいを戸建てリフォームすることを検討していた」というご夫婦。リフォームか建替えかという相談から始まった今回の住まいづくり。 ご夫婦のご要望をお伺いし、整理した上、あらゆる角度から検討したところ、新たに土地を買い、新築するほうがメリットが高いことになり、新たに新築することになりました。 -こだわりの素材を選んでも、しっかり予算内に収めます- 外壁はマットな黒を表現するため、リシンの吹付けで仕上げています。 また、室内には、料理好きの奥様が選んだハイクラスのキッチン。 床には、高価な床材であるブラックウォールナットをLDKに採用しました。 要望を元に採用する素材やアイテムを提案しながら、決められた予算を守るよう導くのがザウスプロデューサーの役目。 メリハリをつけた予算配分を行い、シンプルながらもデザイン性の高い建築家の住宅を、工費アンダー2,000万円で実現しています。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス大阪店(0120-360-354) 設計/建築家 田中いちろう 規模/地上2階建て 構造/木造 敷地面積/131m² (約39.7坪) 建築面積/45m² (約13.7坪) 延床面積/93m² (約28.2坪) 撮影:平野 和司

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 157
    • 1
  12. 今後100年先を見据えて、… 江戸末期古民家屋敷再生

    母屋、門、塀、庭、樹木等含めた屋敷全体の本格的なリノベーションです。 「代々受け継いできた家の佇まい、格式、思い出、庭、風格を大きく変える事無く、現代の生活スタイル、温熱環境、構造耐力に合わせて、次世代に継承したい。いや、継承しなければいけないのではないか。」 そんな施主の深い想いに応えるべく、古民家鑑定を踏まえた不要建物の解体減築、スケルトン状態までの解体、ジャッキアップ基礎工事、新旧構造材の部分的取り替え補強、空調換気設備機器の付加、車庫個室水回り棟、茶室客間の増築等今後100年先を見据えた屋敷です。

    環アソシエイツ 高岸設計室
    • 984
    • 7
  13. 受け継いだ実家の庭を生かし自分色に染める…I邸リノベーション

    「ご両親から受け継いだ実家を自分達の色に染めて、新しい生活の場を創りたい。」そんなご要望に応えるべく、以下の様な事を考えながら設計した、延べ床面積が67坪の、設備機器まで一新したリノベーション住宅です。 「せっかくの広い庭が生かされてない!最小限のリビングの増築とテラスや 広いポーチを作って、庭に開いた楽しい家にしよう。」 「部屋の広さにメリハリをつけて、それぞれの生活シーンを充実させよう。」 「最小限の下屋を付加して、既存家屋とデザイン上違和感のない『変わった感』を演出しよう。」 「素材、備品、小物類は素材感、高級感の有る可愛い物で造ろう。」

    環アソシエイツ 高岸設計室
    • 1007
    • 6
  14. 世の中のノイズが建築を面白くする。建築家 松島潤平氏インタビュー

    ~建築家・松島潤平インタビュー連載Part1~独創的な思考から生まれる唯一無二なデザインが脚光を浴びる注目の建築家・松島潤平氏。そんな松島氏の生い立ちや建築との出会い、そして作品に対する考え方までを短期連載としてお届けします。ここで紹介する松島氏の生の声を聴けば、きっと建築に対する世界観が一気に広がるのではないでしょうか。第1弾の今回は松島氏の幼少時代の記憶から建築との出会い、そして事務所を設立するまでのエピソードを紹介します。

    LIMIA編集部
    • 8062
    • 62

みんなの投稿コンテスト

330件中 1 - 20 件を表示