建築家

隈研吾さんや磯崎新さんなど、日本にも世界中から評価されている建築家がたくさんいます。有名な建造物も、それを作った建築家がだれかを意識しながら見れば新しい発見があるはず。ここでは、建造物とその建築家に関するアイデアを紹介しています。

  1. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 76049
    • 1364
  2. 施主自ら仕上げた居心地の良い住まい

    館林駅から徒歩数分、大きな道路から一本入った閑静な場所にご夫婦と2人の娘さん、4人の住まいが求められた。 予算と施主の質感への拘りから面積は100㎡にも満たない計画になる事が想定された。 余分な面積をそぎ落とすため各室は廊下を挟まずダイレクトに繋がる平面とし縦方向に様々な高さで積み重ね、多様な窓や開口を設ける事で拡がりを持たせている。 外部はモルタルに塗装、内部はヘリンボーンを大工による斜め貼りとし、ラワン、壁、スチール等の塗装とタイル工事等吹抜けにする事で工事費がかさむ箇所は全て施主が自ら行った。 仕事の後や休日などを費やし続け完成したこの住まいは家族にとって我々、工務店と一緒に創り上げた居心地の良い最愛の場所となるだろう。

    studio LOOP
    • 35125
    • 479
  3. 【家庭菜園の庭】ゆとりのある生活を目隠しに

    大きな庭は手入れや水遣りなどで時間が取られ邪魔な存在になりがちですが、家族で庭を楽しむ方法の一つに家庭菜園があります。 家庭菜園をしっかりしないとリビングなど家の中が丸見えになってしまう佇まい。 常に観察しやすくしておくことも美しい庭を維持するためには必要なゾーニングの考え方の一つです。

    ティーズガーデンスクエア
    • 396
    • 4
  4. 雷山の別荘|絶景と天然温泉を楽しめる和モダンの邸宅

    佐賀県との県境に近い雷山の中腹、遠く玄界灘を望む別荘地に建つ別荘の計画です。 傾斜地の細長い敷地形状に合わせ、長さ約40mのゆるやかな弧を描く平面形が、連続するトップライトを持つ切り妻の瓦屋根によって覆われています。眺望の確保と、高いレベルで接道する前面道路との関係から、建物本体はピロティー形式の高床構造となっており、ずべての部屋はゆったりとした奥行きのある展望バルコニーに面してリニアに配置されています。 エントランスドアを開け寒緋桜の植わった中庭を見ながらエントランススペースを下ると、テンションロッドの連続する屋根架構が特徴的なギャラリーに導かれます。ゆったりとした幅員を確保した廊下を兼ねたギャラリーには、絵画を展示するためのスペースとしても利用されます。 室内は、約30畳のリビングダイニング、独立したパウダールームを持つ2つのベッドルームと和室、供給される天然温泉を利用した浴室などで構成されており、屋根架構を現した高い天井高と電動ブラインドが内蔵されたトップライトからの明るい光が特徴的なインテリアとなっています。 トップライトを含む居室の開口部にはLow-eペアガラスを採用、屋根、壁面には通気層を持つ高い断熱性を確保し、床吹き出し方式の空調を採用するなど、快適な居住環境の確保と環境負荷の低減を目指しています。

    TAPO 富岡建築計画事務所
    • 155
    • 1
  5. 伝統的和風建築の旧家・唐津の家

    既存の庭が残る500坪の敷地の中に、大らかに佇む瓦噴き切妻屋根の伝統的な家です。施主からは「庭を生かした品格のある家」をローコストで作る事を求められました。そんな要望に応えるべく、各部屋、各場所の成り立ちに求められるロケーション、シチュエーションに応える配置計画とし、「少し太い数寄屋」でインテリアを纏める事を考えました。

    環アソシエイツ 高岸設計室
    • 254
    • 4
  6. 拾石の家/職住一体の暮らし おおらかなコートハウス

    コの字型平屋の「母屋」と事務所仕事も出来る趣味の部屋の「離れ」で中庭を囲み、日々の生活を柔らかく包み込むコートハウス。中庭を介して程よい距離を保ちながら、子供たちの様子や働く家族の様子を感じられる。コーナー窓や程よく外に開いた中庭から、隣にあるご主人の仕事場の様子を感じる事が出来ます。北東側には、里山の風景を眺められる窓を設け、四季を取り込み豊かな生活を育む住まいです。白い塗り壁と木製の建具、庭木で住まいを彩ります。

    松原建築計画 / 一級建築士事務所
    • 358
    • 4
  7. グレージュカラーでまとめた洗練された雰囲気の家

    道路に面する窓を高めの配置や物干場のスリットで外からの視線を遮り、また、リビングの大開口やハイサイドライトから光が差し込み、風が抜ける開放感のある住宅です。室内はグレージュカラーでまとめ、天井際の間接照明のラインがリビング・ダイニングの奥行き感をプラスしています。書斎は濃いカラーのアクセントカラーを取り入れ、モダンでくつろげる空間に仕上げました。

    Style Create
    • 2314
    • 25

あなたにおすすめ

デイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    1056件中 1 - 20 件を表示