工法

「工法」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「工法」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 12帖より大きな場所にも敷ける!カーペットの「シーミング」とは?

    カーペットって畳の大きさを基準した「3帖」とか「6帖」というサイズなんですが、 それは「12帖」以上の大きさってないのです。 じゃあ、12帖よりも大きい場所にはカーペットを敷けないの? というと、そんなことないわけで。 そんな時に活躍するのが 今回お話する「シーミング」というカーペットの敷き方なのです♪

    ひらた家具店
    • 5414
    • 15
  2. ビフォーアフター、リノベーションでお洒落な外観になる家のつくり方

    賃貸住宅・アパート・賃貸マンションなど、20年・30年・40年と建てた当時から月日が経ってしまい、外観も古くなってしまっているものが多くあります。 都市部でも、地方でも、郊外でもこういった建物は非常に多く、借り手を捜すのに苦労していたり、賃料をおさえなくてはならない建物もみられます。 外観をリノベーションし、デザイン性を持たせることで、住まいに対するイメージが、 え!!と思うほど、ガラッと変わります。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 11484
    • 19
  3. やっぱり在来軸組み工法!このようにして家の骨組みはできるのです。

    鞍城建設の家づくりに欠かせないのが伝統を大切にした工法。構造といわれるいわゆる家の骨となるものには木材を使用します。土台・柱・梁・桁・間柱・大引き・垂木などといった部位からなる家。いわゆる上棟式ではこれらの部位を組み屋根まで作ります。その過程を簡単にご紹介。

    鞍城建設
    • 1029
    • 12
  4. ビルをリノベーションして住居にできる?快適なご自宅づくりの裏ワザをご紹介

    「マイホームはビル一棟」と聞くと、何か遠い世界のお金持ちの話のように感じます。しかし、近所の街中を歩けば沢山の空きビルがあり、良い立地の物件が思った以上に安価で売り出されていることも少なくありません。そこで今回は、ビルから住居へのリノベーションについてお話しましょう。ビルのリノベーションが持つ意外なメリットや、驚きのリノベーション事例などもご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2989
    • 7
  5. 軽量鉄骨住宅のリノベーションをしよう!住みやすい環境のために

    工場で大量生産された建材を使う軽量鉄骨造の住宅は、職人さんや大工さんの腕に左右されず、常に一定以上の質を保つことができます。そのため、とくに大手ハウスメーカーの手がける鉄骨の住宅の多くは、この軽量鉄骨造の住宅だと言われています。 しかし、規格化された大量生産品を建材としているため、どうしても設計・施工の自由度が低く、ともすれば画一的に見えてしまいます。そこに不満を抱いている方も多いことでしょう。そんなときは、より好みに合った住宅にリノベーションするのがおすすめです。そこで、今回は軽量鉄骨造のリノベーションについて、さまざまな情報をまとめました。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 18961
    • 5
  6. 鉄骨造のリノベーション。優先事項や注意点を知っておこう

    頑丈で耐震性も高いといわれる鉄骨造の建物。しかし、耐用年数が長い分だけ、何十年も経過すればあらゆる箇所に改修の必要性が出てきます。その際には、木造住宅との違いや特に注意するべきポイントなどをしっかり押さえて計画を立てなければなりません。そこで今回は、鉄骨造のリノベーションについてお話しましょう。鉄骨造にはどんなリノベーションが向いているのか、どこに気をつけると良いのかなどを事例も交えてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3156
    • 3
  7. 古いビルをリノベーションして一新!成功の秘訣や事例をご紹介

    みなさんがお住まいの街にも、古くなって使われないまま空きビルになっている建物があるかもしれません。空き家の問題が全国で社会問題化していることと同様に、空きビルも年々増加する傾向にあります。そこで今回は、古いビルのリノベーションについてお話しましょう。小規模ビルを買い取って公共の施設にした事例や、工夫を凝らしたリノベーションによる空きビル活用法などをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3003
    • 3
  8. 暮らし心地を良くする!鉄筋コンクリート住宅のリノベーション

    断熱性や気密性、防音性能にも優れるなど抜群の機能性を誇ると言われている鉄筋コンクリート造(RC造)住宅。しかし、短所が全くないというわけではありません。リノベーションで弱点を克服し、かつ定期的なメンテナンスを施せば、100年住宅とも呼ばれる長い耐用年数を実現できる可能性もあります。また、耐用年数が長いが故に、不動産としての価値が下がりにくいため、大掛かりなリノベーションが無駄になりにくいのもポイントのひとつです。ここでは、そんな鉄筋コンクリート住宅のリノベーションについてご説明いたします。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1953
    • 2
  9. 耐力壁をリフォームして地震に強い家に!強い揺れに備えよう

    耐力壁は、揺れや衝撃に耐えて家を支える役割を持つ重要な壁です。「そろそろ家の耐震リフォームが必要かも」とお考えの方は、まずは耐力壁から見直してみてはいかがでしょうか?今回は、耐力壁の役割やリフォームによるメリットなどについて詳しくご紹介します。お家に不安をお持ちの方はぜひ参考にしてください!

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3915
    • 6