犬と暮らす

「犬と暮らす」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「犬と暮らす」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 犬の飼い主が知っておくべき素晴らしい知恵6つ

    犬を飼っている人なら誰でも、このむくむくした動物は家族なんだというでしょう。 共にするのは自宅の空間だけではありません。心のなかでもいちばん大切な場所が与えられた可愛い犬のために、ご主人様たちはなんだってやってあげたいのです。 だから自宅も犬たちに心地よく。 この毛むくじゃらの子供達が愛おしいと思えば思うほど、一緒に住むときの難しさも噛みしめることになります(室内犬の場合は特にね)。犬を迎えて程なくすると、飼い主さんたちは家のもの全てに毛がついていることに気づくでしょう。トイレトレーニングもあり、食事のしつけもあり、とやらなくてはならないことは無限に思えます。 でもだからと言ってご自分の住み心地や好きなデザイン、そして清潔さのレベルを妥協しなくてはならないわけではありません。今回はワンちゃんの飼い主さんたちに知ってほしい、暮らしのお役立ちアイディアを特集します。

    Comfort Works
    • 21285
    • 27
  2. ペットがいる家庭にしか分からない10の苦難

    それは大抵、心溶かすようなあの瞳から始まる(もしくはそっぽを向いた猫然とした態度 – どちらが良いかは好みによるのだけど)。 そしてちょっと首をかしげるしぐさ。あるいは大きく見開いた目に宿る純真無垢な輝き。 そしてあの甘えた小さな鳴き声というとどめの一撃で心貫かれたあなたは「連れて帰ろう」と言ってしまう。本当は「絶対に、何があっても、ダメ」と言いたいのに! …というあなたは、この特集で私たちが訴えたい苦難をきっとわかってくれるはずです。

    Comfort Works
    • 54696
    • 32
  3. ダイニング&キッチンを子供とペットから守る8つのヒント

    ダイニングルームはみんなのお気に入り。だってこんなにたくさんのごはんがあるんですもの!人間でも動物でも、子供たちはダイニングエリアの常連です。そんな彼らを愛おしく思いつつも、彼らが去った後に残るとんでもない食べ散らかし具合(とその片付けにかかる数時間)はちょっといただけません。 毎日山のようにやることがある中、ピーナッツバターがキッチンの壁に飛び散っているのは本当に「余計な」手間ですよね。そんな方に役立つ、ダイニング&キッチンエリアをどんなときもきれいに保つ8のコツをご紹介します。

    Comfort Works
    • 1780
    • 4
  4. chill vill-愛犬と一緒にのびのび暮らしたい。スキップフロアでつながる空間

    Kさんご夫婦は、もともと、ブルースタジオが企画、建築デザインを手がけた新築 賃貸共同住宅「青豆ハウス」に長年お住まいでしたが、通勤に便利な自転車通勤できるエリアで中古マンションを購入し、リノベーションして住むことにしました。 ポイントは愛犬(小型犬)と暮らしやすい部屋にすることと、立体的な形を取り入れること。ご主人は「ゲームを楽しめる空間が欲しい」、在宅で働く奥様は「ワークスペースが欲しい」と、それぞれのリクエストもありました。特徴的なリビングは、空間を大きく二つに区切り、一方を同じ空間の中で少しずつ段差をつけた3層のスキップフロアに。1層は愛犬の部屋、2層はワークスペース、3層はゲームスペースに分けました。 犬のグルーミングがしやすい洗面台は、台は少し高めに、シンクは深く設計し、シャワー設置。「トイレはハレの空間にしたい」という奥様のご希望で、「WALPA(ワルパ)」という専門店の壁紙を使いました。犬と人間、双方にとって居心地の良いお家の完成です。

    ブルースタジオ
    • 1120
    • 5
  5. ウッドテラスの家・WOOD TERRACE HOUSE

    時の経過と共に味が深まる家 この家のプランニング上の特徴は、1階にリビングがあること。 リビングの接地性を重視しながら、明るく心地よい空間が実現されている。 光を取り込み、木々を配しながら、 外と中が繋がった、気持ちの良い空間を創り出すことを目指しました。 温熱環境をしっかり区切りながらも、 視覚的に繋がり・広がる工夫をこらしています。 スクエアなデザインとなるよう、 構造も含めて様々な工夫を凝らしながら、木を随所に使用し、 都市に居ながらにして、リラックスできる快適な内部空間・外部空間を 創り出しています。 仕上げや色の選定には「経年で味が深まる家」となるよう、 お客様と共に決めていきました。 きっかけは、弊社の設計事例 OPEN TERRACE HOUSE の考え方に共感頂いていたこと。設計事務所に依頼した方が、仕上げや構造などについて、納得のいくまでこだわれるということが始まりです。 特に工夫したところは、北側斜線が微妙に振れているため、どうしても建物のファサードが不整形になってしまうところ、施主様のイメージしていたスクエアなデザインとなるよう、構造を含めて様々な工夫をおこなったことです。また、時と共に味の出る建物となるよう、仕上げや色について、気を遣いました。

    大坪和朗建築設計事務所
    • 3398
    • 12
  6. オープンテラスの家・OPEN TERRACE HOUSE

    半地下に位置する2台並列ガレージの上に 屋外テラス を設け、 諸室が、屋外へと繋がり延びていく、抜けの良い空間構成。 敷地を十分に有効活用しつつ、且つ、自然を取り込みながら、 広々とした気持ちの良い空間を創り出すことを目指した。 温熱環境をしっかり区切りながらも、 視覚的に繋がり・広がる工夫を随所にこらしている。 デザインはモダンでシャープなありながら、木をふんだんに使用し、 都市に居ながらにして、自然の中の別荘にいるような内部空間・外部空間を 創り出している。 大型犬と共に生活するライフスタイルに合わせて、 快適な外部空間と内部空間の関係を工夫。 強度が高く・メンテナンス性の良い仕上げを採用しつつ、 空間のデザイン性を両立させている。 このプロジェクトのきっかけは、道路に面する半地下に2台並列の駐車ができ、その上にテラスが設けられるような、段差のある敷地を施主様は当初より探され、敷地取得後にご相談に来られたところから始まります。 施主様の要望は、2台並列の駐車ができること。その上にテラスが設けられること。北側斜線で屋根が斜めになってしまいがちなところをスクエアなデザインにしたいこと。大型犬と一緒に住めること。の4つが主要な要望でした。 特に工夫した点は、2台並列の駐車ができ、その上にテラスが設けられるようにするためのレベル調整。スクエアなデザインとするための、意匠的な処理や構造の工夫。そして勿論、内部空間に広がりが持たせられるように坪庭やテラスを持つ間取りとしたこと。

    大坪和朗建築設計事務所
    • 2515
    • 10
  7. 菜園の風景を取り込む家・T-HOUSE nerima

    菜園の風景を取り込む家 敷地の西側に菜園があり、そちらに向けて建物を開き、風景を取り込む家。 2階にリビングを配置することで天井高さの高いLDKとし、 眺望の開けた西側に5帖程度の整形のデッキテラスを設け 2階南側全体にバルコニーを渡して、回遊性のあるプランとなっている。 2階の広いデッキテラス・回遊性のあるバルコニー・1階の浴室に面した南庭はわんぱくな子供3人と犬が駆け回り、ホッコリする和室は育児の間にも一息つける子育てママのための空間となるよう配慮した。 1階は子供の成長や、シーンに合わせて間取りを切り替えられるよう、フレキシブルにしながらも、寝室・洗面・浴室廻りは豊かな時間を過ごせるよう、色や仕上げに拘った。

    大坪和朗建築設計事務所
    • 1415
    • 7

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード