奈良

「奈良」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「奈良」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 無料スポットあり!温泉や花畑など秋の連休にぴったりなプチ旅行先はここ♪

    秋は連休が目白押し! 何をするか計画は立てましたか? まだ何も決めていなくても大丈夫。今からでも間に合う日帰りプチ旅行プランをご紹介します。「きれいな景色を楽しみたい」「ゆったりした気分を味わいたい」「お金をかけずに遊びたい」、そんな願い叶えてくれるスポットをピックアップしました。秋の行楽の予定にお役立てください♪

    LIMIA おでかけ部
    • 16607
    • 9
  2. 佐保路の家||奈良町家のリノベーション

    奈良市の旧道沿いに建つ大正期の町屋。建物の骨格はしっかりしているものの、玄関や道路側の和室はテナント貸しするために大幅に増改装され、その後空き家となって放置されていました。奈良市の補助金を活用することで木格子や庇、焼杉壁、瓦屋根といった町屋の意匠を復原し、内部は古い柱梁や天井板を活かしつつ耐震補強を施し現代的な住み方に合わせてリノベーションしました。一階は大きなリビングと庭を見ながら調理できるアイランドのダイニングキッチン、回遊性の高いバックヤードとコンパクトな水回り。二階は多目的に使える天井の高いワンルーム。厨子二階の下屋を吹き抜けに変更して玄関と鉄骨階段を新設しました。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 1520
    • 8
  3. 透き間の家|土間と縁側で包む町屋リノベーション

    奈良市にある大正時代に建てられた住宅のリノベーション。建物は主に借家として用いられ、何度かの増改築を経て空き家になり放置されていました。雨漏りや蟻害によって柱・梁や土壁が深刻な被害を受けており、庭に増築された水廻りと伸び放題の樹木によって鬱蒼とした状況でした。建替えも検討しましたが、3面道路後退の影響で同規模の建物が建たないことや、お施主様が町屋に住みたいという強いご希望をお持ちだったことからリノベーションを選択しました。しかし土壁を耐震補強し伝統構法で修復するためには新築を超える時間や費用が必要です。また家全体を断熱補強・高気密化すると屋内と屋外が緩やかに繋がった町屋らしい雰囲気も壊れてしまいます。そのためコンパクトな居間を家の中心に据えて現代的な工法で耐震補強・断熱補強を行ない、その周りを玄関・収納・ガレージ・縁側・トイレ・書庫・階段から成る半屋外の「透き間」で囲んだ入れ子状の間取りとすることで、コストを押さえつつ、屋内・半屋内・屋外の3つの領域が重なり響きあうような、町家の雰囲気を引き継いだ住まいを設計しました。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 5076
    • 10
  4. 「雪駄×スニーカー」新感覚シューズで、日本の伝統を足元に。2月18日からMakuakeにて先行販売開始!

    雪駄×スニーカー 「unda -雲駄-」 雪駄とスニーカーが融合することで、ジーンズなどのカジュアルファッションから、最先端シューズとしてモードファッションまでマッチするデザインを実現。 履き心地かろやか、ファッショナブル、そして健康的。機能性と全く新しいデザインで日本の伝統・魅力を守りたい。そんな思いでクラウドファンディングにて支援募集を開始いたしました。

    PR TIMES
    • 2307
    • 36
  5. ダイナミックな渓谷美を体験しよう!奈良県天川村「みたらい渓谷」ハイキングコース

    吊り橋から滝を望むダイナミックな渓谷美、エメラルドグリーンに輝く神秘的な淵。奈良県天川村の「みたらい渓谷」には、四季折々の美しい景色を堪能できるハイキングコースがあります。全長7.4㎞、所要時間2時間あまりのハイキングコース。この秋、出かけてみませんか?

    トリドリ - 旅行をもっと、身近に。
    • 134
    • 2
  6. 四つ角の家|家の中に4つの小さな家がある住宅

    大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 4567
    • 22
  7. Kururi|工場・倉庫をゲストハウス・シェアハウスへ用途転用

    奈良市南部。クライアントが購入された築25年程の中古ビルを居住系施設として再生するプロジェクト。既存建物は菓子工場・倉庫として建設され、その後幾度かのつぎはぎリフォームを繰り返しながら事務所や従業員宿舎として運用されていたため、人荷用のエレベーターは不必要に大きく、間仕切りは防火上・避難上、危険な状態となっており再利用できない状況でした。現在の建築基準法・消防法・旅館業法を全て満足し、なおかつ事業としても成立する可能性を検証した結果、女性単身者向けシェアハウスとゲストハウスの複合建築物として設計し直すこととなりました。 構造躯体を既存利用することで用途変更に伴う構造計算の遡及を避け、大きすぎるエレベーターは撤去して竪穴区画対応のホームエレベーターに変更、ゲストハウスとシェアハウスの動線を分けながら効率的にプランニングしました。高性能断熱材や樹脂サッシ、BEMS等を導入することでSII(環境共創イニシアチブ)のZEB化補助金を受け、居住性能を高めつつ事業コストの大幅な圧縮にも成功しています。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 1876
    • 7
  8. DiasとTrustの外構|隣り合う賃貸マンションのエクステリア改修

    大阪市東住吉区にあるごく一般的な賃貸マンション。建物オーナーは外観の老朽化と、駐輪場・ゴミ置場の不足による美観・衛生・治安の悪化に悩んでおられました。ただ外壁の改修設計が可能であっても絶対的なスペース不足は如何ともし難く、これは手の施しようがないとお伝えしたところ、実は隣にもう一軒賃貸マンションを所有しておられること。しかもそちらは建物の前がフルオープンで無駄なスペースが多く、アプローチにも魅力がなくて困っている、という話でした。 そこで隣り合う2つのマンションの共用機能を中央部に集約し、それぞれのマンションへのアプローチで挟み込む配置計画によって、双方の建物が抱える問題点を一気に解決する提案を行いました。オーナーの理解も得られ、工事の結果、賃料と入居率の下落に歯止めがかかり利用マナーも大幅に改善することができました。 ハウスメーカーが建てた小規模賃貸マンションは決まったパッケージを様々な形状の敷地に無理やり押し込めるため余分なスペースが生じます。本来ならそれを有効活用する外構設計が必要ですが、そもそもハウスメーカーには設計者が各物件に合わせて細やかに対応できるシステムはなく、設計者が直接現場を訪れることもありません。見かけの総工費を圧縮したい思惑もあり、外構は建物オーナーに丸投げされてしまうケースが多々有ります。そんなハウスメーカーが建て散らかした住宅や集合住宅を、あるべき姿に設計しなおす作業も私たちの重要な職域なのかもしれません。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 1618
    • 3
  9. 愛でる家|レトロな数寄屋風住宅のリノベーション

    奈良市北部。築約40年の戸建て住宅リノベーションです。お施主様は60代のご夫婦と息子さん。長年愛着を持って住んでこられた数奇屋風の住宅は随所に粋な意匠が見られるものの、深い庇のために室内は南側でも薄暗く、押入れや収納が少ないために家の大半が物置と化している状態でした。耐震補強と断熱工事を行い、使われていなかった天井裏を活用して開放感のある居間をつくり、和室には炉を切り水屋を設けて茶室の設えに変更、クローゼットやパントリー、書棚や収納家具など用途別に十分な容量の収納を確保し、元々の意匠を生かしつつ将来に渡って快適に暮らすことが出来、お施主様のご趣味の美術や骨董、そして家や庭を存分に愛でることが出来る住まいになりました。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 2959
    • 37
  10. 【奈良県初上陸!】牛カツ専門店『京都勝牛』初!ロードサイド型店舗が10月17日(火)奈良柏木にグランドオープン...

    牛カツ専門店「京都勝牛」(運営:株式会社ゴリップ、京都本社、代表取締役 勝山昭)は、2017年10月17日(火)奈良県初上陸となる『京都勝牛 奈良柏木店』をグランドオープン致します。場所は、奈良バイパス「柏木町交差点」すぐ。初のロードサイド型店舗の出店となります!また、新メニューも登場し豊富なメニューをラインナップ。家族連れのお客様にも気軽に「京都勝牛」の牛カツを楽しんで頂けます。

    PR TIMES
    • 188
    • 0
  11. 【特集】トイレのインテリア~トイレなんか...ではなくトイレだからこそ??~

    タイコーの施工事例の中からトイレのインテリアをいくつかピックアップしてご紹介します! トイレなんてそんなにこだわらなくても...という方もいらっしゃるかもしれませんが、トイレだからこそ、少し遊び心を出してみたり、面白い空間にするもの良いかもしれません。

    タイコーアーキテクト
    • 18473
    • 110
  12. 6/2(土)【奈良市】町屋リノベーション完成見学会

    この度、私たちが設計監理を行っている住宅が完成します。大正時代に建てられた町屋のリノベーションです。 お施主さまのご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行うことになりました。古い木造住宅の改修やリノベーションをお考えの方、新築住宅をお考えの方、まだ具体的な計画はないが将来的に家づくりを考えておられる方ももちろん大歓迎ですので、お気軽にお越し下さい。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 2191
    • 7
  13. Dias#201|ワンルームをカーテンで緩やかに仕切るマンションリノベーション

    賃貸ワンルームマンションのリノベーション二期計画。前回Dias#102ではキッチンを拡大解釈することで入居者さんに住み方の問いを投げかけました。完成後に拝見した実際の住み方は私たちが用意していた解答とは若干異なるものでしたが、大きなキッチンカウンターを生活に応じて解釈し住みこなしておられる様子をみると、設計者と不特定多数の賃貸入居者さんとの間でも設計者と施主様の間のようなコラボレーションが起こり、入退去毎に新たな創造が生み出されるサイクルは大変エキサイティングな仕組みのように思えました。 今回はその仕組みをさらに進めて、ワンルームの中に無秩序に詰め込まれた衣・食・住、あるいは寝・食といった要素にある程度の秩序を与えて整理できないだろうかと考えました。既存の間取りを一切変えずに扉という扉を全て撤去して室内を完全な”ワンルーム”に還元し、カーテンを窓枠から開放して拡大解釈することで天蓋や蚊帳のように薄く柔らかく空間を分節できる仕組みを設えました。この自由かつ不自由な部屋の中でこれからどのような住み方が創られてゆくでしょうか。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 4060
    • 19
  14. 【紅葉も必見】「奈良県・吉野山」からのおくりもの。道の駅〔吉野路大淀iセンター〕に魅力あふれる産物が集結

    秋も徐々に深まり、紅葉が見ごろの季節になってきました。そんな週末は、山へドライブするのもいいですよね。奈良県・吉野山は、紅葉の絶景が楽しめるスポットのひとつ。その吉野山の入り口にある、道の駅「吉野路大淀iセンター」で奈良の山の魅力を伝えるイベント『奈良の木マルシェ〜山からのおくりもの〜』が2017年10月28日(土)~29日(日)に開催されます。道の駅で休憩しながら、吉野の紅葉を楽しみましょう♪

    LIMIA おでかけ部
    • 4026
    • 27
  15. 【移住を考える】暮らすように過ごす2日間♪奈良でTURNS×URの移住・交流体験ツアー開催

    家族が増えると、都心での生活は生活費が高かったり、待機児童問題があったりと、なにかと不便を感じるものです。のびのびとした環境での生活に憧れて、地方移住を考える子育て世代も多いのではないでしょうか? そこで今回は、全国の賃貸住宅する管理〔UR都市機構〕と、移住・田舎暮らし情報サイト〔TURNS(ターンズ)〕による 1泊2日のツアーをご紹介します。2017年10月21日(土)~22日(日)、平城京への遷都から1,300年を数える歴史をもつ奈良への移住・交流体験ツアーです。

    LIMIA おでかけ部
    • 2617
    • 7
  16. ダイニングキッチンが中心のカフェスタイルハウス

    タイコーの分譲地HOBITTOの中に建築した「出窓ベンチのある家」。専有敷地約88㎡(26.6坪)と狭小敷地。この限られた建築面積の中、どのように日射を確保し限られたスペースで快適な空間をどうつくっていくのか?またまた難題ですが、タイコー的解釈で挑んだのがこのお家です。 建物の造形はやはりシンプルなキューブから削り取る形で構成していきました。間口は3間(5.46m)としっかりと確保できているので、バルコニーに関してはドンと2Fの東側に配置。2Fのリビングの開口部については大きく設置したいものの、実際に大きな掃出しを設けても 1)接道面に近いのでプライバシーを気にして実際は日中のほとんどカーテンを閉めてしまう 2)駐車場の前なのでとまっている間はそれほど大きくても意味がない 3)便利そうなイメージもあるが現実にリビングからの掃出しで外から出入りすることはほとんどない 4)外観正面に掃出しを見える感じで取り付けるとどうしても外観の「顔」が一般的なものになる 5)リビングに掃出しを取るとサッシの前には何も置けなくなるのでレイアウトのバリエーションが減る とたくさんのデメリットもあることから、掃出し窓に変わる新しい窓の提案を特徴あるワンポイントとしてタイコー的に考える事にしました。 まず考えたのが「出窓」です。一般的には出窓は外側に飛び出すことが多いのですが、腰ぐらいの高さで出窓をつくると「物置のような出窓」になってしまいがち…。カウンターとしての機能だけでは広さも感じにくくもったいない…。 そこで今回は A)低く設置することで視覚的に広がりを確保しつつベンチとしても使えるようにする B)外に飛びだすのではなく、内側に囲う形で飛び出させ特別な場所としての印象を強める という特徴的な「出窓ベンチ」を作りこみました。 ちょっとしたことなのですが、家のコンセプトのナチュラルなインテリアと溶け込みとっても雰囲気のいい空間ができあがりました。どの角度から見ても絵になる空間をとことん考えたプロポーションがきまる家いかがでしょうか?

    タイコーアーキテクト
    • 3650
    • 13
  17. 広い土間と透け天井のある家

    タイコーの分譲地HOBITTOの中に建築した東向き2.75間間口の都市型コンパクトハウス「広い土間と透け天井のある家」。敷地約65㎡(19.6坪)と狭小地の中でどうやって日射を確保するのか? 物理的に面積は小さくなるのものの空間をどう無駄なく広がりを作り出せるか? の難題に挑んだ意欲的な建物です。 まず、形状はシンプルに箱型で構成し、用途の無い建築面積の無駄を極力省くことをめざしました。次に1Fの36㎡という限られた建築面積の中で何を配置していくか? どこまでの大きさを確保するか? 優先順位をつけて検討していきました。 一般的に1Fにあって面積を大きくとってしまうものの代表に ①玄関・シューズクローク ②玄関ホール ③洗面 ④風呂 ⑤トイレがあります。ここで2Fにあげることで対応したのが優先順位の低い風呂・洗面・トイレ。逆に玄関まわりはやはりどうしても必要なので、思い切って「土間」として大きく配置してみました。そして玄関ホールを無くして、ドア無しでLDKと繋がりを持たせ一体の空間として視覚的にも広がりを持たせました。 次に検討したのが「日射」です。 東向きということで午前中は有利に日射を確保できるのですが、隣に2階建てが建つ敷地でいかに南の日射を得るのか? 具体的に検討していきました。最初は吹き抜けも検討したのですが、狭小住宅で限られた建築面積を吹き抜けに割くことはやはり難しく、一部2Fの床をグレーチングにして使い勝手や心地よさを考え、その上にポリカーボネートを施工することで床はあるのに光を1Fに通す「透け天井」として仕上げました。 あとはクローゼットの扉を無くしてオープンの棚をサビ加工の鉄パイプで仕上げ、ブルックリンスタイルのインテリアで家全体をコーディネイトしました。 限られた予算・敷地でもこだわりを詰め込む、タイコー流の新しい狭小住宅の考え方です。

    タイコーアーキテクト
    • 2908
    • 9
  18. 閑かな家|入れ子構造のマンションリノベーション

    若いご夫婦と文鳥、めだかが暮らすマンションの一室。簡潔な床座の生活に慣れたお施主様からLDKワンルームは気積が大きすぎて落ち着かないとのお話を伺い、小上がり・寝室・水廻りから成る3つのまとまりを微かな隙間を取りながら据えることで、身体的なスケール感と奥性のある空間を創りました。素材は木材とセメント。あとは全て塗装仕上げ。縁取った開口部から入ったやさしい光が室内に満ちる閑かな佇まいとなりました。(Photo by Keishiro Yamada)

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 7973
    • 16

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    40件中 1 - 20 件を表示