白壁

「白壁」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「白壁」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 高低差のある敷地全体を 庭ととらえた、空中庭園 のようなデザイン

    道路から高さのある敷地に建てられた家と、アプローチをどのように結びつけるかというテーマの元に、全体のデザインを考えました。 大きな白壁と、開口の広い階段が来る人を優しく迎えてくれます。 庭のデッキと築山、そして白く敷き詰められた化粧砂利によって、モダン和風の空間に仕上げました。 夜には、照明により壁に映し出されたシンボルツリーのシルエットと灯りの軌跡が落ち着きと心の安らぎを感じさせてくれます。

    カントリーガーデン
    • 1771
    • 2
  2. 店内を構成する圧倒的な高級感漂う「黒」【高級腕時計販売店】

    <高級腕時計販売・ブランド品高価買取店>【TIME ZONE銀座店】 誠実・信頼感と精巧・高級感をキーワードに構成した店内。 両サイドの壁面と陳列スペースにはツヤのある黒一色で仕上げる事で重厚感を出し、アクセントとして床には柄のフローリングを配置。 あえて扉を設けず商談スペースまでの空間を一つに統一。更に照明に合わせて一直線のデザインを取り入れ空間の奥行きを演出しました。

    ユニオンテック株式会社
    • 457
    • 2
  3. ギャラリーかふら+日本住宅 那賀川の住宅

     この作品の設計に対してのお施主様のご注文は 「瓦屋根のコンテストに出品できる造形でかつ瓦が普通に葺けないような屋根の形」 というものでした。建築家としてなかなかこのようなお施主様には巡り会えません。 建物は住宅と店舗の形の違う二つの棟が一つの建物になっている形態を採用しました。 デザイン重視のこの建物が私の代表作になる事は自身で感じていました。 建物が長く存在して欲しい事と、お施主様の名字の高鶴から鶴と亀を連想しました。 住宅を鶴棟とし店舗を亀棟としてデザインし歪んだ敷地の角度に合わせて二つの棟を つなげました。この建物の住宅部は土塗り壁に杉厚板を重ね張りしています。 店舗部分は大空間を支える為に鉄筋コンクリートの壁の上に木造の屋根を乗せている。

    中飯賀業建築研究所
    • 542
    • 4
  4. アルプスの山小屋をイメージした小住宅 津ノ峰の住宅

    木造2階建て30坪の住宅で小屋裏スペースを全て使用しています。 敷地は小高い山の麓にあり眼下に街並みと海(港湾)が見えます。 家の周りは自然に囲まれた素晴らしい場所で無垢の木(徳島県産杉)で 家全体を造りました。工法はNハウス工法です。 冬期は薪ストーブで家全体を暖房し、 春夏秋は大きな掃き出し窓を解放して暮らす自然派住宅の住宅です。

    中飯賀業建築研究所
    • 614
    • 3
  5. ピロティー空間とNハウス工法の融合 石井の住宅

     このプランは敷地南側に5.0mの道路が有り北側は田園風景が遠くまで美しい。 敷地両側には建物が約20年前より建っている。東西からの日当たりは期待できず また両隣への日当たりの影響を出来るだけないようにプランを作成した。 その為に建物は南北に開かれたプランとなっている。 敷地に奥行きがあり駐車場から長いアプローチを取り玄関を建物の中心にして 玄関前に半外空間を作り、その空間が寝室とリビングを繋いでいる。 小住宅の新しいスタイルの玄関を提案したプランである。 お施主様のアウトドア的なイメージがこのプランを作成するきっかけとなった。 2階は寝室を中心に屋根裏小屋のクローゼットと細長い8帖を配置した。

    中飯賀業建築研究所
    • 554
    • 2
  6. 和歌山東の家

    分譲地の中に建つ住宅。周辺地域から切り離されたように、いくつもの住宅分譲地開発が進む地域。 周囲地域と分譲地内の住宅、その両方との心地よい関係性・距離感を保つことができるよう、1階部分を地域に開放し、互いの交流の場に提供しています。子ども達が走り、人々が軒下で語り合える「こうえん」のような空間に建つ住宅です。

    hana class
    • 393
    • 2
  7. 吉井の家

    白壁の町並みで知られる筑後吉井町は、かつて豊後街道の宿場町として栄え、今もなお土蔵造りの建物や水路、町のたたずまいが残っている。 敷地はその「伝統的建造物群保存地区」内にある。しかし、主には西向きの交通量の多い道路に面し、東・南隣地には隙間なく建物が建つという厳しい敷地条件である。 外観は町並みを大きな敷地と捉え、その角に建つ蔵と見立てている。プライバシー、騒音、西日を考慮し、道路側に対してはやや閉じた印象であるが、周囲に緑を配し、明るく刻々と移り行く光や風を感じる快適な住まいとなっている。 リビングに続くバルコニーからは、隣建物の僅かな隙間に、建主が子供の時から親しむ耳納山麓を日々望むことができる。

    柳瀬真澄建築設計工房
    • 472
    • 0

おすすめ