後悔

「後悔」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「後悔」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 一戸建て住宅を購入して後悔していることは何ですか? NuRe+

    せっかく一戸建ての家を建てたのに、「ああすればよかった」、「こんなはずじゃなかった」なんてことばかりでは残念ですね。 そこで今回は、一戸建て住宅を購入した場合に後悔してしまう可能性のあることについてご紹介していきたいと思います。購入を決める前に、参考にしていただけたら幸いです。

    yokohama nure+ 株ヨコハマ塗リタス
    • 334
    • 6
  2. 家づくりの後悔『相談は迷いの入り口へ!』

    皆様はなにか決断をされる時、どなたかに相談をされますか? もちろん良いアドバイスをもらえることもあるので、相談も悪いものではありません。 でも一方で、相談をして一層迷いが深くなることもあります。 また、相談相手の意見に従い決断して、後悔することもあります。 ではどうすれば?? 少しばかり考えてみましょう!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 615
    • 3
  3. 家づくりの後悔『相談は迷いの入り口へ』! 〔新築/後悔/名古屋/愛知〕

    家づくりは人生最大のイベント、当然悩みも最大のものになる方が多いと思います。 しかし、悩むのは当然といえどもその結果悪い方向へと進んでは後悔することになりかねません。 その原因の一つは、人に相談すること。 えっ、人に相談してはいけないの? ここを解説していきます!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 728
    • 4
  4. 失敗しない家づくり 『家は3回建てないと…』

    家づくりを失敗しないためにはどうすればよいのか? よく「家は3回建てなければ・・・」と言われます。 これは現実的に不可能ですよね。 そう何度もできるものではありません。 ライフスタイルも変化していくので使い勝手も変化していきます。 欧米では、それぞれの家族のライフステージにあわせて家を変えていきます。 子供の成長またライフスタイルの変化によって、それぞれに適した家へと移り変わります。 故に、欧米では中古市場の方が主流になっています。 またこのようなスタイルなので、家に対する捉え方も日本とは異なります。 その大きな違いは、家を資産価値としてみていることです。 移り住むことが根底にあるので、住んでいる間もその価値をあげる努力をします。 D.I.Yという言葉にあるようにメンテナンスもほとんどは自ら行います。 家は資産であるから当然のことかもしれません。 そして、買った時よりも価値を上げて次のより良いところに移っていくのです。 話が欧米の家づくりへと少しそれましたが、定住(永住)することが多い日本では、どのようにすれば良いのか。 やはり、将来の生活設計も考えてプランニングする必要があると思います。 ここが一つのポイントです。 よくあるのが、今のライフスタイルを中心に考えつくってしまうことです。 例えば小さい子供さんがいてこの子供中心につくってしまうことがあります。 これは心情的には分かります。 しかし子供はいずれは巣立ってしまいます。 年月にしたらあっという間のことかもしれません。 巣立った後、融通の聞かない間取りであれば不便を感じることになると思います。 ではどうするか? それは、子供が大切だから子供部屋はこれくらいの大きさが必要といった決め方をするのではなく、どうやって育てていきたいか、どのようにコミュニケーションをとっていくかといった本質的なことから考えることが大切になります。 その根本の考えにそってプランニングしていくのです。 家づくりをすることは、家族のあり方や子供の教育また自分自身の将来設計などを改めて考えるよい機会です。 その考えを固めることができれば、家づくりは成功するのではないでしょうか。 家づくりの第一歩、その最も大切な時間をサポートするのが私たちの使命だと思っています!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 725
    • 3

おすすめ

話題のキーワード