シーズン

日本には多様な四季があり、また日本古来の伝統行事から、海外由来や新しく発案された行事まで、1年を通してさまざまなイベントがあります。そんな日本ではシーズンに合わせたインテリアは生活を楽しむ秘訣であり、マンネリ化を防ぐことにも繋がります。素敵な1年を過ごしていただくために、季節感を演出する、シーズンに沿った生活用品をご紹介します。

  1. まるで花のパラダイス!南ドイツ・ボーデン湖の大人気リゾート地「マイナウ島」

    花の島と呼ばれ年間100万人もの人々が訪れるドイツ屈指のリゾート・マイナウ島。四季折々の花や植物が楽しめるほか、冬の雪景色も趣があって魅力的。ドイツだけでなくスイスからのアクセスも便利なので、ヨーロッパ旅行の観光プランに入れてみませんか。

    トリドリ - 旅行をもっと、身近に。
    • 159
    • 1
  2. 日本の楽園!“東洋のガラパゴス”世界遺産の小笠原諸島でリゾート気分満喫♪

    世界遺産にも登録されている小笠原諸島、東京都に属しているのはご存知ですか?東京都とはいえ、都会とは全く違う姿の小笠原諸島は、東洋のガラパゴスとも呼ばれています。閉じられた島という中で、自然がありのままの姿をとどめているのが魅力です。

    トリドリ - 旅行をもっと、身近に。
    • 361
    • 5
  3. とことんフォーマルに大人っぽく!メルトンコートで作る大人女子コーデ♡

    冬に必須なコート。大人女子のみなさんはどんなものを使っていますか?色々なコートが出ていますが、簡単に大人っぽく着こなせるのはメルトンコートです。メルトン素材はしっとりと大人な雰囲気を作り出してくれて、羽織るだけで落ち着きのあるコーデに♪今回はおしゃれなメルトンコートを大人女子コーデとともにまとめました。冬コーデの参考にどうぞ♡

    folk
    • 9932
    • 11
  4. 定番だからこそ難しい!?参考にしたい素敵なトレンチコートコーデ15選♪

    ほぼ3シーズン通して着ることが出来、ベーシックアイテムとして人気のトレンチコート。しかし定番だからこそ、コーデがいまいちマンネリしがち…なんて方もいるのでは?そこで今回は、今っぽく素敵にトレンチコートを着こなしているコーディネート15選をご紹介したいと思います。

    folk
    • 5045
    • 11
  5. アウターは肩掛けでこなれ感を出す!今年っぽコーデ15パターンを大公開☆

    冬コーデにアウターは欠かせませんよね!今年は、アウターの袖を通さず肩にさらっとかけるのが人気です。そうすることで、コーデにこなれ感が出て、おしゃれ度がアップするんですよ♪今回は、色んなアウターの肩掛けスタイルをまとめてみました!ぜひチェックして、毎日のコーディネートの参考にしてみてくださいね☆

    folk
    • 3033
    • 2
  6. カジュアルなのに高見えするから♡今年の冬は《ムートンコート》をGETしたい!

    やわらかい素材で着やすく、カジュアルなムートンコート。でも、高級感のあるコーデに仕上げてくれる高見え効果もばっちりなんです!なので、今年の冬はムートンコートに注目!今回は、この冬GETしたいムートンコートをまとめてご紹介したいと思います!ぜひお気に入りを探してみてくださいね☆

    folk
    • 1221
    • 1
  7. スーツをクリーニングする頻度はどれくらいがベスト?【スーツのクリーニング・前編】

    スーツはどのくらいの頻度でクリーニングに出していますか? 立っているだけで汗が止まらない暑い夏と、ほとんど汗をかかずにスーツだけでは寒い冬、それぞれクリーニングに出す頻度はどれくらいがベストなのでしょう。今回は、夏と冬のクリーニング頻度について伺いました。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 10178
    • 11
  8. お中元にお返しって必要?知っておきたいお返しのマナーとおすすめギフト4選

    日頃の感謝の気持ちを贈り物に託し、お世話になった人たちへと届ける年に一度のお中元。お歳暮とともに広く行われている日本の習慣ですが、お返しのマナーについては意外と知らないという人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、お中元にお返しは必要なのか、必要ならどう贈るべきなのか、といった疑問にお答えします!最後におすすめのお中元ギフトもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1783
    • 9
  9. 【ドライブ】秋の下田へ行こう②浄蓮の滝と豆腐アイスとわさびと。

    静岡の伊豆半島はなにげに滝巡りができちゃうぐらい、滝スポット満載なのです。海水浴シーズンは海まっしぐらモンプチな私だもの、この海シーズンオフは伊豆のいつもとは違った一面を見るいいチャンス!せっかくだから、滝を見に行こう!!っていう、無謀な企画。ノリと勢いで「いざ、滝!」とかいっちゃってますけど冷静になるとわかるでしょう。滝って たどり着くまでに 歩く。さあ、どうなる、人生初の伊豆の滝巡り。まずは「日本の滝百景」にも選ばれている、浄蓮の滝へ行ってみようか。まあ、滝めぐりとか大層な感じでいう割に、浄蓮の滝と河津七滝しか行ってないけどね。

    ayataso_private
    • 911
    • 4