尼崎市のアイデア(3ぺージ)

「尼崎市」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「尼崎市」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 築80年の長屋の再生事例  外装編

    西成区の商店街の中の連棟店舗付き住宅は築80年以上の古い建物です。 大正から昭和にかけて建てられた建物は、何度も改装工事をされて今尚生活の場として存続されています。 築80年にもなる古家で、、それなりの老朽化も進んでいますが、手を入れればまだまだその地域に応じた活用法があります。 この地域は新世界お南側の地域で、かつては新世界界隈の繁栄とともに大変賑わっていた場所です。 しかし歴史を追うごとに景気の推移の中で、今日その地域の生活は大きく変わってきました。 現在西成区は労働者の街として、単身の労働者がたくさん生活しています。 その単身者が多く生活する中で、単身用のすまいが様々なニーズに合ったものが必要となっているようです。 また商店街の中にある立地機能としては、現在たくさん労働者たちの飲食の場として成り立っているようです。 そうした2つのニーズに応じて、今回この店舗長屋を、1階を貸店舗、2階を単身者用の賃貸アパートとして再生することになりました。 まず今回は建物の外装をどのようにリフォームしたのかをご紹介します。

    リフォームワーク
    • 1422
    • 4
  2. 和室を洋室にリフォーム 大阪市西淀川区事例

    築30年くらいの建売住宅では、当時建てられたままの和室がそのままの状態で使っているご家庭も少なくないでしょう。 しかし、30年という時代を経て、家族構成も変わると、生活スタイルそのものが当時と様変わりしています。 畳の劣化とともに和室である必要性がなくなっているケースが少なくありません。 時代とともに生活スタイルの変化とともに、リフォームしていくのがイマドキに事情です。

    リフォームワーク
    • 4238
    • 9
  3. 二世帯住宅の最新事情

    へーベルハウスが『二世帯住宅』という商品名で発表し、売り出してから40年。 すっかり二世帯住宅という名前が定着していますが、この親世帯と子世帯が一つ屋根の下に同居する二世帯住宅。 現在ではこの二世帯住宅は、玄関が2つあり2軒の家がくっついている構造の「独立型」と、玄関やバスルーム・トイレ・キッチンなどを共有し、寝室などを分ける「同居型」の2種類に大きく分けられています。 では、いまどきの二世帯住宅の場合、どちらのタイプが主流になっているのでしょうか? 現状は独立型と同居型が半々くらいです。ただ、独立型は改良が進み、玄関だけ共用のもの、あるいはキッチンとバスのみ共用のものなど、要望に合わせて様々なタイプが出てきており、独立型と同居型の中間を行く住宅が、近年の主流です。

    リフォームワーク
    • 1719
    • 4
  4. 失敗しない壁紙選びのコツ

    壁紙の打ち合わせをする際にリフォーム店が用意するのは壁紙の見本帳です。 実物の壁紙を3㎝×4㎝の大きさにカットし、台紙に並べてはったものです。 各メーカそれぞれ自社で作った商品を集めこのような見本帳をつくっているのです。 ところが無地の壁紙でさえイメージがつかみにくいのに、花柄やストライプ、ましてや複雑な柄だったりすると、3㎝×4㎝だけでは余計にわかりにくいものです。一部分から全体を想像するのは、もはや不可能といった方がいいでしょう。なるべく実際に近いものを見なくてはなりません。 小さなサンプルだけで選んでしまうと、いざ壁に貼られてから、あまりの印象の違いに落胆されるという事になりかねません。 そこで壁紙メーカーのショールームを活用されてはいかがでしょうか。

    リフォームワーク
    • 1746
    • 5
  5. 対面キッチンのメリット

    キッチンののリフォームでは「アイランドキッチンにしたい」という要望をよく耳にします。確かにオープンなアイランドキッチンなら、リビング・ダイニングなど広い空間を見わたせて気持ちがよさそうですが、実際にはいつもキッチンをきれいにしておかなければならず、調理中や片づけ中の音にも気負使うため、使いこなすにはそれなりの覚悟が必要です。

    リフォームワーク
    • 4048
    • 12
  6. 町屋の再生の取り組みと意義について

    関西エリアには、数多くの町屋や長屋がありますが、住む人がいなくなって空き家になったり、老朽化により取り壊されることは珍しくありません。 町屋や長屋が取り壊されることにより、歴史的な町並みが無くなることを危惧した人たちが、町屋や長屋を再生する取り組みを行なっているのでご紹介します。

    リフォームワーク
    • 1038
    • 1
  7. 屋根裏収納や床下収納の必要性の是非

    リフォームをする際、収納をたくさん儲けたいと考えるのはよくわかります。 特に家の面積には限りがあるので、室内に収納スペースが十分確保できない場合は、屋根裏や床下などのデッドスペースに目が向くことになります。 屋根裏収納には天井裏を利用した収納と、天井の高さを利用したロフト収納があります。いずれも「天井高1.4m以下、広さはすぐ下の階の床面積の2分の1以下」と定められているので、建物面積や、屋根形状によっては思ったほど収納スペースが確保できないこともあります。

    リフォームワーク
    • 1762
    • 3
  8. 長屋のリフォームはリフォームワークへという自信

    以前、弊社HPを見たというお客様から「長屋をたくさん工事をされてはりますが、他の会社から見積もりをとったのだけど見てもらえますか?」というような内容のお電話をいただきました。 どうやら長屋リフォームで検索したら弊社の事例や私のコラムなどを目にしたそうです。 確かに「長屋リフォーム 大阪市」や「長屋リフォーム 尼崎市」と検索すると弊社HP、私の書いたコラムが上位に表示されています。 そんなご相談をいただいたお客様には、よそ様の見積もりをどうこういうのはあまり感じがよくないので、よろしかったら弊社でも見積もりをしましょうかという対応をしております。 いや、ありがたいことです。

    リフォームワーク
    • 1525
    • 0
  9. 壁紙リフォームは最も費用対効果の高い空間演出

    中古マンションで気になるのが壁紙の汚れ。 せっかくリフォームでキチンや家具を入れ替えても、壁が汚れていては台無しです。 壁紙を変えてもそんなに大きな変化はないとお思いですか? それは大きな間違いです。 壁紙は部屋中で最も大きく面積を占める場所です。 また住設機器のような大きな費用が必要というわけではなく、安価で手軽に大きな演出効果を発揮するリフォームなのです。 ここでは、おススメの壁紙やリフォーム費用を紹介します。

    リフォームワーク
    • 1430
    • 2
  10. おしゃれに壁紙でデザインするリフォーム

    壁紙というと白やベージュといった定番色が一般的ですが、せっかく壁紙を張り替えるのだから、デザインや色味、貼り方にこだわって素敵な空間にリフォームしませんか? 壁紙の貼り換えは10年~15年が目安と言われてますが、汚れや傷みが目立ち始めたらそろそろリフォームのタイミング。ぜひ壁紙リフォームで自分だけのおしゃれな空間を手に入れましょう!

    リフォームワーク
    • 972
    • 5
  11. 長屋リフォーム 屋根の葺き替え

    長屋をリフォームするにあたって、屋根の改善は最重要事項です。 特に築50年以上経過した瓦屋根はその耐久年数も経過しており、瓦の重量による建物の負荷への軽減も考えなければなりません。 大正末期から昭和にかけて大阪市南部の新市街地(阿倍野区、西成区、住吉区周辺)は、都市計画法による土地区画整理事業として、大大阪新開地と呼ばれる長屋住宅がたくさん建設されました。 当時関東地方では町屋建物の屋根は板屋根が多く使われておりましたが、関西地方、特に大阪では瓦屋根が早くから使われており、築100年近い建物も今尚、当時の瓦屋根のまま現存している建物も少なくはありません。

    リフォームワーク
    • 660
    • 2
  12. 和室の壁を解体しLDKを拡張リフォーム

    LDKという概念がなかった時代の間取りは、和室いとダイニングは間仕切り壁があり独立していました。 近年の生活スタイルではLDKと和室に仕切りがなくより広いLDKとして現代のスタイルとして定着しています。 和室とダイニングにに壁がある間取りは、壁を取り払って、開放的なLDKにリフォームするというニーズが増えています。 今回のケースも、独立した和室の壁を解体し、より開放的なLDKへリフォームです。

    リフォームワーク
    • 1363
    • 0
  13. リフォームワークの長屋・古家の全面改装リフォーム 二つの選択

    築30年、40年あるいはそれ以上の古家は現代の生活ニーズに合わなくなってきているだけでなく、居住機能そのものがなくなってきているのが現状です。しかしそこに建物があるなら放置しておくわけにはいきません。売却する、解体して建て替える、キレイにリフォームして住むもしくは貸すなど、その選択肢は様々です。しかしその建物を保有し、住み続けるならば費用をおさえてリフォームするというのも選択肢のひとつです。

    リフォームワーク
    • 1119
    • 1
  14. 長屋リフォーム解体時における費用削減の考え方 

    我が家をリフォームするにあたって様々な問題点が出てきます。 その中でも大きな問題点の一つに予算があげられます。 予算には限りがありますが、要望には限りがありません。 どこかで折り合いをつけていかなければなりません。 リフォームにあたってまず着手するのが解体工事です。 解体に関しては、解体する規模に応じて予算が大きく変わってきます。 コストを抑えるためにまず考えたいのが、既存の建物をなるべく壊さずに活用すること。解体範囲が減れば、当然その分の工事費もかかりません。

    リフォームワーク
    • 828
    • 2
  15. リフォームの最大のメリット!「家は3回建てないと満足できない」をリフォームで叶える

    今一度、自分が住んでいる家について考えてみましょう。 家は我々人間にとって、生きていく上ではなくてはならないものの一つです。 その家はやはり自分に合った住み心地のいい家であってほしいと願うのは、年の初めだけではありません。 では自分に合った住み心地のいい家とはどんなものなのか? どうすれば住み心地のいい理想の家を手に入れることができるのでしょうか? 「家は3回建てないと満足できない」とよく言われます。

    リフォームワーク
    • 993
    • 2
  16. 増築における確認申請やコストカットなどの注意点

    「家が手狭になったので増築したい」という要望はよくありますが、実は増築はそう簡単にできるものではありません。 まず第一に敷地に余裕がないと無理です。増築できるスペースはもちろん、土地には都市計画や用途地域によって「建ぺい率」や「容積率」が定められているため、建築できる面積に基準があります。 建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の事で、容積率とは敷地面積に対する延べ床面積の事です。つまり敷地に対して建物の大きさの上限が決まっており、それを超えて増築することは認められません。他にも建物の高さ制限や日影規制なども定められているので、それに準じていなければなりません。

    リフォームワーク
    • 1344
    • 6
  17. 古い長屋を現代の暮らしに合わせたリフォーム

    昨今の空き家増加による空き家対策はスマート住宅循環支援事業として、既存住宅の市場流通を促進、拡大を目指した事業が国を挙げて推進されています。 つまり空き家の放置に歯止めをかけ、リフォームによって住む、貸す、泊まるなどいずれかの目的のために環境保全のみならず空き家対策特別措置法に基づき法的にも、古い空き家の改善が迫られているのです。 さて、長年放置してきた古い長屋は現在の暮らしに合わせた改良は可能なのか?

    リフォームワーク
    • 1591
    • 1
  18. リフォームワークの古家丸ごと全面改装リフォーム

    長年家族が暮らしてきた大切な家、中古住宅を購入し、これから家族と一緒に新しい歴史を刻む家、そんな家をまるで新築のように再生いたします。 リフォーム料金を、坪単価制で明確にしました。ご相談・お見積りからアフターフォローまでの、安心・納得の建て替えシステムです。

    リフォームワーク
    • 1027
    • 1

おすすめ

話題のキーワード

    143件中 41 - 60 件を表示