尼崎市

「尼崎市」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「尼崎市」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. ピンクで彩るマンションリフォーム リバーサイドヴィラ千船

    西淀川区のマンションリバーサイドヴィラ千船のマンションリフォーム事例です。 リバーサイドヴィラシリーズのマンションは西淀川区、福島区に多く建てられている阪神住建のマンションです。 リバーサイドビラ千船はおよそ地区30年のファミリータイプのマンションです。 今回はこの30年、1度もリフォームすることなく長い間空き家だったご実家を親から受け継ぎ、結婚を機にリフォームされるという事です。 若い奥様はピンクがとてもお好みで、ピンクを主体としたかわいいお部屋をご要望されました。

    リフォームワーク
    • 335
    • 3
  2. 隣りとの外壁の隙間が狭く、足場も組めず体も入らない場所での外壁の貼り替えは可能なのか?

    隣の家との隙間がものすごく狭い家は昔の建売住宅にはよく見受けられます。 昔の法律では規制にかからず、敷地目一杯に区割りをする建売住宅を建てることが最優先の時代の建売住宅です。 昭和40年代、50年代と建売住宅が乱立していた時代の頃の建物です。 ちょっと見えにくいのですが、右隣の家との隙間が少ないのですが、雨漏りが原因で隣接壁に水がまわってモルタル壁が膨らんで隣の家を圧迫しています。 この隙間の中に隠れている壁を張り替えなくてはなりません。 外部からは足場も組めず、いや、人間の体も入ることができないので内部から解体し、内部から壁を貼るしかありません。 隣との壁の隙間は15センチです。

    リフォームワーク
    • 814
    • 5
  3. 連棟長屋で空いた隣家を買って2軒を1軒にするリフォーム

    狭小の長屋にお住いの方々から、もう少し暮らしやすい間取りで生活したいというお悩みをよくお聞きします。 狭小の長屋というのは間口が狭く縦長の間取りなので、いわゆるうなぎの寝床と言われます。 通し間取りなので共用空間に行くにも隣の部屋を通らなければならずプライベート空間の確保ができません。 また、間口が狭い=それぞれにスペースの一定の面積の確保が難しいので特にお風呂はどうしても狭くなりがちです。 そういった方々の中には隣のお家が売りに出されると、2軒を1軒にして広いLDKやお風呂、全ての部屋が廊下を利用できるプライベートな個室を求めて購入し、リフォームを考えられます。 その際に、隣の家の壁は壊せても、柱などを撤去して広い空間が確保できるのか?という疑問を持たれます。 果たしてそんなに都合よく柱を抜いて広い部屋を作れるのか?

    リフォームワーク
    • 432
    • 0
  4. 可能です!柱を抜いて広いLDKを造るには、新たな梁を加える構造補強が必要です!

    戸建て住宅を全面リフォームするという事は、お風呂やキッチンの入替や工事や、クロスの貼り替え工事などの比較的簡易な工事と異なり、時には構造に関わる問題を解決する必要があります。 ましてや、間口の狭い長屋住宅では、せっかくのリフォームの際には暮らしやすい間取りにを重視することがひとつのテーマになります。 例えば長屋リフォームで、しかも隣同士の2軒の家を1軒にするというリフォームでは、それなりに広いスペースも作れるという事で、既存の柱を撤去して広いLDKを作ったり、大幅な間取り変更を考えることができます。 しかし柱を抜くということは、その周囲にある柱や梁に建物の荷重がかかるという事で、つまり家の強度が弱くなるということです。柱などの構造体を撤去する際には新たな構造体を補強しなくてはならないのです。

    リフォームワーク
    • 403
    • 1
  5. 意外と知られていない!在来風呂の詰まりは薬剤と洗管で解消!

    タイル貼りの在来のお風呂が、浴槽なり洗い場排水であったりが詰まった場合、通常のワイヤー通しや真空引きもしくは洗管では解消されない場合があります。 それは詰まりの原因が髪の毛やゴミなどではないことと、在来風呂の浴槽の下の排水の形状にあります。 在来風呂の排水はユニットバスのように排水管が直接外部の枡所に流す直接排水ではなく、浴槽の下がすり鉢状の土間になっていて、その土間排水から外部に流れていきますが、浴槽と洗い場の排水はつながっておらず、そのすり鉢状の土間に垂れ流す間接排水になってます。 この土間排水が詰まると浴槽の排水口からワイヤーなどを突っ込んでも、土間の排水口まで導くことができません。

    リフォームワーク
    • 1063
    • 5
  6. 古家の床下にベタ基礎を打って既存の布基礎とジョイントして構造補強をする

    築50年くらいの長屋の基礎は、布基礎という壁の下にだけ基礎を配置する工法で、床下は土というところがほとんどです。 それは当時の基礎の工法が布基礎しかなかったのが現状でした。 しかし木造住宅における基礎の工法が、ここ20年くらいで「ベタ基礎」と呼ばれる、建物の底板一面を鉄筋コンクリートで支える基礎(耐圧盤)に変わってきています。 ベタ基礎は家の荷重を底板全体で受け止め、建物を支えるため、負荷が分散して安定性に優れることになります。 現代の木造住宅で一般的となっている基礎の方式がこのベタ基礎です。 そこで古家のリフォームの際、構造体の補強を考えると、予算をかけて既存の布基礎と繋いでベタ基礎を設置する事例が増えてきました。

    リフォームワーク
    • 1478
    • 5
  7. 実録!!古家の腐った柱の再生法!

    築30年以上経過した古い家は、端々の老朽化は年々進行していきます。 説b機器の故障や、内装材の汚れや破れなどは目に見えるものですが、壁の中に隠れている柱や土台などの構造体はなかなか目にすることなく老朽化が進行しています。 特に水廻り付近の土台や柱は湿気をよく吸うため、高い確率で腐っており、構造体としての機能をなくしています。

    リフォームワーク
    • 1807
    • 7
  8. 借家の押し入れにユニットバスを設置するリフォーム

    狭くて古い長屋を借家として貸しているケースは多いです。 そんなオーナーさんの最大の悩みが入居者の確保でしょう。 しかしその確保できない理由の一つに内風呂がないという理由が挙げられます。狭いがゆえにお風呂がないという借家は昔から大阪市にはたくさんありました。 ただ昔は各所に銭湯がたくさん存在していました。 しかし昨今ワンルームマンションには必ずユニットバスが設置されており、またスーパー銭湯の登場で銭湯経営が立ち行かなくなり、だんだんと銭湯が少なくなっているいるのが現状です。 そんな状況でもオーナー様はなんとしても入居者を確保しなくてはなりません。 近所に銭湯がないのなら何とか狭い借家に内風呂を設置する必要に迫られます。 今回弊社でよく長屋のリフォーム工事を行う、長屋の多く点在する西成区で狭い長屋の押し入れにユニットバスを設置するというリフォームです。

    リフォームワーク
    • 3024
    • 6
  9. リーズナブル!防音ドア、内窓、遮音シートでお手軽防音室リフォーム

    ピアノのレッスン室を作りたい、自慢のオーディオや大画面のプロジェクターを置いて、シアタールームを作りたいなど、防音設備のある部屋を作る場合はまず部屋の入り口を防音ドアに替え、窓を二重サッシにします、さらに壁、天井に遮音シートを貼りプ、ラスターボードをかぶせた上にクロスを貼れば「防音の部屋」はできます。しかし二重サッシにするには外壁を壊したりと大掛かりになります。もう少しお手軽にとなれば、サッシをそのままに内窓を付けましょう。

    リフォームワーク
    • 3709
    • 16
  10. 長屋リノベーションでプレゼント!

    来年も注目を集めそうなのが「中古住宅」のリノベーションです。 リフォームとリノベーションの違いはなんでしょう? リノベーションとリフォームは同じような意味に感じるけど、具体的に何が違うのと思われる方が多いのではないでしょうか。 「リフォーム」は、老朽化した建物を建築当初の性能に戻すことを言い、壁紙や床の貼り替えや木部、鉄部の塗替え、襖や畳の貼り替えなど比較的小規模な工事からキッチンや、お風呂などの住設器具の入替を含んだ家の再生工事を指すそうです。 「リノベーション」は、建物の持つもともとの性能以上に新たな付加価値を再生させることとなっていて、骨組みだけのスケルトン状態にして、間仕切りの変更や水廻りの配管を移動したり、構造補強なども必要に応じて行われますので、規模の大きな工事として意味づけられています。 では近頃何かと話題の中古住宅を中心としたリノベーション。リノベーションのメリットをまとめてみました。

    リフォームワーク
    • 2128
    • 1
  11. 中古の長屋を200万円くらいで美装する低コストリフォーム

    実家の隣もしくは近くの長屋が売りに出たので購入しようと考えている! 或いは、長年空き家にしていた相続した長屋を有効活用しようと考えている。 しかし、予算の確保がなかなか難しく、こだわりを持った、耐震、断熱工事を含めたリノベーションをする考えまでは至らない。 できるだけ予算を抑え、使えるものは使って、それでもできるだけきれいにリフォームして、今度結婚する息子夫婦の新居にしたり、借家として収益を上げたりと考えるケースはそれぞれです。 しかし、根底にある基本的な考えは、大掛かりなリノベーションではなく、200万円くらいである程度快適に住めるリフォームはできないものかという事です。

    リフォームワーク
    • 6616
    • 15
  12. ペットと快適に暮らすアイデアをいろいろ考えながらリフォーム

    少子化の波はますます拍車をかける一方で、ペット人口は急増し、小中学生の子供がいる家庭よりも、ペットの犬猫と暮らしている家庭の方が多いという現状があります。こうした中、これからの日本の住まいとして必要とされるのは「一人もしくは二人暮らしでペットOK」という世帯。 ファミリー層向けの戸建て住宅やマンションがまだまだ新築されていますから、このままいくと「広さを持て余す家」が大量にストックされていくことになります。そして持て余したスペースはどんどん納戸化し、やがて塩漬け状態になってしまいます。 スペースを「持て余す」のではなく「ゆとり」として使えるように住み方から考える時期に来ているように思います。 そんな背景をふまえてペットとの暮らしを考えてみましょう。

    リフォームワーク
    • 4114
    • 13
  13. 新築そっくりさん!?古家を全面まるごとリフォーム

    長屋でなくても、築30年、40年の戸建て住宅は、現代の生活ニーズに合わなくなってきているだけではなく、その居住機能そのものがなくなってきているのが現状です。 しかし、そこに建物があるならば放置しおくわけにはいきません。 売却する、解体して建替える、きれいにリフォームして住むもしくは貸すなど、その選択肢は様々です。 しかしそのままその建物を保有し、住み続けるならば費用を抑えてリフォームするというのも選択肢の一つです。 建替えという選択肢もありますが費用の問題も含め、昨今の社会状況から考えるとやはりハードルが高いようです。

    リフォームワーク
    • 3011
    • 8
  14. 半分しかない長屋の2階を増築して総2階にするリフォーム

    長屋における既存建物の現状でよくあるのが奥の間が平屋という既存状態です。 長い居住生活の中で奥に平屋を増築したケースもあるでしょう。 もともと半分だけ平屋であったケースもあるでしょう。 ではこの建物を躯体を残して全面リフォームをする場合、やはり総2階建にしたいところです。 今回のケースは耐久性も考えて平屋部分を解体し新たに2階建てを増築することになります。

    リフォームワーク
    • 2049
    • 1
  15. アイキャッチなポイントで個性的な演出を

    せっかくリフォームするのだから、インテリアに関してはこだわりを持って個性的な演出をしたいものです。 インテリアコーディネートで大切なのは「アイキャッチなポイント」をつくることです。アイキャッチなポイントとは空間の中で視線が最も集まる見せ場のことです。見せ場を作ることで空間全体にまとまりが生まれるのです。 代表的なものに、床の間の襖絵や、欧米のマントルピース(暖炉)など、視線の集まる場所に特徴的なものを配置すると、部屋の印象がグッと深まります。逆に視点となるものがないと、印象の薄い散漫な雰囲気の部屋になってしまいます。

    リフォームワーク
    • 4219
    • 3
  16. オーダーメイドが主流です!二世帯住宅の最新事情

    へーベルハウスが『二世帯住宅』という商品名で発表し、売り出してから40年。 すっかり二世帯住宅という名前が定着していますが、この親世帯と子世帯が一つ屋根の下に同居する二世帯住宅。 現在ではこの二世帯住宅は、玄関が2つあり2軒の家がくっついている構造の「独立型」と、玄関やバスルーム・トイレ・キッチンなどを共有し、寝室などを分ける「同居型」の2種類に大きく分けられています。 では、いまどきの二世帯住宅の場合、どちらのタイプが主流になっているのでしょうか? 現状は独立型と同居型が半々くらいです。ただ、独立型は改良が進み、玄関だけ共用のもの、あるいはキッチンとバスのみ共用のものなど、要望に合わせて様々なタイプが出てきており、独立型と同居型の中間を行く住宅が、近年の主流です。

    リフォームワーク
    • 4552
    • 5
  17. 大切な我が家を湿気から守る!快適な住まいに不可欠な採光と通風

    住みやすさを考えるうえで、建物内に十分な採光と風通しを確保することはとても大切です。 昼間でもあまり外の光が入らない家では、陰気なだけでなく光熱費バカになりません。 また、風通しが悪いと湿気がこもって結露やカビの発生の原因になり、身体どころか建物の傷みにつながります。 戸建て住宅なら、長屋でない限り壁4面が外部に面しているので比較的プランを建てやすいのですが、開口部が限られる、マンションや長屋の場合は、光の取り入れ方や、風の抜ける道について工夫する必要があります。

    リフォームワーク
    • 2693
    • 10
  18. 必見!水廻り設備をまとめてリフォームするメリットははかり知れないものがある! 

    住宅リフォームの中で、一番頻繁に行われているのが水廻り設備のリフォームではないでしょうか? 長年住み続けてきたお家、タイル張りの浴室なら冬は寒く、カビも目立つお風呂、キッチンなら長年の油がこべりつき、いくら掃除してもままならないのが現状です。また各部品の経年劣化に伴う故障などで、使用できない状態にもなりつつあります。それは中古物件の購入の際も然りです。 そしてその水廻り設備こそ最も取り換えたい箇所であり、リフォーム後は最も実感できる個所なのです。 そんな水廻り設備のリフォームの際、キッチンだけ、お風呂だけのリフォームと箇所箇所だけに目が行きがちですが、予算に余裕があるのならまとめて4か所リフォームのメリットは図りきれないものがあります。

    リフォームワーク
    • 4508
    • 25
  19. 店舗工事はお金がかかる?考え方を変えてコストを抑える店舗リフォーム

    カラオケ喫茶店のリフォームの事例です。 店舗の新装工事はとかく費用が掛かるイメージですが、ポイントを抑えて取り掛かれば、それなりの低コストで実現が可能です。 そのポイントとは、店舗工事という概念を捨てるという事です。 確かに商業施設などでは、デザインコンセプトが重要になり、そのデザイン料や設計料が高額になってきます。 またそれに伴う建材や各部材も店舗専用のものとなり、住宅用部材と比べるとやはり高額です。 もちろん大規模な商業施設やこだわりを持った店舗づくりを目指すのなら当然の発想です。

    リフォームワーク
    • 2865
    • 7
  20. 本当に必要か?もう一度よく考えたい屋根裏収納や床下収納の必要性の是非

    リフォームをする際、収納をたくさん儲けたいと考えるのはよくわかります。 特に家の面積には限りがあるので、室内に収納スペースが十分確保できない場合は、屋根裏や床下などのデッドスペースに目が向くことになります。 屋根裏収納には天井裏を利用した収納と、天井の高さを利用したロフト収納があります。いずれも「天井高1.4m以下、広さはすぐ下の階の床面積の2分の1以下」と定められているので、建物面積や、屋根形状によっては思ったほど収納スペースが確保できないこともあります。

    リフォームワーク
    • 4743
    • 14

おすすめ

話題のキーワード

    143件中 1 - 20 件を表示