耐震リノベーション

「耐震リノベーション」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「耐震リノベーション」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 鎌倉小町通り 社頭 耐震リノベーション

    鎌倉小町通りに面する老舗の和紙専門店「社頭」の耐震リノベーションです。 小町通りでは現在、古くなったビルの再開発が増えていますが、無味乾燥なオフィスのような建物が増え、鎌倉らしい風情が失われつつあります。 このプロジェクトでは古い建物を極力残し、オリジナルの建物の風情を活かしながら、耐震性を高めてリノベーションするという選択をしました。 2階は伝統木造の木組みの美しさを体験できるようなリノベーションとし大きな開口を設けることで通りから目立つように考慮しています。 土壁は本来防火性が高いため、この土壁を活かしながら内側に入れ子状に構造体を造り一体化させることによって、耐震性を高めました。

    菅原浩太建築設計事務所
    • 559
    • 8
  2. 憧れの古民家で暮らそう!趣ある古民家リフォームの事例集

    格式高い伝統とどこかほっとする雰囲気を持ち合わせる古民家。その風情や趣を残し、間取りや設備などは現代の生活に合わせた新しいものを取り入れて融合させる「古民家リフォーム」が近年注目を集めています。 今回は、古民家を再生して次世代に受け継いでゆく、おしゃれで快適な古民家リフォームの事例について見てみましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 5053
    • 33
  3. 和の雰囲気たっぷり!古民家をおしゃれにリフォームするためのポイント

    今古民家のリフォームが人気を集めています。古民家ならではの趣を残したまま、現代に合わせたスタイルで暮らせたり、和洋折衷な空間を作り出したりと、古民家リフォームは工夫次第でとてもおしゃれな空間を作ることが可能です。 今回はおしゃれな古民家にリフォームするポイントをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 4713
    • 29
  4. 古いアパートをリフォームしたい!魅力的な物件に生まれ変わらせるポイントとは

    空き室が続いているアパート物件、その理由を「築年数が古いから…」と決めつけ、家賃を下げてなんとか入居率を上げようと必死になっている大家さんは多いようです。しかし、物件の良し悪しは築年数で決まるわけではありません。古いアパートでも、適切なリフォームをして美しさや快適さをよみがえらせれば、入居率はぐんぐん上がります。ここでは、古いアパートをリフォームして入居率を上げるノウハウをまとめました。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3160
    • 3
  5. リフォームすると固定資産税が上がる?リフォーム後の固定資産税評価

    古くなった箇所を補修・改修して耐久性を高めたり、間取りや設備機器を変更して暮らしやすさをアップさせたり…リフォームは、老朽化した住宅を、機能的で見た目も良く、安全性の高い住宅に生まれ変わらせることができます。 その一方で、気になるのがリフォーム後の固定資産税。リフォームによって住宅としての資産価値が上がったと見なされると、固定資産税も上がるのでしょうか?もし税金が高くなってしまうのなら、リフォームする前に知っておきたいところです。 ここではリフォームと固定資産税との関係を詳しく解説します。リフォームによって固定資産税が上がるケースと上がらないケース、それぞれの特徴をしっかり把握しましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 56221
    • 21
  6. 古民家リフォームっていくらかかるの?古民家リフォームの費用とは

    趣のある梁や柱を残し、新しい空間を作り出せる古民家リフォーム。古材の持つ独特の暖かみに憧れる方も多いのではないでしょうか。ですが、実際に古民家リフォームをする気になるのはリフォーム費用ですよね。古民家リフォームにはどれくらい費用がかかるのでしょうか?

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 4260
    • 5
  7. 素敵に快適!古民家リフォームの際の注意点とは?

    近年注目を集めているのが、古民家リフォームです。強くて丈夫な古民家は、リフォームするととてもおしゃれな空間を作り出すことができます。 しかし古民家には問題点もあるため、リフォームをするときにはそうした部分を改善することが大切です。ここでは古民家をリフォームするときのポイントをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1749
    • 1
  8. 快適な住宅のためには、1階だけのリフォームがポイント!?

    新築時は理想の住宅に思えていても、時を経ればあちこちに不満が出てくるもの。そんなとき、不満を解消する手段としてまず候補に挙がるのがリフォームです。 しかし、住宅の不満を全て解消しようとすると大規模なリフォームが必要になり、当然のように費用がかさみ工期も長くなってしまうため、二の足を踏んでしまう人も多いのではないでしょうか? そこでおすすめするのが、主要な居住スペースとなっている1階だけのリフォーム。これなら、費用と工期を押さえつつ、住宅の不満をある程度解消することができます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 16888
    • 5
  9. 住宅の不満を解消できる!? 2階だけリフォームをしよう

    住宅に不満を覚えるようになると頭に浮かぶリフォームという選択肢。しかし、予算や時間が限られている中では、箇所を絞ってリフォームを行うことが大切です。 なかでも2階は、空間を無駄にしてしまっていることが多く、リフォーム次第では住宅の不満を大きく軽減させる可能性が高い箇所です。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 12439
    • 3
  10. 800万円で行うリフォーム。予算を決めてもここまで変わる

    もし、リフォームの計画を立てる時に「あれもしたい、これもしたい」と、やりたいことを全部挙げて見積を取れば、大抵の場合1,000万円を超えるような見積金額になってしまうでしょう。「そこまでは出せないけれど…」という方は、800万円という予算を考えてみてはいかがですか?1,000万円超えと比べれば費用としてまだ現実味がありながらも、意外に多くのことができるとわかるはずです。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 5654
    • 3
  11. 必見!中古住宅のリフォームでも補助金が受けられるって本当?詳しい情報をチェック!

    新築住宅の購入時や、現在お住まいの住宅のリフォーム時に国や自治体から補助金が受けられることは広く知られています。テレビやインターネット、雑誌などで特集が組まれているのを見かける機会もあるでしょう。しかし中古住宅を購入してリフォームする場合にも、補助金制度が利用できることはあまり知られていません。 そこで今回は、中古住宅のリフォーム時に利用できる補助金制度についてまとめました。ご家庭のマイホームプラン、マネープランにぜひお役立てください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 971
    • 5
  12. 中古リフォームと新築、どっちがおすすめ?メリット・デメリットまとめ

    住まいの購入を計画する際に、誰もが考えることがあります。それは「新築にするか中古リフォームにするか」です。もちろん、予算が限られていないのであれば、悩むことなく「新築」を選ぶことでしょう。予算に限りがあるからこそ、どちらにしたらよいか迷ってしまうものです。 ここでは、新築の注文住宅と中古リフォームのメリット・デメリットを具体的にまとめてみました。どちらにしようか迷っている際の決め手になる要素がこの中に必ずあるはずです。選ぶ際のポイントも合わせてチェックしていきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1200
    • 4
  13. 築70年住宅のリフォーム!費用・相場はどれくらい?事例もご紹介

    築70年を経た住宅は、もう立派に「古民家」と呼んでよいでしょう。実際、その時期に建てられた家が現在まで残っているとなると、当時のかなり良い材料を使ってしっかりと造られた優良物件である可能性も高いはずです。リフォームすることで価値を取り戻し、より長く暮らせる家にできることも期待できるでしょう。 そこで今回は、築70年の住宅をリフォームするための費用・相場について、実際にリフォームを行った事例を交えてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 6658
    • 4
  14. 築50年住宅のリフォーム!費用・相場を一挙公開

    木造住宅の一般的な耐用年数は30~40年といわれることが多いですが、実際には築50年を超える家でもメンテナンスを行いながら良好な状態で居住できているケースも少なくありません。築50年の住宅で、安心して住める状態を保ちながらリフォームするにはどのくらい費用がかかり、どれだけの予算で計画・実行されているのでしょうか。 今回は、築50年の住宅をリフォームするための費用・相場についてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 6745
    • 4
  15. 頻発する地震に備えて、補助金で耐震リフォームをしよう!

    東日本大震災の記憶が新しく、また近い将来の首都圏直下型大地震が予測されている現状では、地震に対し不安を抱いている人も多いでしょう。なかでも、ご自宅の耐震性能に不安がある人は、耐震リフォームを検討してみるのがおすすめです。 条件さえ合えば、地震によるご自宅の損傷や倒壊の危険を大きく下げる耐震リフォームを、国や自治体から補助金を貰ってお得に行える可能性があります。ここでは、耐震リフォームに支給される補助金についてご紹介しましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1076
    • 4
  16. リフォームと建て替え、どっちを選ぶ?〜築40年を超える住宅の場合〜

    住宅も築40年をすぎると、あらゆる場所にガタがくるもの。そのほか、古い間取りや古い設備の不満、耐震性などの不安も積み重なってくるはずです。そんな不満や不安を解消する手段として、よく挙げられるのが「リフォーム」と「建て替え」です。既存の住宅を改善する「リフォーム」と、既存の住宅を解体し新たに解体する「建て替え」。築40年を超えるような古い住宅においては、どちらがより良い判断となるのか、両者について比較していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1521
    • 3
  17. 築100年!伝統ある古い家をリフォームする時のポイント・注意点は?

    築100年を超える住宅が、今も国内のあらゆる地域に現存しています。大きな戦争や度重なる災害を乗り越えてきた、ある意味貴重な財産ともいえるでしょう。そんな家を後世に残し、これからも大切に住んでいきたいと考える方も多いはずです。 そこで今回は、築100年の住宅をリフォームする時のポイント・注意点についてご紹介しましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 4131
    • 3
  18. 築70年の住宅をリフォームしたい!その際のポイントや注意点は?

    築70年の家というと、まずは建て替えを検討する方も多いはずです。しかし、旧家や古民家の再生がクローズアップされることが多くなり、築70年の住宅をリフォームする例も探してみると意外に多く見つかります。 そこで今回は、築70年の住宅をリフォームする際のポイントや注意点を、事例を交えてご紹介します。何に気を付け、どこを重点的に改修するとよいかなど、ご検討中の方はぜひ参考にしてください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2594
    • 3
  19. 築60年住宅のリフォーム!費用・相場はどれくらい?事例もご紹介

    築60年にもなると、「古民家」と呼んでよいほどの風格を漂わせている住宅も多いものです。確かに、建て替えを検討する年代にはなりますが、しっかりと建てられた家であればメンテナンス次第で築100年を超えて住み続けられるケースも少なくありません。予算と相談し、適正な費用で確実に改修しながら暮らし続けたいと考える人も多いはずです。 そこで、今回は築60年の住宅をリフォームするための費用・相場について、具体的な事例を交えてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 10844
    • 3
  20. 意外と知らない?リフォーム、改築、増築の違い

    よく耳にする「改築」や「増築」という言葉は、しばしばリフォームに関する情報の中で見つけられます。改築、増築ともリフォームと同じ意味として使われていることもあれば、改築リフォームや増築リフォームとそれぞれ明確に区別されて使われていることもあり、使い分けの基準がやや分かりづらいといった声も。みなさんの中にも、基準が良く分からないと思う人がいらっしゃるのではないでしょうか?そこでここでは、リフォームと改築、増築のそれぞれの概要についてご説明しましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2230
    • 2

おすすめ

38件中 1 - 20 件を表示