アトリエN

「アトリエN」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「アトリエN」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 柴崎町のコートハウス

    北側に高崎駅につながる拡幅されたばかりの交通量の多い国道が通り、周辺は農地が広がるものの将来的にも廻りの視線が気になる敷地に、プライバシーを確保しつつ明るく開放的な住空間を提案。 国道の通る北側棟は閉鎖的に、農地の広がる南側棟は開放的に計画し、ふたつの建物を中庭を挟んで配置。中庭わきの目隠し格子や窓の配置によりプライバシーを確保しつつ、リズミカルに等間隔に配した大開口により光と風を取り込み、中庭を効果的に計画することで家全体を明るく開放的な住空間を実現した。 そこに住まう家族にあった収納をしっかり話し合い計画、キッチンとバスルームとをガラス屋根を架けた物干し場で繋ぐなど、共働きご夫婦のための家事動線もひと工夫。LDKはもちろん、ご主人の一日の疲れを癒す晩酌スペースや3m超のカウンターを持ち家族で並び座ることも可能な通路を兼ねたスタディースペースなど、中庭廻りにいつでも家族が感じられるような住まいを提案。建築や建具はもちろん、県内で活動する木工作家・鉄作家との共作の家具など手仕事にこだわり、共働きご夫婦のためのシンプルに楽しめる住空間を目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 679
    • 3
  2. 下沢渡の家

    『趣味のそば打ちや農業を楽しみながらのんびりと暮らしたい。』定年退職を迎えたご主人と奥様が長年暮らし続けてきた四万・沢渡温泉に程近い緑豊かな場所に、これからを楽しむシンプルで機能的な“終の棲家”を計画。 軒深い切妻屋根が架けられたシンプルな建物にいくつかの“凹み”をつくり、床はもちろん屋根勾配通りにつくられた天井に外と内との連続性とつながりを持たせることで、外観のシンプルさと裏腹に内部空間に変化を持たせ、広がりと寛ぎを与えた。 玄関脇土間のそば打ち場、キッチンやパントリーとの作業動線も考慮し、水廻りなども使い勝手・生活動線を考慮し適切に配置することで、家事や基本的な生活が負担無く行えるように計画した。また、手すりが必要となったときにすぐに対応でき得るように、手すり用の下地など綿密に計画しておくことで、利便性・機能性、環境や健康にも配慮した居心地の良い“終の棲家”となった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1021
    • 5
  3. 池端の家

    ご実家の一角の土地に建つ共働きご夫婦のための住まい。日常生活の家事負担をなるべく掛けず、ご実家との距離感を熟考したコンパクトでありながら、ゆったりとくつろげる住空間を提案。 建物の中通りを少し高くした特徴的な断面計画により家全体に光と風を配り、LDKと各個室を空間的・気配的につながりを意識した計画とすることで、より広がりを感じられる住空間実現した。 南(徒歩、客)北(駐車場・ご実家)からのアプローチに対し、通り土間を持つ玄関でそれぞれスムーズなアプローチができるように計画した。サンルームを兼ねた洗面、脱衣室は、回遊性を持たせることで効率的な家事動線を確保しつつ、花粉に苦しむ家族のための物干し場としての機能を持たせた。 家全体を自然素材中心に仕上げることで幼い子供たちにも“安心・安全”な家族にも環境にもやさしい“すまい”を目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1521
    • 17
  4. 新町の家

    駅に程近い幹線道路沿いに建つ住宅。ご実家の隣に『家族の気配を感じられ、家族がいつも楽しく自然体で過ごせる家』、交通量の多い幹線道路側からの視線を気にせず『光と風が通る気持ちの良い家』を計画。 道路で囲まれたやや細長い三角形の敷地に2つのボリュームをずらして配置する。そのことで生まれた隙間に庭や駐車スペースをつくり、軒の出と開口部の計画(道路に近いリビングは少し高い位置に開口部の高さを設定するなど…)により、採光や通風などの機能性と幹線道路沿いでありながらプライバシーの確保を実現。急がしい共働きのご夫婦と子供達がほどよくお互いを感じ、自然に交わることができるような生活動線を確保し、ここに住まわれる家族のための居心地の良い家を目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1035
    • 9
  5. 敷島の家

    敷島公園に程近い風致地区内に建つ住宅。敷地のやや中心に内と外の境の曖昧な『スキマ』を意識的につくることで、廻りを家に囲まれた場所にプライバシーを確保しながら、光・風・緑を取り込める住まいを提案。 風致地区内の決まり事である植栽を『スキマ』に集中配置することで、廻りからの視線は断ちながら、建物内からは雑木林に建っているような雰囲気を醸し出している。立体的にも屋根と屋根との『スキマ』をつくり、そこから光・風を家全体に配る工夫を凝らした。さらに、無垢板や塗り壁などの素材感を大切に光と影を意識した空間計画により、そこに住まう家族を優しく包み込むような住空間が生まれた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1202
    • 13
  6. 草津の家

    夏場は避暑地として、冬場は積雪も多くスキーを楽しむことのできる温泉地。そんな草津の中心部の閑静な住宅街に建つ家。『小さなカフェっぽい家』をというリクエストをもとに、コンパクトでありながら大きな開口、視線の抜けなどにより、明るく開放的な快適空間を目指した。 4つに分割した空間(キッチン、水廻り、主寝室、子供室)を、東⇔西、南⇔北に抜ける空間(玄関、リビングダイニング、スタディースペース)で連結させることで、家全体に光や風、家族の気配を感じられるよう計画。冬は積雪も多く、寒さも厳しい環境ということもあり、次世代省エネルギー基準を満たし、また、南北の開口部に半外空間を設けることで断熱効果を得られるよう計画。厳しい冬の寒さにも対応できる住まいとなった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1389
    • 8
  7. 安養寺町の家

    夏は猛暑でも有名、冬は北西の季節風が吹き、比較的温暖で四季を通じて晴天に恵まれている太田市。市街地からは離れ、農地も多い開けた場所。そこに『日向ぼっこのできる家』を計画。 西側には前面道路が通り、冬場、北西の強い風が吹くため閉鎖的に。対し、農地の広がる南側は開放的に計画。LDKは吹抜けによる縦方向の広がりと大開口により外部とのつながりを持たせることで、視覚的な空間の抜けを演出。夏の強い日差しは遮り、冬は家の中まで暖かい日差しを取り込むなどの軒の出による日照のコントロール、自然通風の確保など自然エネルギーを計画的に取り込み、人にも環境にも優しい住まいに。農作業の合間の休憩、趣味のバイクいじり、時には仲間が集まり語り合えるような居心地の良い土間空間も…。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 740
    • 4
  8. きなりの家

    前橋駅にほど近い、交通量の多い県道沿いの場所に建つ2世帯住宅。共有玄関、共有リビングを中心にそれぞれの世帯の居住空間を配置。[コンクリートと木]の素材感にこだわり、景観との調和、プライバシーの確保や道路側からの騒音などに配慮、安らぎや家族を感じられる心地良いすまいを目指した。 それぞれ世帯のライフスタイルに合わせた住空間を提案。玄関ホールを兼ねた共有リビングは、日常生活のなかでふたつの世帯を繋ぎ合わせる。RC造外断熱により躯体自体を蓄熱体とすることで、省エネ性能の高い住宅を計画。太陽光発電、風通しや日差しのコントロール、薪ストーブを採用するなど自然エネルギーの積極的な活用も。また、RC造とすることで物理的な耐久性を持つ建物とすると同時に構造体をシンプルにつくり、間仕切り壁(非構造壁)により部屋を区切ることで将来の間取りの変更にも対応できるよう機能面での耐久性も持たせた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1443
    • 11
  9. 那須高久の家

    那須の御用邸に程近い、ロケーションの良い別荘地に建つ住宅。別荘としての計画だが、将来的に定住も視野に入れて、終の棲家となり得るように計画した。 高低差が4m弱ある敷地の段差の解消が課題となったが、緩やかにのぼるアプローチと玄関からゆったりとダイニングキッチン、リビングや寝室へといけるように極力段差を抑え、手すり等も適所に配置し、高齢者、将来の介護にも配慮した。 親戚十数名が一度に集える空間として、総長5.3mのカウンターとテーブル囲炉裏を持つダイニングキッチン、露天風呂感覚で入ることができるロケーションの良い浴室、段差の処理のために鉄筋コンクリートで造った半地下の趣味(陶芸)の部屋等、住まいやすさだけでなく、遊び心のある住空間を目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 680
    • 5
  10. 沼田居平の家

    周辺には農地が広がるのどかな雰囲気漂う緑豊かな場所に、定年後の終の棲家としてスローライフを楽しめる住空間を提案。 地元で伐採も手掛ける地産の木にこだわる材木屋さんから材料を供給してもらい、計画の段階からいろいろの樹種の木を適材適所に配して、地元の工務店が1本1本違う木を匠の技で手刻みにより組み上げた。建具材やテーブルカウンターにも県産材を使用するなど地産地消と手仕事にこだわった住まいとなった。 水廻りやアプローチなど足腰の弱いお母様はもちろん、将来のご自分たち夫婦の介護についても考えて計画。農作業の休憩・作業にと考えた土間や広めのテーブルカウンターなどにより、同じ敷地内に住む息子家族や近所の方々が集い、笑い声の絶えない住空間になった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1374
    • 3
  11. 鳥居原の家

    平成22年に町全体が景観計画区域に指定された中之条町に建つ住宅。県産材の杉をポイントに使い、建物の外観は他人のものでもあるということを特に意識したデザインを心掛けた。敷地面積が40坪弱で、その上、崖地も絡み、さらに限られた敷地をいかに有効的に使用するかが課題でもあった。2台分の駐車スペースも確保しなくてはならないということもあり、3階建て5層のスキップフロアによる計画とし開放的な住空間を目指した。 スキップフロアにより生活の中心の場である2階LDKまで緩やかに上がれるように計画し、吹抜けによる縦方向の広がりと、大開口により外部とのつながりを持たせることで視覚的な空間の抜けを演出。各居室の窓からは榛名山を望むことができるなど、小さいながらも決して狭さを感じさせない住空間を提案した。大正ロマンのような落ち着いた雰囲気がお好みの奥様のために、キッチン壁の表情のあるタイルや建具などにはめ込んだ手作りガラスをアクセントとし、住空間全体を落ち着いたトーンに仕上げた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 928
    • 5
  12. 新田木崎の家

    市街地からは少し離れた、閑静な分譲住宅地。家族で作る・食べるが楽しめるダイニングキッチン、季節を感じられ、音楽を聞きながらゆったりとした時間の流れが心地よいリビング…音楽・緑・木に囲まれて暮らす、そんな“やすらぎのすまい”を目指した。 東・西・南側に住宅、北側には道路と視線に囲まれている敷地を考慮し、外部に対しては閉鎖的に、しかしながら高窓と中庭により家中に“光と風”を…。家全体はコンパクトに抑えながらゆったりとした内部空間となるよう提案。中庭を効率的に設けることで、それぞれの居住空間が視覚的な抜けにより何倍もの広がりを感じることかできるよう計画。ダイニングキッチンには、3.8mのカウンターテーブルをはじめとしたオリジナル家具等により、使い勝手も考慮した家族が集う気持ち良い空間に…。耐久性・耐震性のある木質準ラーメン構造であるSE構法を採用し、さらに、柱・梁をよりシンプルにかけることで、ライフスタイルの変化による間取りの変更に対応できるよう計画。物理的な耐久性を考えるとともに、機能的な耐久性についても考慮した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1047
    • 6
  13. つらなりのいえ

    細長い三角形の敷地に大・中・小の3つの箱をリズムよく連ねた家・・・。 敷地選びから関わり、不整形な土地を分譲したことにより生まれた細長い三角形の敷地をあえて選び、プライバシーの確保と家の中からの広がりを両立した遊び心ある“すまい”を提案。 南北に細長い敷地を最大限に活用するため、敷地の形に合わせた大・中・小の箱を並べ、それらの箱の間に庭・ウッドデッキ・アプローチ等のスペースを差し込むことで、それぞれの居住空間に光と風を届けると共に広がりを演出。さらに、東・西・北側の3面が道路に面し南側は分譲地という外部からの視線に囲まれた場所をプライバシーも確保した居心地の良い住空間へと生まれ変わらせた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 605
    • 3
  14. 寺社原の家

    沢渡温泉に程近い緑豊かなその場所に、昨今は珍しくなった大家族・三世代7人で住まう家。古き良き日本の原風景を残す周辺環境、近所付き合い、世代間のつながり等を考え、高齢の父母にとっても居心地良い住空間になるよう計画。既存の住宅を半分残し仮住まいとしながらの計画となった。 家の中央に位置し自然素材中心に仕上げたLDKは、周辺の景色をふんだんに取り込めるよう大きな開口を設け、明るく居心地の良い空間で家族の団らんを楽しめる。それと同時に、それぞれのプライベートもきちんと確保できるようなプランに。リビングの隣に、ご両親のための南向きの明るい居間を兼ねた寝室を配置。リビングと寝室との間にご両親のための洗面とトイレを設け、将来の介護をも見据えた、両世帯間のほど良い距離感と生活しやすさを実現させた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 582
    • 7
  15. 八木原の家

    駅前の住宅街。自宅兼仕事場でありながら、プライベートと仕事での自分自身の切り替えをしたいとご主人。仕事の合間に家事育児、家事育児の合間に仕事を…と、それぞれが負担にならない距離間がよいと奥様。対照的な仕事、要望を『しごとば+すまい+あとりえ』と、3つでひとつ、そんな家族の形を提案。 『しごとば』から『すまい』の気配は感じず、『すまい』から『しごとば』の存在をまったく感じさせないよう計画。それとは対照的に奥様の『あとりえ』は開口を広く取り、家にいる子供たちにも目が行き届く。ご主人にも奥様にも、そして子供達にとっても程よい距離感…。また、シンプルでありながら素材感を活かした住空間、時を重ねるごとに風合いの増すような“すまい”を目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 972
    • 9
  16. 渋川石原の家

    敷地の南側に数十年暮らし続けた思い出の家を残しつつ、北側にこれから過ごすための快適な住まいを…。現在、一人暮らしをしながら元気に過ごす80代の母。近い将来介護が必要になることを見据え、『いかに楽しく、前向きに介護できるか』をコンセプトに、ケアハウスでありながら落ち着き、趣のある、何より心地良い“すまい” を提案。 一般的な設備に加え、介護者ひとりでも楽に移動させられる天井走行用リフトも設置。キッチン設備は、以前の家とほぼ同じ配置にすることで使い勝手の違いによる戸惑いを軽減。仕上げは自然素材中心に、体や環境にも優しく、また、自然素材の風合いを活かし安らげる住空間に…。機能面や利便性ばかりにとらわれないユニバーサルデザインを心掛けた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 723
    • 9
  17. 半田の家

    周辺は農地も多い閑静な場所。しかしながら駅に程近い場所ということもあり、近い将来、住宅街になることも視野に入れ、近隣からの視線を気にせず防犯面にも配慮、明るく開放的な住空間を目指した“セミコートハウス”を提案。 目隠しを兼ねた外部物置をはじめとした各収納は、建て主のライフスタイルをもとに、適切な場所、適切な容量を考慮し計画。そうすることで日常生活に負担を掛けず、さらに、すっきりとシンプルな居住空間の中で快適に過ごすことができる。また、建て主のこだわりである『青森ヒバ』(床材)を中心とした、シラス(火山灰)の塗り壁など、幼い子供にも“安心・安全”な仕上げ材を採用、人にだけでなく環境にもやさしい“すまい”となった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 716
    • 11

おすすめ

話題のキーワード