対策

対策に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく対策についてご紹介しています。

  1. お母さんがラクになる!子供が「自分でおもちゃを戻してくれる」方法

    散らかる子供のおもちゃ。 子供が自分で片付けてくれたらどんなに楽でしょうか。 この方法ならお子さんだけでなく、お父さんもお友達もあなたに聞かずにおもちゃを片付けてくれるかもしれません。 一度準備すれば、お母さんを毎日助けてくれるアイデアです。

    整理収納アドバイザー まいcleanlife
    • 284562
    • 701
  2. 放置するとカビの原因に。簡単にできる窓の結露対策

    冬になると誰しも悩むであろう、窓の結露。カーテンはびしょびしょになり、気づいたらカビが生えてしまったなんていうことを経験したことがある方も少なくないことでしょう。そんな結露、しっかり対策をすれば防げることはご存知ですか。今回は今日から始められる結露対策をご紹介します。

    LIMIA インテリア部
    • 11448
    • 57
  3. 鳥よけグッズと掃除で効果あり!?ベランダを汚す鳥の対策を知ろう【鳥対策・後編】

    ベランダを荒らす鳥の害について考えていく今回の記事。前編では鳥の被害の実態について見てきました。遠目で見るぶんには可愛さもある鳥たちですが、群れたり家のベランダに居座られたりしては迷惑なものです。後編では、対策について考えていきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3910
    • 17
  4. 家事のやる気が出なくて困っている主婦必見!十人十色の対策法を聞いてみた

    掃除や洗濯、料理など、家事のさまざまなことに対してやる気が出ない、何をするにも面倒に感じる時ってありませんか。世の中の主婦の方はどのように乗り越えているのでしょうか。今回は20代〜50代の主婦の方にアンケートを実施。家事に対してやる気が出ない場合の対処法などを教えてもらいました。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 8489
    • 24
  5. 地盤の強さが安心に繋がる!“地震に強い土地”ってどんな土地?

    大地震が発生した際、地盤の強さが被害の大きさに繋がります。 そのため、土地選びでは立地以外にも「頑丈な土地かどうか」が大切になってきます。 今回アイムの家ではコラム「地盤の強さが安心に繋がる!“地震に強い土地”ってどんな土地?」を公開しました。家族を守るお家、土地もしっかりと選びたいですね!

    アイムの家(岡山県)
    • 1228
    • 3
  6. 【終了】『セカンドライフの住まいの考え方』を考えてみませんか?

    野村不動産リフォームでは、50代以降の『大人世代』の方や、これから『大人世代を迎える準備世代』の方に、セカンドライフを愉しむため、ご自分のお住まいにはどれくらいの選択肢があるのか、住まいに対する考え方をご提案させていただくセミナーを開催いたします。

    野村不動産リフォーム
    • 915
    • 7
  7. やっぱり在来軸組み工法!このようにして家の骨組みはできるのです。

    鞍城建設の家づくりに欠かせないのが伝統を大切にした工法。構造といわれるいわゆる家の骨となるものには木材を使用します。土台・柱・梁・桁・間柱・大引き・垂木などといった部位からなる家。いわゆる上棟式ではこれらの部位を組み屋根まで作ります。その過程を簡単にご紹介。

    鞍城建設
    • 785
    • 12
  8. DIYからDITへ 仮設住宅を通して考える

    様々な分野で支援のかたちは多様化しています。デザインの分野、建築の分野でもかつてないほど様々な試みや取り組みが生まれています。 東日本大震災でも多くの犠牲と悲しみの中、進行形でさまざまな知恵が投じられています。しかし、徐々に集団移転先の造成が終わり、やっと土俵に上がったのに人手不足や資材高騰などの障壁が行く手を阻むという困難も多く聞こえてきます。造成が完了しない地域も多くあります。 災害では大きく「初動期」「復旧期」「復興・再生期」のような回復への段階的な整備のロードマップが描かれますが、各分野の支援においてもこの各フェーズに応じた配慮が求められると考えます。また、災害にも当然の事ながら「地震被害」なのか「津波被害」なのか「土砂災害」なのか「豪雨・洪水災害」などケースによって受ける物理的なダメージも心理的に受ける影響も様々に異なります。 今回ご紹介するのは、「初動期」。仮設住宅が完成し、入居が始まった時期に行った仮設住宅環境改善支援《ソラノキャンバス》というテント生地で共用通路に庇を架け渡すプロジェクトです。 これは、大学時代の友人建築家、基真由美氏と教え子である学生有志、早期にボランティアとして入ったNPO法人団体、大学の後輩らと恊働したものです。「初動期」という全体像が今ひとつつかみにくい中で、素材の検討やメーカーとの折衝、現地視察、試作実験などを酷暑になる前の短期間で集中的に検討し、何度かに分けて訪問、できる範囲で設置を行うという取り組みを行いました。 同時に、仮設住宅には小さなお子さんもいるため、このテント生地いっぱいに好きなようにのびのび絵を描いてもらうアートセラピー《ソラニエガコウ!》というワークショップを企画連動させ最後に庇として展示しました。 結果としては住戸数が極めて多いため、多くのお宅に届ける事は叶いませんでした。私達の人手や資金も体力も足りませんでした。それでも、懸念されている仮設内での熱中症の予防や、お住いの方々のコミュニティの醸成、そして、今後のプレファブ住宅の改善策の一助になれたらと考えたものです。 LIMIAは沢山のアイディアで満たされています。 いざというとき、その場にもしアイディアが生まれにくい状況があったら誰でもいいので「一緒に考えてみない?」とひと声かけてみてください。 それだけで変わることが必ずあります。

    前見建築計画一級建築士事務所
    • 1478
    • 9