ラセン階段

「ラセン階段」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ラセン階段」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 住まいの階段5 螺旋(らせん)階段

    五回目は階段を中心軸で支持する螺旋(らせん)階段です。 螺旋(らせん)階段は構造上、鉄を使って作ることになります。(周りの壁を使って支える方法もありますが、その場合は回り階段と呼ばれています。) 螺旋(らせん)階段は、その渦巻き状の形が空間のアクセントになり、視線が通るスマート階段をつくることができます。省スペースで設置できますが、中心付近では勾配がきつくなります。また、中心軸からの片持ち構造のため、踏み板の外周側のたわみが大きくなります。歩行時の揺れの感じ方には個人差があるので、部材のメンバーは慎重に決めることが必要です。さらに、階段は重たい物や大きな物が運び込まれる搬入経路でもあるため、その点での検討もしておくことが必要です。

    設計事務所アーキプレイス
    • 1275
    • 2

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード