上棟

「上棟」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「上棟」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【上棟に向けて:金物工法】

    川越の住宅の現場は、週末の上棟に向けて土台ひきの作業中。工場でプレカットされた梁や柱材もすでに現場に搬入済みです。従来の木造仕口・継ぎ手の部分(材料同士の接合部)が黒い金物に置き換わった金物工法という工法です。 従来の工法に比べて、木材の接合部分の断面欠損が少ない(約1/4)ので、接合強度がUPしています・・・。また、金物が内部に隠れてしまうので、ヒートブリッジ(熱の通り道)にならず、断熱材の欠損も少ない。という利点もあります。 施工性もいいので、大工さんの作業も軽減化されます。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 351
    • 2
  2. @@豊中市熊野町にて,3階建て屋上バルコニーの家 棟上げ@@

    さいきん、予測外に急な雨に悩まされる・・・ ホームスタイル 工務部 藤井です(^^) 本日は、豊中市熊野町で施工中の、M様邸の上棟を行いました(^^) M様 おめでとうございます(^^) なんとこちらの新築住宅、3階建てに屋上バルコニーで施工しております(^^) 建ててみると・・・・デカイ??? 完成が楽しみです(^^)

    homestyle㈱@藤井ちゃんの建築日記@
    • 699
    • 7
  3. @@本日は吹田市豊津町にで事務所ビル上棟@@

    本日も上棟~(^^) 今回は、吹田市豊津町にて、なんと・・・ 事務所を木造で新築しちゃいます・・・ 沖縄は梅雨入りしたと先日のニュースで報道されておりましたが・・・? 本日も絶好の棟上げ日和となりました(^^) 御施主さまのN様にも、上棟の様子をご覧になって頂き(^^) 有難う御座います。

    homestyle㈱@藤井ちゃんの建築日記@
    • 797
    • 10
  4. 家づくりの始まり

    上棟までの材料(構造材)を工場にて刻むこと。これをプレカットと言います。 現在、ほとんどの木造(在来)住宅の土台や柱、梁は工場にてプレカットされたモノを大工さんが建てます。 そのプレカットの工場を見てまいりました。 長さはもちろん、臍(ほぞ)、かま継ぎ、あり掛けなど昔は大工さんが行っていた仕事をほとんど工場の機械にて終わらせることができます。 たまに特殊な作りの家の時は大工さんが自分で刻むことはあります。 (こういう時は上棟が無事終わるまで大工さんはかなり緊張するそうで(汗)) 機械的になって間違えることがなく生産性は向上したと思う反面、少しだけ寂しさを感じてます。

    ハウス工房(株式会社ディアーコーポレーション)
    • 1122
    • 14

おすすめ