別荘

別荘に関するアイデアをまとめ! さまざまな別荘の事例や別荘のリフォーム・リノベーションについてなど、幅広い情報を紹介しています。これから別荘を購入しようか迷っている方や、別荘の改築を検討されている方は、きっと参考になるはず! すてきな別荘ライフを送りましょう。

  1. テーマは「スカイリビング」。まるで空中を浮遊しているかのような大パノラマ別荘

    芦ノ湖から駿河湾、富士山までもが一望できる、見事なパノラマビューが眼前に広がるセカンドハウス。手掛けたのは、STAR(有限会社エスティエイアール)代表の佐竹永太郎氏。施主であるKさんは、自分たちにとって理想の住まいづくりをトータルで任せられる佐竹氏にすべてを託したのです。今回は、建築家を信頼し、すべてを託したからこそ誕生した美しい住まいを紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1667
    • 4
  2. 北海道、離れ、定年後…すべての条件を調和した自然素材空間

     ご自宅に隣接した敷地に、終の棲家(ついのすみか)となる「離れ」として計画されたOさん邸。これから年齢を重ねていくご夫婦がゆったりと暮らせる、ワンルームのような伸びやかな空間が広がります。リビングダイニングの中心には、1枚の壁が。そこには、雪に閉ざされる北国の住宅で、少しでも自然光を感じながら快適に毎日を過ごすための工夫が集約されていました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 943
    • 9
  3. 志向の違う共働き夫婦が、揉めない!いや心地よい!リビング作り

    共働きのFさんご夫妻は、あるきっかけから住み慣れた場所での建て替えを決意。ライフスタイルの違うふたりがめざした住まいは「ひとりでも、ふたりでも心地のいい空間」。建築家・松本直子さんは、さまざまな工夫でコンパクトな敷地内にLDKのほかふたつの寝室や書斎なども備えた理想の住まいを実現させた。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2909
    • 10
  4. 軽井沢・森のテラス

    軽井沢の平坦な森の中に計画された別荘。この地域の厳しい壁面後退の規制と十分な敷地面積のため、周囲にいくつか建つ別荘との間も十分に距離が確保され、敷地境界線の存在を感じさせない敷地である。建物は森の樹々の間にひっそり佇むように、敷地の区画線とは軸線をずらし配置した。LDKのある棟と寝室のある棟を角度をつけて対面させているため、窓から見える風景に自らの建物が映りこみ、2棟に挟まれた三角形のウッドデッキは周囲から少しだけ隔絶された空間として2棟をつないでいる。建物へのエントランスと2棟をつなぐ通路はともに空間を切り替えるトンネル状の空間として、その先に森の風景を対面させている。

    tentline(テントライン)
    • 607
    • 3
  5. 《 まるで南国リゾートみたいなリラックス空間へ》~リフォームするなら今がお得~

    今回アジアンリゾートをイメージしたこだわりのお家です。 内装インテリアと一緒に今回水周りも最新エコ設備へリフォームした弊社事例です。 お住まいを快適にする最新の水周りや、内装のリフォームを検討しているなら今がお得なんです! 今回のT様邸のリフォーム事例を参考に、今お得な助成金が出るリフォームのご紹介もしていきます。

    株式会社インデックス
    • 2902
    • 11
  6. メタリック・フローリング・ウォーリングシステム (メタルサーフェイスシステム)

    銅やスチールなどの素材とイタリアのデザイン力とクラフトマンシップから 生れるサーフェイスシステムです。 無機質ながら、特徴的でハイエンドな美しい空間創造を可能にします。 私邸やセカンドハウスにははもちろん、店舗や大型建築にも、

    株式会社ピラミッド
    • 650
    • 1
  7. 別荘をリノベーションする時に気をつけておくべきポイントとは?

    普段お住まいの本宅にリノベーションを施すケースは多く見られますが、実は「別荘」にリノベーションを施すケースも珍しくはありません。別荘にこだわりのリノベーションを施せば、旅行や避暑地での生活をさらに快適にできる可能性があります。 ただし、別荘は本宅とは目的が異なるので、異なる視点でリノベーションを計画することが大切です。ここでは、別荘にリノベーションを施す際のポイントなどについてご紹介していきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2334
    • 4
  8. 山桜や紅葉に囲まれた上質空間に泊まれる別荘

    庭木を見渡せる大きな窓、解放感のある吹き抜けの居間、土地を生かす間取りを考え 釘を使うことのない木組みの伝統工法によって建てた自然素材の家。もともとは別荘として新築したが、多くの人にこの心地よさを味わってほしいと貸別荘としても利用している。http://y-sakuraan.com/(八ヶ岳さくら庵)

    有限会社 中村建築事務所
    • 416
    • 0
  9. 「開けっ放しのできる家」

    斜面に対して横長の配置計画で建物のどこにいても素晴らしい眺望を得ることができるプラン構成としました。更に、自然環境の中に身を置く心地良さを得るための配慮として、南面サッシは全引戸で両袖のRC壁に引き込まれ柱だけが残る全開口とし、木製デッキを迫出し、屋内外の環境の一体化を図りました。また両袖のRC壁は構造的にも南面の開口から筋違いを消す役目も担っています。  全開口は、寝室、ラウンジ、浴室へと続き、移動可能な浴槽は、時にデッキに持ち出され自然な風に吹かれながらの入浴が楽しめます。 これは「傾斜地に建つ建物」と言うより「傾斜地に設けた風雨をしのぐステージ(舞台)」と言うところです。  四季折々の自然環境を楽しむステージとなることを期待いたします。

    アトリエ慶野正司
    • 691
    • 1
  10. 沖縄古宇利島の高級リゾートホテルONE SUITEの設計エピソード

    【TBS「世界さまぁ〜リゾート」にも取り上げられた完全貸切リゾート】  沖縄北部の離島、古宇利島に別荘を設計デザイン。インテリアデザインSou. とのコラボレーションで、建築とインテリア空間のあいまいな境界を探った。その境界では強烈な日差しや風をやわらかい光・風、そして眺望に入れ替える。沖縄の、東シナ海のおおらかで厳しい大自然を、建築で切り取り、インテリアで取り入れる。  http://onesuite.okinawa

    &lodge inc.
    • 1628
    • 18
  11. 琵琶湖畔の住宅 ~リゾートライフを楽しむ湖畔のヴィラ~

    琵琶湖に面したロケーション抜群の別荘計画。 立地を最大限に生かして琵琶湖側の開口部を広く取る一方で、道路側はプライバシーに配慮したファザードに。 マリンスポーツやBBQ、そして花火大会を存分に楽しめるリゾートスタイルの住宅です。 広いLDKは素足で歩いても心地良いようにタモの無垢板を張ったほか、 炎のゆらぎが美しいエタノール暖炉を設置。 2階には2つのベッドルームと大部屋を設け、人数に関係なく宿泊できるよう配慮しました。 http://www.rover-archi.com/works/biwako_t/

    ローバー都市建築事務所
    • 606
    • 8
  12. 軽井沢・灯りの家/別荘

    日当たり良い立地で、綺麗な芝生のある土地に別荘設計を行いました。 周辺との景観バランスを考え、平屋建て37坪としながら、デッキ13坪のある、ゆとりのある空間で、ゆったりと過ごせる空間となっています。 また、断熱計画をする際に、音への配慮計画もあったため、高気密高断熱を実現するために東北地方を拠点におき、室蘭工業大学教授/鎌田紀彦先生が代表理事の「新住協」というNPO法人の仕様を採用することとし、工事は、このNPO法人のマスター会員が施工するという体制としました。 外観デザインは、景観に配慮した色彩計画とし、素材も板壁とし、屋根勾配は、浅間山を南側からも見れるよう、緩やかな勾配としました。 室内デザインは、建て主のお気に入りの家具や照明器具を、床や壁の素材、窓、水栓、キッチン、照明、色彩、薪ストーブなど、空間デザインで際立たせるようにしました。

    一級建築士事務所アトリエ カムイ
    • 738
    • 9
  13. 軽井沢・ソトウチの家/別荘

    場所は、長野県軽井沢町の別荘地内。借景として軽井沢にある離れ山を南東方向で楽しめる斜面地に建つ古い別荘の改修を行いました。 改修前は、離れ山方向に和室が存在し、開口部の高さ、幅ともに小さく、閉ざされた雰囲気であった和室や居間、個々に存在する平面計画のため、当時の計画では、おそらく、借景を生かすというよりは、別荘の中で過ごすことを重視したと思われる。 初めてこの別荘に訪れた時に、南の採光、風の流れ、そして何よりもこの借景を室内に取り込むことがこの建物が欲しているように感じた。傾斜地のため、無理な増築は建物にも負担がかかり、工事コストも大きくなるため、既存の外郭ラインを生かしたまま、新しい居場所として、和室を外と中の要素を持つアウトリビングとして改修する方針で計画を進めることとしました。 大きな引き戸を閉めた状態では、窓越しの借景を楽しみながら、室内として利用でき、ペアガラスの木製建具であるため、極寒の冬でもアウトリビングではその寒さから身を守り、雪の景色を楽しめる。 窓を開放すると風がアウトリビングの中を通り、鳥の鳴き声や風が木を揺らす音、時には雨の音が聞こえ森の香りとともに、内部にいながら外部の臨場感を体全体で感じることができる。 軽井沢の別荘で過ごす醍醐味は、都会での生活では、感じられない豊かな自然を時間の流れを忘れて、いかに五感で楽しむことかと思う。この別荘の改修では、そんな居場所をつくることを目指しました。

    一級建築士事務所アトリエ カムイ
    • 949
    • 6

おすすめ

話題のキーワード

    78件中 1 - 20 件を表示