アオダモ

「アオダモ」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「アオダモ」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. #024 木々をくぐって

     今回のメインテーマは「イメージにある雑木の庭を取り戻す」です。25年ほど前、雑木の庭を作るべく造園屋さんと相談し、ソロノキ、マテバシイなどを植栽したそうです。樹木が生長するに従い、幹は太く長くなり、施主が思い描いていた雑木の庭のイメージと合致しなくなってきました。合致しなくなった理由はいくつか考えられますが、大きく三つ、挙げる事ができます。即ち、単幹と株立ち(ほぼ単幹が占めるため単調に見える。株立ちが少ないため、太くなり過ぎた幹を切断して別の細い幹を生かすといった更新がし難い。)、剪定方法(バリカン等で剪定されている箇所もあるので自然な感じには見え難い)、樹種の数(10種類あるかないかでは?)の三つです。雑木という言葉の位置づけが難しいところですが、上記を加味して施主が思う雑木の庭を再現することにチャレンジしました。  もう一つのサブテーマは「地産地消」です。食べ物の地産地消ではなく、技術や物の地産地消。今回試作品として照明を2基設けました。通常の埋め込み式アッパーライトにステンレス製のカバーを被せ、その中にガラスを詰め込んだものです。カバーは施主が経営している鉄工所にお願いし、ガラスは備前市で耐火煉瓦を精製する際に不純物として排出されたものを使用しました。照明をともした時の何とも言えない手作り感、柔らかい雰囲気は既製品にはない趣を醸し出しています。これが正式な地産地消と呼べるかどうかは分かりませんが、大きな意味で技術と物の地産地消と言えるのではないでしょうか?  今回、地被類は植物の好きな施主にお任せしました。まだまだ土の部分が多く見られますが、今後どんどん変化して、更新していくことを願っております。

    Green Scape Lab(GSL)
    • 1623
    • 11
  2. #022 緑に包まれて(その1)

     何度か打合せを重ねる中で、スタッフのみなさんは現状の打破を求めているように感じました。この住宅の特徴として、1)工場でボックス型ユニットを生産し、現場で組み合わせるため工期の短縮が図れる、2)工場での生産比率が大きいため高品質が維持できる、3)1)、2)に加えて鉄骨ラーメン構造による高い耐震性、などが挙げられます。ガーデンやエクステリアの工事に関しても、そういった効率や安定、規格製品に基づいた設計・施工がなされてきたように感じます(ともすれば面白味のない・・・)。従って、今回は今までとは異なる空間を創出し、スタッフの皆さんが変化したことを意識し、それが来展されたお客様に伝播し、変化した空間をお客様に味わっていただくことを目指しました。  視覚的に最も変化した点は、植栽のボリュームです(かなりアップしました)。掃出し窓や開口の大きい窓の前は、壁やフェンスといった構造物で目隠しを施すのではなく、高さの異なる植物を立体的に配して、木々の揺らぎや生長、季節によって見えたり見えなかったり、といった曖昧な目隠しを施しました。これはウチからもソトからも植物を見て感じる事ができ、互いの視線をさほど感じることなくその空間に浸ることができるという効果を生んでいます。また、自然植生にすることはできませんが、出来る限り在来種を植栽しました。タイルのテラスを通り抜けるとき、全体を覆ってくる植物群は街中に居ながら自然の中にいるような錯覚を起こし、ちょっとした懐かしさを感じるでしょう。  唯一抽象的な空間を中央に配置しました。この空間は「定形」と「不定形」を混在させて川に見立てた坪庭で、タイルのテラスや建物(定形)と植物群(不定形)をイメージの中で集約させて表現した場所です。川の両岸は滑らかな曲線で描かれており「定形」をイメージさせます。曲線の中の二種類の小舗石は「定形」のイメージを増長させますが、景石や敷石の「不定形」が混ざることにより、それぞれがバランスを取る役割を果たしています。ここは西側に旭川が、東側に百間川があります。旭川から分岐して流れ着いた水が川となり、建物を通り庭に出て百間川へと流れていくイメージです。街中ですので、荒々しい石組の川というよりも、整備されたせせらぎの様な川のつくりとしました。

    Green Scape Lab(GSL)
    • 2453
    • 14
  3. モダンな外観に合わせた、シンプルで一体感を感じるこだわりの門袖。

    お住まいの色調に馴染むよう、ホワイトの明るい壁にレッドウッドのバーが直角に重なり合った特徴的なデザインで、シンプルでインパクトを感じる門袖に。 門袖の形にあわせてポーチもリフォームしました。 門袖の足元には、ブラッククローバーやシルバーグリーンの植物を。 また、スクエアのスタイリッシュなプランターに植えたのはアオダモ。 白い幹肌が背面のネイビーの壁によく映えます。

    カントリーガーデン
    • 1890
    • 7
  4. 北欧の自然石で柔らかく彩った 門柱と緑の庭先

    北欧からきた自然石をそのまま門柱として使い、お家の顔にしています。 アイアンの表札とも、お隣のシンボルツリーとも優しい色合いは調和。 一歩庭の方へと入れば同じく北欧からきた石畳の先に、お客様が大切に育てている植物たちと、家庭菜園があります。 今まではプランターでしか育てられなかった植物たちが広いお庭で生き生きと育っていく様子を、お子様たちは毎日楽しみに覗き込んでいます。

    カントリーガーデン
    • 2059
    • 3
  5. #017 集合住宅の緑とあかり

    今までの集合住宅は建物と駐車場が敷地一杯にあり、樹木等を植栽すること、庭を設けることなどは積極的に行ってきませんでした。近年、その傾向は徐々に変化しつつあります。今回、機会を得て小スペースながらもある程度の植物を植えることが出来ました。春夏秋冬、四季折々の表情を少しでも楽しんでいただければ幸いです。 南棟1階の3戸にはそれぞれ庭があり、高木を一本ずつ植栽しました。管理面を考え化粧砂利と常緑樹一本という極シンプルな構成ですが、考え方を変えれば余計なものをそぎ落としたミニマルな庭、といっても良いかもしれません。忙しい日々の中で窓の外に目を向けると樹木の緑を感じることが出来ますし、花が咲く樹種や実を付ける樹種もありますので、緑を存分に体感できるはずです。 植栽工事の他に照明器具の選定、配置も計画させていただきました。テーマは”当てて照らす”です。建物の立面図を見た時に窓のない壁面が多く存在したので、窓を避けながらほぼ等間隔でスポットライトを配置し、壁面を照射することとしました。ポールライトは目立ちすぎないように地上高400mm以下、反射板で足元を照らすタイプを選びました。施工性等の観点からスポットライトとポールライトの2種類のみで計画を立案しましたが、シンプルながらも多様で質の高い空間となりました。 今回の事例は、はじめの一歩です。人の住まう場所に緑があり安らぎ憩う、防犯機能だけではなくライトアップにより非日常空間を感じ楽しむ。周辺環境の上質な空間が個々人の生活の質の向上につながると信じ、少しずつでも進んでいければと思っております。

    Green Scape Lab(GSL)
    • 1190
    • 11
  6. #006 大人数で集い憩う庭

    津山市にあるご実家を解体することとなり、庭の木や石をこのまま処分したくないという思いが芽生えたそうです。 「もしも移設、移植するとしたら場所はここ(赤磐市)しかない。」、「折角移設、移植するんだったら今の庭もリノベーションしてしまおう」という考えに至り、工事を依頼していただきました。 今回のご要望で優先順位が高い項目は「石、庭木の再利用」と「バーベキューコンロ」でした。 毎年季節ごとに20~30人が集まって、筍堀、秋刀魚パーティーやバーベキューを楽しまれるので常設のバーベキューコンロが希望でした。以前から使用していた仮設のバーベキューコンロは囲炉裏の様に皆が周りに座って使用していたそうです。そこで今回もレンガと自然石を用いこの形を踏襲しました。座って使用することを念頭に置き、足が入るようレンガで先細りの形状を造作しました。「安定した構造でかつ美的にも成り立つこと」がこのコンロのテーマです。 コンロの他に乱形石張のステージも施工しました。元々あった和庭の石、植物とご実家から持ち込んだ石、植物を再利用して子供たちの遊び場としてのステージを設けました。家~バーベキューコンロ~ステージ、古いものと新しいものが混在し補完しあいながら自由度の高い空間が完成しました。

    Green Scape Lab(GSL)
    • 1611
    • 11

おすすめ

話題のキーワード