喘息

「喘息」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「喘息」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 喘息だと生命保険に入りづらい?注意点や入れる保険の探し方まで

    喘息は気管支の病気で、根治は難しいとされています。いわゆる持病といえる病気で、喘息を持っている場合、生命保険に入る際に不利に働くといわれています。しかし、喘息だからといって生命保険に加入できないわけではありません。今回は、喘息の人が生命保険に入る際に気をつけるべきポイントや、入れる保険の探し方についてまとめました。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 457
    • 8
  2. 医療保険は喘息でも加入できる?持病を持つ方が保険を検討する前に知っておきたいこと

    つらい発作が起きる喘息をお持ちの方で、入院や手術に備えて医療保険に加入しておきたいと思われる方は多いもの。しかし、「加入するときの診査で断られたらどうしよう……」と不安になって、そのまま加入しないでいる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、喘息の方が医療保険を検討する前に知っておきたいことについてご紹介していきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3467
    • 7
  3. 【暖房エアコンのカビ】咳・鼻炎が止まらない!カビを予防する方法

    毎日寒く、暖房でエアコンを使用される方も多いのでは? HappyLifeはハスウクリーニング店ですが、12月もエアコンクリーニングのご依頼がいっぱいでした。 今年のお客様の声は 「夏が終わった時は大丈夫だったのに、暖房付けようと思ったらカビがすごいことになってました!」 あなたのエアコン大丈夫? カビを発生しにくくする対処法もご紹介します。

    清掃収納マイスター 山崎由香
    • 10716
    • 78
  4. 住宅とアレルギーについて 『家族の健康を守るために』

    近年、住宅の性能が良くなっている反面、アレルギー性疾患が増加しているのはどうしてでしょうか?? 平成15年保健福祉動向調査によると、国民の3人に1人(35.9%)がアレルギー様症状があると報告されており、この数はさらに増加していると思われます。 また年齢階級別に見ると若年層に割合が多く、5~14歳で42.7%と高くなっています。 アレルギー性疾患には、喘息、アトピー性皮膚炎、アトピー性鼻炎、アトピー性結膜炎などがありますが、喘息の場合、平成23年度学校保健統計調査によると、全ての学校段階において上昇傾向にあります。 幼稚園では、10年前の平成13年度1.29%だったのが、平成23年度では2.79%と2倍以上となっています。 また、個人差はありますが、アレルギー性疾患は合併しやすく、定期的な通院が必要なアトピー性皮膚炎の乳児の4人に1人が喘息になり、喘息の子の2人に1人はアトピー性皮膚炎があるか既往があるようです。 この要因として、室内環境の変化(特にダニの増加)や大気汚染、アトピー防御機能の低下などが関係していると言われています。 なかでも住環境や生活環境の変化が大きな要因として指摘されており、気密性の高い住居構造による結露の発生、カーペットやエアコンの普及等によるダニやカビの発生との関係があるようです。 住宅性能、快適性の向上がこのような症状を引き起こしているという皮肉な結果になっています。 家族の健康をいかにして守るか。 これからの家づくりはこの点をしっかりと考えていかなければなりません!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 592
    • 4

おすすめ

話題のキーワード