グラス

グラスに関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすくグラスについてご紹介しています。

  1. 10分でできる♪可愛いいちごのグラスチーズケーキの作り方

    旬のいちごを使って あっという間にできるグラスチーズケーキを作りました♪ ものの10分。 手際の良い方なら5分でできちゃいます♪ ふんわりホイップして グラスに入れるだけだから本当に簡単! いちごの簡単かわいい飾り切りをトッピングして キュートないちごスイーツに仕上げました♡

    chiho
    • 4768
    • 86
  2. 「食器洗浄機」は心強い助っ人。メリット・デメリットを徹底調査!

    面倒な食器洗いを自動でやってくれる「食器洗浄機」。便利という人もいれば、必要ないという人もいます。使い心地はいったいどのようなものか、ユーザーの声が気になります。その実態を知るため、今回は食器洗浄機の普及率から選ぶ際のポイントまでアンケートで調査しました。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 12245
    • 22
  3. コニャックやウイスキーのボトルをモチーフにしたユニークなフォルムのデカンタ『リーデル・エム コレクション』が登場

    オーストリアのワイングラスカンパニー「リーデル」を展開するRSN Japanから、コニャックやウイスキーのボトルをモチーフにした3種のデカンタ『リーデル・エム コレクション』が8月2日(水)より発売しました。

    LIMIAニュース部
    • 1867
    • 4
  4. 食器かごを使うポイントって?キッチンのスペース問題を解決するヒントを大公開!

    食器を洗った後は、食器かごに干していますか?私たちの周りには普段何気なく使っているものでも、十分に使いこなせていないものがあります。そのひとつが食器かご。今回は主婦50人の皆さんに食器かごの使い方のポイントや活用術をお聞きしました。主婦の知恵を活用して、家事を効率的に行うポイントを抑えましょう!

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 15457
    • 12
  5. 【イケア】ワンコイン・スイーツが登場♡ 個性豊かな3種の期間限定メニュー「グラススイーツ」(グラス付き) 開催♪

    「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパンが、期間限定メニューのグラススイーツを2月26日(日)まで開催中です。

    LIMIAニュース部
    • 2907
    • 6
  6. 100均アイテムを使って秋夜にcandle★nightで癒されよう!

    いつもいいね♡ありがとうございます! またアイデアを投稿させてください( ⁼̴̀꒳⁼̴́ )✧ 最近ハマっている100均のミニグラスのロックグラスやショットグラス、リキュールグラスやキャンドルライトを使って… 秋めいた夜になんだか癒される空間を作りましたのでレポートしたいと思います! 参考にしていただけると嬉しいですʕ•ᴥ•ʔ

    UNIVERSTWORKS/MAACO
    • 823
    • 13
  7. いま旬の「ギャザリング」を楽しんで! Francfrancから新作パーティーアイテム登場。

    有名雑貨ショップ「Francfranc (フランフラン)」から、新作パーティーアイテムが発売! ターゲットにしているのは、いま旬の「ギャザリング (=英語で「集まる」の意)」。暑さも弱まり過ごしやすくなってきたこの季節。Francfrancのアイテムと一緒に、"ギャザリング" パーティーを楽しんでみては?

    LIMIAニュース部
    • 1271
    • 9
  8. 秋の野山に出かけたくなる グラスガーデン 

    日本中いたるところで見ることのできる、秋の野山のススキは、黄金色に揺れる穂がとても美しいです。ススキは、イングリッシュガーデンによく使用されるオーナメンタルグラスの一種です。黄金色に揺れるススキは、実はイギリスのガーデナー達の憧れでもあります。それらを私達のガーデンデザインで、日本の素晴らしい風景を再認識してもらい、野山に自然に出かけて行きたくなるような願いを込めてつくりました。

    Green Team co. jp
    • 336
    • 2
  9. アール・デコ

    アールデコは、芸術様式と技術の近代化・抽象化が進んだ時代です。 19世紀末に隆盛を極めたアールヌーボー美術は、近代産業が著しく発達しはじめた1910年後期になると急激に衰退を見せまじめました。 ナンシー派自然主義に見られたアールヌーボーを象徴する”ものの哀れ”という自然そのものを描写する物の見方や、一点物(Art&Caft)という単一の作品だけで物を愛でる風潮が避けられるようになっていきました。 そして、アールヌーボーが辿った隆盛の軌跡を辿るかのように台頭していったのが ”アール・デコ”(Art Deco 1920~40年) と呼ばれる20世紀初期を代表する芸術運動です。 描線が太く単一化され、空間デザインの要素となるような抽象的・幾何学的な模様、ギリシャ神話に見られるような力強い人物や動物、エスニック(エジプト趣味)が親しまれるようになりました。 もともとはアールヌーボーの代表的なジュエリーデザイナーだったルネ・ラリックがアールデコのガラス工芸家に転じ、ナンシー派のシュナイダー兄弟ももともとアールデコ様式の素養が高く早い段階で変化していくなど、1920年初期は前身のアールヌーボーからアールデコに転身していったアーティストが大半でした。 芸術家もより精巧な作品を作ろうと、工房に機械化を進め、工芸品が規格製品化され、量産されました。作家の中には、量産品を作る中で1点物の制作を続ける工房もありました。その代表格で、ルネ・ラリックやドーム兄弟、シュナイダー兄弟、ミュラー兄弟、ルイス・C・ティファニーがいました。 A&Oでは、ルネ・ラリックをはじめとするアールデコ工芸品の取り扱いにも自信があります。逸品と語り継がれてきた数々の工芸品を愛好家の皆様にお届け致します。 アンティーク&オールディーズでは、ヨーロッパから様々なアンティーク商品を直輸入して販売しています。 アール・デコ製品販売コーナーへ http://aando-since1993.com/our_antique/art_deco.html

    A&O
    • 330
    • 4
  10. イングランド北部の庭の花壇は多年草花壇

    多年草で構成された花壇は、常緑と落葉、花の咲く季節、球根を計算して植栽しています。一年を通じて変化の楽しめるガーデンデザインこそが、ガーデンデザイナーの醍醐味です。植物知識だけでなく、気候も知らなければなりません。また、環境による生育過程もデーターとして蓄積していかなければなりません。今回、イギリスでお庭づくりの機会を得たことは、私たちにとって大きな財産となりました。イギリスの情報もお届けしていきます。

    Green Team co. jp
    • 581
    • 4

みんなの投稿コンテスト