メゾネット

集合住宅の住戸形式の1つ。専用住戸内が2層に分かれていて、内階段で結ばれている。居住空間が立体的に配置でき、一戸建て感覚が味わえる。

  1. 変形地に建つ投資マンション

    広尾に建つ賃貸マンションです。もともとオーナーの住宅があり、オーナー住戸併用の賃貸マンションをご要望されていましたが、お土地やロケーションのポテンシャルを上げるには、賃貸専用のマンションにされた方が良いのではないか、という私たちのアイディアを採用していただきました。 広尾という場所柄、できるだけ高級感を出しつつも、投資用ということであまりコストもかけないようデザインを工夫して、投資物件として成立させようと計画しました。 間取りはメゾネット、吹き抜け+ロフトなど様々なバリエーションを用意し、変形地(三角形)に10室を設けることができました。 面白いことに、変わった間取りから埋まっていきました。面白い間取りというのはニーズがあるようです。

    アトリエシーユー
    • 1119
    • 1
  2. にしはらのながや(東京都)

    集まってすむ人達と共に、開かれたコミュニティーを作っていきたいと考えていました。もちろんそれは強要するものではなく、開きたい時に開くことができ、そうでない時は距離感を保てるような自由度を持ち合わせていなければなりません。この建物が『にしはらのながや』と名付けられたのも、“ながや”という響きが落語に登場するような同居人達の賑やかなコミュニティーを連想させるからです。

    川久保智康建築設計事務所
    • 1512
    • 7
  3. ロフトの脱デッドスペース!梯子から階段への交換リフォーム

    多くのロフトに設置されている梯子では、あまり使いやすいとは言えず、 せっかくのスペースが物置きになってる。。。 という状況は、多く聞かれます。 ARKEロフト階段への掛け替えによって、 階段では驚くほど小さなスペースで十分な昇降機能を確保できます。 書斎やアトリエ、子供たちの勉強スペースなど、 ロフトの使い勝手を改善し、部屋を1つ増やす工夫を。

    株式会社ピラミッド
    • 4518
    • 20
  4. 階段をクッションフロアにリフォームしよう!毎日使う人にやさしい空間に

    階段をクッションフロアにリフォームするアイデアと事例をご紹介します!階段のリフォームは、架け替えやかぶせ式の部材などで新しくする方法が一般的です。しかし今回は、クッションフロアを使ったリフォームの方法をご説明します!クッションフロアの魅力と一緒に、階段をリフォームするアイデアと成功した事例をまとめたので、リフォームのお考えの際にはぜひ参考にしてください!

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 9674
    • 9
  5. 「Liverty Misasa」狭小地のデザイナーズマンション

    入居者に選ばれるような賃貸マンション、今までにありそうでなかったカタチ・・・・ 各階5戸がすべて形状も異なり、様々な表情を見せる。半地下の専用庭付の部屋、メゾネットタイプの部屋等々さまざまなバリエーションの部屋をつくれたと思う。 狭い間口、深い奥行き、といった一般的に「うなぎの寝床」といわれるような敷地に対してどれだけの表情をもった部屋を配置できるかが一番の課題となった。結果的には総戸数32戸に対して9タイプの部屋を作ることができた。 工事中から入居の問い合わせを頂き、今後、どのような人々が住んでどのような建築物へ育っていくのか楽しみである。三篠という非常に人気の高い立地に対して家賃も手頃で新しいレベルのデザイナーズマンションが出来上がった。

    arch-plus
    • 594
    • 1
  6. C.02森に開く長屋

    計画地は、高台にあり西側は泉方面から泉ヶ岳まで見渡すことができとても眺望が良い敷地です。東側は台原森林公園に面し、自然豊かな森が広がる場所で、この2つの環境を活した配置計画としました。メゾネット型とすることで、どの住戸からも2方向の景色を取り込め、屋内からその環境を感じる窓が配置されています。 構造はシンプルなものとし、基礎や梁組などの構造体を表しとすることで施工工程の削減や部材の省略化により建築コストを抑える工夫がされています。構造体を直接意匠として使うことにより、必然的にコンクリートや木といった素材が現れ単調になり易い内観に面白さを与えました。また、構造体を表すことで賃貸という建物の用途に伴う入退去のアフターメンテナンスに対応しやすい作りとすることが出来ました。 外装は、高台で輝いてほしい施主の思いと大きく育った木々の下でも明るく感じることが出来るようガルバリウム鋼板のホワイトを採用しました。耐久性や防汚性にも優れ、高台特有の強風などの影響をうけにくいものを選びました。 またプランは3種類あり、Aタイプは玄関前に車やバイクを停めたり、作業スペースなど多目的に利用可能なポーチテラスを設けました。B・Cタイプは、1階は全く同じですが2階がそれぞれ異なり、Cタイプは2LDKとし部屋として使う間取りとしました。Bタイプは余計な仕切りを取り払い、ワンホール型としました。さらに、B・Cタイプは、公園側に専用の庭を有しています。

    建築工房DADA
    • 1426
    • 9
  7. 更の家

    新たに中古物件を購入する場合と違い、長年住み続けてきた住居のリノベーションでは部屋の配置や動線など使い慣れて変更したくない部分と、常々問題を感じてきた部分とが共存しており、対処療法的な設計が不可欠です。そこで内装をスケルトン状態に戻して考え直すのではなく、従前の間取りを引き受けつつ更に発展させる、接ぎ木のようなリノベーションの形を模索しました。

    山本嘉寛建蓄設計事務所 YYAA
    • 1460
    • 6

おすすめ

話題のキーワード