狭小住宅のアイデア(4ぺージ)

狭い敷地に建てられた住宅のことを指す。土地が狭く、延床面積を充分にとれない住宅で、狭いスペースを工夫し、デザインと生活空間の充実を図るなど設計能力を必要とする。

  1. 古びの良さを生かした・リノベーションの方法

    両親から継いだ家、若い時代に建てた家、その家を建て替えるのでは無く、リノベーションする事で、 現代のライフスタイルに合った住まいに、生まれ変わる事が出来ます。 耐震の補強をし、震災対策をしながら、プラン(間取り)を変え、新しく、 でも家族や家の歴史を繋いだ住まいの作り方をお知らせします。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 5556
    • 8
  2. 暗いくなりがちな、住宅密集地で光が満ち溢れる住まいづくり

    下町や都心部では、住宅が密集・敷地の小さな町が、広がっています。 圧迫感を感じ、光が入らず暗く、風通しの悪いジメジメした、住環境の家が立ち並んでいます。 「風」と「光」を取り入れ、伸びやかで、高さ制限を上手くクリアする、光あふれる明るい家の創り方をお伝えします。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 3438
    • 4
  3. 狭小地に建つ住居併用のイタリアンレストラン

    静かな住宅街の中におしゃれなお店が建ち並ぶ神楽坂にある隠れ家的なイタリアンレストラン。カウンター10席と3つのテーブルの客席は週末ともなると予約なしではなかなかは入れない人気のお店ラタルタルギーナです。 そんなこじんまりとし家庭的なお店の上にはオーナーの住宅もあり、いわゆる店舗併用住宅です。 しかも敷地面積はわずか14.5坪の狭小地に、木造3階建を計画。 更に地下室、最上階の上にはロフトを作り、法的に可能な最大床面積の住宅です。

    アトリエシーユー
    • 2140
    • 4
  4. 長屋(連棟)リノベーションリフォーム 見学会

    長屋のリフォーム工事が始まります。築後80年が過ぎていますが、長屋のため本格的なリフォームはされていません。今回のリフォームは基礎補強、構造補強、断熱工事、屋根葺き替え工事です。また限られたスぺースを有効利用し、快適な生活空間を作ります。 長屋は隣家と壁で仕切られています。古い建物は壁も薄く、遮音も不足しています。また断熱材もなく、冬場は冷え込みます。また間口が狭く、奥行きが長いため採光も不足します。 長屋の工事はたびたび経験していますが、おおむね構造から直しています。永く使うために悪い箇所はすべて直します。中には切り離し工事をした物件もあります。 施工中の現場をご案内、ご説明します。長屋、連棟の住宅、狭小住宅にお住まいでしたら参考にご覧ください。 見学希望の際はメールでお申込ください。 info@houseplan.ne.jp 電話の場合は 03-6906-7634 まで

    株式会社ハウスプラン
    • 1665
    • 4
  5. INO-h/タテ遣いの住宅

    間口4Mの敷地に建つ4階建ての住宅。縦方向に重ねる構成とし、1階は駐車場、2階は親の居住スペ-ス、中間となる3階LDK、4階は子供の居住スペ-ス。 また屋上はテラスとし、不燃加工のウッドデッキを敷き込み、開放的なスペ-スとして積極的に利用。3階のリビングは一部を2層吹抜け+トップライトとし、床をタイル仕上げ、道路に面する外壁をジャロジ-開口、階段手摺フレ-ムに植栽ポット一面に配置し立体植栽とし、エクステリアの様な開放的な空間としました。

    vox/上村千秋建築設計室
    • 705
    • 0
  6. リビングを2倍以上の広さに!狭小地の二世帯住宅で実現した広い家

    住宅密集地の中の、狭小地に建つ二世帯住宅。    法律上建てることが可能な、建坪16坪ちょっとの中に、 二世帯5人が暮らす場所を確保する必要がありました。    そのため、様々な工夫で「広い家」を目指しました。    そんなMS-House のストーリーです。

    仲摩邦彦建築設計事務所
    • 7076
    • 55
  7. 板橋のガレージハウス/建築家と建てた30代の家

    ー 約11坪の限られた土地でも充実したガレージライフを堪能 ー 板橋区にある建築面積約11坪のガレージハウス。約6坪と限られたガレージにはクルマ1台・バイク2台・自転車2台が収まっています。 ガレージ内には、クルマの奥にツール類が充実した隠れ家的な作業スペースも。 愛車全てを自身でメンテナンスするため、エアコン・換気扇・水栓と設備も整えられています。 周囲を建物に囲まれているため、風通し光の採り込みを考え、LDKは3階に設置。開放的な空間になりました。 また、高い壁に囲まれたテラスが設けられ、床の高さを揃えてアウトドアリビングのようにも利用できます。 キッチンは顔を合わせていられるようにアイランド型を採用。収納もあり、いつでもすっきりと片付けられます。 2階は居室のほか、浴室・洗面・トイレが一体となったスペースがあります。こちらにもモノが散らからないように、収納が計画的に配置されています。 白とグレーに塗り分けられたシンプルな四角い外観は、スカイブルーやピンクのカラフル内部空間と良い意味でギャップがあり、限られたスペースですが充実したガレージライフを堪能できる空間となりました。 こちらの住まいは 資料請求で無料プレゼン中の「ガレージハウス事例集」に掲載しています。 資料請求はザウス公式HP www.zaus-co.com からどうぞ。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス東京店(0120-054-354) 規  模/地上3階建て 構  造/木造 敷地面積/66.3m2(約20.0坪) 建築面積/37.1m2(約11.2坪) 延床面積/102.0m2(約30.9坪) ガレージ/19.9m2(約6.0坪) 撮影:アトリエ・フロール株式会社

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 2318
    • 8
  8. 六甲の狭小住宅/建築家と建てた30代の家

    ー 駐車場1台分の土地に建てた3階建ての狭小住宅 ー 駅徒歩5分という好立地ながらも、隣の貸し駐車場1台分とほぼ同じ広さの12坪にも満たない狭小地。 この土地を見つけた瞬間に、「確かに狭いが、この厳しい条件でも面白い建物ができるはず」と思ったという建築主。 そんな狙いすました期待に応えたのは建築家の藤原誠司さんでした。 藤原さんは鉄骨造を提案。木造よりも大きな空間が造れるメリットを活かし、建築面積約7.1坪、1階に駐車スペース・洗面・浴室、2階にLDK、3階に居室という間取りの狭小住宅が完成しました。 リビングとダイニングキッチンの床には、段差を設けてスキップフロアとし、縦方向への変化を付けています。これも、視線の高さが変わることで、空間を広く感じることができる工夫です。 また、階段と手すりを鉄製にすることで、強度を保ちながら厚さを極限まで薄くし、横から見るとまるで"線"で書かれたようなデザインで圧迫感をなくしています。 他にも、壁の厚さを逆手に取ったテレビボードや、敷地の高低差を利用した大容量の床下収納など、打ち合わせと計算を重ねながら、様々な工夫がされています。 当初は中古マンションのリノベーションも考えていたという建築主も、「思い切って良かった」と満足もひとしおのようでした。 こちらの住まいは、 資料請求で無料プレゼン中の「狭小住宅事例集」に掲載しています。 資料請求はザウス公式HP www.zaus-co.com からどうぞ。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス神戸店(0120-360-354) 規  模/地上3階建て 構  造/鉄骨造 敷地面積/39.4m2(約11.9坪) 建築面積/23.6m2(約7.1坪) 延床面積/58.5m2(約17.7坪) 撮影/平野和司

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 2561
    • 2
  9. 武蔵小山 H邸-15坪の旗竿地をフル活用!?-

    東京都品川区 2016年4月竣工 敷地面積:52.18 M2 本を読んで声をかけてくださったHさん。 土地はすでに購入済みなのですが、 旗竿地でしかも15坪。 実に小さい土地です。 建築可能な面積は20平米。 つまり6坪。 車1台が駐車できるだけの小さな土地です。 北側斜線が2方向から掛かるわ、 新防火地域という木をまったく見せられない法律もあり、 なかなかシビレる土地です。 ここに家族4人で住むという強い意志。 加えて予算が超厳しい(笑)。 その心意気に興味が湧き、 設計を手伝うことにしました。

    有限会社 鈴木アトリエ
    • 2012
    • 10
  10. 六甲の狭小住宅2/建築家と建てた30代の家

    ー 大きな吹き抜けから採りこむ光と風 ー 約11坪という限られた敷地に、地上3階建て、天井にデッキ、地下収納庫付きという狭小住宅が建ちました。建築家の設計です。 1階には駐車スペースと洗面・浴室・トイレを配置。水回りは配管スペースを考え1階に集中させています。 2階にはLDK、3階に居室という間取り。地下に大容量の収納庫を設置して、狭小住宅でネックとなる大きなモノをまとめて収納できます。 2階は一部に天井までの吹き抜けをつくり、さらに床の一部とダイニングセットを格子状にして、1階までトップライトからの光が届く仕掛けが施されています。 ダイニング・キッチンはリビングより床を1段高くして、視線を変化させることで空間を広く感じさせるスキップフロアを採用。 さらに、壁に収納棚を造り付けにするなど、限られたスペースの中で圧迫感が出ないように収納が設けられています。 3階の居室上部にはロフトがあり、男女2人の子どもたちには少し狭いながらも、個室スペースが与えられています。 また、吹き抜け部分には物干し用ロープが仕込まれており、雨の心配をせず、太陽光の下で洗濯物を干すことができます。 しっかりとスペースの使い方を確認しながら打ち合わせを重ねた結果、生まれた快適な狭小住宅。 間取りや家具の配置だけでなく、床や柱などの木の色と白い壁や天井の色の配分も絶妙で、全体をすっきりと見せるのに一役買っています。 こちらの住まいは、 資料請求で無料プレゼン中の「狭小住宅事例集」に掲載しています。 資料請求はザウス公式HP www.zaus-co.com からどうぞ。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス大阪店(0120-360-354) 規  模/地上3階建て 構  造/木造 敷地面積/37.0m2(約11.1坪) 建築面積/22.1m2(約6.7坪) 延床面積/63.3m2(約19.1坪)

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 2791
    • 2
  11. 狭小住宅をリノベーション!ポイント・注意点を徹底解説♪

    今回は、狭小住宅のリノベーションをする際のポイント・注意点についてご紹介しましょう。リノベーションしたいけれど、家の狭さは根本的に変えられないので狭小住宅で我慢しながら住んでいるという方いらっしゃいませんか?実は狭小住宅も、リノベーションで開放感のある暮らしやすい空間を実現することができるので、ぜひ参考にしてみてください!

    LIMIA 住まい部
    • 2550
    • 4
  12. 3階建てスキップフロアー 2×4の東京の家

    土地が狭いので、スペースを有効に使うために3階建てにしました。 スキップフロアーがロスも少なく最適にプランだてできるためこの計画しました。 今回の場合、強固な家を造るためには在来では難しいため、2×4を選択しました。 外壁は防火建築なので、旭化成のへーベルライトを下地に窯業系のデザイン壁を使用しました。サッシは防火地域なので当然網入です。 内装制限も厳しいので、高度な技術と素材が必要となっています。 1層目は玄関とコンクリート打ちっぱなしの倉庫と和室があります。 2層目は洗面脱衣場とお風呂場とトイレがあります。 3層目はリビング 4層目はダイニングキッチン 5層目は洋室 6層目も洋室 最後にルーフバルコニーがあります。 ルーフバルコニーの床は、FRPで下地も含めて耐火認定された構造となっています。 スキップフロアーなので各層を行き来するのがとても楽です。 また、各層に引戸があり独立しているので、来客の際のプライバシーも十分確保されています。 どの部屋も窓から日差しが入り、風通しも良いです。 ルーフバルコニーに出ると見晴らしが良く、東京スカイツリーも見えて気分爽快でーす。

    (有)石井建業
    • 1605
    • 7

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    135件中 61 - 80 件を表示