狭小住宅

狭い敷地に建てられた住宅のことを指す。土地が狭く、延床面積を充分にとれない住宅で、狭いスペースを工夫し、デザインと生活空間の充実を図るなど設計能力を必要とする。

  1. 敷地面積12坪の狭小地の住宅:新宿区百人町の家

    「どんな条件が厳しくても可能性がある限り挑戦する」というのが我が事務所の信条ですが、東京都新宿区の新大久保駅近くの狭小地。見積時に現地を見に来た施工会社のほとんどがフェードアウトしてしまった(工事する環境が悪い)劣悪な雰囲気と状況の中で設計と工事を無事に終えました。

    米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ
    • 1269
    • 5
  2. 都市型狭小三階建ての黒いパッシブハウス

    都市型の三階建て狭小住宅。大阪市内ではもっとも多いのがこの形状だと思います。 土地条件としては 間口約4.8m、奥行き約12m(道路負担除く)、約60㎡実質約18坪(道路負担除く)。 西向き間口のこのお家の南面は現在駐車所になっていますが、将来的には建物が建つことも想定してプランする必要があります。また、間口が狭小であるため、最大有効を考えながらも近隣等の環境プライバシーをよく検討して窓配置を行う必要もありました。 プランとしては、1Fに水回りを集約し、2FのLDKをゆったりと。 各階への通風・採光は、階段スペースを利用してつなぐ。そんなお家となりました。モダンシックなダークトーンで外観・内観ともにコーディネイトした、スタイリッシュなお家です。よく「吹き抜けや階段のドアが無い家は寒くないですか?」とお客様にご質問されることがありますが、実際は逆です。狭小住宅で小さく仕切ることは、視覚的・日射・通風上・最大有効面積どの点においても不利になります。そもそも、居室部分と非居室の空間との境界にドアがないと温度差ができてしまう家、そこに根本的な問題のある「非健康住宅」であると認識してください。 これからの新しい都市型住宅のカタチを、快適な断熱性能の視点からリモデルしたタイコーならではのお家です。

    タイコーアーキテクト
    • 1301
    • 6
  3. 中庭とスリット階段で狭小地とは思えない明るい空間!

    「SDY」は東京都品川区の密集地に、 家族4人が暮らす家として計画がスタートしました。 66.44㎡(20坪)の狭小地の為、可能な限り床面積を確保する事、 さらには隣地との関係性や光の導き方が大きな課題となりました。 中庭やスリット階段をデザインする事により、 狭小地とは思えない明るい空間が誕生しました。 また収納を多く計画する事により リビングやキッチン廻りをスッキリと見せています。 トータル価格を計画当初からコントロールする事によって お施主様にとって理想の住宅が完成しました。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2650
    • 10
  4. 狭小地でもスロープでバリアフリー!中庭からの自然光を緻密にデザインした住まい

    「Unir」は東京都小金井市に、66.14㎡(20坪)の 狭小地にて建てられた住宅です。 高齢者が暮らす住宅となるため、 室内のバリアフリーは必須条件でした。 玄関までは緩やかなスロープを設け、 主動線上に段差をつけないよう配慮されています。 建物中央部には自然光を取り入れるよう中庭を設けています。 屋根形状には、光の角度を綿密に計算した デザインが加えられています。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2310
    • 12
  5. 脱nLDKってどういうこと?

    家の指標として、「nLDK」が戸建て・マンション問わず用いられています。nとは個室の数を指し、3部屋であれば3LDKとなり、一般的には主寝室が1つ、子供部屋が2つと解されております。こちらは、家族のモデルケースを4人(夫婦+子供2人)として設定した場合にちょうど良いと感じますが、果たしてそうでしょうか?

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2402
    • 8
  6. 狭小地を感じさせない明るい空間!

    東京都江戸川区の41.84㎡(12坪)の狭小地に、 木造3階建ての「Rin」は建設されました。 外観デザインのルーバーは、周囲の視線を遮りながら 室内に光を取り入れる役目を果たしています。 さらに、前庭に向けて開口を設けることで室内の広がりを生み、 狭小地を感じさせない明るい空間を作ります。 また、収納スペースを1階のファミリークローゼットにまとめ、 メリハリのある使いやすい間取りになりました。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2414
    • 14
  7. 狭小地でも開放的な空間を!公園を借景として取り入れた住まい

    「K-nest」は東京都世田区の自然豊かな公園に面した、 56.35㎡(17坪)の角地の住宅です。 外部と内部との間に中間領域となるインナーバルコニーを設けることで、 プライバシーを確保しつつ、公園を借景として取り入れる計画としています。 インナーバルコニーは、内外どちらにも属さないような空間とすることで、 内部からは広がりや景色との視覚的な境界線を緩やかにつなぐ役割を果たし、 外部からの視線や騒音に対する緩衝地帯となります。 17坪の狭小地にも関わらず、開放的な空間を備える住宅となりました。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 3301
    • 8
  8. 狭小地でも光あふれる開放的な住まい!階段をズラして生まれたスキップフロアの吹抜け空間

    愛知県名古屋市、74.65㎡(22坪)の狭小地に「SHS」は建設されました。木造3階建てのボリュームの中に、スキップフロアを採用。階段を上に重ねず、ずらしていくことで階段上部の吹抜けを空へと繋ぐことができました。階段をずらすデザインにより、表と裏の空間が生まれ、表は開放的な空間、裏は収納やバックヤードの空間として明確に分かれた間取りとなっています。土地探しからCOHACOスタッフが同行することで、土地の価格を抑えながら、気持ちの良い住宅が完成しました。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2197
    • 10
  9. 狭小地の高さ制限を有効に利用!立体的な収納で間取りに自由度をもたらした住まい

    東京都世田谷区の商店街からほど近い 51.56㎡(15坪)の狭小地に完成した3階建ての住宅です。 商業地の高さ制限を有効に利用し、3階建てに加え 大きな床下収納と小屋裏収納を備えた5層構造となっています。 立体的に収納を計画することで、室内の間取りに自由度が生まれ、 狭小住宅とは思えない室空間が実現しました。 造作家具やキッチンは、価格も含めた提案により 統一感のあるデザインとなりました。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2210
    • 9
  10. 階段はアイデアのかたまりなんだ!

    階段を大切にしていない家を見ると、とても寂しい気持ちになります。 平屋以外では、必ず階段は計画することとなります。 特に都心部であれば、平屋はなかなか難しいので、 住まいに必要な要素として階段を捉えていかなくてはなりません。 階段の形状にもよりますが、平面で2帖~3帖程度、 3階建てだと3層分併せて6帖~9帖程度の空間を占めるものなんです。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 1871
    • 7

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    123件中 1 - 20 件を表示