二世帯住宅

親世帯と、その子ども世帯がひとつ屋根の下で暮らすために考慮された住宅のこと。玄関や浴室、キッチンなどを共有することもあるが、互いのプライバシーを守るため、玄関を別々に設けたり、それぞれがキッチンや浴室を持つこともある。共用タイプ、完全分離タイプ、一部共用タイプの3種類タイプに分類できる。

  1. スペースを無駄なく使う工夫が満載!光と風が通るLDKで充実した毎日

    上下階の間取りを逆転し、日当たりの良い2階にLDKを移動。また、細切れの間取りを一体化。光と風が通る、開放的なリビングに生まれ変わった。さらに、ウォークインクロゼットや階段下収納など、暮らしの用途にあわせた収納を設置。キッチン横には壁面を利用した、収納棚を設ける工夫も施した。もちろん、標準仕様の【制震装置】+【耐震補強】を施し、築55年の家を芯から強く再生。

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 67025
    • 355
  2. ゆったりとした時間が流れる、寛ぎの和モダンリビング

    ポイントは、和のテイストを活かしながら、今のライフスタイルと調和させること。まず、LDKに小上がりの畳スペースを新設。また、腰壁や天井、建具をシックな色合いで統一。大切に使っていた無垢板の座卓が馴染む、寛ぎの和モダンリビングへと生まれ変わりました。さらに、独立型の台所を対面式に変更。「カウンター越しに会話が弾むので、料理も楽しくなりました」。もちろん、標準仕様の耐震工事を施し、芯から強い家に再生。

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 51933
    • 311
  3. 美しい二世帯住宅の作例3題まとめ

    二世帯住宅には実家の土地を活用したり工事費を世帯間で分割したりとメリットがあふれています。ここでは二世帯住宅を「美しい二世帯住宅」というキーワードでまとめてみました。まずは3つの例をご紹介。 完全分離型から玄関を共用にするもの、2.5世帯で一つのハコを共用にして暮らす物まで様々で、それぞれの家族の二世帯間の距離感を絶妙に取り入れてながら、「美しい住宅建築」として作り上げた家々です。

    石川淳建築設計事務所
    • 2439
    • 9
  4. みんなの顔が見えるオープンキッチン。家族が自然と集まる、広々LDKが誕生 

    和室と居間、独立した台所と、細かく分かれていた間取りを一体化。開放感たっぷりのLDKが誕生しました。また、リビング全体を一望できる、念願のオープンキッチンを実現。「ここに立てば、みんなの顔が見えます」と奥様。さらに、キッチンからつながる回遊動線や、日用品がスッキリ片付く収納計画など、子育てに嬉しい工夫を施しました。「居心地の良いリビングに、家族が自然と集まってきます」

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 53655
    • 199
  5. 「ちょうどいい距離感」の分離型二世帯住宅へまるごと再生

    間仕切りの撤去と増築を行い、子世帯のLDKを新設。白と青緑の北欧テイストあふれる、広々リビングが誕生しました。一方、親世帯が暮らすLDKは、クラシカルなイメージに一新。壁付キッチンを対面式に変更し、料理をしながら、夫婦の会話が楽しめます。さらに、屋内で行き来ができる扉を設置。分離型の間取りでも家の中で程よくつながる、「ちょうどいい距離感」の二世帯住宅へ再生しました。

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 36862
    • 162
  6. 2世帯住宅でも非日常の空間を実現!ひとつ屋根の下で心地良く暮らせる住まいとは?

    食事、睡眠、家族との会話…。それはまさに自宅における「日常の暮らし」そのものです。しかし、施主であるSさんご夫妻が住まいに求めたのは「非日常の空間での暮らし」。さらに、息子さんご夫婦との同居が決まり、S邸のプランは2世帯住宅へと変化していきます。ひとつ屋根の下で2つの家族が適度な距離感を保ちつつ、非日常空間が感じられる住まいを実現したのは、腰越耕太建築設計事務所代表の腰越耕太さん。今回は、相反する要素を見事に両立した家づくりをご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2313
    • 8
  7. 吹き抜けに光と風が広がる、シンプルモダンのリビングが誕生

    独立型の台所と和室を一体化し、広々としたLDKが誕生。リビングには吹き抜けでつながるロフトを新設しました。また、階段や仕切りをスケルトンにすることで、光と風を採り入れる工夫も施しています。さらに、内装は白を基調にした、スタイリッシュなイメージに一新。明るさをより引き立てます。

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 37964
    • 138
  8. めぐり逢いのテラスを持つ二世帯住宅

    熊谷駅から徒歩数分、長年この地に住まわれてきたご家族の住宅建替計画である。39坪の土地に二世帯分の住居と駐車場、庭の代わりとなる大きなテラスが求められた。ガレージ屋根をテラスとし、その余白に住居を配置。1階をご両親、2階をご夫婦、3階をお子さんのフロアとした。ガレージは壁もデッキ材で覆われピッチを調節する事で1階にも光と風を取込み、2階ではテラスがLDKと繋がり広さを演出し、各階において通りからの視線を遮っている。スキマを持ち立体的に立ち上がるテラスが二世帯を繋ぎご家族の交流をはかる欠かす事の出来ない場となっている。

    studio LOOP
    • 2878
    • 7
  9. 程よい距離感で、家族がつながる。安心の二世帯住宅へ「まるごと再生」

    「以前は部屋数が多く、使っていない部屋もありました」とNさん。築26年のお住まいは、ご夫婦の暮らしに間取りがあっていませんでした。そこで、子世帯との同居を機に、二世帯住宅へ『まるごと』再生。お互いの異なる生活リズムを考慮し、分離型の間取りに一新しました。まず、親世帯が暮らす1階は、DKと和室を一体化し、広々LDKを実現。また、小上がりの畳スペースを設けて、「畳下の収納が便利!引き戸を閉めれば個室にもなります」。一方、2階は壁と天井を取り払い、家族が集まる子世帯リビングを新設。さらに、子ども部屋を隣接させて、自然に顔を合わせる工夫も。「対面キッチンからも子ども達を見守ることができ、自然と会話が増えます」さらに、上下階のLDKが重なるように配置。床の防音対策も実施し、お互いが気兼ねなく暮らせる工夫を施しました。

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 1493
    • 4
  10. 黒い壁のなかに白い家!?難題をクリアしたオシャレ二世帯の知恵

     住宅が密集した都市部に家を建てる際、大きな課題となるのが採光とプライバシーのバランス。明るく開放的な住まいを希望すると近隣の住宅が間近に迫るため、結果的にカーテンを閉じたままの暮らしにもなりかねないからです。そんな心配も見事に解決した、建築家ならではの技が随所に光る二世帯住宅を紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1345
    • 8
  11. 空の青・地の緑に繋がる二世帯住宅

    高崎市役所から程近い閑静な住宅街に計画された二世帯住宅。シアタールームを持つLDK、BBQも可能なプライベートガーデン、ガレージ等が求められた。我々は南北に長い敷地一杯に広がるようにL字型の住居を配し、ガレージでL字を閉じる事で中庭を生み出し前面道路からのプライバシーを確保した。LDKは全開放出来るサッシで中庭と大きく繋がり、吹抜けを介し南の光を得ながら空を眺められる。L字の短辺は各階寝室となっており、中庭から明るさと風通りを確保している。端正な外観の奥には家族の住みやすさを追求した空間が広がっている。

    studio LOOP
    • 2229
    • 6
  12. 二世帯の新しい形、見つけた! 親から子、子から孫へ継がれる家

    形がいびつで高低差があるばかりか、防火指定地域や斜線規制などさまざまな制約がある土地に、4世代が暮らす2世帯住宅を建てたいというリクエスト。そんな難条件をクリアし、家族の夢を叶えるため、スタジオすぅ 西村佳大さんがとった手法がスキップフロアを使った「継」の家だった。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1697
    • 7
  13. 「土間」がつなぐ二世帯住宅!矛盾しそうな親子の本音にも解とは

    二世帯の同居をスタートさせるにあたり、実家をリフォームしようと考えていたAさん一家とAさんのご両親。親世帯と子世帯、両者の思いに耳を傾けた建築家が出した答えは、まったく個性の異なる2軒の家が並列する、すっきりスマートな家の「新築」だった。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 6565
    • 24
  14. 二世帯住宅で家族が集まる。30人!?でも幸せな空間とは?

    かつて母家と倉庫のあったところに二世帯住宅を建てることに決めたQさんご家族。同じ家に住む家族でも以前の家との関わりも違えば、普段の生活スタイルも違います。誰もが住みやすく、楽しく暮らせる家をつくるため、家族はたくさん家の話をしました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1949
    • 9

118件中 1 - 20 件を表示