肉球ドライヤー

「肉球ドライヤー」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「肉球ドライヤー」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【再投稿】ペットの乾燥とグルーミングが同時にできる「グルーミングドライヤー」#グルドラ

    普段ご自宅でペットをシャンプーした後、ペットを乾かすには人間用のドライヤーで乾かすか、タオルで乾かして自然乾燥させる方法が一般的でした。その中にはドライイングをしながらブラシもしなければならない犬種(例:プードル、ビションフリーゼなど)もいます。 その際、ペットがじっとしていてくれなかった経験はありませんでしょうか。 ペタウムグルーミングドライヤー(#グルドラ)はドライヤーとブラシを一体化することにより、片手でドライとグルーミングができ、ドライイング時間の短縮とエネルギーを節約し「一石二鳥」の効果を期待できます。 ペタウム「#グルドラ」のベネフィット 1.ドライヤーとブラシが一つになりました。 → 両手でドライヤーとブラシをする必要はありません。片手でペットを抱いて落ち着かせたり毛を整えたりすることができます。 最大30%くらい乾燥とグルーミングの時間が短縮されることができました。 2.2種類のブラシ、ピンブラシ&スリッカーブラシで仕上げ! → ペタウムグルーミングドライヤーには、2種類の交換可能なブラシが付属しており、簡単にワンタッチでブラシヘッドの交換ができます。   3.ペットの肌の健康にも配慮しました。 → 一般的なドライヤーの温度は170-260℃で、ペットにとっては非常に高温です。ペットの毛を奥深くから乾燥させ、健康な肌を維持するのをサポートします。 4.グルーミングドライヤーは軽量です! → 420gと軽量なので、長時間使用する際の手首の負担を和らげます。 ※注意事項 - 最初はおもちゃのようにペットの近くに置くか、ドライヤーはかけずにブラッシングだけして、グルーミングドライヤーに慣れてもらうようにしてください。 - ドライイングにはピンブラシが効率よく乾かせます。スリッカーブラシは最後の仕上げにお使いください。 - スリッカーブラシは縦方向にしブラッシング方向に沿ってお使いください。逆方向で使う場合、ピンが変形したり、折れる恐れがあります。 - ブラシは消耗品です。使用頻度によりますが、半年~1年くらいで交換されるのが目安です。 実際のユーザーの投稿をインスタグラムでご覧いただけます。 https://www.instagram.com/petaum_insta/

    team.tamamatsu
    • 4354
    • 41

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード