田中伸明

「田中伸明」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「田中伸明」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 柴崎町のコートハウス

    北側に高崎駅につながる拡幅されたばかりの交通量の多い国道が通り、周辺は農地が広がるものの将来的にも廻りの視線が気になる敷地に、プライバシーを確保しつつ明るく開放的な住空間を提案。 国道の通る北側棟は閉鎖的に、農地の広がる南側棟は開放的に計画し、ふたつの建物を中庭を挟んで配置。中庭わきの目隠し格子や窓の配置によりプライバシーを確保しつつ、リズミカルに等間隔に配した大開口により光と風を取り込み、中庭を効果的に計画することで家全体を明るく開放的な住空間を実現した。 そこに住まう家族にあった収納をしっかり話し合い計画、キッチンとバスルームとをガラス屋根を架けた物干し場で繋ぐなど、共働きご夫婦のための家事動線もひと工夫。LDKはもちろん、ご主人の一日の疲れを癒す晩酌スペースや3m超のカウンターを持ち家族で並び座ることも可能な通路を兼ねたスタディースペースなど、中庭廻りにいつでも家族が感じられるような住まいを提案。建築や建具はもちろん、県内で活動する木工作家・鉄作家との共作の家具など手仕事にこだわり、共働きご夫婦のためのシンプルに楽しめる住空間を目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 851
    • 4
  2. 斜錐屋根の家

    分譲地で日当たりが悪いため売れ残った敷地に計画した住宅。南面に総二階建ての住宅が近接しているため南側からの採光の確保が難しく、日照の望める南東と南西を開放しトップライトを設置することで家全体に光を取り込む計画とした。親戚等が泊まることも想定されるため、大黒柱を中心とした田の字プランを基本構成とし、コンパクトでありながら建具の開閉で個室的な空間や、ひとつの広々とした空間にすることができるなど多様な使い方ができるプランとなっている。 たくさんの書籍を収納する本棚はただの本棚ではなくLDKと寝室の間仕切りとすることで、ゆるやかに個室とLDKを繋ぎ、大黒柱中心に登っていく天井を家全体で繋げることで、小さな平面でも広がりを感じられる空間となった。 また、終の住処として都内から移住するため、動線はもちろん家全体の温度差にも配慮した計画とした。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 60
    • 0
  3. やねなみのいえ

    南・西側にそれぞれ3階建てマンション、東に2階建てアパート、北に戸建て住宅が建ち並ぶ、建物に囲まれた敷地。 高さ・角度を複数の模型を作るなど綿密なスタディーを繰り返して計画した3枚の屋根により、近隣からの視線や日照・通風をコントロールし、外部からの視線を遮りながら光と風が通る気持ちの良さを感じられる空間を提案。それにより生まれる用途別の3つのボリュームを西側マンションの型ガラスFIX窓の面に面した位置に配した中庭を取り囲むように配置し、屋根並みが街を形成するような『光と風が通る気持ちの良い家』となるよう計画。 時にパブリック空間(来客やパン教室など)であるダイニングキッチンと、家族等親しい仲でくつろぐリビング、個室・浴室等のプライベート空間を玄関で繋ぐ構成とすることで、職業上生活の時間帯が家族と異なるご主人と、「新築を機に趣味だったパンづくりの教室を開きたい。」という趣味が多彩な奥様のためのパブリックとプライベートを分離しつつも、無駄のないよう緩やかに共存し、家族の気配を感じながらも、互いに気兼ねなく過ごせる『心地良い距離感の家』を提案。また、寝室等のプライベート空間も生活時間が異なる家族がストレスなく生活できるように、家族それぞれの寝室からの動線が交差する場所に洗面所とトイレを配置するなど、利便性も考慮するとともに、家族が丁度よい距離感を保ちながら生活できるよう計画した。 また、群馬県産材の構造材を大工による墨付け・手刻みにより建て、建具屋による建具、家具職人によるキッチン家具やテーブル家具など、県内職人・作家による手仕事にもこだわった住まいづくりを心掛けた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 86
    • 0
  4. こもれびの家

    『廻りをすべて住宅に囲まれた敷地だが、まるで森の中に建っているような雰囲気の住宅がほしい』というリクエストのもと、駅から程近い住宅地にある旗竿状の敷地に計画した住宅。 敷地全体に茂った祖父の植えた木々をなるべく伐採しないようにするため、建物を斜めに配置することで、建物と既存の塀との距離がとれ、周辺から視線が届かない場所に複数の庭を配することで、まるで森の中にいるような感覚につながるよう計画した。 玄関、リビング、ダイニングキッチンに行くに従って天井高さを徐々に高く開放し、長い廊下を抜けたリビングで横方向にも広がりを待たせるなど奥深い空間構成にすることで、周辺の喧騒から距離を置きつつ、開放的な室内に木漏れ日の心地よい風が通り抜けるそんな住空間を実現した。 奥深い空間構成でありながら、家族の集まるリビングダイニングを中心に家族の気配を感じることができるように計画するとともに、立体的に視線をずらすなど程よい家族間の距離感についても考慮した。また、洗濯等の家事動線や、収納の計画にはかなりの時間をかけて練り上げた住まいとなった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 74
    • 0
  5. カコミノイエ

    切妻屋根の農家住宅と農地が点在する、南側が幹線道路への抜け道になっている比較的交通量のある道路に面する敷地。特にプライバシーの確保を強く希望されるご夫婦のために、周りに対してただ閉じるだけでなく、明るく開放的な住空間を目指した。 元農地の比較的広い敷地を塀ですべて囲みこむのは費用が掛かりすぎてしまうので、建物の形態とアプローチの軸線に建てられた最小限のコンクリート壁により、四方からの視線を止められるよう計画。周辺の住宅がほぼ切妻屋根の農家住宅が建っているところから切妻屋根の建物が敷地を取り囲むように配置し、その建物とコンクリート壁に囲まれた庭に向けて各室を配することで、それぞれに風や光が行き交い、外観からは想像できない広がりある内部空間を実現した。また、視線の抜けや角度の振れにより家族の気配を緩やかに感じ取ることができるよう計画した。 屋内物干空間の充実、サンルームやウォークインクロークを近接させることで、洗濯家事動線の集約を図り、キッチンと玄関の間に収納力十分のパントリーを配するなど、共働きご夫婦のための家事負担軽減を実現した。 玄関ホールを抜けて現れるダイニングキッチン。テーブルと一体化した3.8mのキッチンカウンターは、日ごろの家事動線を考慮しつつ、家族や友人が大勢集う際にも庭を眺めながら気持ちよく食卓を囲む場所になるように細部のデザインもこだわり提案した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 61
    • 0
  6. 方形屋根の家

    住宅に囲まれた敷地に建つ方形(ほうぎょう)屋根の平屋住宅。四方住宅に囲まれた敷地全体に大屋根をかけ、屋根の一部を欠き込むことで生まれた3つの庭(前庭・2つの中庭)と方形屋根の中心部の暗くなりがちな場所にトップライトを持つ洗面所を配することで、家全体に光を届け、プライバシーを確保しながら、光と風を家全体に配る計画とした。 LDKをはじめ各室が庭に面し視覚的に抜けることで、それぞれが相乗的により広がりを感じる空間になるとともに、家族の気配を感じ取れる程よい距離感の「ほっとする住まい」になるよう3つの庭にそれぞれ意味を待たせた。 奥行き広く構えた玄関土間は、室内でありながら庭を望み進むアプローチのようであり、アクティブなご家族のロードバイクやスポーツ道具の手入れ等の場ともなる。打合せを重ねて考えたパントリーなどの収納や洗い・干し・たたんで・しまうの一連の洗濯作業の場を集約し家事負担を軽減し、ウォークインクロークやパントリーに回遊性を持たせる平面計画にすることで、生活しやすさについてもしっかり計画した。 また、隣り合わせの2つの子ども室は極力ミニマムに計画し、収納による間仕切壁を簡単な工事で取り外し一室としても使用できるようにすることで、将来的な家族構成の変動にも対応できるよう計画。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 55
    • 0
  7. 陽まわりの家

    駅前ロータリー付近のマンションなどに囲まれ人通りの多い敷地に、陽に向かって佇むような住まいを提案。周りからの視線(特に高いところからの視線)を遮りつつ、光と風を取り込むために三枚の斜め屋根と窓の位置の操作で、プライバシーとひろがり、明るさの確保に成功。豊かで明るく、何より心地良い空間となった。6階建てマンション等の集合住宅に囲まれているためルーバーの役割となる屋根が上からの視線を遮りながら光を取り入れる計画としている。南の集合住宅から距離を取れる北側に家族の集まる空間(LDK)を配置し自分たちの住まいによって囲まれた隙間を中庭とすることで、視線を気にせず開放感のある住空間としている。家族6人分の洗濯物の処理に多くの時間と手間をかけられていた中、家事全般の動線整理に重点を置き、キッチン~水廻り~物干し場がミニマムな距離感で動けるよう計画。要所に適度な収納を設けることで、すっきりと片付いた住まいとなるよう目指した。建物は光を受ける向日葵のように健やかにたたずみ、子供たちの成長を見守っている。材木と手刻みにこだわる工務店により1本1本違う木を匠の技で手刻みにより組み上げた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 60
    • 0
  8. 西横手町の家

    『田舎のおばあちゃん家のような安心感のある家に住みたい』という要望を元に、LDを中心とし切妻屋根がおおらかに家族の空間を包み込み、土間、寝室、水廻り、和室、を一体的に繋ぐ平屋の家を提案した。各々の部屋から扉1つで行き来でき、大きな屋根が複数の部屋を1つに繋げ、各部屋の天井が繋がり視線が通ることで個室でありながら広がりのある空間を演出している。土間は玄関であり且つリビングダイニングの延長として使用することができ、土間と庭は建具を開くことで一体的につながり、外部と内部の中間領域として様々な使い方を許容する。建具で仕切ることで多様な日常生活の変化に対応する空間として活用でき、子供が自転車でリビングに乗りつけるそんな楽しい空間ができた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 72
    • 0
  9. てれこ屋根の家

    奥に行くほど高くなる高低差のある敷地に、奥に行くほど低くなる棟と奥に行くほど高くなる棟を配置し、互い違い(てれこ)の棟の周りに3つのデッキスペースを配することで、光と風を各室に届け、プライベートと開放感を両立させた。それらと互い違いの屋根により生まれた天井高の違いを考慮したプランにより、時に明るく開放的であり、時に落着き閉鎖的であってほしいという互い違いな要望に応える住まいを実現した。 共働きご夫婦のために家事負担が軽減できるように家事動線の簡略化を図った。特に洗濯作業において、雨の日でも干せる広めの物干デッキを設置したり、収納までを入れた洗濯作業動線を短縮させられるように計画した。また元々隣に建つご実家に対し、庭や開口、居室の配置に配慮することで、お互いの生活を確保しつつ、適度な距離感を持たせた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 65
    • 0
  10. 下沢渡の家

    『趣味のそば打ちや農業を楽しみながらのんびりと暮らしたい。』定年退職を迎えたご主人と奥様が長年暮らし続けてきた四万・沢渡温泉に程近い緑豊かな場所に、これからを楽しむシンプルで機能的な“終の棲家”を計画。 軒深い切妻屋根が架けられたシンプルな建物にいくつかの“凹み”をつくり、床はもちろん屋根勾配通りにつくられた天井に外と内との連続性とつながりを持たせることで、外観のシンプルさと裏腹に内部空間に変化を持たせ、広がりと寛ぎを与えた。 玄関脇土間のそば打ち場、キッチンやパントリーとの作業動線も考慮し、水廻りなども使い勝手・生活動線を考慮し適切に配置することで、家事や基本的な生活が負担無く行えるように計画した。また、手すりが必要となったときにすぐに対応でき得るように、手すり用の下地など綿密に計画しておくことで、利便性・機能性、環境や健康にも配慮した居心地の良い“終の棲家”となった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1227
    • 5
  11. 池端の家

    ご実家の一角の土地に建つ共働きご夫婦のための住まい。日常生活の家事負担をなるべく掛けず、ご実家との距離感を熟考したコンパクトでありながら、ゆったりとくつろげる住空間を提案。 建物の中通りを少し高くした特徴的な断面計画により家全体に光と風を配り、LDKと各個室を空間的・気配的につながりを意識した計画とすることで、より広がりを感じられる住空間実現した。 南(徒歩、客)北(駐車場・ご実家)からのアプローチに対し、通り土間を持つ玄関でそれぞれスムーズなアプローチができるように計画した。サンルームを兼ねた洗面、脱衣室は、回遊性を持たせることで効率的な家事動線を確保しつつ、花粉に苦しむ家族のための物干し場としての機能を持たせた。 家全体を自然素材中心に仕上げることで幼い子供たちにも“安心・安全”な家族にも環境にもやさしい“すまい”を目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1655
    • 17
  12. 新町の家

    駅に程近い幹線道路沿いに建つ住宅。ご実家の隣に『家族の気配を感じられ、家族がいつも楽しく自然体で過ごせる家』、交通量の多い幹線道路側からの視線を気にせず『光と風が通る気持ちの良い家』を計画。 道路で囲まれたやや細長い三角形の敷地に2つのボリュームをずらして配置する。そのことで生まれた隙間に庭や駐車スペースをつくり、軒の出と開口部の計画(道路に近いリビングは少し高い位置に開口部の高さを設定するなど…)により、採光や通風などの機能性と幹線道路沿いでありながらプライバシーの確保を実現。急がしい共働きのご夫婦と子供達がほどよくお互いを感じ、自然に交わることができるような生活動線を確保し、ここに住まわれる家族のための居心地の良い家を目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1173
    • 9
  13. 駒形の家

    駒形駅前の閑静な住宅街。ご実家のガレージスペースだった場所に、プライバシーに配慮した明るく開放的なこだわりの住まいを提案。道に囲まれた敷地にプライバシーと開放感を両立させるため、スキマをつくり[Slit]、床・屋根・視線をずらし[Shift]、環境面にも配慮し計画[Sustainable]。 フロアごとに少しずつ視線をずらすことで家族の程よい距離感を獲得。さらに、ダイニングキッチンとリビングをスキマとスキップフロアによりずらした空間でつなげることで、より広がりを感じられる住空間になるよう演出。北棟に配したリビングや子供室にも〈スキマ〉と〈ズラシ〉で生まれた南高窓を設けることで、家全体に光と風を感じられるよう計画。太陽光発電などとともに計画によって風通しや日差しのコントロールなど自然エネルギーの積極的な取り込みをすることで、環境と家族に優しい住まいを目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 913
    • 8
  14. 上之町の家

    昔ながらの近所付き合いもつづく、長年暮らし続けた土地。浅間山噴火の時に飛んできたとされる『岩』を囲むよう建つ住まい。【〈I〉居心地の良い、〈W〉和、笑い、〈A〉集る、明るい】家の中でも〈I・W・A〉を囲み、家族で食卓を囲む…。そんな三世代8人大家族が暮らす家を提案。 家の中心には、自然と家族が集るような居心地の良いリビングダイニングを『岩』を囲むよう配置。南側の開口は引込み可能な建具にすることで室内空間とデッキスペース、外部空間(岩)とが一体となり、さらに視覚的な抜けにより広がりを感じられる。将来の間取りの変更にも対応できるよう、限られた空間に立体的な間仕切り家具(2段ベッド)により4人の子供達のスペースを確保。軒の出による日照のコントロール・通風等の自然エネルギーを計画的に取り込み、また、構造材、仕上げ材は自然素材を中心とし、人にも環境にも優しい“住み継がれる家”を目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 936
    • 4
  15. 敷島の家

    敷島公園に程近い風致地区内に建つ住宅。敷地のやや中心に内と外の境の曖昧な『スキマ』を意識的につくることで、廻りを家に囲まれた場所にプライバシーを確保しながら、光・風・緑を取り込める住まいを提案。 風致地区内の決まり事である植栽を『スキマ』に集中配置することで、廻りからの視線は断ちながら、建物内からは雑木林に建っているような雰囲気を醸し出している。立体的にも屋根と屋根との『スキマ』をつくり、そこから光・風を家全体に配る工夫を凝らした。さらに、無垢板や塗り壁などの素材感を大切に光と影を意識した空間計画により、そこに住まう家族を優しく包み込むような住空間が生まれた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1322
    • 13
  16. 草津の家

    夏場は避暑地として、冬場は積雪も多くスキーを楽しむことのできる温泉地。そんな草津の中心部の閑静な住宅街に建つ家。『小さなカフェっぽい家』をというリクエストをもとに、コンパクトでありながら大きな開口、視線の抜けなどにより、明るく開放的な快適空間を目指した。 4つに分割した空間(キッチン、水廻り、主寝室、子供室)を、東⇔西、南⇔北に抜ける空間(玄関、リビングダイニング、スタディースペース)で連結させることで、家全体に光や風、家族の気配を感じられるよう計画。冬は積雪も多く、寒さも厳しい環境ということもあり、次世代省エネルギー基準を満たし、また、南北の開口部に半外空間を設けることで断熱効果を得られるよう計画。厳しい冬の寒さにも対応できる住まいとなった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1481
    • 8
  17. 安養寺町の家

    夏は猛暑でも有名、冬は北西の季節風が吹き、比較的温暖で四季を通じて晴天に恵まれている太田市。市街地からは離れ、農地も多い開けた場所。そこに『日向ぼっこのできる家』を計画。 西側には前面道路が通り、冬場、北西の強い風が吹くため閉鎖的に。対し、農地の広がる南側は開放的に計画。LDKは吹抜けによる縦方向の広がりと大開口により外部とのつながりを持たせることで、視覚的な空間の抜けを演出。夏の強い日差しは遮り、冬は家の中まで暖かい日差しを取り込むなどの軒の出による日照のコントロール、自然通風の確保など自然エネルギーを計画的に取り込み、人にも環境にも優しい住まいに。農作業の合間の休憩、趣味のバイクいじり、時には仲間が集まり語り合えるような居心地の良い土間空間も…。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 882
    • 4
  18. 大間々の曲り家

    市街地から離れた閑静な分譲地に建つ家。住宅密集地のなかで、プライバシーを確保しながら開放的で、『ほっ』と落ち着けるような居心地の良い住空間を目指した。 外物置、木塀や格子などにより外部からの視線を止め、デッキスペースや庭との繋がりや視覚的な抜けなどをしっかりと計画することで、家全体はコンパクトに抑えながら開放感ある住空間を提案。障子や畳、また塗り壁や無垢板で床や天井などを自然素材の風合いを生かし、家全体を落ち着いたトーンで仕上げ居心地の良い住空間に。水廻りを一箇所にまとめることで機能的な家事動線を確保。県産材を使い、一本一本違う木を熟練の匠の技で見極め、手刻みによって組み上げるなど、地産地消と手しごとにこだわったすまいとなった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1007
    • 11
  19. きなりの家

    前橋駅にほど近い、交通量の多い県道沿いの場所に建つ2世帯住宅。共有玄関、共有リビングを中心にそれぞれの世帯の居住空間を配置。[コンクリートと木]の素材感にこだわり、景観との調和、プライバシーの確保や道路側からの騒音などに配慮、安らぎや家族を感じられる心地良いすまいを目指した。 それぞれ世帯のライフスタイルに合わせた住空間を提案。玄関ホールを兼ねた共有リビングは、日常生活のなかでふたつの世帯を繋ぎ合わせる。RC造外断熱により躯体自体を蓄熱体とすることで、省エネ性能の高い住宅を計画。太陽光発電、風通しや日差しのコントロール、薪ストーブを採用するなど自然エネルギーの積極的な活用も。また、RC造とすることで物理的な耐久性を持つ建物とすると同時に構造体をシンプルにつくり、間仕切り壁(非構造壁)により部屋を区切ることで将来の間取りの変更にも対応できるよう機能面での耐久性も持たせた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1609
    • 11

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    34件中 1 - 20 件を表示