古民家のアイデア(9ぺージ)

あたたかみのある木に囲まれて生活してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが古民家に住むことです。しかし、いきなり古民家に住むとなるとハードルが高いのも事実です。そこで古民家を、懐かしさも活かしつつ、現代の住み心地を考慮して古民家風リフォームをしてみるのはいかがでしょうか。ここで紹介しているアイデアを参考に、憧れの古民家暮らしを手に入れてみてくださいね。

  1. 立場の家

    南道路の日当たりの良い敷地に建つ木造2階建てのガレージハウス。西側には畑が広がる。周辺はかつて農地であったであろう広い敷地が大規模開発されてハウスメーカー施工の高密度な住宅街へと変貌しようとしている周辺状況の中で、昔ながらの軒の深い屋根のかかった家らしい家とすることが求められた。建物は素直に南道路に対して広い間口と大きな開口部を持つ家として、屋根は軒の深い3寸勾配の切妻屋根とした。1階に和室を持つ4LDKの一般的な間取りであるが、1階部分の屋根の軒を低く構え、外壁は杉南京下見板張、内部は針や大黒柱を表しとして木の質感を活かしている。

    tentline(テントライン)
    • 539
    • 1
  2. 古民家モダン

    どこか懐かしい雰囲気を醸し出す家です。 古民家のような、おばあちゃん家のような 焼杉と漆喰で仕上げられた家の中はとても落ち着きます。 でも、間取りはご家族が使いやすい間取りかつコンパクトに仕上げています。 家は建てておわりではなく、大切に手入れをして永く住み出来ることなら 住み継いでもらいたいものです。 手入れをする手間、お金、時間のことを考えるとあまりにも 広い大きな家よりもコンパクトで使い勝手も良い間取りの方が 良い家ではないでしょうか。

    株式会社コタニ住研
    • 950
    • 10
  3. 囲炉裏のある家

    山梨県にある小高い丘に建つI邸。 再建築不可の築35年の物件を古民家風にフルリノベーションしました。 テーマは「無垢材」と「DIY」。 解体された本物の古民家で使われていた曲がり梁や、100年上経過したケヤキ、栗、杉などの無垢材を随所に使用。塗装が必要な材は柿渋でエイジング塗装を施しています。環境にも、住む人にも優しい古民家リノベーションです。 一階のアクセントカラーが映える客間には、囲炉裏を設置。あたたかい灯りを囲んで食事を楽しんだり、ゆっくりと語らえるくつろぎの空間です。引き戸でつながる隣の間には正方形型の琉球畳を敷いています。 二階は天井板を外し、あえて梁を見せることで開放感のあるリビングに。テーブルはDIYが趣味のクライアントと一緒に作りました。脚材の立て方によって高さを変えることのできるフレキシブルテーブルです。 ダイニングとリビングの間にある水槽は階段側からも望めるように設置。新しい採光の演出を提案しました。

    灯和屋-towaya-
    • 1145
    • 6

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    185件中 161 - 180 件を表示