ブックエンド

ブックエンドに関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすくブックエンドについてご紹介しています。

  1. ブックエンドを使いこなせ!雑誌や薄いカタログを出し入れしても倒れない方法

    ご自宅の本棚、どんなご様子ですか? 雑誌や通販の薄いカタログ、本棚の中で折れ曲がっていませんか?本を抜くとブックエンドが倒れてイラっとしたりしていませんか? 今回は整理収納の鉄板アイテムの一つ、ブックエンドの使い方をご紹介します。

    おうちデトックス 大橋わか
    • 35639
    • 267
  2. ブックエンドを収納に活用!倒れないようにする方法から簡単なスタンドDIYまで

    ブックエンドで本を収納する際に倒れてしまってお困りではないですか? 今回は、ブックエンドを倒れないようにするアイデアから、狭いスペースにスタンドをDIYする方法までさまざまなアイデアをご紹介します! ぜひチェックしてみてくださいね。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 55694
    • 187
  3. 【100均リメイク】セリアのブックエンドをちょい足しリメイク!端材やマステを使って工具不要の簡単アレンジ☆

    セリアのシンプルなブックエンドを卓上でおしゃれに使えるようにリメイクしました。 端材やマスキングテープなど家にあるようなものを使い、ボンドで固定するだけという工具がいらないリメイクなので簡単! 工作感覚でできるおすすめのリメイクです(^-^)/

    aya-woodworks
    • 10532
    • 75
  4. ✼コンセント・USBコードの目隠し・収納は、100均の2アイテムで解決(^o^)o

    まとめても、次から次に増殖するUSBコード類、壁沿いの床に這わせたままだと、掃除もしにくく、ホコリ➕結露➕カビと室内環境は悪くなる一方( .. ) 最近は100均でもコードケースが商品化されていますが、中々サイズや設置場所に合いません(;_;) そこで、うちで目隠し用やコードケースに採用した100均の2アイテムを紹介させていただきます。

    *rmkd*
    • 5965
    • 58
  5. 《作ってみた編》ずっと憧れていた伸縮棚(もどき)をDIY

    左右2つのパーツの重ね幅で、棚そのものの全体幅を変えられる棚、ご存知ですか? カタログとかで見るその棚がいいなぁ〜素敵だなぁ〜と思っていて、できたら自分で作りたい(勿論100均で)と思っていたのが、ついに形になりました! 売り物みたいに綺麗めではないけれど、とりあえず形にできた伸縮棚、是非ご覧ください!

    miyuko
    • 12604
    • 76
  6. アトリエ改造計画vol.2 窓際にDIYグッズ収納棚を

    Vol.1で公開したランチマットを切ってプレートにしたものをいろんなものに貼って机回りを完成したものの 収納するものが多くて窓際がごちゃごちゃ お得意の塗って切って貼っての3ステップで完成した収納棚が完成しました。ほとんどセリアの雑貨を並べましたが もとの色がチグハグだったのでセリアのニスを塗って統一し、数字をいろんなパターンで遊んで貼ってみました。これで蝶番どこ?なんてのが無くなりました

    マロン
    • 1391
    • 20
  7. アール・ヌーヴォー

    1888年5月、パリ。広重や北斎といった浮世絵など江戸時代の日本美術を紹介した雑誌『LE JAPON ARTISTIQUE(芸術的日本)』が創刊されました。発行者は、画廊「アールヌーボー」の店主サミュエル・ビング。やがてヨーロッパで一世を風靡する芸術運動”アールヌーヴォー”の名付け親でその火付け役となった人物です。 一部のフランス芸術家たちによって流行していた”ジャポニズム運動”(日本趣味)は、19世紀末になると突如として、”アール・ヌーヴォー”(フランス語で、「新しい芸術」)という芸術様式へと昇華し、その風潮は瞬く間にヨーロッパ全土へ広がり華々しい隆盛を極めました。 アールヌーヴォーを提唱する組織団体として最も成功を収めたのが ”ナンシー派” です。 その中心人物となったガラス工芸家エミール・ガレを慕い、多くの芸術家たち(ドーム兄弟、シュナイダー兄弟、ルイ・マジョレール、ヴィクトール・プルーヴェなど)がナンシーに集まったそうです。 また、ガレの工房で働いた多くの弟子たち(ミュラー兄弟、アンドレ・ドラットなど)も独立し、ナンシー派としてナンシーで工房を構える者や、自身の故郷で工房を構える者がいました。 バブル全盛期、大量のアールヌーヴォー美術品が日本に持ち込まれました。 アールヌーヴォー本来の素晴らしさを愉しむことよりも、投機的ビジネスの目的として、安易な儲け話の道具として、もて流行らされた忌むべき過去です。 その間違った流行により、バブル崩壊後の日本人にとってアールヌーヴォーとは、”忘れがたい忌まわしき過去” のような、排他的なイメージが色濃く残ってしまいました。世界では、アールヌーヴォーは素晴らしい芸術・文化として、絶えることのない賞賛と脚光を浴び続けています。  A&Oでは、19世紀末~20世紀初頭のガレ、ドーム、シュナイダーを中心としたナンシー派、また、フェリックス・ブラックモン、ウジェーヌ・ルソーを中心とするパリ派のアールヌーヴォー作品を幅広いラインアップで取り扱いしています。 アンティーク&オールディーズでは、ヨーロッパから様々なアンティーク商品を直輸入して販売しています。 アール・ヌーヴォー販売コーナーへ http://aando-since1993.com/our_antique/art_nouveau.html

    A&O
    • 389
    • 3