建築のアイデア(37ぺージ)

有名な建築家の建築デザインや空間デザインのほか、日本建築などさまざまな建築物についてもまとめました。見ているだけでも楽しくなるような建築事例を、豊富な写真と記事で紹介していますので、きっと建築の参考になるはず。自分好みの空間を作るために、ぜひ活かしてみてください。

  1. バリアフリーフェスタかながわ2017

    車いす体験コーナー「車いすで坂道をのぼってみよう」を出展します。 3団体、横浜市まちづくりセンター、かながわ住まいまちづくり協会、神奈川県障害者自立生活支援センターが協力して行います。 車いすで路上走行する場合を想定し、様々な路面状況での車いす動作を学ぶコーナーです。 10月8日(日)11時~15時半 慶応義塾大学 日吉キャンパス協生館2階 横浜日吉駅より徒歩2分 バリアフリーに興味のある方、お近くの方、お時間のある方は お立ち寄りください。 心よりお待ちしています。 NPO横浜市まちづくりセンター 設計監理部会 三竹忍

    M設計工房
    • 940
    • 2
  2. ウェブマガジン「homify」でつばさの家が『トイレの壁紙ってどう選ぶ?』の事例として

    つばさの家のトイレが、ウェブマガジン「homify」で『トイレの壁紙ってどう選ぶ?』の記事内に事例として取り上げられました。他の事例は壁紙で、つばさの家だけ、エコカラットタイル。エコカラットの脱臭効果などを説明してくれています。

    シーズ・アーキスタディオ
    • 3175
    • 15
  3. 9月23日、24日開催!設計士に間取りの相談ができる 土地探し無料相談会@あんじゅホーム

    ●こんな方が対象です 「理想の土地ってどうやって探せばいいの?」 「建てる会社に土地探しもお願いできないの?」 「迷っている土地があるけれどここでどんな家が建てられるの?」 「予算はいくら必要なの?」 「土地探しと建てる会社、なにから家づくりを進めればいいの?」 家づくりは大きな決断の連続です。 ひとつひとつ疑問を解決し、安心して家づくりを進めませんか? ●経験豊富なあんじゅホームの不動産担当・設計士が時間をかけて、じっくりお話をうかがいます。 あなたの土地のご要望をヒアリング どんな場所で暮らしたいか。ご予算はどれぐらいをお考えか。 学校や駅への距離、生活の便利さ。 なにを毎日の暮らしの中で大切にお考えになられているのか。 日々の暮らし方のスタイルや、家づくりを始めるにあたり、 大事にされていることをうかがって理想を叶えるための 「間取りのご相談」 「土地のご提案」 「資金計画のお手伝い」をいたします。 ●無料で土地探しをサポート あんじゅホームの不動産担当者がお客様のご要望に合わせた条件をもとに土地探しを行います。 家づくりをこれから考えよう、どうやって家づくりを進めていこうかとお考えの方はぜひご参加下さい。 ご参加はご予約制です。あんじゅホーム直接ご連絡いただくか、 あんじゅホームのホームページにあるイベントページよりお申込下さい。 ご予約の方にはこちらからご連絡をさしあげます。 お申込・お問合わせはHDC3階コンフォートハウスプラザ受付にて行っていただくか、ホームページよりお申込下さい。

    あんじゅホーム
    • 1483
    • 5
  4. 素材の美しさを活かした夫婦の住まい 邑楽の家

    老夫婦のための戸建住宅の計画です。100㎡の空間をワンルームとして計画することで、ホテルのようなラグジュアリーな空間を目指しました。リビング、ダイニング、キッチン、ベッドルームと高さの低い造り付けの家具で区切ることで、ワンルームの中に見え隠れする場所をつくっています。建物は庭に向かって大きな開口部を設け、天井のトップライトからの光がルーバーによって柔らかく調節されながら室内へと導かれます。インテリアは素材の持つ美しさが最大限に生かせるようにコンクリートの肌理や家具の木目やガラスやステンレスなどのディテールを注意深くデザインし、外観では木を用いながらもミニマルな形とすることで、現代的な中に柔らかい住宅的な雰囲気をつくっています。

    平野崇建築設計事務所
    • 81
    • 0
  5. 菊名の家・横浜/建築家と建てる30代の家

    -大好きな「モロッコ」調の家に住みたい- 横浜市港北区にある約24坪の敷地。 ここにモロッコの伝統様式を取り入れた「菊名の家」があります。 建築主は中東の文化に詳しく、何度も中東地域を訪れて現地の住まいを見て、そのスタイルの再現を希望。設計を担当した建築家の廣田悟さんを始め、ザウスの担当プロデューサー、工務店や職人が、その独特の様式や意匠を実現できるかの打ち合わせを何度も重ねました。 -建築家の工夫でモロッコの宮殿を再現- 三角形の敷地を活かし、部屋を多角形にしてわざと奥がどうなっているのかを見通せなくすることで、迷宮のようなイメージを生み出しました。 一番の特徴である家の中の楽園と呼ばれる「リヤド(中庭)」は、その雰囲気を再現するため、モロッコでタイル制作を学んだ職人に、雨の多い日本の気候に合わせたタイルを特注。 完成した特注タイルを、およそ1万個使用しています。 さらに、多芯アーチを描く室内の間仕切り壁、ヘリンボーン貼りの床、幾何学図形を組み合わせた透かし彫りのスクリーンなど、イスラム建築風の意匠が採用され、「日本に居ながら、まるで現地にいるような非日常感を味わえる」住まいとなっています。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス東京店(0120-054-354) 設  計/建築家 廣田 悟 規  模/地上2階建て 構  造/木造 敷地面積/78.1m2(約23.6坪) 建築面積/42.0m2(約12.7坪) 延床面積/108.4m2(約32.8坪) 撮  影/アトリエ・フロール㈱ 撮影: 矢野 紀行

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 10197
    • 45
  6. 神奈川区N邸-新防火地域でも木のぬくもりを-

    神奈川県横浜市神奈川区 2017年7月竣工 敷地面積:119.37 M2 新しく制定された「新防火地域」に建つため、 2階建てでも45分の準耐火建築物を要求される住宅です。 耐火ボードですべてを包んでしまう安易な方法や、 木肌を見せられなくなるのは嫌だなあと思い、 ちょっと頑張って「燃え代設計」をおこないました。 見た目は120*180の登り梁ですが、 燃え代分を引いたサイズで構造設計を行い 野地板のJパネルの上の通気胴縁と 野地板をサンドイッチしたハニカム面として 屋根を成立させました。 普通の根太天井のように見えますが、 結構凝ったことをやっております。

    有限会社 鈴木アトリエ
    • 3664
    • 5

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    3570件中 721 - 740 件を表示