建築のアイデア(3ぺージ)

有名な建築家の建築デザインや空間デザインのほか、日本建築などさまざまな建築物についてもまとめました。見ているだけでも楽しくなるような建築事例を、豊富な写真と記事で紹介していますので、きっと建築の参考になるはず。自分好みの空間を作るために、ぜひ活かしてみてください。

  1. 美しい二世帯住宅の作例3題まとめ3

    二世帯住宅作例3題の第三弾です。 実家を建て替えて二世帯にした家や敷地内の母屋をリノベーションし、子世帯の住戸を増築した家など色々なパターンや組み合わせがあります。 それらをシンプルデザインの住宅として完成させた実例です。 ただの二世帯住宅ではなく「美しい空間を獲得した家」を集めました。

    石川淳建築設計事務所
    • 1174
    • 7
  2. 狭小住宅でもOK!憧れの「中庭」のある住まい5選

    「中庭のある住宅」と聞くとなんだかワクワクしませんか? 中庭は、建物に光や風を効果的に取り入れらるだけではなく、取り入れ方によって他にもさまざまなメリットがあるんです! 今回は、中庭が効果的に用いられている住宅をいくつかご紹介して、中庭の魅力をお伝えしたいと思います♪

    LIMIA編集部
    • 5656
    • 47
  3. 小規模デザイナーズアパートメント|三茶の集住

    都心に建つ3戸の集合住宅。階下の遮音対策を考え1階をRC、コストの観点で2階を木造としています。単なるきれいなデザインだけを求めるのではなく、3戸すべて異なる間取りとし、都心であることからSOHOとしたときの使いやすさだったり、閑静であることを踏まえた戸建て住宅のような開放感のある空間を意識したりしています。 1階は2戸ともSOHO可能なフレキシビリティを持たせるために、ワンルームとしながらも家具によって間仕切りながら使うことを想定した水廻りへの出入り位置、パーティションを付けやすくするための天井木枠などの工夫を散りばめています。 2階は多様な生活様式に対応するために2way型の間取りとしています。木造の良さを生かすために、木の梁や列柱を空間に露わにしていくことで、戸建てのような温もりのある空間を目指しました。

    シーズ・アーキスタディオ
    • 459
    • 2
  4. 無料設計相談会 設計士と一緒につくる、一生に一度の家づくり

    無料設計相談会[完全予約制] 日程 : 9月15日(土)、16日(日)、17日(月) 時間 : 【1】10:00~12:00 【2】13:00~15:00 【3】15:00~17:00 場所 : あんじゅホーム 兵庫県神戸市灘区灘南通3丁目4-20 備考 : ※参加ご希望の方は希望の日時をお伝え下さい ※駐車スペースあります 設計士と家づくりの話をしませんか? 先日、こんなお話しをお聞きしました。 「お家のこと誰に聞いていいか分からなくて・・・」 風邪をひいたら、かかりつけの病院に。車が故障したら、ディーラーさんに。 では、お家のことを相談したいときは・・・?? 住宅会社に行くと営業されそうだし、なんだか不安・・・。 多くの方がそう感じています。 ・家づくりの何から始めたらいいか分からなくて・・・ ・購入検討している土地があるけど本当に買っていいの? ・建て替えとリフォーム、どっちがお得なの? ・外壁が傷んできたけど大丈夫かな? ・お風呂だけキレイにしたいけど、どうしたらいいの? ・小さい工事でも相談に乗ってくれるの? そんなあなたの不安を解決するために設計士による無料設計相談会を開催します。 新築・土地探し・リフォームなど、ご相談内容はどんなことでも構いません。 ぜひこの機会をご利用ください。 相談会にご参加いただくと、こんなメリットがあります ・住まいづくりのスケジュールを知っていただくことができます。 ・住まいづくりに必要な資金計画を知っていただくことができます。 ・理想の住まいを叶える間取りを知っていただくことができます。 ・理想の土地の探し方を知っていただくことができます。 ・信頼できる工務店の見極め方を知っていただくことができます。 住まいづくりとは本当に難しいものです。間取りやデザインだけでなく、大切なお金のお話しや土地のお話しなど、無料設計相談会で私たちと住まいづくりについてお話しをしませんか? 現在のお困りごとやお悩みをお聞きして、その場で私どもが情報の整理をいたします。 そうすることで、より具体的な解決策をご提案することができます。

    あんじゅホーム
    • 586
    • 10
  5. 本と空を愉しむ階段の家|狛江の家

    南北に長細い敷地に建つ狭小住宅。 長かったマンション暮らしから戸建てに移るという経緯から、戸建てを満喫するためにもマンションにはない戸建てのメリットを出来るだけ当てはめていこうと考えました。 テントとデッキのある中庭。本棚が組み込まれた階段。女性の多い家族構成に見合った各階の洗面台等々。 それらを安易に組み込むのではなく、一つ一つのアイテムが光と風を取りこむのに有効な働きをしてくれるように、かつ、家族の動線に馴染むように間取りを収れんしていきました。特に南東角に配置した階段は、その上部の高窓からの光を1階の奥に取り込むための役割を果たしています。 狭小であるほど廊下を少なくしたいわけですが、LDKと個室とのつなぎ方が限定されがちで、どうやっても廊下が出てきてしまいます。 1階廊下は中庭にアイストップとして誘われるように配置し、2階廊下はギャラリーと名付けて壁にピクチュアレール、天井に向きの変えられるダウンライトを用意しました。2階は女性のみが使う廊下なので、飾るものに嗜好性が出てそれが家族の「らしさ」を表出するだろうと考えたわけです。 設計の終盤で、ご主人から「宮崎の実家の山で育った杉を使いたい」という話が出ました。 歓迎すべき話でしたが、入荷されてくるものが建材にふさわしいものとは限らないので、建物の性能に影響のない隣地境界の板塀、中庭で使うベンチに使わせてもらうことにしました。もちろん、乾燥や節の状態など指定はさせてもらいましたが、予想以上にコンディションの良いものが入ってきました。 かくして、板塀の塗装はご家族&SEEDSで、前庭の植栽もご家族&SEEDSで施工。お施主様にとって、思い出になる出来事が詰まった住宅になったと思います。

    シーズ・アーキスタディオ
    • 254
    • 0
  6. 自慢したいデザインと心地よさ。空間を洗練させるプロの技!

    「家づくりのために貯めた大金を、規格住宅に使いたくない」。それは、唯一無二のわが家を求める施主様がふと漏らした本音。建築家・松岡淳さんはその思いを真摯に受け止め、家中のどこにいても快適で心地よく、それでいて自慢したくなるほど「カッコいい」家を完成させた。制約の中で広さ・快適性・美しさを実現した、松岡さんならではの家づくりとは!?

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2116
    • 17
  7. 美しい二世帯住宅の作例3題まとめ 2

    二世帯住宅作例3題の第二弾です。 家族の距離感を感じて作る個別設計こそが2家族が仲良く暮らすカギです! さらにシンプルでミニマルデザインに仕上げた「美しい空間や外観」で親世帯のニーズと子世帯の要望を上手に取り入れて全員納得の家ができあがります。 今回も3つの例をまとめました。

    石川淳建築設計事務所
    • 1979
    • 10
  8. 方形よさらば 新たな住宅のあり方を示した平行四辺形とアーチの家

    「狭くても静かで安心して寛げる家」という施主からのリクエストはよくある話。しかし「庭があって開放的」「駐車スペースはマスト」という条件が加わると、そのハードルが一気に高くなる。間口10m奥行10m、2階までしか建てられない土地で、難条件をクリアし、家族の理想の家を実現したのは、「アソトシヒロデザインオフィス」代表阿蘓俊博さんが考えた、建物を平行四辺形にするという一見斬新とも思われるアプローチだった。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1048
    • 9

おすすめ

話題のキーワード

    3438件中 41 - 60 件を表示