建築のアイデア(2ぺージ)

有名な建築家の建築デザインや空間デザインのほか、日本建築などさまざまな建築物についてもまとめました。見ているだけでも楽しくなるような建築事例を、豊富な写真と記事で紹介していますので、きっと建築の参考になるはず。自分好みの空間を作るために、ぜひ活かしてみてください。

  1. 【ホームページTOP】をリニューアル  スマートフォン向けにも対応可能

    ホームページのTOP頁をスマートフォン向けにも対応可能なようにリニューアルしました。 2月中をめどに、順次、各ページも更新する予定です。 PC上でも、プラウザの幅を狭くすると、スマートフォン向けのデザインをご覧いただくことができます。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 121
    • 1
  2. 暮らしながらお店を持とう♪サロンやスタジオなど、夢をかなえられる家

    憧れのマイホームはもちろんだけど、将来的にはお店も持ちたい……! 今回はそんな方にオススメの店舗併用住宅をご紹介いたします。プライベート空間とお仕事空間をきっちり分けた例や、あえて溶け込ませたおうちなどさまざまな実例を見ながら家づくりのイメージを膨らませてみてくださいね♪

    soramado
    • 2909
    • 5
  3. ジムは店舗デザインが大切!内装のポイントをお伝えします!

    「ジムの内装を利用者が使いやすいようなデザインにしたい!」 「ジム店舗のデザインをする際に注意すべきポイントってあるの?」 このようにお考えの方が多いのではないでしょうか。 今回はジムの開業を検討している方のために、「ジム店舗のデザイン」について詳しく解説します。

    サイトウホーム株式会社
    • 157
    • 1
  4. そうだ!カントリータウンへ行ってみよう!

    新しい年を迎えて、今年こそはマイホームや店舗建築の夢の実現を!と考えている方もいらっしゃるかもしれません。私も小学生の娘と目標を立てました。目標を立てるときは、「こうなりたい。そのためにこうする!」と具体的な行動を決めるよう教えています。 もしも。今年こそはマイホームまたは店舗建築の夢を実現するぞ!とお考えでしたら、是非具体的な行動の第一歩として、カントリータウンに見学に来ませんか? モデルハウスの敷地内では気軽に寄れる、おしゃれなカフェも営業しています。

    カントリータウン
    • 971
    • 9
  5. 明るいグレーが映える「石灰石玉砂利」を神社本殿の敷石に採用いただきました。見た目以外に雨はねを防ぐメリットも。

    私たちといれたすの運営母体(足立石灰工業株式会社)は岡山県の北西、新見市で石灰鉱山での採掘と販売を主としている会社なのですが、鉱山から産出される石灰石を原料にした玉砂利を、先日神社の敷石として採用いただきました。今回は施工後の様子をうかがった際のレポートです。 改修前は地面がむき出しだった為、雨天時の泥はねによる瑞垣(塀)の腐食が軽減された点と、清浄な印象が増し景観が向上したとの評価をいただきました。

    といれたす
    • 191
    • 1
  6. 伊豆天城高原の別荘 ーDOVE VAIー

    高原の木々に囲まれ、東に相模湾を臨む天城高原に建つ別荘である。1階はRC造として高基礎を兼ね、上に木造部分をのせて地面より高さを確保し、雪や寒さ対策の一つとしている。 内部は木の質感を生かした内装とし、一枚大天井はカナダ産のピーラー板張りで、大梁、小梁も同材としている。床は幅広のチーク材を特注で制作し、乱尺のものを一気にダイナミックに敷き詰めた。仕上げはナチュラルオイル拭き取りで軽く仕上げただけである。家具も厚物のチーク無垢板を使い、時と共に深みを増していくチーク独特の色の変化が楽しみである。 壁は全て熟練職人による左官塗り(デュッセル)で厚みを出している。 螺旋階段の手摺は鉄の鍛造作りを京都の老舗工場ーよし与工房で制作してもらった。黒皮を生かすため蜜蝋で仕上げている。 十分な断熱材や暖房設備は施しているが、春夏秋冬いつでも窓を大きく開き、自然の豊かさ、厳しさを楽しめる別荘である。

    松井建築研究所
    • 237
    • 0
  7. 明るい陽射しが降り注ぐ 開放感あふれる寛ぎリビング

    「休日をゆっくり過ごせる家にしたかった」とSさん。築42年のお住まいは、台所とダイニング、リビングが区切られ、広さが十分に活かされていませんでした。そこで、広々としたLDKで寛げる家へ『まるごとリフォーム』。まず、独立していた台所を移動し、仕切られていた間取りを一体化。さらに、一部を勾配天井にすることで、さらなる開放感をプラス。新設した高窓から明るい陽射しが降り注ぐ、寛ぎのリビングへと生まれ変わりました。「広さはほとんど同じなのに、開放感が全く違います」 また、壁付だったキッチンは、LDを一望できる対面式に変更。水まわり・パントリー・納戸を集約し、スムーズに行き来できるように工夫した。「思い描いていたことは、全部実現できました。満足の一言です!」

    東急Re・デザインの戸建まるごとリフォーム
    • 377
    • 3
  8. 使わない部屋を思い切って吹き抜けに。陽射しを楽しむ広々リビング誕生

    「細切れの間取りが光を遮り、LDKは日中も薄暗かったです」とМさん。リビング隣の納戸代わりの和室が、一番日の当たる部屋だったとか。そこで、お子様の独立を機に『まるごとリフォーム』を実施。 ご希望は、夫婦ふたりになったこれからを、明るく広い家で過ごすこと。まず、和室とLDKを一体化。仕切りがなくなったことで、採り込んだ陽射しが部屋中に届く、開放的なリビングが誕生しました。また、キッチンの向きを変えて、LDを一望できるオープンタイプに変更。さらに、2階の子ども部屋だった天井を抜くことで、上部に吹き抜けをつくりだしました。「高窓からも陽射しが届くので、気持ちよく料理ができます」「愛着のある家が、生まれ変わるのは本当に嬉しい! リビングで寛ぐ時間が心地よく、毎日帰るのが楽しみです」

    東急Re・デザインの戸建まるごとリフォーム
    • 486
    • 2

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    3992件中 21 - 40 件を表示