金物工法

「金物工法」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「金物工法」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【上棟に向けて:金物工法】

    川越の住宅の現場は、週末の上棟に向けて土台ひきの作業中。工場でプレカットされた梁や柱材もすでに現場に搬入済みです。従来の木造仕口・継ぎ手の部分(材料同士の接合部)が黒い金物に置き換わった金物工法という工法です。 従来の工法に比べて、木材の接合部分の断面欠損が少ない(約1/4)ので、接合強度がUPしています・・・。また、金物が内部に隠れてしまうので、ヒートブリッジ(熱の通り道)にならず、断熱材の欠損も少ない。という利点もあります。 施工性もいいので、大工さんの作業も軽減化されます。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 368
    • 2
  2. 高千穂・シラス壁の家

    今注目されている平屋建てのお家です。 ドリフトピンで留めている金物工法です。構造材の欠損が少なく、構造耐力の強化につながり地震にも強いです。 壁と天井、押入れ内部など全て(株)高千穂さんのビオセラと中霧島壁ライトを使用しました。消臭・調湿機能・空気清浄化作用・VOC成分吸着作用などシラス壁の優れた機能が特徴で室内の空気をきれいにする健康的な素材です。 室内がバリアフリーになっているため生活がしやすいです。 床板は無垢のアカシアフロアーを使用し、お部屋全体が引き締まった印象に仕上がりました。 外壁にはへーベルライトを使用し、テラコートスーパーファイン仕上げました。

    (有)石井建業
    • 1064
    • 7
  3. お社のある住宅

    郊外の広大な敷地内にはお稲荷さんの社と蔵があります。そこにゆったりと建つ住宅です。インテリアコーディネーターをされている奥様のオフィスを併設しています。インテリアは奥様との共同作業で、色づかいなど一味違ったものになりました。性能的には金物工法による高耐震性、地中熱利用の高気密高断熱パッシブデザインで、恵まれた敷地条件を生かしたエコロジー住宅です。植栽も当初から計画し豊かな緑が気持ちの良い空間を支えます。

    SUR都市建築事務所
    • 750
    • 6

おすすめ

話題のキーワード